TATEIWA Shinya

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
TATEIWA Shinya
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences
Job title
Professor
Degree
Master of Sociology
Other affiliation
Ritsumeikan University

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1983
Sociology, Faculty of Literature, The University of Tokyo
 
 
 - 
1990
Sociology, Graduate School, Division of Sociology, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
「事実への信仰――ディテールで現実に抵抗する」
荻上チキ・立岩真也・岸政彦
『現代思想』   46    Feb 2018
「社会科学する(←星加良司『国家とは何か』の3――連載・142」
立岩真也
『現代思想』   46    Feb 2018
「星加良司『障害とは何か』の2――連載・141」
立岩真也
『現代思想』   46    Jan 2018
「星加良司『障害とは何か』の1――連載・140」
立岩真也
『現代思想』   45    Dec 2017
「斉藤貴男『健太さんはなぜ死んだか――警官たちの「正義」と障害者の命」
立岩真也
『リハビリテーション』   2017(11)    Nov 2017

Books etc

 
『病者障害者の戦後――生政治史点描』
青土社   Dec 2019   ISBN:978-4791771202
『不如意の身体――病障害とある社会』
青土社   Nov 2019   ISBN:978-4791771196
『人間の条件――そんなものない 第2版』
立岩真也
新曜社   Apr 2018   
『社会が現れるとき』
若林幹夫・立岩真也・佐藤俊樹
東京大学出版会   Feb 2018   
『リハビリテーション/批判――多田富雄/上田敏/…』
立岩真也編
Kyoto Books   Jul 2017   

Conference Activities & Talks

 
PA (Personal Assistance): Acquiring Public Expense and Seeking Self Management
Conference on Multi-Disciplinary Research of Disability Policy in China, Wuhan   17 Dec 2017   
"Achieving Independent Lives for People with ALS Connected to Artificial Respirators through the Process of Accepting Care from Non-Family Members"
The 28th International Symposium on ALS/MND   9 Dec 2017   
一つのための幾つか
第36回びわこ学園実践研究発表会全体講演   3 Dec 2016   
病・障害の諸相、そしてなおすこと・補うこと・委ねること
障害学国際セミナー 2014   20 Nov 2014   
本人が第一等と誰もが言うことについて
質的心理学会研究員会主催研修会   5 Feb 2011   

Teaching Experience

 

Works

 
震災関連情報提供開始他
The Others   Mar 2011
異なる身体のもとでの交信-本当の実用のための仕組みと思想
The Others   Apr 2008 - Mar 2011

Research Grants & Projects

 
意思決定支援研究 ―その現状を知り、可能性を探り、未来を展望する―
公益財団法人 明治安田こころの健康財団 2016年度研究助成
Project Year: Sep 2016 - Sep 2017
『生存学』創成拠点
文部科学省・グローバルCOEプログラム
Project Year: 2007 - 2011