TATEIWA Shinya

J-GLOBAL         Last updated: Nov 26, 2019 at 02:56
 
Avatar
Name
TATEIWA Shinya
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences
Job title
Professor
Degree
Master of Sociology
Other affiliation
Ritsumeikan University

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1983
Sociology, Faculty of Literature, The University of Tokyo
 
 
 - 
1990
Sociology, Graduate School, Division of Sociology, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
「身体×社会アーカイブの構築――『弱くある自由へ』第二版に・補章」
立岩真也
『現代思想』   47    Dec 2019
「高橋修・下――『弱くある自由へ』第二版に・3」
立岩真也
『現代思想』   47(13) 215-231   Oct 2019
「高橋修・中――『弱くある自由へ』第二版に・2」
立岩真也
『現代思想』   47(12) 206-221   Sep 2019
「高橋修・上&話を残すこと――『弱くある自由へ』第二版に・1」
立岩真也
『現代思想』   47(10) 222-237   Aug 2019
「遺したものを記録する――何がおもしろうて読むか書くか 第9回」
立岩真也
『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』   124    Jul 2019

Books etc

 
往き還り繋ぐ――障害者運動 於&発 福島の50年
青木千帆子・瀬山紀子・立岩真也・田中恵美子・土屋 葉
生活書院   Sep 2019   ISBN:978-4865001044
『病者障害者の戦後――生政治史点描』
青土社   Dec 2018   ISBN:978-4791771202
『不如意の身体――病障害とある社会』
青土社   Nov 2018   ISBN:978-4791771196
『人間の条件――そんなものない 第2版』
立岩真也
新曜社   Apr 2018   
『社会が現れるとき』
若林幹夫・立岩真也・佐藤俊樹
東京大学出版会   Feb 2018   ISBN:978-4130501927

Conference Activities & Talks

 
往き還り繋ぐ
大学院ウィーク企画   15 Nov 2019   
ソーシャルワーク、をする
第10回四国地区社会福祉士合同研修会/ソーシャルワークフォーラムとくしま2019   9 Nov 2019   
コメント3
有馬斉著『死ぬ権利はあるか――安楽死、尊厳死、自殺幇助の是非と命の価値』合評会   22 Sep 2019   
往き還り繋ぐ――福島障害者運動史本刊行も機してアーカイヴィング公開シンポジウム第2回
往き還り繋ぐ――福島障害者運動史本刊行も機してアーカイヴィング公開シンポジウム第2回   6 Sep 2019   
国家に抗する社会を再構築する手立て
学園坂スタジオ・思想ゼミナール 連続対談「政治・身体・自己――問いの移動」   24 Aug 2019   

Works

 
震災関連情報提供開始他
The Others   Mar 2011
異なる身体のもとでの交信-本当の実用のための仕組みと思想
The Others   Apr 2008 - Mar 2011

Research Grants & Projects

 
意思決定支援研究 ―その現状を知り、可能性を探り、未来を展望する―
公益財団法人 明治安田こころの健康財団 2016年度研究助成
Project Year: Sep 2016 - Sep 2017
『生存学』創成拠点
文部科学省・グローバルCOEプログラム
Project Year: 2007 - 2011