金子智太郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/30 15:33
 
アバター
研究者氏名
金子智太郎
 
カネコトモタロウ
ハンドル
tomotarokaneko
eメール
tomotarokanekogmail.com
URL
http://d.hatena.ne.jp/tomotarokaneko/
所属
東京芸術大学
部署
大学院映像研究科
職名
非常勤講師
学位
修士(東京芸術大学), MA(Goldsmiths, University of London), 博士(東京芸術大学)
その他の所属
東京工芸大学青山学院大学東京藝術大学慶応義塾大学

プロフィール

聴覚の文化という観点から芸術と技術の関係について研究しています。

商業雑誌記事やプロジェクトなどを含めた詳細な業績はこちらに掲載しています。
http://d.hatena.ne.jp/tomotarokaneko/about

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 文学部美学美術史専攻 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
現在
国際日本文化研究センター 共同研究員
 
2017年4月
 - 
現在
東京藝術大学 美術学部芸術学科 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
現在
東京藝術大学 大学院映像研究科 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
現在
青山学院大学 総合文化政策学部 非常勤講師
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2010年3月
東京藝術大学 美術研究科芸術学専攻 博士後期課程
 
2006年10月
 - 
2007年9月
Goldsmiths, University of London MA in Aural and Visual Cultures 
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京芸術大学 美術研究科芸術学専攻 修士課程
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
美学・芸術論研究会  『カリスタ』編集委員
 

論文

 
Listening to Sound Patterns: Tony Schwartz’s Documentary Recordings
(21) 138-148   2018年   [査読有り]
環境芸術以後の日本美術における音響技術――一九七〇年代前半の美共闘世代を中心に
金子智太郎
表象   (12) 169-183   2018年   [査読有り]
A Documentation of Sound Art in Japan: Sound Garden (1987–1994) and the Sound Art Exhibitions of 1980s Japan
Leonard Music Journal   (27) 82-86   2017年   [査読有り]
Self-discovery through sound recording: the aesthetics of Namaroku in 1970's Japan
金子智太郎
International Congress of Aesthetics 2016 Proceedings   734-737   2017年   [査読有り]
一九七〇年代の日本における生録文化ーー録音の技法と楽しみ
金子智太郎
カリスタ   (23) 84-112   2017年   [査読有り]

Misc

 
Research on the Development of Sound Art in Asian Countries: On “Sound Effects Seoul” Series (Interviews with Ji Yoon Yang and Chulki Hong)
金子智太郎、中川克志
常盤台人間文化論叢   3(1) 161-173   2017年
人工風景を通じて自己を聴くーー上村洋一のフィールド・レコーディング作品
金子智太郎
青森公立大学 国際芸術センター青森[ACAC] アーティスト・イン・レジデンス・プログラム2016/夏 普遍的な風景   48-51   2017年   [依頼有り]
日本におけるサウンド・アートの展開ーー〈1980年代日本における音具〉をめぐるいくつかの文脈
中川克志、金子智太郎
京都国立近代美術館研究論集 CROSS SECTIONS   (8) 36-43   2017年
Research on the Development of Sound Art in Asian Countries: Interview with Ms. Yeung, Yang
中川克志、金子智太郎
常盤台人間文化論叢   2(1) 80-91   2016年
共同討議 聴覚性の過去と現在
渡辺裕、吉田寛、金子智太郎、長門洋平、福田貴成
表象   (9) 17-59   2015年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
聞こえくる過去ーー音響再生産の文化的起源
ジョナサン・スターン (担当:共訳)
インスクリプト   2015年   ISBN:978-4-900997-58-5
iPhone x Music:iPhoneが予言する「いつか音楽と呼ばれるもの」
徳井直生、永野哲久、金子智太郎 (担当:共著)
翔泳社   2009年   ISBN:4798118885

講演・口頭発表等

 
テープ・レコーダーとして表現された主体ーー高見沢文雄《柵を越えた羊の数》
金子智太郎
美学会全国大会   2016年   
Self-Discovery Through Sound Recording: The Aesthetics of Namaroku in the 1970s Japan
金子智太郎
International Congress of Aesthetics 2016   2016年   
音による出来事の表現の展開ーー録音コンテストの記録から
金子智太郎
藝術学関連学会連合第11回公開シンポジウム   2016年   
The Namaroku boom: Stereophonic field recording in 1970s Japan
金子智太郎
Sound Art Matters 2016   2016年   
「聴覚性」批判からの展望
金子智太郎
表象文化論学会   2015年   

Works

 
「生成音楽ワークショップの展覧会」
城一裕、金子智太郎   芸術活動   2015年3月