NISHIO Zenta


NISHIO Zenta

J-GLOBAL         Last updated: Jan 17, 2020 at 03:11
 
Avatar
Name
NISHIO Zenta

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Tokyo University of Agriculture Faculty of Agriculture, Department of Agriculture
 
Apr 2016
 - 
Today
Associate Professor, Tokyo University of Agriculture, Faculty of Agriculture, Department of Agriculture
 
Apr 1999
 - 
Mar 2013
NARO Hokkaido Agricultural Research Center
 

Published Papers

 
Nishio Z., Uchikawa O., Hideshima Y., Nishioka H., Mihara M., Nakamura K., Matsunaka H., Yamaguchi K.
Plant Production Science   22(4) 479-489   Oct 2019   [Refereed]
Hisayo Kojima, Takahide Sasaya, Koichi Hatta, Masako Seki, Shunsuke Oda, Chikako Kiribuchi-Otobe,Toshiyuki Takayama, Yumiko Fujita, Makiko Chono, Hitoshi Matsunaka, Zenta Nishio
Euphytica   215(67)    Mar 2019
Hirota, T., Yamazaki, T., Yasui, Y., Furukawa J., Niwa, K., Nemoto, M., Hamasaki, T., Shimoda, S., Kanno, H. and Nishio, Z.
Climate in Biosphere   17 34-45   Apr 2017   [Refereed]
Nishio, Z., Uchikawa, O., Nishioka, H., Sugita, T., Okami, M., Matsunaka, H., Tonooka, T. and Nakamura, K.
Japanese Journal of Crop Science   86(2) 139-150   Apr 2017   [Refereed]
Nishio Z., Onoe C., Ito M., Tabiki T., Nagasawa K. and Miura H.
Breeding Science   66(5) 668-675   Dec 2016   [Refereed]
西尾 善太, 尾上ちひろ, 伊藤美環子, 田引 正, 長澤幸一, 三浦秀穂
Terasawa Y., Ito M., Tabiki T., Nagasawa K., Hatta K. and Nishio Z.
Breeding Science   66(4) 471-480   Sep 2016   [Refereed]
寺沢洋平, 伊藤美環子, 田引 正, 長澤幸一, 八田浩一, 西尾 善太
Okami M., Matsunaka H., Fujita M., Nakamura K. and Nishio Z.
Plant Production Science   19(3) 360-369   Apr 2016   [Refereed]
岡見 翠, 松中 仁, 藤田雅也, 中村和弘, 西尾 善太
Shimoda S., Yazaki T., Nishio Z., Hamasaki T. and Hirota T.
Journal of Agricultural Meteorology   71(4) 276-281   Dec 2015   [Refereed]
下田星児, 矢崎友嗣, 西尾 善太, 濱嵜孝弘, 広田知良
Shimoda S., Hamasaki T., Hirota T., Kanno H. and Nishio Z.
International Journal of Climatology   35(14) 4176-4185   Nov 2015   [Refereed]
下田星児, 濱嵜孝弘, 広田知良, 菅野洋光, 西尾 善太
Ito M., Funatsuki W., Ikeda T., Nishio Z., Nagasawa K. and Tabiki T.
Breeding Science   65(3) 241-248   Jun 2015   [Refereed]
小麦の製パン性に重要な役割を果たしている低分子グルテニンサブユニット遺伝子Glu-B3の遺伝子型が異なる品種「ゆめちから」の潤同質遺伝子系統を作出し、それぞれの製パン性を比較した結果、Glu-B3hが最もよく膨らみ、その次にGlu-B3ab,Glu-B3gの順番であることを明らかにした。
伊藤美環子, 船附稚子, 池田達哉, 西尾 善太, 長澤幸一, 田引 正
Kojima H., Nishio Z., Kobayashi F., Saito M., Sasaya T., Otobe C., Seki M., Oda S. and Nakamura T.
Plant Breeding   134(4) 373-376   May 2015   [Refereed]
日本各地において問題になっている土壌伝染性のウイルス病である小麦縞萎縮病について、抵抗性品種「ゆめちから」が染色体2D上に持つ抵抗性遺伝子Q.Ymymは、関東地方で発生している縞萎縮ウイルスのPathotypeIに対して有効であることを明らかにした。
小島久代, 西尾 善太, 小林史典, 齋藤美香, 笹谷孝英, 乙部千雅子, 関昌子, 小田俊介, 中村俊樹
Nishio Z., Ito M., Tabiki T., Nagasawa K., Yamauchi H. and Hirota T.
Crop Science   53(2) 621-628   Jan 2013   [Refereed]
過去15年間の北海道における小麦の収量の変動について、生育期間中の気温と収量構成要素の関係を詳細に解析し、春の低温と夏の高温の組合せが、北海道の小麦収量を下げる大きな要因となっていることを明らかにした。
西尾 善太, 伊藤美環子, 田引正, 長澤幸一, 山内宏昭, 広田知良
Ito M., Funatsuki W., Ikeda T., Nishio Z., Nagasawa K., Tabiki T. and Yamauchi H.
Breeding Science   62(4) 340-347   Dec 2012   [Refereed]
国産の超強力小麦である「ゆめちから」、「北海259号」、「北海262号」は、パスタ適性に重要な麺の硬さが優れており、特に多肥栽培によって高タンパク化しても麺の色相劣化が少ない「北海262号」のパスタ適性が優れることを明らかにした。
伊藤美環子, 船附稚子, 池田達哉, 西尾 善太, 長澤幸一, 田引正, 山内宏昭
Ito M., Fushie S., Funatsuki W., Ikeda T., Nishio Z., Nagasawa K., Tabiki T. and Yamauchi H.
Breeding Science   61(3) 281-287   Sep 2011   [Refereed]
小麦の製パン性に重要な役割を果たしている高分子および低分子グルテニンサブユニットの遺伝子型について半数体倍加系統を解析した結果、高分子がGlu-D1d、低分子がGlu-A3f、Glu-B3bの組合せの製パン性が最も優れることを明らかにした。
伊藤美環子, 伏江幸子, 船附稚子, 池田達哉, 西尾 善太, 長澤幸一, 田引 正, 山内宏昭
Nagasawa K., Tabiki T., Nishio Z., Ito M., Nakamura K., Taniguchi Y. and Yamauchi H.
Journal of Cookery Science of Japan   44(3) 214-222   Jun 2011   [Refereed]
Nishio Z., Miyazaki Y., Seki M., Ito M., Tabiki T., Nagasawa K., Yamauchi H. and Miura H.
Cereal Chemistry   88(2) 189-194   Apr 2011   [Refereed]
薄力小麦のスポンジケーキ適性について、アミロース含量の異なる「農林61号」準同質遺伝子系統を北海道、関東、九州の各地で栽培して比較したところ、各地ともアミロース含量とスポンジケーキ体積の間に強い正の相関関係が見られた。またスポンジケーキ体積は簡易測定が可能なWater SRCと強い相関を示した。
西尾 善太, 宮崎友里, 関 昌子, 伊藤美環子, 田引 正, 長澤幸一, 山内宏昭, 三浦秀穂
Nishio Z., Kojima H., Iriki N., Ito M., Tabiki T., Yamauchi H. and Murray T.
Euphytica   176(2) 223-229   Nov 2010   [Refereed]
日本全国の小麦栽培地域で問題となっている土壌伝染性ウイルス病害の小麦縞萎縮病の抵抗性遺伝子がヨーロッパ品種「Ibis」の2D染色体の長腕上の座乗位置を明らかにした。また、この抵抗性遺伝子は北海道と九州で発生している異なるタイプの小麦縞萎縮ウイルスの両方に対して有効であることを明らかにした。
西尾 善太, 小島久代, 入来規雄, 伊藤美環子, 田引 正, 山内宏昭, Timothy Murray
Nishio Z., Takata K., Ito M., Tanio M., Tabiki T., Yamauchi H. and Ban T.
Plant Disease   94(3) 335-338   Mar 2010   [Refereed]
北海道で春まき栽培した小麦15品種について、製粉後の小麦粉とフスマに含まれるかび毒(デオキシニバレノール)の濃度を測定した。その結果、かび毒の蓄積量に関わらず小麦粉に含まれるかび毒の濃度はふすまのかび毒濃度のおよそ半分であることを明らかにした。
西尾 善太, 高田兼則, 伊藤美環子, 谷尾昌彦, 田引 正, 山内宏昭, 坂 智広
Nishio Z., Oikawa H., Haneda T., Seki M., Ito M., Tabiki T., Yamauchi H. and Miura H.
Cereal Chemistry   86(3) 313-318   Jun 2009   [Refereed]
小麦のアミロース含量を決定する3種類のデンプン合成酵素遺伝子の組成が異なる準同質遺伝子系統を用いて、スポンジケーキ適性とアミロース含量の関係を解析した。その結果、スポンジケーキの体積は小麦粉のアミロース含量と強い正の相関関係を持つことを明らかにした。
西尾 善太, 及川華希, 羽田崇伸, 関 昌子, 伊藤美環子, 田引 正, 山内宏昭, 三浦秀穂
Nishio Z., Iriki N., Takata K., Ito M., Tabiki T. and Murray T.
Plant Disease   92(7) 1021-1025   Jul 2008   [Refereed]
小麦雪腐病の人工接種法を確立するため、接種前の低温処理条件の最適化を目的として、温度および土壌水分条件を検討した結果、4℃、乾燥条件で4週間の低温処理を行うことによって、最も小麦の雪腐病抵抗性を判別しやすいことを明らかにした。
西尾 善太, 入来規雄, 高田兼則, 伊藤美環子, 田引 正, Timothy Murray
Nishio Z., Ito M., Tanio M., Tabiki T. and Yamauchi H.
Breeding Science   58(2) 183-185   Jul 2008   [Refereed]
赤かび病抵抗性が優れる春まき小麦品種「蘇麦3号」が持つ抵抗性QTLを北海道の秋まき小麦に導入した結果、春まき小麦が持つ抵抗性遺伝子は秋まき小麦においても有効であることを明らかにした。
西尾 善太, 伊藤美環子, 谷尾昌彦, 田引 正, 山内宏昭
Ito M., Nishio Z., Tanio M., Funatsuki W., Tabiki T. and Yamauchi H.
Japanese Journal of Crop Science   77(2) 159-166   May 2008   [Refereed]
入来規雄, 石井現相, 桑原達雄, 田引 正, 西尾善太, 藤田雅也, 石川直幸, 関 昌子, 渡部信義
日本作物学会紀事   76(4) 569-575   Oct 2007   [Refereed]
Yamauchi H., Ito M., Nishio Z., Tabiki T., Kim S-J., Hashimoto N., Noda T., Takigawa S., Endo C., Takata K., Ota K., Fukushima M., Miura H. and Zaidul ISM.
Food Science and Technology Research   13(3) 227-234   Aug 2007   [Refereed]
山内宏昭, 伊藤美環子, 西尾 善太, 田引 正, S-J. Kim, 橋本直人, 野田高弘, 瀧川重信, 遠藤千絵, 高田兼則, 太田圭子, 福島道広, 三浦秀穂, Zaidul ISM
Ito M., Ota K., Nishio Z., Tabiki T., Hashimoto N., Funatsuki W., Miura H. and Yamauchi H.
Food Science and Technology Research   13(3) 253-260   Aug 2007   [Refereed]
伊藤美環子, 太田圭子, 西尾 善太, 田引 正, 橋本直人, 船附稚子, 三浦秀穂, 山内宏昭
Nishio Z., Takata K., Ito M., Tabiki T., Ikeda T., Fujita Y., Funatsuki W., Iriki N. and Yamauchi H.
Crop Science   47(4) 1451-1458   Jul 2007   [Refereed]
西尾 善太, 高田兼則, 伊藤美環子, 田引 正, 池田達哉, 藤田由美子, 船附稚子, 入来規雄, 山内宏昭
Tanio M., Kato K., Ishikawa N., Tabiki T., Nishio Z., Nakamichi K., Tamura Y., Sato M., Takagai Y. and Matsuoka M.
Breeding Science   56(3) 311-320   Sep 2006   [Refereed]
谷尾昌彦, 加藤鎌司, 石川直之, 田引 正, 西尾善太, 中道浩司, 田村泰章, 佐藤光徳, 高木洋子, 松岡 誠
Yahata E., Funatsuki W., Nishio Z., Yamamoto Y., Hanaoka A., Sugiyama H., Tanida M. and Saruyama H.
Bioscience Biotechnology and Biochemistry   70(4) 788-797   Apr 2006   [Refereed]
八幡江梨子, 船附稚子, 西尾善太, 山本嘉彦, 花岡彰宏, 杉山 久, 谷田昌稔, 猿山晴夫
Tanaka Y., Miura H., Fukushima M., Ito M., Nishio Z., Kim S-J., Hashimoto N., Noda T., Takigawa S., Endo C. and Yamauchi H.
Starch-Stärke   58(3-4) 186-195   Apr 2006   [Refereed]
田中裕子, 三浦秀穂, 福島道広, 伊藤美環子, 西尾善太, S-J Kim, 橋本直人, 野田高広, 瀧川重信, 遠藤千絵, 山内宏昭
Iriki N., Nishio Z., Kawakami A., Yoshida M., Kuroki M., Funtov K. and Kawahara T.
Plant Production Science   8(5) 563-566   Dec 2005   [Refereed]
入来規雄, 西尾善太, 川上 顕, 吉田みどり, 黒木 慎, Kirill Funtov, 河原太八
Yahata E., Funatsuki W., Nishio Z., Tabiki T., Takata K., Yamamoto Y., Tanida M. and Saruyama H.
Proteomics   5(15) 3942-3953   Oct 2005   [Refereed]
八幡江梨子, 船附稚子, 西尾善太, 田引 正, 高田兼則, 山本嘉彦, 谷田昌稔, 猿山晴夫
Nishio Z., Takata K., Ikeda T., Fujita Y., Ito M., Tabiki T., Funatsuki W. Yamauchi H. and Iriki N.
Breeding Science   55(3) 303-310   Sep 2005   [Refereed]
西尾善太, 高田兼則, 池田達哉, 藤田由美子, 伊藤美環子, 田引 正, 船附稚子, 山内宏昭, 入来規雄
Funatsuki W., Takata K., Funatsuki H., Tabiki T., Ito M., Nishio Z., Kato A., Saito K., Yahata E., Saruyama H. and Yamauchi H.
Breeding Science   55(2) 241-246   Jun 2005   [Refereed]
船附稚子, 高田兼則, 船附秀行, 田引 正, 伊藤美環子, 西尾善太, 加藤 明, 斎藤浩二, 八幡江梨子, 猿山晴夫, 山内宏昭
Takata K., Nishio Z., Iriki N., Tabiki T., Funatsuki W. and Yamauchi H.
Breeding Science   55(1) 87-92   Mar 2005   [Refereed]
高田兼則, 西尾善太, 入来規雄, 田引 正, 船附稚子, 山内宏昭
Funatsuki W., Takata K., Funatsuki H., Tabiki T., Ito M., Nishio Z., Kato A., Saito K., Yahata E., Saruyama H. and Yamauchi H.
Journal of Cereal Science   41(1) 47-57   Jan 2005   [Refereed]
船附稚子, 高田兼則, 船附秀行, 田引 正, 伊藤美環子, 西尾善太, 加藤 明, 斎藤勝一, 八幡江梨子, 猿山晴夫, 山内宏昭
Funatsuki W., Takata K., Nishio Z., Tabiki T., Yahata E., Kato A., Saito K., Funatsuki H., Saruyama H. and Yamauchi H.
Plant Breeding   123(4) 355-360   Aug 2004   [Refereed]
船附稚子, 高田兼則, 西尾善太, 田引 正, 八幡江梨子, 加藤 明, 斎藤勝一, 船附秀行, 猿山晴夫, 山内宏昭
Nishio Z., Takata K., Ito M., Tabiki T., Iriki N., Funatsuki W. and Yamauchi H.
Food Science and Technology Research   10(2) 208-213   May 2004   [Refereed]
西尾善太, 高田兼則, 伊藤美環子, 田引 正, 入来規雄, 船附稚子, 山内宏昭
Nishio Z., Takata K., Tabiki T., Ito M., Takenaka S., Kuwabara T., Iriki N. and Ban T.
Breeding Science   54(1) 79-84   Mar 2004   [Refereed]
西尾善太, 高田兼則, 田引 正, 伊藤美環子, 竹中重仁, 桑原達雄, 入来規雄, 坂 智広
Takenaka S., Nishio Z. and Nakamura Y.
Phytopathology   93(10) 1228-1232   Oct 2003   [Refereed]
竹中重仁, 西尾善太, 中村由美
Yamauchi H., Noda T., Matsuura-Endo C., Nishio Z., Takata K., Tabiki T., Saito K., Oda Y., Funatsuiki W. and Iriki N.
Food Preservation Science   29(4) 211-220   Aug 2003   [Refereed]
Iriki N., Yamauchi H., Takata K., Nishio Z. and Ichinose Y.
Food Science and Technology Research   9(1) 104-109   Feb 2003   [Refereed]
入来規雄, 山内宏昭, 高田兼則, 西尾善太, 一ノ瀬靖則
Takata K., Nishio Z., Funatsuki W., Kuwabara T. and Yamauchi H.
Food Science and Technology Research   9(1) 67-72   Feb 2003   [Refereed]
高田兼則, 西尾善太, 船附稚子, 桑原達雄, 山内宏昭
Saito K., Nishio Z., Takata K., Kuwabara T., Yokota A., Yamauchi H. and Oda Y.
Food Science and Technology Research   9(1) 40-44   Feb 2003   [Refereed]
斎藤勝一, 西尾善太, 高田兼則, 桑原達雄, 横田 篤, 山内宏昭, 小田有二
Nishizawa Y., Saruta Y., Nakazono K., Nishio Z., Soma M., Yoshida T., Nakajima E. and Hibi T.
Plant Molecular Biology   51(1) 143-152   Jan 2003   [Refereed]
西澤洋子, 猿田正恭, 中園京子, 西尾善太, 相馬聖人, 吉田隆伸, 中島恵美, 日比忠明
Takata K., Yamauchi H., Nishio Z., Funatsuki W. and Kuwabara T.
Food Science and Technology Research   8(2) 178-182   May 2002   [Refereed]
高田兼則, 山内宏昭, 西尾善太, 船附稚子, 桑原達雄
Iriki N., Yamauchi H., Takata K., Nishio Z. and Ichinose Y.
Food Science and Technology Research   8(2) 169-171   May 2002   [Refereed]
入来規雄, 山内宏昭, 高田兼則, 西尾善太, 一ノ瀬靖則
Ichinose Y., Kuwabara T., Takata K., Nishio Z. and Horigane A.
Japanese Journal of Crop Science   70(4) 588-594   Dec 2001   [Refereed]
Takata K., Yamauchi H., Nishio Z. and Kuwabara T.
Breeding Science   51(2) 143-146   Jun 2001   [Refereed]
高田兼則, 山内宏昭, 西尾善太, 桑原達雄
Yamauchi H., Nishio Z., Takata K., Oda Y., Yamaki K., Ishida N. and Miura H.
Food Science and Technology Research   7(2) 120-125   Apr 2001   [Refereed]
山内宏昭, 西尾善太, 高田兼則, 小田有二, 山木一史, 石田奈々子, 三浦秀穂
Yamauchi H., Nishio Z., Takata K., Oda Y., Yamaki K., Ishida N. and Miura H.
Food Science and Technology Research   7(2) 135-140   Apr 2001   [Refereed]
山内宏昭, 西尾善太, 高田兼則, 小田有二, 山木一史, 石田奈々子, 三浦秀穂

Conference Activities & Talks

 
Breeding for improved snow mold resistance in hard red winter wheat at Hokkaido, Japan
西尾 善太, 伊藤美環子, 寺沢洋平, 田引 正, 長澤幸一, 八田浩一
植物と微生物の低温適応に関する国際会議   22 May 2016   Washington State University

Association Memberships