山口 雅裕

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/01 11:04
 
アバター
研究者氏名
山口 雅裕
 
ヤマグチ マサヒロ
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
生物応用化学科
職名
准教授
学位
博士 (理学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2000年
日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
 
2000年
 - 
2002年
第一製薬株式会社  ポスドク研究員
 
2002年
 - 
2006年
理化学研究所 政井独立主幹研究ユニット ユニット研究員
 
2006年
 - 
2007年
沖縄科学技術研究基盤整備機構 大学院大学先行プロジェクト 神経発生ユニット 研究員
 
2007年
 - 
2008年
関西学院大学 理工学部 生命科学科 発生生物学研究室・理工学部 研究員/専門技術員
 
2008年
 - 
2010年
立教大学理学部生命理学科 助教
 
2010年
 - 
2013年
鈴鹿工業高等専門学校生物応用化学科 講師
 
2013年
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校生物応用化学科 准教授
 

学歴

 
1991年
 - 
1995年
北海道大学 理学部 生物学科動物学専攻
 
1995年
 - 
1997年
北海道大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 修士課程
 
1997年
 - 
2000年
北海道大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士課程 
 

論文

 
共存塩存在下・非共存下における塩化リチウム水溶液暴露メダカの 毒性試験と体内酸化ストレスについて
佐野智基、山口雅裕、宮内真愛、 中道隆広、石橋康弘、甲斐穂高
環境と安全   8(3) 123-134   2017年10月   [査読有り]
Eriko Nishitani, Chong Li, Jaehoon Lee, Hiroyo Hotta, Yuta Katayama, Masahiro Yamaguchi, and Tsutomu Kinoshita
Dev. Growth Differ.   57 591-596   2015年   [査読有り]
大平麻由佳、中川元斗、大田政史、石橋康弘、有薗幸司、横山誠二、甲斐穂高、山口雅裕
環境と安全   6 31-42   2015年   [査読有り]
「鈴鹿高専の専門力を結集して三重の海を守ろう」プロジェクトについて
平井信充、甲斐穂高、山口雅裕、黒田大介、兼松秀行
鈴鹿工業高等専門学校紀要   47 11-15   2014年   [査読有り]
創造工学「干潟の環境を分析する」とその教育効果
山口雅裕、甲斐穂高、中川元斗、平井信充
高専教育   37 305-310   2014年   [査読有り]
Shinya Ohata, Ryo Aoki, Shigeharu Kinoshita, Masahiro Yamaguchi, Sachiko Tsuruoka-Kinoshita, Hideomi Tanaka, Hironori Wada, Shugo Watabe, Takashi Tsuboi, Ichiro Masai and Hitoshi Okamoto
Neuron   69 215-230   2011年   [査読有り]
Shunsuke Yoshii, Masahiro Yamaguchi, Yuichiro Oogata, Akira Tazaki, Makoto Mochii, Shintaro Suzuki and Tsutomu Kinoshita
Zool. Sci.   28 809-816   2011年   [査読有り]
Masahiro Yamaguchi, Fumiyasu Imai, Noriko Tonou-Fujimori and Ichiro Masai
Mech. Dev.   127 247-265   2010年   [査読有り]
Masahiro Yamaguchi, Noriko Fujimori-Tonou, Yukihiro Yoshimura, Tsutomu Kishi, Hitoshi Okamoto, Ichiro Masai 
Development    135(7) 1247-1257   2008年   [査読有り]
Ichiro Masai, Masahiro Yamaguchi, Noriko Tonou-Fujimori, Atsuko Komori, and Hitoshi Okamoto 
Development    132(7) 1539-1553   2005年   [査読有り]
Masahiro Yamaguchi, Noriko Tonou-Fujimori, Atsuko Komori, Ryu Maeda, Yasuhiro Nojima, Haichang Li, Hitoshi Okamoto, and lchiro Masai 
Development    132(13) 3027-3043   2005年   [査読有り]
Ichiro Masai, Zsolt Lele, Masahiro Yamaguchi, Atsuko Komori, Asuka Nakata, Yuko Nishiwaki, Hironori Wada, Hideomi Tanaka, Yasuhiro Nojima, Matthias Hammerschmidt, Stephen W. Wilson, and Hitoshi Okamoto 
Development    130(11) 2479-2494   2003年   [査読有り]
Masahiro Yamaguchi and Masami Wakahara
Masahiro Yamaguchi and Masami Wakahara Dev. Biol.    230 204-216   2001年   [査読有り]
Masami Wakahara and Masahiro Yamaguchi
Masami Wakahara and Masahiro Yamaguchi Zool. Sci.    18 891-904   2001年   [査読有り]
Erythropoiesis and unexpected expression pattern of globin genes in the salamander Hynobius retardatus.
Masahiro Yamaguchi, Hiroki Takahashi, and Masami Wakahara
Masahiro Yamaguchi, Hiroki Takahashi, and Masami Wakahara Dev. Genes Evol.    210 180-189   2000年   [査読有り]
Hemoglobin transition from larval to adult types occurs within a single erythroid cell population during metamorphosis of a salamander, Hynobius retardatus.
Masahiro Yamaguchi and Masami Wakahara
Int. J. Dev. Biol.    41 581-589   1997年   [査読有り]
Heterochronic expression of several adult phenotypes in normally metamorphosing and metamorphosis arrested larvae of a salamander Hynobius retardatus.
Masami Wakahara and Masahiro Yamaguchi 
Zool. Sci.    13 483-488   1996年   [査読有り]
Masahiro Yamaguchi, Shigeyasu Tanaka and Masami Wakahara 
Gen. Comp. Endocrinol.    104 273-283   1996年   [査読有り]

Misc

 
干潟に生息するカニ類の塩分濃度感知と体液塩濃度の調節
落合竜季、大橋琉卯、山口雅裕
第3回高専生サミット(鶴岡高専校長賞受賞)      2018年9月
カニの塩分感知におけるカリウムイオン・二価陽イオンの役割
大橋琉卯、落合竜季、奥野舞(鈴鹿高専課題研究カニグループ) [指導教員:山口雅裕]
第23回高専シンポジウム in KOBE(ポスター発表賞受賞)      2018年1月
カニはなぜ塩水で死んでしまうのか?
内田航輔、田代のどか、徳永彩加、船越美里(鈴鹿高専課題研究カニグループ) [指導教員:山口雅裕]
Science Castle 2017関西大会(優秀賞・審査員特別賞受賞)      2017年12月
なぜ塩水は毒なのか?-カニ類の耐塩性-
落合竜季、笹川雄飛、西村捺旺、水谷明日香(鈴鹿高専課題研究カニグループ)[指導教員:山口雅裕]
日本甲殻類学会第55回大会高校生セッション(最優秀賞受賞)      2017年9月

書籍等出版物

 
Corrosion Control and Surface Finishing: Environmentally Friendly Approaches (Hideyuki Kanematsu and Dana M. Barry (eds))
Masahiro Yamaguchi (担当:分担執筆, 範囲:The application of fish)
Springer   2016年   

講演・口頭発表等

 
カニ類の淡水域への進出と体液塩濃度調節機構の進化
山口雅裕
日本動物学会第89回大会   2018年9月   
ツメガエル変態期における成体型赤血球の出現と赤血球転換の完了
藤川良祐、生駒晶穂、山川菜摘、山口雅裕
平成29年度日本動物学会中部支部会   2017年11月   
NaCl-tolerance in marine, estuarine, and freshwater crabs
山口雅裕
The 39th Annual Meetng of The Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry   2017年11月   
なぜ塩化ナトリウムは毒なのか?-カニ類の耐塩性の仕組み-
山口雅裕
日本動物学会第88回大会   2017年9月   
The analysis of the development and remodeling of digestive tract of Rana tagoi, which does not eat food during larval stage
山口雅裕、坂本和歌子、山路草太、岸亮太、小林大士、竹内佑喜、桂川夏野
The 87th meeting of the Zoological Society of Japan   2016年11月   
Working to active learning by Creative Engineering in NIT SUZUKA college
Takeshi Kougo, Toshiya Itaya, Hirohito Minoura, Nobumitsu Hirai, Masahiro Yamaguchi, Hotaka Kai, Gento Nakagawa, Mizuki Kitou, Tatsuya Shirai, Kazuhiro Nishimura, Masahi Kawaguchi, Takehiro Tazoe, Hiroshi Simofuruya, Hideyuki Kanematsu, Hisakazu Ezaki, Kiyoshi Ise, Yasutsugu Nitta
ISATE2016   2016年9月   
バイオティックリガンドモデルに基づいた金属の生体影響評価について
甲斐穂高、佐野智基、山口雅裕
鉄鋼スラグ新機能フォーラム・バイオファウリングバイオフィルム評価分析解析研究フォーラム合同シンポジウム「スラグ新機能開発とバイオテクノロジーの融合」   2016年9月   
「鈴鹿高専の専門力を結集して三重の海を守ろう」プロジェクト~3 年を経過して~
甲斐穂高、山口雅裕、平井信充
公益社団法人電気化学会第83回大会   2016年3月   
ウミニナ類の生息干潟と遺伝型の解析
村山椋、山口雅裕
平成27年度日本動物学会中部支部会   2015年11月   
タゴガエルにおける消化管リモデリングの解析
小林大士、岸亮太、山路草太、坂本和歌子、山口雅裕
平成27年度日本動物学会中部支部会   2015年11月   

競争的資金等の研究課題

 
カニ類をモデルとした広塩性無脊椎動物の海水感知・応答システムの解析
岡三加藤文化振興財団: 研究助成金
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 山口雅裕
アフリカツメガエル変態期における赤血球動態の解析
科研費 若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 山口雅裕
エゾサンショウウオの幼形成熟成立機構に関する分子生物学的研究
特別研究員奨励費
研究期間: 1998年7月 - 2000年3月    代表者: 山口雅裕