小林 寛

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/08 04:01
 
アバター
研究者氏名
小林 寛
 
コバヤシヒロシ
所属
信州大学
部署
経法学部 総合法律学科
職名
教授
学位
博士(法学)(早稲田大学), 修士(環境法学)(テュレーン大学ロースクール), 法学士(慶応義塾大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2005年
テュレーン大学ロースクール(Tulane University Law School)  エネルギー・環境法修士課程(LL.M. in Energy & Environment)
 
 
 - 
2016年9月
早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程  
 
 
 - 
1998年
慶応義塾大学法学部  法律学科
 

受賞

 
2015年8月
クリタ 水・環境科学研究優秀賞
 

論文

 
重要文化的景観に選定された温泉地の景観形成に関わる法制度の運用実態
渡辺 貴史,馬越 孝道,小林 寛
ランドスケープ研究   82(5) 663-668   2019年3月
アメリカ合衆国における再生可能エネルギーの普及促進に関する近時の動向と法的課題(3・完) : バイオマス・バイオ燃料を中心とした日本への示唆 (Recent Situation and Legal Issues Regarding Promotion of Renewable Energy in the United States (3) - Suggestion for Japan Focusing on Biomass and Biofuel -
小林 寛 (Kobayashi, Hiroshi)
信州大学経法論集   (6) 89-121   2019年3月   [査読有り]
アメリカ合衆国における再生可能エネルギーの普及促進に関する近時の動向と法的課題(2) : 水力・地熱を中心とした日本への示唆 (Recent Situation and Legal Issues Regarding Promotion of Renewable Energy in the United States (2) - Suggestion for Japan Focusing on Hydro and Geothermal -
小林 寛
信州大学経法論集   (4) 1-49   2018年10月   [査読有り]
アメリカ合衆国における再生可能エネルギーの普及促進に関する近時の動向と法的課題(1) : 太陽光・風力を中心とした日本への示唆 (Recent Situation and Legal Issues Regarding Promotion of Renewable Energy in the United States (1) - Suggestion for Japan Focusing on Solar and Wind -
小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)
信州大学経法論集 (Shinshu Economics and Law Review)   (3) 1-49   2018年3月   [査読有り]
大分県別府市における温泉発電の地域受容に係る条例の制定経緯と初動期の運用実態
渡辺貴史・小林寛・馬越孝道
ランドスケープ研究   81(5) 601-606   2018年3月   [査読有り]
アメリカ合衆国の再生可能エネルギー法制に関する考察(2・完) ―RPSとFITの関係性を中心としたわが国への示唆― (A Study Regarding the Law of Renewable Energy in the United States of America (2) - Suggestion for Japan Focusing on the Relationship between RPS and FIT)
小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)
法学研究 (HOGAKU KENKYU, Journal of Law, Politics and Sociology)   90(11) 37-77   2017年11月   [査読有り]
最近の判例〔需要対応規則の有効性〕 FERC v. Electric Power Supply Ass’n, et al., 136 S. Ct. 760 (2016) ――連邦エネルギー規制委員会が発出した電力卸売市場における需要対応(demand response)実務に関する規則を支持し,これを無効としたコロンビア特別区巡回控訴裁判所の判決を破棄,差戻した事例
小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)
アメリカ法   2017-1 120-123   2017年10月
アメリカ合衆国の再生可能エネルギー法制に関する考察(1) ―RPSとFITの関係性を中心としたわが国への示唆― (A Study Regarding the Law of Renewable Energy in the United States of America (1) - Suggestion for Japan Focusing on the Relationship between RPS and FIT)
小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)
法学研究 (HOGAKU KENKYU Journal of Law, Politics and Sociology)   90(10) 37-91   2017年10月   [査読有り]
〔研究ノート〕再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)に関する最近の動向 : 特別措置法の改正を中心にRecent Development Regarding the System of Feed-in Tariff for Renewable Energy
小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)
信州大学経法論集   (1) 483-504   2017年3月
温泉地における温泉発電事業と運営体制との関係
渡辺貴史,馬越孝道,小林寛
ランドスケープ研究   80(5) 631-636   2017年3月   [査読有り]
諫早湾干拓地潮受堤防撤去・開門等請求事件に関する最近の動向(Recent Development Regarding Case on Claim to Remove Levee or Open Gates in Isahaya Reclamation Work)
小林 寛;
環境管理 = Environmental management   52(8) 61-68   2016年8月
新・環境法シリーズ(第53回)災害時の被災者に対する支援制度の現状と課題 : 被災者生活再建支援法を中心に(Current Situation and Agendas on the System to Support Victims in Case of a Disaster focusing on the Law of Disaster Victims Relief)
小林 寛;
環境管理 = Environmental management   52(7) 81-85   2016年7月
〔海事判例研究〕 早稲田大学海法研究所・判例研究会 [第8回] タンカー油濁損害について、油濁損害賠償保障法(現:船舶油濁損害賠償保障法)に基づく請求が認められた事例 -オーソン号事件長崎地裁判決の検討- (長崎地裁平成12年12月6日判決、平成12年 (ワ) 第164号損害賠償請求事件、判タ1101号228頁)
小林 寛;
早稻田法學   91(2) 37-52   2016年5月
〔総説〕再生可能エネルギーの固定価格買取制度における新たな出力抑制ルール等について The New Rule to Control Power Output under the System of Feed-in Tariff for Renewable Energy
小林 寛;
環境管理 = Environmental management   52(2) 79-83   2016年2月
米国における再生可能エネルギー法制の下でのRPSとFITの関係性に関する考察 : カリフォルニア州の制度を素材として The Relationship between the Feed-in Tariff and Renewable Portfolio Standard under the Law of Renewable Energy in the United States: Focusing on the System in the State of California
小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)
法律時報   87(10) 52-57   2015年9月
〔判例研究〕アメリカ同時多発テロ事件(2001・9・11)において包括的環境対応補償責任法の下での戦争行為免責が認められた事例[In re September 11 Litigation, 751 F.3d 86 (2d Cir. 2014)] The Case in Which the Act-of-War Defense under the Comprehensive Environmental Response, Compensation, and Liability Act Was Affi…
小林 寛;
国際商事法務   43(2) 217-222   2015年
〔判例研究〕アメリカ同時多発テロ事件(2001・9・11)において包括的環境対応補償責任法の下での戦争行為免責が認められた事例[In re September 11 Litigation, 751 F.3d 86 (2d Cir. 2014)] The Case in Which the Act-of-War Defense under the Comprehensive Environmental Response, Compensation, and Liability Act Was...
洋上掘削施設に起因する油濁事故に対する責任制度に関する一考察 : メキシコ湾原油流出事故(The Deepwater Horizon Oil Spill)を踏まえた米国油濁法(The U.S. Oil Pollution Act of 1990)からの示唆 A Study on the System of Liability for Oil Pollution Cases Arising from an Offshore Drilling Facility - Implications from …
小林 寛;
早稲田法学会誌   66(1) 97-142   2015年   [査読有り]
洋上掘削施設に起因する油濁事故に対する責任制度に関する一考察 : メキシコ湾原油流出事故(The Deepwater Horizon Oil Spill)を踏まえた米国油濁法(The U.S. Oil Pollution Act of 1990)からの示唆 A Study on the System of Liability for Oil Pollution Cases Arising from an Offshore Drilling Facility - Implications ...
小型家電リサイクル法の今後の課題に関する考察 ― リサイクル関連法との比較に基づいて ―
小林 寛;
長崎大学総合環境研究   17(1) 1-10   2014年10月   [査読有り]
〔総説〕再生可能エネルギーの固定価格買取制度に関する最近の動向 The Recent Developments of the System of Feed-in Tariff for Renewable Energy
小林 寛;
環境管理 = Environmental management   50(8) 56-60   2014年8月
海難残骸物の除去(船骸撤去)に関する法制度 : ナイロビ条約との比較考察を中心に The Legal Systems for Wreck Removal - Focusing on Comparative Analysis with Nairobi Convention
小林 寛;
海事法研究会誌   (222) 18-34   2014年2月
東北地方太平洋沖地震による津波被害を受けた南三陸町における地下水・河川水・土壌調査
中川 啓; 和田 直之; 高辻 俊宏; 朝倉 宏; 小林 寛; 德永 朋祥;
地下水学会誌   56(2) 107-119   2014年   [査読有り]
無過失責任における免責規定の適用要件に関する一考察 : 災害時の環境汚染を素材としたアメリカ法からの示唆 A Study on the Requirements for Exemption from Strict Liability - Input from the U.S. Law on Environmental Pollution in Case of Disasters -
小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)
早稲田法学会誌   65(1) 249-302   2014年   [査読有り]
国内情報 地熱エネルギーの利用促進に係る法的課題 : 温泉資源の保護との調整的視点に基づく考察 The Legal Issues in Promoting Geothermal Energy
小林 寛;
地熱技術   38(3) 23-41   2013年11月   [査読有り]
〔判例研究〕諫早湾干拓地潮受堤防撤去等請求事件控訴審判決[長崎地裁平成23.6.27判決] (人間環境問題研究会創立40周年記念号) -- (特集 最近の重要環境判例)
小林 寛;
環境法研究   (38) 75-88   2013年10月
原子力損害賠償責任における免責規定の適用要件に関する考察 A Study Regarding the Requirement for Exemption from Liability for Nuclear Damages
小林 寛;
法律時報   85(5) 103-109   2013年5月
Resolution of Oil Pollution Cases in Japan under the International Compensation System
Hiroshi Kobayashi
Wave Length   (57) 1-11   2012年3月
一般船舶油濁損害をめぐる法律関係に関する一考察 : 海洋汚染防止法、油濁損害賠償法および船主責任制限法の交錯 A Study on Legal Relations Regarding Oil Pollution Damage by Non-Tanker Vessels: Crossover of Marine Pollution Prevention Act, Oil Pollution Damage Compensation Act and Limitation of Shiponwer's Li…
小林 寛;
法学研究   85(1) 31-77   2012年1月   [査読有り]
一般船舶油濁損害をめぐる法律関係に関する一考察 : 海洋汚染防止法、油濁損害賠償法および船主責任制限法の交錯 A Study on Legal Relations Regarding Oil Pollution Damage by Non-Tanker Vessels: Crossover of Marine Pollution Prevention Act, Oil Pollution Damage Compensation Act and Limitation of Shiponwer...
放射性物質の漏出による海洋汚染に対する法的対応 (東日本大震災と法)
小林 寛;
法律時報   83(7) 51-57   2011年6月
1990年油濁法(the Oil Pollution Act of 1990)の下での責任制度--メキシコ湾原油流出事故を素材として
小林 寛;
海事法研究会誌   (209) 2-17   2010年11月
船舶油濁損害における環境損害の賠償・補償制度に関する考察(2・完)
小林 寛;
長崎大学総合環境研究   13(1) 1-13   2010年10月   [査読有り]
船舶油濁損害における環境損害の賠償・補償制度に関する考察(1)
小林 寛;
長崎大学総合環境研究   12(2) 1-13   2010年6月   [査読有り]
バンカー条約の発効と一般船舶による油濁損害の補償制度についての考察 A Study on the Bunker Convention and the Compensation System for Oil Pollution Damage Caused by Non-Tanker Vessels
小林 寛;
海事法研究会誌   (202) 26-37   2009年2月
アメリカ合衆国の土壌汚染問題に関する最近の動向 The Recent Developments Regarding the Issues of Soil Contamination in the U.S.
小林 寛;
国際商事法務   37(10) 1297-1317   2009年
土壌汚染対策法上の責任に関する若干の考察および提言--CERCLAとの基本的視点からの比較において A Study Regarding Liability under the Soil Contamination Countermeasures Law - in terms of Comparative Analysis with the U.S. CERCLA -
小林 寛;
エヌ・ビー・エル   (891) 33-42   2008年10月
Using private action for injunctive relief under the Antimonopoly Law
Shinya Watanabe, Hiroshi Kobayashi
The IFLR Guide to Japan   65-73   2003年1月

書籍等出版物

 
船舶油濁損害賠償・補償責任の構造―海洋汚染防止法との連関― (Structure of Liability and Compensation for Oil Pollution Damage Caused by Vessels - Linkage with the Marine Pollution Prevention Act-)
成文堂   2017年11月   
新・大学生が出会う法律問題 : アルバイトから犯罪・事故まで-役立つ基礎知識- The Legal Problems Students Encounter
創成社   2016年7月   ISBN:9784794440716
地域環境政策 Local Environmental Policy
ミネルヴァ書房   2012年   ISBN:9784623063574

講演・口頭発表等

 
The Structure of Liability and Compensation for Oil Pollution Damages Caused by Vessels under the International System and Japan [招待有り]
Hiroshi Kobayashi
The 11th East Asia Maritime Law Forum 2018   2018年11月3日   
アメリカ合衆国の再生可能エネルギー法制に関する考察―RPSとFITの関係性を中心として― (A Study Regarding the Law of Renewable Energy in the U.S. - Focusing on the Relationship between RPS and FIT)
小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)
2018年6月16日   
Can RPS and FIT coexist? - Implication from the U.S. Law of Renewable Energy -
Hiroshi Kobayashi
Japan-Australia Dialogue on Energy Policy & Regulation   2017年9月24日   
洋上掘削施設に起因する油濁事故に対する責任制度―メキシコ湾原油流出事故を踏まえたアメリカ油濁法 からの示唆― A Study on the System of Liability for Oil Pollution Cases Arising from an Offshore Drilling Facility - Implications from the U.S. Oil Pollution Act of 1990 Based on the Deepwater Horizon Oil Spill -
小林 寛
第20回学術大会   2016年6月18日   
無過失責任における免責規定の適用要件に関する一考察—災害時の環境汚染を素材としたアメリカ法からの示唆
小林寛
2015年10月   

競争的資金等の研究課題

 
災害時の環境汚染に対する責任制度
科学研究費補助金(学術創成研究費)
研究期間: 2013年 - 2015年