山田 康之

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/11 02:42
 
アバター
研究者氏名
山田 康之
eメール
katoyamarikkyo.ac.jp
URL
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/katoyama/
所属
立教大学
部署
理学部 生命理学科
職名
教授
学位
修士(理学)(東京工業大学), 博士(理学)(東京工業大学)
その他の所属
立教大学立教大学立教大学立教大学
科研費研究者番号
80386507

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
1999年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
1999年4月
 - 
2003年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2003年4月
 - 
2004年3月
東京大学 生産技術研究所 産学官連携研究員
 
2004年4月
 - 
2008年3月
立教大学 理学部 生命理学科 専任講師
 
2008年4月
 - 
2015年3月
立教大学 理学部 生命理学科 准教授
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京工業大学 生命理工学研究科 バイオサイエンス専攻
 
1996年4月
 - 
1999年3月
東京工業大学 生命理工学研究科 バイオサイエンス専攻
 
 
 - 
1994年3月
東京工業大学 生命理工学部 生命理学科
 

受賞

 
2008年10月
日本生化学会 平成20年度 日本生化学会奨励賞
 

論文

 
Genki Akanuma, Yuka Kazo, Kazumi Tagami, Hirona Hiraoka, Koichi Yano, Shota Suzuki,Ryo Hanai, Hideaki Nanamiya, Yasuyuki Kato-Yamada, Fujio Kawamura
Microbiology   162 448-458   2016年3月   [査読有り]
Ribosome dimers are a translationally inactive form of ribosomes found in Escherichia coli and
many other bacterial cells. In this study, we found that the 70S ribosomes of Bacillus subtilis
dimerized during the early stationary phase and these di...
Yuki Hamajima, Takayuki Nagae, Nobuhisa Watanabe, Eiji Ohmae, Yasuyuki Kato‑Yamada, Chiaki Kato
Extremophiles   20 177-186   2016年3月   [査読有り]
3-Isopropylmalate dehydrogenase (IPMDH)
from the extreme piezophile Shewanella benthica (SbIPMDH)
is more pressure-tolerant than that from the atmospheric
pressure-adapted Shewanella oneidensis (SoIPMDH).
To understand the molecular mechanisms of ...
Yasuyuki Kato-Yamada
Biochemical and Biophysical Research Communications   469 1129-1132   2016年1月   [査読有り]
Specific ATP binding to the ε subunit of thermophilic F1-ATPase has been utilized for the biosensors of
ATP in vivo. I report here that the ε subunit containing R103A/R115A mutations can bind ATP with a
dissociation constant at 52 nM, which is two...
Toru Ishikawa, Yasuyuki Kato-Yamada
PLOS ONE   9 e107197   2014年9月   [査読有り]
F1-ATPase from Bacillus subtilis (BF1) is severely suppressed by the MgADP inhibition. Here, we have tested if this is due to
the loss of nucleotide binding to the noncatalytic site that is required for the activation. Measurements with a tryptoph...
Yuki Hamajima, Takayuki Nagae, Nobuhisa Watanabe, Yasuyuki Kato-Yamada, Takeo Imai, Chiaki Kato
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   78(3) 469-471   2014年4月   [査読有り]

Misc

 
ATP合成酵素の活性調節におけるεサブユニットの役割
山田 康之
生化学   81(11)    2009年11月

競争的資金等の研究課題

 
ATP合成酵素のATPモーターとプロトンモーターをつなぐ分子内クラッチ
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 現在    代表者: 山田 康之
ATP合成酵素に見られる、条件的脱共役状態の分子機構を明らかにする。
枯草菌ATP合成酵素の活性調節の包括的理解
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月
枯草菌ATP合成酵素の活性調節機構の解明
ATP合成酵素の回転モータ制御の分子機構
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2011年3月
代表:久堀徹
ATP合成酵素のεサブユニットへのATP結合と活性調節
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月

特許

 
US Patent 08524447 : Fluorescently labeled fusion protein for assaying adenosine triphosphate.
Hiroyuki Noji, Hiromi Imamura, Ryota Iino, Yasuyuki Yamada