頭士 泰之

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/03 01:41
 
アバター
研究者氏名
頭士 泰之
 
ズシ ヤスユキ
ハンドル
zushi
所属
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
職名
研究員
学位
工学博士(横浜国立大学)

プロフィール

現代社会における化学物質利用の加速度的増加を受けて、人の健康や生態系に対して問題となりうる環境中化学物質の網羅分析手法や空間的動態予測手法およびその融合手法の開発研究を進めています。いずれの開発においても多量情報の高効率処理がキーワードです。より良い化学物質管理の形を考えながら研究を展開しています。
国立環境研究所JSPSフェロー、スイス連邦水質科学研究所eawag客員研究員を経て、現在、産業技術研究所研究員として活動中。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
産業技術総合研究所 安全科学研究部門 研究員
 
2013年3月
 - 
2014年3月
スイス連邦水質科学研究所 eawag / スイス連邦工科大学 ローザンヌ校 EPFL 環境化学部門 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2015年3月
国立環境研究所 環境計測研究センター 特別研究員 / JSPS-PD
 
2010年4月
 - 
2011年3月
横浜国立大学 大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門 JSPS-PD
 
2009年4月
 - 
2010年3月
横浜国立大学 大学院環境情報学府 環境リスクマネジメント専攻 JSPS-DC
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
国立環境研究所  客員研究員
 

受賞

 
2012年
河川環境管理財団 河川整備基金研究助成 優秀成果
受賞者: 益永茂樹, 頭士 泰之
 
2010年
日本水環境学会 博士研究奨励賞(オルガノ賞)
 

論文

 
Zushi, Y. and Hashimoto, S.
Anal. Chem.   90(6) 3819-3825   2018年2月   [査読有り]
Zushi, Y., Gros. J., Tao, Q., Reichenbach, S.E., Hashimoto, S., Arey, S.J.
J.Chromatogr. A   1508(28) 121-129   2017年6月   [査読有り]
Zushi, Y., Yamamoto, A., Tsunemi, K., Masunaga, S.
Environ. Sci. Pollut. Res.   24(7) 6736-6745   2017年1月   [査読有り]
Zushi, Y., Hashimoto, S., Tanabe, K.
Chemosphere   106 398-406   2016年5月   [査読有り]
Sakurai, T., Serizawa, S., Kobayashi, J., Kodama, L., Lee J. H., Maki, H., Zushi, Y., Sevilla-Nastor J. B., Imaizumi, Y., Suzuki, N., Horiguchi, T., Shiraishi, H.
Sci. Total Environ   539 277-285   2016年1月   [査読有り]
Open Access
Ye, F., Zushi, Y., Masunaga, S.
Chemosphere   127 262-268   2015年3月   [査読有り]
Zushi, Y., Hashimoto, S, Tanabe, K.
Anal.Chem.   87(3) 1829-1838   2015年1月   [査読有り]
Open Access
Hashimoto, S., Zushi, Y., Takazawa, Y., Ieda, T., Fushimi, A., Tanabe, K., Shibata, Y.
Environ. Sci. Pollut. Res   1-12   2015年   [査読有り]
Open Access
Feng Ye, Masahiro Tokumura, Md Saiful Islam, Yasuyuki Zushi, Jungkeun Oh, Shigeki Masunaga
Water Research   67 77-85   2014年10月   [査読有り]
Yasuyuki Zushi, Shunji Hashimoto, Masafumi Tamada, Shigeki Masunaga, Yutaka Kanai, Kiyoshi Tanabe
J. Chromatogr. A   1338(18) 117-126   2014年3月   [査読有り]
Yasuyuki Zushi, Shunji Hashimoto, Akihiro Fushimi, Yoshikatsu Takazawa, Kiyoshi Tanabe, Yasuyuki Shibata
Analytica Chimica Acta   778 54-62   2013年   [査読有り]
Shunji Hashimoto, Yasuyuki Zushi , Akihiro Fushimi, Yoshikatsu Takazawa, Kiyoshi Tanabe, Yasuyuki Shibata
Journal of Chromatography A   1282 183-189   2013年   [査読有り]
Yasuyuki Zushi, Feng Ye, Mamoru Motegi, Kiyoshi Nojiri, Shigeo Hosono, Toshinari Suzuki, Yuki Kosugi, Kumiko Yaguchi, Shigeki Masunaga
Chemosphere   88(11) 1353-1357   2012年   [査読有り]
Yasuyuki Zushi, Jonathan Hogarh Shigeki Masunaga
Clean Technologies and Environmental Policy   14(1) 9-20   2012年   [査読有り]
Yasuyuki Zushi and Shigeki Masunaga
Chemosphere   85(8) 1340-1346   2011年   [査読有り]
Keiji Notsu, Yasuyuki Zushi, Shin Ota, Tomoko Kawasaki-Takasuka, Takashi Yamazaki
Chemistry   17(33) 9200-9208   2011年   [査読有り]
Yasuyuki Zushi and Shigeki Masunaga
Environmental Science and Technology   45(7) 2887-2893   2011年   [査読有り]
Yasuyuki Zushi, Masafumi Tamada, Yutaka Kanai, Shigeki Masunaga
Environmental Pollution   158(3) 766-763   2010年   [査読有り]
Yasuyuki Zushi and Shigeki Masunaga
Environmental Toxicology and Chemistry   28(4) 691-700   2009年   [査読有り]
Yasuyuki Zushi and Shigeki Masunaga
Chemosphere   76(6) 833-840   2009年   [査読有り]
K. Senthil Kumar, Yasuyuki Zushi, Shigeki Masunaga, Matthew GilliganCarol PrideKenneth S. Sajwan
Marine Pollution Bulletin   58(4) 621-629   2009年   [査読有り]
Yasuyuki Zushi, Tomoharu Takeda, Shigeki Masunaga
Chemosphere   71(8) 1566–1573-1573   2008年   [査読有り]

書籍等出版物

 
製品含有化学物質の リスク管理、情報伝達の効率化 -規制対応/リスクアセスメント/調査・顧客対応-
頭士 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:複雑混合物も含めた混合物の国内外における規制と評価手法に関する最近の動向)
技術情報協会   2017年8月   ISBN:978-4-86104-672-8
Persistent Organic Chemicals in the Environment: Status and Trends in the Pacific Basin Countries II Temporal Trends
Masunaga, S. and Zushi, Y. (担当:分担執筆, 範囲:Status and Trends of Perfluoroalkyl Substances in Japan with Special Emphasis on the Tokyo Bay Basin)
ACS   2016年12月   ISBN:9780841231993
Transformation Products of Emerging Contaminants in the Environment: Analysis, Processes, Occurrence, Effects and Risks
Nollet L. and Lambropoulou D. (担当:分担執筆, 範囲:Spatial Modeling for Elucidation of Perfluorinated Compound Sources and Fate in a Watershed)
John Wiley & Sons   2014年   
Global Contamination Trends of Persistent Organic Chemicals
Bomanna G. Lonagathan and Paul K. S. Lam (担当:分担執筆, 範囲:Temporal trend of Perfluorinated Compounds from Various Environmental Matrices. p. 71-83)
CRC Press   2011年   
Persistent organic pollutants (POPs) research in Asia
Masatoshi Morita (担当:分担執筆, 範囲:Contamination of perfluorinated compounds in the six major rivers flowing into Tokyo Bay. p. 160-167)
2008年   

競争的資金等の研究課題

 
化学物質の包括的モニタリングを可能にする質量分析法の応用に関する研究
日本学術振興会: 文科省科研費 基盤研究(A)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 橋本俊次
複雑混合物のリスク評価に向けた暴露評価手法開発
日本学術振興会: 文科省科研費 若手研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 頭士 泰之
精密質量データ解析法の開発と環境化学物質モニタリングへの応用
日本学術振興会: 文科省科研費 基盤研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 橋本 俊次
迅速網羅分析手法の開発とGISを活用した汚染評価システムへの導入
日本学術振興会: 特別研究員奨励費 PD
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 頭士 泰之
MS/MS及びTOFMSによる網羅分析手法の開発・評価及び東京湾底質コアへの適用
日本学術振興会: 文科省科研費 研究活動スタート支援
研究期間: 2011年10月 - 2012年3月    代表者: 頭士 泰之
地理情報システムを利用した広域水環境汚染の評価手法開発-東京湾流域におけるぺルフルオロ化合物(PFC)汚染を事例として-
河川環境管理財団: 河川整備基金
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 益永 茂樹
PFCsによる空間的・歴史的汚染実態及び対策に向けた汚染寄与の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費 DC/PD
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 頭士 泰之
残留性有機汚染物質として2009年にストックホルム条約における規制対象物質に指定されたPFOSやその類縁体の環境動態や汚染源特定、汚染寄与解明を目指す。PFOSなどはその多様な使用形態からノンポイント汚染を引起すものとして認知されつつある。これに対して地理情報システム(GIS)と統計的手法を利用した新規汚染源解析手法を開発し、問題解決に取り組む。またこの手法を利用した汚染予測やリスク評価へも展開する予定である。
公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団: クリタ水・環境科学振興財団交際交流助成
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 頭士 泰之
フッ素系アルキル化合物による環境汚染の歴史的変遷の解明
エスペック: 公共信託エスペック地球環境研究・技術基金
研究期間: 2007年10月 - 2008年9月    代表者: 頭士 泰之