前田 亮

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/28 02:59
 
アバター
研究者氏名
前田 亮
 
マエダ アキラ
URL
http://www.dl.is.ritsumei.ac.jp/~amaeda/
所属
立命館大学
部署
情報理工学部情報理工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2000年10月
 - 
2001年3月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2000年10月
 - 
2001年3月
米国バージニア工科大学 客員研究員 [国外]
 
2001年4月
 - 
2002年3月
科学技術振興事業団戦略的基礎研究推進事業(CREST)研究員
 
2002年4月
 - 
2004年3月
立命館大学理工学部 助教授
 
2003年10月
 - 
2004年3月
龍谷大学理工学部 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1997年3月
図書館情報大学大学院 図書館情報学研究科 図書館情報学専攻
 
 
 - 
1997年
図書館情報大学 図書館情報学部 図書館情報学
 
 
 - 
2000年
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報システム学
 

委員歴

 
2005年
 - 
2009年
情報処理学会 情報学基礎研究会 運営委員
 
2006年
 - 
2006年
情報処理学会 人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん :-) 2006) プログラム委員
 
2006年
 - 
2007年
電子情報通信学会 第18回データ工学ワークショップ(DEWS2007) プログラム委員会幹事
 
2008年
 - 
2008年
電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008) コメンテータ
 
2009年
 - 
2009年
第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2009) コメンテータ
 

受賞

 
2013年12月
Pacific Neighborhood Consortium (PNC) Best Poster Award Bronze Prize, PNC/ECAI & Jinmoncom (IPSJ SIG-CH) Joint Meetings 2013(共著)
 
2013年11月
International Association of Engineers (IAENG) Certificate of Merit (Student) for The 2013 IAENG International Conference on Internet and Multimedia Technologies 2013 (ICIMT'13)(共著)
 
2013年11月
International Association of Engineers (IAENG) Best Student Paper Award of The 2013 IAENG International Conference on Internet and Multimedia Technologies 2013 (ICIMT'13)(共著)
 
2013年9月
Dublin Core Metadata Initiative (DCMI) Best Project Report Award, The 13th International Conference on Dublin Core and Metadata Applications (DC-2013)(共著)
 
2012年4月
International Association of Engineers (IAENG) Best Student Paper Award of The 2012 IAENG International Conference on Data Mining and Applications(共著)
 

論文

 
An Entity Disambiguation Approach Based on Wikipedia and Word Embeddings for Entity Linking in Microblogs
Tomoaki Urata and Akira Maeda
Proceedings of the International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2018 (IMECS2018)   380-386   2018年3月
Recognition and Transliteration of Proper Nouns in Cross-Language Record Linkage by Constructing Transliterated Word Pairs
Yuting Song, Biligsaikhan Batjargal, and Akira Maeda
International Journal of Asian Language Processing   27(2) 111-125   2017年
Creating a Digital Edition of Mongolian Historical Documents
Biligsaikhan Batjargal, Garmaabazar Khaltarkhuu, and Akira Maeda
Proceedings of the International Conference on Culture and Computing (Culture and Computing 2017)   151-152   2017年9月
Tomoaki Urata and Akira Maeda
Proceedings of the 6th International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2017)   333-337   2017年7月
Cross-language Entity Linking Adapting to User's Language Ability
Jialiang Zhou, Fuminori Kimura, and Akira Maeda
Proceedings of the International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2017 (IMECS2017)   24-29   2017年3月

Misc

 
Linking the Same Ukiyo-e Prints in Different Languages by Exploiting Word Semantic Relationships across Languages
Yuting Song, Taisuke Kimura, Biligsaikhan Batjargal, and Akira Maeda
Conference Abstracts of Digital Humanities 2017   603-605   2017年8月
Linking the Same Ukiyo-e Prints in Different Languages by Exploiting Word Semantic Relationships across Languages
Yuting Song, Taisuke Kimura, Biligsaikhan Batjargal, and Akira Maeda
Conference Abstracts of Digital Humanities 2017   (to appear)   2016年7月
Identifying the Same Ukiyo-e Prints from Databases in Dutch and Japanese
Taisuke Kimura, Yuting Song, Biligsaikhan Batjargal, Fuminori Kimura, and Akira Maeda
Conference Abstracts of Digital Humanities 2016   822-824   2016年7月
Named Entity Extraction from digitized texts of Mongolian Historical Documents in Traditional Mongolian Script
Biligsaikhan Batjargal, Garmaabazar Khaltarkhuu, and Akira Maeda
Conference Abstracts of Digital Humanities 2016   734-735   2016年7月
A Linked Data Driven Approach on Cross Language Information Access to Diverse Japanese Databases
Biligsaikhan Batjargal, Takeo Kuyama, Fuminori Kimura, and Akira Maeda
Book of Abstracts of the 5th International Conference on Qualitative and Quantitative Methods in Libraries (QQML2013)   178-179   2013年6月

書籍等出版物

 
Japanese-Chinese Cross-Language Entity Linking Adapting to User's Language Ability (In Sio-Iong Ao, Haeng Kon Kim, Oscar Castillo, Alan Hoi-Shou Chan, and Hideki Katagiri, editors, Transactions on Engineering Technologies, chapter 28)
Fuminori Kimura, Jialiang Zhou, and Akira Maeda
Springer Singapore   2018年2月   ISBN:978-981-10-7488-2
情報アクセス技術入門 --- 情報検索・多言語情報処理・テキストマイニング・情報可視化
前田 亮, 西原 陽子
森北出版   2017年8月   ISBN:978-4-627-88041-2
Providing Bilingual Access to Multiple Japanese Humanities Databases: Text Retrieval Using English and Japanese Queries (In Jieh Hsiang, editor, Digital Humanities: Between Past, Present, and Future)
Biligsaikhan Batjargal, Akira Maeda, and Ryo Akama
National Taiwan University Press   2016年12月   ISBN:978-986-35-0198-5
後藤 真, 佐藤 貴文, 木村 文則, 前田 亮. 複数の研究者による史料注釈を可能とするWebシステムの可能性 ――『東大寺要録』を題材に――(栄原 永遠男, 佐藤 信, 吉川 真司(編), 東大寺の美術と考古, 東大寺の新研究 1)
後藤 真, 佐藤 貴文, 木村 文則, 前田 亮
法藏館   2016年3月   ISBN:978-4-8318-6021-7
デジタル図書館・アーカイブへの言語・時代・文化横断型の情報アクセス(八村 広三郎, 田中 弘美(編), デジタル・アーカイブの新展開, 日本文化デジタル・ヒューマニティーズ, 第9章)
前田 亮, 木村 文則, Batjargal Biligsaikhan
ナカニシヤ出版   2012年3月   ISBN:978-4-7795-0585-0

講演・口頭発表等

 
マイクロブログを対象にしたエンティティリンキングにおける語義曖昧性解消
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)論文集   2018年3月5日   
トピックモデルを用いたツイーターフォロー情報からのユーザ嗜好の推測手法の提案
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)論文集   2018年3月5日   
経営哲学に関する講演録を用いた質問応答システム
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)論文集   2018年3月5日   
組み合わせを考慮した献立検索手法の提案
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)論文集   2018年3月5日   
専門用語の活用による学術論文の生成的要約手法
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)論文集   2018年3月5日   

担当経験のある科目

 

Works

 
コンピュータによる文字処理の歴史と展望
その他   2017年9月 - 2017年9月
電子図書館における情報技術の活用
その他   2016年1月 - 2016年1月

競争的資金等の研究課題

 
芸術・文化分野の資料デジタル化と活用を軸とした研究資源共有化研究
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2009年 - 2013年
日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点 (Digital Humanities Center for Japanese Arts and Cultures)
グローバルCOEプログラム
研究期間: 2007年 - 2011年
京都アート・エンタテインメント創成研究
21世紀COEプログラム
研究期間: 2002年 - 2006年
デジタル時代のメディアと映像に関する総合的研究
オープン・リサーチ・センター整備事業
研究期間: 2001年 - 2008年
日常生活を拡張する着用指向情報パートナーの開発
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業
研究期間: 2000年 - 2004年