杉本 雅則

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/15 12:20
 
アバター
研究者氏名
杉本 雅則
 
スギモト マサノリ
URL
http://iis-lab.ist.hokudai.ac.jp/
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 情報理工学専攻
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年10月
 - 
現在
北海道大学大学院情報科学研究科 教授
 
1995年4月
   
 
 文部省学術情報センター 助手
 
1997年1月
   
 
 米国コロラド大学(在外研究員、同年11月まで)
 
1999年8月
   
 
東京大学情報基盤センター 助教授
 
2002年4月
   
 
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 基盤情報学専攻 助教授 
 

学歴

 
 
 - 
1995年
東京大学 工学系研究科博士課程 修了 
 
 
 - 
1990年
東京大学 工学部 航空学科 卒業
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
APSCE (Asia Pacific Society for Computer in Education)  Executive Committee
 
2017年9月
 - 
2018年9月
IEEE IPIN2018 (Indoor Positioning and Indoor Navigation)  大会長
 
2016年6月
 - 
2018年6月
人工知能学会  理事
 
2016年9月
 - 
2017年9月
IEEE IPIN2017 (Indoor Positioning and Indoor Navigation)  実行委員長
 
2014年6月
 - 
2016年6月
科学教育学会  若手活性化委員会委員長
 

論文

 
時間遅延推定のための最適変調信号を用いることによる高速可視光通信手法
杉本 雅則, 熊木 逸人,秋山 尚之,橋爪 宏達
電子情報通信学会論文誌   J101-B(5) 405-416   2018年5月   [査読有り]
汎用ビデオカメラを用いた可視光通信
橋爪 宏達, 杉本 雅則
電子情報通信学会誌   101(1) 44-51   2018年1月   [招待有り]
OBSERVE: Object Based learning to Support Education in Real and Virtual Environments
Ota, Y., Komiyama, M., Egusa, R., Inagaki, S., Kusunoki, F., Sugimoto, M., Mizoguchi, H.
International Journal of Education and Research,   6(1) 101-108   2018年   [査読有り]
Akiyama, T., Sugimoto, M., Hashizume, H.
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E100-A(9) 2001-2012   2017年9月   [査読有り]
Backhus, J., Takigawa, I., Imai, H., Kudo, M.
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E100-A(3) 865-876   2017年3月   [査読有り]
高速高精度デバイス間同期技術とその応用
橋爪 宏達, 杉本 雅則
化学工業   67(2) 85-88   2017年2月   [招待有り]
Sugimoto, M., Kumaki, H., Akiyama, T., Hashizume, H.
IEEE Transactions on Signal Processing   65(2) 505-516   2017年1月   [査読有り]
EDA-based Estimation of Visual Attention by Observation of Eye Blink Frequency
Tamaki, H., Sakai, T., Ota, Y., Kusunoki, F., Inagaki, S., Egusa, R., Sugimoto, M., Mizoguch, H.
10(2) 296-307   2017年   [査読有り]
System for Art Knowledge Improvement by Interactions with Pictures
Tamaki, H., Sakai, T., Ota, Y., Kusunoki, F., Inagaki, S., Egusa, R., Sugimoto, M., Mizoguch, H.
Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   5(2) 59-64   2017年   [査読有り]
音響信号を用いたスマートフォンの高速・高精度屋内3次元位置認識手法
中村 将成,秋山 尚之,杉本 雅則,橋爪 宏達
情報処理学会論文誌   57(11) 2489-2500   2016年11月   [査読有り]
可聴周波数帯域を用いることによるスポット制御可能な情報伝送手法
中村 将成,秋山 尚之,杉本 雅則,橋爪 宏達
情報処理学会論文誌   57(11) 2489-2500   2016年11月   [査読有り]
Range Image Sesnor-based Eye Gase Estimation by Using the Relationship between the Face and Eye Direction
Tamaki, H., Sakai, T., Ota, Y., Kusunoki, F., Inagaki, S., Egusa, R., Sugimoto, M., Mizoguchi, H.
International Journal on Smart Sensing and Intelligent System   9(4) 2297-2308   2016年   [査読有り]
Feasibility Study on the Relationship Between Attention and Blinking
Yoshida, R., Sakai, T., Ishi, Y., Nakayama, T., Ogitsu, T., Takemura, H., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M.,, Kusunoki, F., Mizoguchi, H.
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   9(1) 21-31   2016年   [査読有り]
Konno, H., Kudo, M., Imai, H., Sugimoto, M.
Speech Communication   83 10-20   2015年   [査読有り]
完全情報ゲームにおける適応的モンテカルロ木探索手法の提案
大佐賀 猛, 吉川 毅, 野中 秀俊, 杉本 雅則
情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   7(4) 1908-1921   2014年3月
音響イメージングにおけるログステップマルチキャリア波によるドップラー速度推定法
前田 泰成 , 杉本 雅則, 橋爪 宏達
電子情報通信学会論文誌   J97-A(1)    2014年1月   [査読有り]
Sound-Separation System using Spherical Microphone Array with Three-Dimensional Directivity? KIKIWAKE 3D: Language Game for Children
Nakadai, T., Nakayama, T., Taguchi, T., Egusa, R., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Mizoguchi, H.:
International Journal on Smart Sensing and Intelligent System   7(4) 1908-1921   2014年   [査読有り]
村津 啓太,舟生 日出男,楠 房子,武田 義明,井上 晴香,山口 悦司,稲垣 成哲,杉本 雅則,溝口 博
科学教育研究   38(4) 228-237   2014年   [査読有り]
Developing Voice Separation System for Support Education Research: Determining Learner Reaction without Contact
Tamaki, H., Sakai, T., Ota, Y., Kusunoki, F., Inagaki, S., Egusa, R., Sugimoto, M., Mizoguchi, H.
Journal of Convergence Information Technology   9(3) 12-17   2014年   [査読有り]
LT-PAM: A Ranging Method Using Dual Frequency Optical Signals
Sugimoto, M., Nakamura, S., Inoue, Y., Hashizume, H.
6(3) 791-809   2013年   [査読有り]
Sugimoto, M., Kanie, N., Nakamura, S., Hashizume, H.
Journal of Location Based Services      2013年   [査読有り]
Sugimoto, M., Kanie, N., Nakamura, S., Hashizume, H.
Journal of Location Based Services   7    2013年   [査読有り]
Pantuwong, N., Sugimoto, M.
The Visual Computer   29(3) 203-2016   2013年   [査読有り]
RoboTable2: A Novel Programming Environment using Physical Robots on a Tabletop Platform
Sugimoto, M., Fujita, T., Mi, H., Krzywinski, A.
ACM Computers in Entertainment   10    2013年   [査読有り]
Integration of Ultrasonic Sensors and Kinect Sensors for People Distinctionand 3D Localization
Adachi T., Goseki M., Takemura H., Mizoguchi H., Kusunoki F.,Sugimoto M., Yamaguchi E., Inagaki S., Takeda Y.
Journal of Robotics and Mechatronics,   25(4) 762-766   2013年   [査読有り]
Mi, H., Krzywinski, A., Fujita, T., Sugimoto, M.
Journal of Advances in Human-Computer Interaction   Volume 2012(ID: 301608) 10 pages   2012年   [査読有り]
テーブルトップ環境における新しいロボットプログラミング手法の提案,情報処理学会論文誌
藤田 智樹, 米 海鵬, 杉本 雅則
情報処理学会論文誌   53(3) 1101-1109   2012年   [査読有り]
Pantuwong, N., Sugimoto, M.
Computer Animation and Virtual Worlds   23 125-141   2012年   [査読有り]
Laokulrat, N., Maeda, Y., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Measurement Science and Technology, doi:10.1088/0957-0233/23/11/114011   23(11)    2012年   [査読有り]
携帯プロジェクタカメラシステムを用いたモバイルヒューマンインタフェースのための幾何学補正手法
杉本 雅則
画像ラボ   22(8) 54-59   2011年   [招待有り]
Siriborvornratanakul, T., Sugimoto, M.
International Journal of Information Processing and Management   2(1) 65-81   2011年   [査読有り]
Dao, V.N., Sugimoto, M.
IEICE Transactions on Information and Systems   E94-D(2) 336-348   2011年   [査読有り]
Siriborvornratanakul, T., Sugimoto, M.
EURASIP Journal on Advances in Signal Processing   Volume 2011(Article ID 572596) 17 pages   2011年   [査読有り]
Sugimoto, M.
IEEE Transactions on Learning Technologies   4(3) 249-260   2011年   [査読有り]
Ito, T., Sugimoto, M., Hashizume, M.
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E94-A(10) 1907-1919   2011年   [査読有り]
TSaT-MUSIC: A Novel Algorithm for Rapid and Accurate Ultrasonic 3D Localization
Mizutani, M., Ito, I., Sugimoto, M. Hashizume, H.
EURASIP Journal on Advances in Signal Processing   2011:101    2011年   [査読有り]
画像認識手法を用いたヒューマンインタフェースの研究動向
杉本 雅則
映像情報メディア学会誌   64(12) 1793-1796   2010年   [招待有り]
Siriborvornratanakul, T., Sugimoto, M.:
International Journal of Digital Multimedia Broadcasting   Article ID 352060 12 pages   2010年   [査読有り]
最適化したマルチキャリア信号と合成送信開口による高画質音響イメージング
伊藤 俊夫, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
電子情報通信学会論文誌   J93-A(5) 341-352   2010年   [査読有り]
Extended Phase Accordance Method: A Real-time and Accurate Technique for EstimatingPosition and Velocity of Moving Objects using Ultrasonic Communication
Sato, T., Nakamura, S., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Sensors and Transducer Journal   9 56-70   2010年   [査読有り]
Takeuchi, Y., Sugimoto, M.
Journal of Personal and Ubiquitous Computing   13(2) 119-132   2009年   [査読有り]
to, T., Sato, T., Tulathimutte, K., Sugimoto, M., Hashizume, H.
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E92-A(6) 1408-1416   2009年   [査読有り]
音波イメージングシステムの直感的 な設計評価を可能にする線形モデル
伊藤 俊夫, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
電子情報通信学会論文誌   J92-A(8) 559-570   2009年   [査読有り]
高精度超音波移動体測位のための位相一致法の拡張手法
佐藤 哲也, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
電子情報通信学会論文誌   J92-A(12) 953-963   2009年   [査読有り]
GENTORO: モバイル複合現実環境におけるストーリーテリング支援システムの設計と評価
伊藤 俊廷, グェン トゥン ゴク, 杉本 雅則, 稲垣 成哲
情報処理学会論文誌   50(12) 2819-2830   2009年   [査読有り]
拡張現実感手法を用いた学習支援
杉本 雅則
人工知能学会論文誌   23(2) 237-242   2008年   [招待有り]
位相一致法による正確な超音波位置認識手法とその特性
橋爪 宏達,金子 歩,杉本 雅則
電子情報通信学会論文誌   J91-A(4) 435-447   2008年   [査読有り]
Nurturing Learners' Communities by Creating and Sharing Maps
Miura, S., Ravasio, P., Sugimoto, M.
PsychNology Journal   6(3) 269-289   2008年   [査読有り]
細井 一弘, ダオ ヴィン ニン,森 晶洋, 杉本 雅則
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   12(3) 285-294   2007年   [査読有り]
位置情報履歴を利用したユーザアダプティブな街案内システム
竹内 雄一郎,杉本 雅則
電子情報通信学会論文誌   J90-D(11) 2981-2988   2007年   [査読有り]
Yatani, K., Tamura, K., Hiroki, K., Sugimoto, M., Hashizume, H.
IEICE Transactions on Information and Systems   E89-D(1) 150-157   2006年   [査読有り]
Supporting Self-Directed Learners and Learning Communities with Sociotechnical Environments
Fischer, G., Sugimoto, M.
Journal on Research and Practice in Technology Enhanced Learning   1(1) 31-64   2006年   [査読有り]
T-RHYTHM: 振動デバイスを用いたリズム学習支援システム
三浦 宗介, 杉本 雅則
電子情報通信学会論文誌   J89-D(6) 1260-1268   2006年   [査読有り]
携帯端末の3次元位置に基づく投影画面の表示と直感的な操作手法の試み
杉本 雅則, 宮原 耕介, 井上 博司, 田村 晃一
情報処理学会論文誌   47(6) 1976-1986   2006年   [査読有り]
細井 一弘, 杉本 雅則
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   11(2) 225-236   2006年   [査読有り]
Sugimoto, M., Kusunoki, F., Hashizume, H.
IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics, Part C   36(5) 693-700   2006年   [査読有り]
実世界とのインタラクションによる学習支援
杉本 雅則
教育システム情報学会誌   22(3) 161-168   2005年   [招待有り]
Fischer, G., Giaccardi, E., Eden, H., Sugimoto, M., Ye, Y.
International Journal of Human Computer Studies   63(4-5) 482-512   2005年   [査読有り]
細井 一弘, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
人工知能学会論文誌   19 136-144   2004年   [査読有り]
Sugimoto, M., Kusunoki, F., Inagaki, S., Takatoki, K., and Yoshikawa, A.
Systems and Computers in Japan   35(9) 39-50   2004年   [査読有り]
Yatani, K., Onuma, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F.
Systems and Computers in Japan   35(14) 54-63   2004年   [査読有り]
Musex: 博物館におけるPDAを用いた協調学習支援システム
矢谷 浩司, 大沼 真弓, 杉本 雅則, 楠 房子
電子情報通信学会論文誌   J86-D-I(10) 773-782   2003年   [査読有り]
思考の外化を支援することによるグループ学習支援システム
楠 房子, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
電子情報通信学会論文誌   J83-DI(6) 580-587   2002年   [査読有り]
Kusunoki, K., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Systems and Computers in Japan   33(6) 93-100   2002年   [査読有り]
楠 房子, 杉本 雅則,稲垣 成哲, 高時 邦宜
科学教育研究   26(6) 34-41   2002年   [査読有り]
ネットワーク型センシングボードを用いることによる協調学習支援システムの構築
杉本 雅則, 楠 房子, 稲垣 成哲, 高時 邦宜, 吉川 厚
電子情報通信学会論文誌   J85-D-1(12) 1152-1163   2002年   [査読有り]
楠 房子, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   7(4) 487-494   2002年   [査読有り]
情報収集システムにおけるユーザモデリングと適応的インタラクション
杉本 雅則
人工知能学会論文誌   14(1) 25-32   1999年
グループには頭がない - 社会的インタラクションを支援するための概念的枠組みとシステム
Fischer, G. 杉本 雅則
情報処理   40(6) 575-582   1999年   [招待有り]
Sugimoto, M., Hori, K., Ohsuga, S.
IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics   28(1) 124-136   1998年   [査読有り]
Sugimoto, M., Katayama, N., Takasu, A.
International Journal on Digital Libraries   2(1) 54-66   1998年   [査読有り]
Sugimoto, M., Hori, K., Ohsuga, S.
Knowledge-Based Systems   9(6) 369-376   1996年   [査読有り]
Sugimoto, M., Hori, K., Ohsuga, S.
Knowledge-Based Systems   7(4) 233-238   1994年   [査読有り]
設計問題への発想支援システムの応用と発想過程のモデル化の試み
杉本 雅則, 堀 浩一, 大須賀 節雄
人工知能学会誌   8(5) 575-582   1993年   [査読有り]
A Method for Assisting Creative Design Process
Sugimoto, M., Hori, K., Ohsuga, S.
Languages of design   1(4) 355-365   1993年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Selective Visible Light Communication for Multiple Video Cameras using a Single Light Source
Hirano, A., Shimada, S., Hashizume, H., Sugimoto, M.
Proceedings of ACM SenSys 2018, Shenzhen, China, 2018 (to appear)   2018年   
Indoor Positioning Using Reflected Light and a Video Camera
Shimada, S., Hashizume, H., Sugimoto, M
Proceedings of IPIN 2018, Nantes, France, 2018 (to appear)   2018年   
Murakami, H., Nakamura, M., Yamasaki, S., Hashizume, H., Sugimoto, M.
Smartphone Localization using Active--Passive Acoustic Sensing
Proceedings of IPIN 2018, Nantes, France, 2018 (to appear)   2018年   
Let’s Build Forests for 300 Years: Game-Based Learning in Environmental Education
Kawaguchi, H., Mizoguchi, H., Egusa, R., Takeda, Y., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Kusunoki, F., Funaoi, H., Sugimoto, M.
Proceedings of ECGBL, Sophia Antipolis, France   2018年   
Expansion of Science Education Within the Museum Using Body Movements of Multiple People
Tokuoka, M., Mizoguchi, H., Egusa, R., Inagaki, S., Kusunoki, F., Sugimoto, M.
Proceedings of IOSTE 2018, Malmo, Sweden, 2018   2018年   
"Discuss and Behave Collaboratively!” – Full-Body Interactive Learning Support System within a Museum to Elicit Collaboration with Children
Tokuoka, M., Mizoguchi, H., Egusa, R., Inagaki, S., Kusunoki, F., Sugimoto, M
Proceedings of CollabTech 2018, Costa de Caprica, Portugal, pp.104-111   2018年   
Augmentation of Environmental Education Using a Forest Management Game to Stimulate Learners’ Self-Discovery
Kawaguchi, S., Mizoguchi, H., Egusa, R., Takeda, Y., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Kusunoki, F., Funaoi, H., Sugimoto, M
Proceedings of IOSTE2018, Malmo, Sweden   2018年   
Throw and Run’ Early-Human Virtual Hunting Experience: An Interactive Archaeology-Learning Support System
Sako, N., Kusunoki, F., Inagaki, S., Mizoguchi, M., Sugimoto, M.
Proceedings of EdMedia 2018, Amsterdam, The Netherlands, pp. 1216-1221   2018年   
Robust and Unified System for Visible Light Communication with CMOS Camera Using Neural Decoding
Alfarozi, S., Amaya S,, Hashizume, H., Woraratpanya, K. Sugimoto, M.
Proceedings of ISIP2018, Fukuoka, Japan   2018年   
A Forestry Management Game as a Learning Support System for Increased Understanding of Vegetation Succession ~ Effective Environmental Education towards a Sustainable Society ~
Kawaguchi, H., Mizoguchi, H., Egusa, R., Takeda, Y., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Kusunoki, F., Funaoi, H., Sugimoto, M.
Proceedings of CSEDU2018, Funchal, Portugal, pp. 322-327   2018年   
Improvement of Students’ Knowledge on Larval Mimesis: a Case Study of Experiential Learning System OBSERVE
Ota, Y., Komiyaam, M., Egusa, R., Okajima, A., Inagaki, S., Kusunoki, F., Sugimoto, M., Mizoguchi, H.
Proceedinsg of ESERA 2017, Dublin, Ireland   2017年   
OFDM Visible Light Communication using Off-the-shelf Video Camera
Shimada, S. Akiyama, T., Hashizume, H., Sugimoto, M.
Proceedings of ACM SenSys 2017, Delft, The Netherlands, doi>10.1145/3131672.3136968   2017年   
Accuracy Evaluation of Hand Motion Measurement using 3D Range Image Sensor
Kawaguchi, S.,Takemura, H., Mizoguchi, H., Egusa, R., Takeda, Y., Inagaki, S., Kusunoki, F., Funaoi, H., Sugimoto, M
Proceedings of ICST 2017, Sydney, Australia, pp. 101-104   2017年   
Novel Application of 3D Range Image Sensor for Estimation of Interests based on Fixation Time of Face Orientation
Tokuoka, M., Mizoguchi, H., Egusa, R., Inagaki, S., Kusunoki, F., Sugimoto, M.
Proceedings of ICST 2017, Sydney, Australia, pp. 105-108   2017年   
Development of Experiential Learning System based on the Connection between Object Models and Their Digital Contents - Collaboration between Tangible Interface and Computer Interaction
Tokuoka, M., Tamaki, H., Sakai, T., Mizoguchi, H., Egusa, R., Inagaki, S., Kawabata, M., Kusunoki, F., Sugimoto, M.
Proceedings of CSEDU2017, Porto, Portugal, pp. 493-498   2017年   
Development of Gesture Recognition Sub-system for BELONG --Increasing the Sense of Immersion for Dinosaurian Environment Learning Support System--
Tokuoka, M., Tamaki, H., Sakai, T., Mizoguchi, H., Egusa, R., Inagaki, S., Kawabata, M., Kusunoki, F., Sugimoto, M.
Proceedings of CSEDU2017, Porto, Portugal, pp. 493-498   2017年   
SATOYAMA: Time-limited Decision Game for Students to Learn Hundreds Years Forestry Management
Kawaguchi, S., Sakai, T., Tamaki, H., Mizoguchi, H., Egusa, R.,Takeda, Y., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Kusunoki, F., Funaoi, H., Sugimoto, M.
Proceedings of CSEDU 2017, Porto, Portogal, pp. 481-486   2017年   
Multicamera Synchronization for Smartphones using Optimally Modulated Illuminations
Kudo, K., Akiyama, T., Hashizume, M., Sugimoto, M.
Proceedings of ACM MobiSys2017, Niagara Falls, NY, p.148   2017年   
Time-of-arrival-based Smartphone Localization Using Visible Light Communication
Akiyama, T., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Proceedings of IEEE IPIN 2017, Sapporo, Japan   2017年   
GPS Signal Generation Platform for Seamless Localization
Murakami, H., Hashizume, H., Sugimoto, M.
Proceedings of IEEE IPIN 2017, Sapporo, Japan   2017年   
Learning Support System for Museum Exhibits using Complex Body Movements --Enhancing Sense of Immersion in Paleontological Environment--
Tokuoka, M., Mizoguchi, H., Egusa, R., Inagaki, S., Kusunoki, F., Sugimoto, M.
Proceedings of ICCE2017, Christchurch, New Zealand, pp. 790-795   2017年   
SATOYAMA: Simulating And Teaching game Optimal for Young children to learn vegetation succession As Management of an Actual forest
Kawaguchi, S., Mizoguchi, H., Egusa, R., Takeda, Y., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Kusunoki, F., Funaoi H. Sugimoto, M.
Proceedings of ICCE2017, Christchurch, New Zealand, pp. 796-801   2017年   
Science Education Enhancement within a Museum using Computer-Human Interaction Technology
Tamaki, H., Sakai, T., Mizoguchi, H. ,Yoshida, R., Egusa, R., Namatame, M., Kusunoki, F., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Sugimoto, M.
Proceedings of CSEDU2016, Rome, Italy, pp.181-185   2016年   
COSEY: Computer Supported Enhancement of Young Children’s Cooperation toward a Multiple-Player Cooperative Full-Body Interaction Game
Sakai, T., Tamaki, H., Yoshida, R., Egusa, R., Inagaki, S., Yamaguchi, E., Kusunoki, F., Namatame, M., Sugimoto, M., Mizoguchi, H.
Proceedings of CSEDU2016, Rome, Italy, pp. 175-180   2016年   
Participatory Design of UKIYO-E Game for Children to Support Art Appreciation Based on Interacting with Picture
Tamaki H., Sakai T., Ota Y., Egusa R., Yamaguchi E., Inagaki S., Kusunoki F., Namatame M., Sugimoto M., Mizoguchi H
Proceedings of ACM IDC 2016, Manchester, UK, pp.637-642   2016年   
Augmentation of Museum Science Education Using Human-Interaction Technology
Tamaki, H., Sakai, T., Yoshida, R., Ota, Y., Egusa, R., Inagaki, S., Yamaguchi, E., Kusunoki, F., Namatame, M., Sugimoto, M., Mizoguchi, H.
Proceedings of XVII IOSTE 2016, Braga, Portugal   2016年   
UKIYO-E: “User Knowledge Improvement based on Youth Oriented Entertainment” -- Art Appreciation Support by Interacting with Picture--
Tamaki, H., Sakai, T., Yoshida, R., Egusa, R., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Kusunoki, F., Namatame, M., Sugimoto, M., Mizoguchi, H.
Proceedings of ICEC 2016, Paris, France, pp 3204-3208   2016年   
BECOME: Body Experience-based Co-Operation between juveniles through Mutually Excited Team Gameplay
Sakai, T., Tamaki, H., Yoshida, R., Egusa, R., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Kusunoki, F., Namatame, M., Sugimoto, M., Mizoguchi, H.
Proceedings of ICEC 2016, Paris, France, pp. 3199-3203   2016年   
Depth Information Based Separation of Moving Speakers’ Voices from Mixed Recordings
Kigawa, T., Sakano, T., Egusa, R., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Inagaki, S., Mizoguchi, H.
Proceedings of IEEE SMC2016, Budapest, Hungary, pp.1764-1767   2016年   
nalytical Incremental Learning: Fast Constructive Learning Method for Neural Network
Alfaroz, S., Woraratpanya, K., Pasupa, K., Sugimoto, M.
Proceedings of ICANN2016, Barcelona, Spain, pp.259-268   2016年   
Hinge Loss Projection for Classifiation
Alfaroz, S., Woraratpanya, K., Pasupa, K., Sugimoto, M.
Proceedings of ICANN2016, Barcelona, Spain, pp.250-258   2016年   
Reducing Redundancy with Unit Merging for Self-constructive Normalized Gaussian Networks
杉本 雅則
Proceedings of ICANN2016, Barcelona, Spain pp.444-452   2016年   
Novel Application of Kinect Sensor to Prevent Collision Accidents between Machine and Operator
Ota, Y., Tamaki, H., Sakai, T., Takemura, H., Mizoguchi, H., Inagaki, S., Kusunoki, F., Sugimoto, M.
Proceedings of IEEE ICST 2016, Nanjin, China, pp.249-252   2016年   
Online EM for the Normalized Gaussian Network with Weight-Time-Dependent Updates
Backhus, J., Takigawa, I., Imai, H., Kudo, M., Sugimoto, M.
Proceedings of ICONIP2016, Kyoto, Japan, pp.538-546   2016年   
3D Indoor Positioning and Rapid Data Transfer Technique using Modulated Illumination
Kumaki, H., Akiyama, T., Hashizume, M., Sugimoto, M.
Proceedings of IEEE IPIN2016, Madrid, Spain   2016年   
A Spot-controllable Data Transfer Technique Using COTS Speakers
Nakamura, M., Akiyama, T., Hashizume, M., Sugimoto, M.
Proceedings of IEEE IPIN2016, Madrid, Spain, pp. 1-8, DOI: 10.1109/IPIN.2016.7743651   2016年   
Time Synchronization Method Using Visible Light Communication for Smartphone Localization
Akiyama, T., Sugimoto, M., Hashizume, M.
Proceedings of InPoTra2016, Barcelona, Spain   2016年   
Laughing Voice Recognition Using Periodic Waveforms and Voice-likeness Features -- Toward Advanced Human-machine -
B27. Sakano, T., Kigawa, T., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Inagaki, S., Mizoguchi, H.
Proceedings of IEEE ROBIO 2016, Qingdao, China, pp.964-969   2016年   
A Rapid Motion Retrieval Technique using Simple and Discrete Representation of Motion Data
Pantuwong, N., Takahara, K., Sugimoto, M.
Procedings of IEEE ICITEE 2015, Chiang Mai, Thailand, pp.70-75   2015年   
BESIDE: Body Experience and Sense of Immersion in Digital Paleontorogical Environment
Yoshida, R., Egusa, R., Saito, M., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Mizoguchi, H.
Proceedings of CHI 2015, Seoul, South Korea, pp. 1283-1288   2015年   
KIKIMIMI: Voice Separation System for Automating Post Evaluation of Learning Support System
Nakadai, T., Taguchi, T., Egusa, R., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Mizoguchi, H.
Proceedings of CSEDU 2015, Lisbon, Portugal , pp.301-306   2015年   
Life-Size Board Game “Human Sugoroku” to Teach Children about Vegetation Succession,
Yoshida, R., Adachi, T., Muratsu, K., Mizoguchi, H., Kusunoki, F., Namatame, M., Sugimoto, M., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y.
Proceedings of CSEDU 2015, Lisbon, Portugal, pp.295-300   2015年   
Toward a Platform for Collecting, Mininig, and Utilizing Behavior Data for Detecting Students with Depression Risks
Suzuki, E., Deguchi, Y., Matsukawa, T., Ando, S., Ogata, H., Sugimoto, M.
Proceedings of PETRA 2015, Corfu, Greece, DOI: 10.1145/2769493.2769538   2015年   
BESIDE: Immersive System to Enhance Learning within a Museum
Yoshida, R., Tamaki, H., Sakai, T., Egusa, R., Saito, M., Kamiyama, S., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Mizoguchi, H.
Proceedings of CRIWG 2004, Yerevan, Armenia, pp.181-189   2015年   
SyncSync: Time-of-arrival Based Localization Method Using Light-synchronized Acoustic Waves for Smartphones
Akiyama, T., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Proceedings of IPIN2015, Banff, Canada, DOI: 10.1109/IPIN.2015.7346958   2015年   
A Rapid and Accurate Time-synchronization Technique for Acoustic Localization Using Modulated Illumination
Kumaki, H., Sugimoto, M., Saito, T., Akiyama, T., Hashizume, H.
Proceedings of IPIN2015, Banff, Canada, DOI: 10.1109/IPIN.2015.7346963   2015年   
Novel Application of Spherical Microphone Array Sensor with Three-Dimensional Directivity for Home and Office Environments
Nakadai, T., Tamaki, H., Sakai, T., Ogitsu, T., Takemura, H., Mizoguchi, H., Kamiyama, S., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M., Saito, M., Kusunoki, F. Egusa, R
Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.832-835   2015年   
Novel Application of Kinect Sensor to Support Immersive Learning within Museum for Children
Yoshida, R., Tamaki, H., Sakai, T., Nakadai, T., Ogitsu, T., Takemura, H., Mizoguchi, H., Kamiyama, S., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Saito, M., Egusa, R.
Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.909-912   2015年   
Novel Application of a Range Image Sensor to Eye Gaze Estimation by Using the Relationship between Face and Eye Directions
Tamaki, H., Yoshida, R., Sakai, T., Ogitsu, T., Takemura, H., Mizoguchi, H., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Egusa, R.
Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.475-478   2015年   
Electrodermal Activity Based Study on the Relationship Between Visual Attention and Eye Blink
Sakai, T., Yoshida, R., Tamaki, H., , Ogitsu, T., Takemura, H., Mizoguchi, H., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M., Saito, M., Kusunoki, F. Egusa, R.
Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.639-642   2015年   
Novel Application of Microphone Array Sensor for Children's Language Learning Support -- Intelligent Interactive Design Using Voice Separation and Recognition System --
Nakadai, T., Hano, M., Mizoguchi, H., Egusa, R., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F.
Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.466-469   2015年   
Using Image Feature and Eye Tracking Device to Predict Human Emotions towards Abstract Image
Pasupa, K., Panawee, C., Wuttilertdeshar, C., Sugimoto, M.
In Proceedings of PSIVT 2015, Auckland, New Zealand, pp.419-430   2015年   
Experience-based Learning Support System to Enhance Child Learning in a Museum -Touching Real Fossils and “Experiencing” Paleontological Environment
Yoshida, R., Tamaki, H., Sakai, T., Egusa, R., Saito, M., Kamiyama, S., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F.,Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Mizoguchi, H.
Proceedings of ACM ACE 2015, Iskandar, Malaysia, DOI: 10.1145/2832932.2832977   2015年   
Investigation on Optimal Microphone Arrangement of Spherical Microphone Array to Achieve Shape Beamforming
Taguchi, T., Nakadai, T., Egusa, R., Namatame, M., Kusunoki, F., Sugimoto, M., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Mizoguchi, H.
Proceedings of IEEE ISMS 2014, Kangkawi, Malaysia, 4 pages.   2014年   
Human SUGOROKU: Learning Support System of Vegetation Succession with Full-body Interaction Interface
Nakayama, T., Adachi, T., Muratsu, K., Mizoguchi, H., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y.
Proccedings of ACM CHI (Extended Abstract), Toronto, , Canada, pp. 2227-2732   2014年   
KIKIWAKE: Participatory Design of Language Play Game for Children to Promote Creative Activity based on Recognition of Japanese Phonology
Nakayama, T., Adachi, T., Muratsu, K., Mizoguchi, H., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y.
Proceedings of ACM IDC 2014, Aarhus, Demark, pp. 265-268   2014年   
Feasibility Study on Estimating Visual Attention using Electrodermal Activity
Nakadai, T., Taguchi, T., Mizoguchi, H., Egusa, R., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F.
Proceedings of ICST 2014, Liverpool, UK, pp.589-592   2014年   
Interacting with 3D Model on Tabletop and Mobile Paper Projection
Takeuchi, Y., Sugimoto, M.
Proceedings of CollabTech 2014, Santiago, Chile, pp. 111-118   2014年   
Light-synchronized Acoustic ToA Measurement System for Mobile Smart Nodess
Akiyama, T., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Proceedings of IEEE IPIN 2014, Busan, South Korea, DOI: 10.1109/IPIN.2014.7275557   2014年   
3D FDM–PAM: Rapid and Precise Indoor 3D Localization using Acoustic Signal for Smartphone
Nakamura, M., Akiyama, T., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Proceedings of UbiComp 2014, Seattle, WA , pp.123-126   2014年   
Implementation and Evaluation of Listenability-Centered Sound Separation System
Nakadai, T., Taguchi, T., Mizoguchi, H., Egusa, R., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F.
Proceedings of IEEE ROBIO 2014, Bali, Indonesia, pp.2383-2388   2014年   
Novel Application of Spherical Microphone Array Sensor with Three-Dimensional Directivity
Nakadai, T., Taguchi, T., Mizoguchi, H., Egusa, R., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F.:
Proceedings of ICST 2014, Liverpool, UK, pp.251-254   2014年   
Smart Phone Localization Method using Dual-carrier Acoustic Waves
Akiyama, T., Nakamura, M., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Proceedings of IEEE IPIN 2013, Montbeliard-Belfort, France, pp.330-338   2013年   
An Iterative Motion Retrieval and Synthesis Technique Using a Multi-Touch Device
Takahara, K., Pantuwong, N., Yoshikawa, T., Nonaka, H., Sugimoto, M.
Proceedings of Motion in Games 2013, Dublin, Ireland   2013年   
AdDetect: Recognition above the Surface in Multi-Touch Tabletop Environments
Terada, T., Nonaka, H., Yoshikawa, T., Mi.H., Sugimoto, M.
Proceedings of IDW 2013, Sapporo, Japan   2013年   
KIKIWAKE System for Promoting Interest in Sound Source Separation Technique - Novel Application of Microphone Array and Signal Processing
Taguchi, T., Goseki, M., Mizoguchi, M., Egusa, R., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F.
Proceedings of ICST 2013, Wellington, New Zealand, pp.831-836   2013年   
A Kinetic Energy-based Feature for Unsupervised Motion Clustering
Nopparit, S., Pantuwong, N., Sugimoto, M
Proceedings of ICITEE 2013, Yogyakarta, Indonesia、pp. 8-12   2013年   
Novel Application of Ultrasonic Sensors and Kinect Sensors to Identify People and Measure Their Location -Realization of "Human SUGOROKU", A Large Scale Board Game in which People Play as Pieces-
Nakayama, T., Adachi, T., Ogitsu, T., Takemura, Mizoguchi, H.,Kusunoki, F., Sugimoto, M., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y
Proceedings of ICST 2013, Wellington, New Zealand, pp.470-475   2013年   
Full-body Interaction Digital Game of Vegetation Succession for Children
Adachi, T., Muratsu, K., Mizoguchi, H., Namatame, M., Sugimoto, M., Kusunoki, F., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y.
Proceedings of ICCE 2013, Bali, Indonesia, pp.297-299   2013年   
Evaluation of the "ePocket PlantGuide" to Support Learning about Plants in Vegetation Succession
Muratsu, K., Kusunoki, F., Takeda, Y., Inoue, H., Funaoi, H., Yamaguchi, E., Inagaki, S.,Mizoguchi, H., Sugimoto, M.
Proceedings of ICCE 2013, Bali, Indonesia   2013年   
Development of a Full-body Interaction Digital Game for Children to Learn Vegetation Succession
Adachi, T., Mizoguchi, H., Namatame, M., Kusunoki, F., Sugimoto, M., Muratsu, K., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y.
Proceedings of ACM ACE 2013, Enschede, The Netherlands、pp.492-496   2013年   
Robust Doppler Imaging Method Using Log-step Multicarrier Ultrasonic Signals
Maeda, Y., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Proceedings of the 2013 Joint UFFC, EFTF, and PFM Symposium, Prague, Czech Republic,T DOI: 10.1109/ULTSYM.2013.0338   2013年   
An Intuitive Computer Animation System for Enhancing Human Creativity
Pantuwong, N., Sugimoto, M.
Proceedings of SSCI 2013, Singapore, pp. 71-78   2013年   
Manipulation of Virtual Robotic Arm Using 2D Pointing Device
Sato, M., Nonaka, H., Mikulasch, J., Yoshikawa, T., Sugimoto, M.
Proceedings of iHAI 2013, Sapporo, Japan, II-2-p.10 (4 pages)   2013年   
Application of Reinforcement Learning to the Card Game Wizard
Backhus, J. C., Nonaka, H., Yoshikawa, T., Sugimoto, M.
Proceedings of IEEE GCCE2013, Chiba, Japan, pp. 329-333   2013年   
Keita Muratsu,Fusako Kusunoki,Yoshiaki Takeda,Haruka Inoue,Etsuji Yamaguchi,Shigenori Inagaki,Hiroshi Mizoguchi,Masanori Sugimoto
CSEDU 2013 - Proceedings of the 5th International Conference on Computer Supported Education, Aachen, Germany, 6-8 May, 2013   2013年   
Tomoki Taguchi,Masafumi Goseki,Ryohei Egusa,Miki Namatame,Masanori Sugimoto,Fusako Kusunoki,Etsuji Yamaguchi,Shigenori Inagaki,Yoshiaki Takeda,Hiroshi Mizoguchi
2013 ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI '13, Paris, France, April 27 - May 2, 2013, Extended Abstracts   2013年   
Takayuki Adachi,Masafumi Goseki,Keita Muratsu,Hiroshi Mizoguchi,Miki Namatame,Masanori Sugimoto,Fusako Kusunoki,Etsuji Yamaguchi,Shigenori Inagaki,Yoshiaki Takeda
Interaction Design and Children 2013, IDC '13, New York, NY, USA - June 24 - 27, 2013   2013年   
Yusuke Takeuchi, Masanori Sugimoto
Interactive Tabletops and Surfaces, ITS'12, Cambridge/Boston, MA, USA, November 11-14, 2012   2012年   
Saphyra Amaro,Masanori Sugimoto
Interactive Tabletops and Surfaces, ITS'12, Cambridge/Boston, MA, USA, November 11-14, 2012   2012年   
Narukawa Hiroki,Natapon Pantuwong,Masanori Sugimoto
Proceedings of the 21st International Conference on Pattern Recognition, ICPR 2012, Tsukuba, Japan, November 11-15, 2012   2012年   
Natapon Pantuwong,Masanori Sugimoto
Proceedings of the 2012 IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2012, Melbourne, Australia, July 9-13, 2012   2012年   
Evaluation of a Mobile Plant-Identification System to Support the Study of Vegetation Succession
Inoue, H., Kusunoki, F., Takeda, Y., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Mizoguchi, H., Sugimoto, M.:
In Proceedings of ICCE 2012, pp.438-440, Singapore,   2012年   
Full-body Interactive Boardgame for Learning Vegetation Succession Based on Identification of People and 3D Position Measurement
Goseki, M., Adachi, T., Takemura, H., Mizoguchi, H., Kusunoki, F., Sugimoto, M., Yamaguchi, E., Inagaki, S., Takeda, Y.
Proceedings of ICCE 2012, pp.514-516, Singapore   2012年   
Creating a Tabletop Learning Environment Using Physical Robots
Mi, H., Sugimoto, M.
Proceedings of ICCE 2012 Workshop on Tabletops for Learning -- Opportunities and Challenges, pp.533-540, Singapore   2012年   
An Accurate 3D Localization Technique using a Single Camera and Ultrasound
Sugimoto, M., Kanie, N., Nakamura, S., Hashizume, H.
Proceedings of IEEE IPIN 2012, Sydney, Australia, pp.1-8   2012年   
LT-PAM: A New Ranging Method Using Dual Frequency Optical Signals
Nakamura, S., Inoue, Y., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Proceedings of ICST 2012, Kolkata, India, pp.309-314   2012年   
Ali Alavi,Andreas Kunz,Masanori Sugimoto,Morten Fjeld
ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, ITS 2011, Kobe, Japan, November 13-16, 2011   2011年   
Nuttapol Sangsuriyachot,Haipeng Mi,Masanori Sugimoto
ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, ITS 2011, Kobe, Japan, November 13-16, 2011   2011年   
Haipeng Mi,Masanori Sugimoto
ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, ITS 2011, Kobe, Japan, November 13-16, 2011   2011年   
Natapon Pantuwong,Masanori Sugimoto
Proceedings of the Vision, Modeling, and Visualization Workshop 2010, Siegen, Germany   2010年   
Akiko Deguchi,Shigenori Inagaki,Fusako Kusunoki,Etsuji Yamaguchi,Yoshiaki Takeda,Masanori Sugimoto
Entertainment Computing - ICEC 2010, 9th International Conference, ICEC 2010, Seoul, Korea, September 8-11, 2010. Proceedings   2010年   
Vinh Ninh Dao,Masanori Sugimoto
20th International Conference on Pattern Recognition, ICPR 2010, Istanbul, Turkey, 23-26 August 2010   2010年   
Thitirat Siriborvornratanakul,Masanori Sugimoto
International Conference on Digital Image Computing: Techniques and Applications, DICTA 2010, Sydney, Australia, 1-3 December, 2010   2010年   
A Realtime and Accurate Technique for Estimating Position and Velocity of Moving Node using Ultrasonic Communication
Sato, T., Nakamura, S., Sugimoto, M., Hashizume, H.
Proceedings of ICST 2010,Lecce, Italy , pp.428-433,2010   2010年   
A Robust and Dynamic Scene Geometry Acquisition Technique for a Mobile Projector-Camera System
Dao, V. N., Sugimoto, M.
Proc. of ACM SIGGRAPH ASIA, Yokohama, Japan [DVD-ROM]   2009年   
A Portable Projector Extended for Object-Centered Real-time Interactions
Siriborvornratanakul, T., Sugimoto, M.
Proc. of CVMP 2009, London, UK, pp.118-126   2009年   
RoboTable: A Tabletop Framework for Tangible Interaction with Robots in a Mixed Reality
Krzywinski, A., Mi, H., Chen, W., Sugimoto, M.
Proc. of ACM ACE2009, Athens, Greece, pp. 107-114   2009年   
Development and Evaluation of a Digital Vegetation Interaction Game for Children
Deguchi, A., Inagaki, S., Kusunoki, F., Yamaguchi, E., Takeda, Y. Sugimoto, M.
Proc. of ICEC 2009, Paris, France, pp.288-289   2009年   
GENTORO: A System for Supporting Children's Storytelling using Handheld Projectors and a Robot
Sugimoto, M., Ito, T., Nguyen, G.T., Inagaki, S.
Proc. of ACM IDC 2009, Como, Italy pp. 214-217   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
LED照明と汎用カメラによる選択的なフリッカレス高速可視光通信技術
JSPS: 科研費挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 杉本 雅則
携帯端末を用いた実世界協調センシングによる創造的学習支援環境の構築と評価
JSPS: 科研費基盤B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 杉本 雅則
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 杉本 雅則
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 杉本 雅則
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 武田 義明
本研究では,複雑な自然現象・大きな時間的スケールの変化を体感できるデジタルゲームを開発し,それを通して,学習者(子ども/大人)のための科学性とエンタテイメント性を備えた身体性のある協調的学習支援環境としてのフル・ボディ・インタラクション(Full-body interaction)の実現法(構成法)を明らかにする。平成23年度では,以下に示すように,ゲームのテスト・システムの開発と学習コンテンツ開発及び小規模の予備的な評価実験を実施した。(1)遠隔会議と対面の研究打ち合わせ会議を開催し,役...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 杉本 雅則
平成23年度は、システム機能の高度化を目的としたシステム開発を中心に研究を進めた。具体的には、以下の項目の通りである。・コンテンツ構築支援機能の充実:提案システムではロボットプログラミングに不慣れな子どもでも簡単に物理世界でのコンテンツ作成を行えることを目指している。そのため、typingによるプログラミングでなく、タンジブルなロボットや物理的なオブジェクトを用いたプログラミングを行えるにするための機構を組み込んだ。さらに、パイロットスタディを通して、それらの機能についての検証を進めた。具...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 橋爪 宏達
空中を伝搬する超音波により、対象の動きを画像化することにより、操作者の意図を検出して機器操作を行う、身振りインターフェース技術の開発を試みた。MEMS技術による低コストな検出アレイとFPGA信号処理機構を製作し、有効性を確認した。また動き検出アルゴリズムを新しく開発することにより、将来の多くのアプリケーション開発のための基礎を構築できた。
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 杉本 雅則
本研究では、英語学習を念頭に、携帯端末とロボットを用いたストーリテリングシステムを構築し、学習者の動機付けや、学習活動へのengagementを高める新しい学習支援手法を工学的な観点から追求すること目標としてきた。より具体的には、「ロボット」、「モバイル」、「複合現実感」のすべての手法を統合した新しい学習支援環境を構築し、学校教育の現場でその評価を行うことを目的とした。本年度は昨年度に引き続き、まずはシステムの改良を進めた。特に、複合現実環境での複数の学習者による協調的な学習をスムーズに行...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 矢野 米雄
携帯情報端末、センサ、マルチメディアコンテンツやワイヤレスネットワークといったユビキタス技術を用い、「現実世界と仮想世界」、「講義と実践」のギャップを埋めるユビキタス学習システムを開発・評価した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 杉本 雅則
本研究では、循環型社会の構築に求められる知識を、子どもたちが容易に学習できるための枠組みとシステムを提案する。構築したシステムの特徴は、ゲーム性と参加型シミュレーションである。提案システムを用いた教室学習と屋外学習を統合したカリキュラムを実験協力校の教員と開発した。本研究の評価実験を通して、提案する枠組みおよびシステムの有用性を示すことができた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 稲垣 成哲
本研究の目的は,ユビキタス技術を用いた複数の協調学習支援システムを構築し,それらのシステムを有効に活用した『創造的人材の育成』を可能にするような科学教育プログラムの開発と評価をするとともに,その成果を受けて,新しい科学教育のあり方を提案することであった。創造的人材に求められる資質能力領域として,科学的議論・論述能力,科学概念統合能力,科学的観察・情報活用能力,科学的推論・問題解決能力の4領域を設定し,それぞれの領域に対応させて,ITシステムを活用した新しいタイプの授業を実験校に導入し,実証...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 杉本 雅則
本研究では、(a)屋外での学習体験を強化、記録することを支援するシステム、および(b)屋外での活動体験を他者と共有しつつ、教室での協調的な知識共有と構築を支援するシステムを構築し、(c)屋外学習と教室での学習を統合する授業カリキュラムに則って実践および評価を行うことを通して、(1)実世界との相互作用を通して学習者の学習体験を増幅する、(2)学習対象となる問題や課題を自ら発見、設定する機会を通して、学習の本物性や学習の動機付けを高める、などの効果を学校教育の現場で検証した。今年度は、昨年度ま...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 杉本 雅則
携帯端末(PDA、携帯電話等)やセンシングデバイスの普及により、いつでもどこでも大量の情報にアクセスできるユビキタスコンピューティング環境の整備が進んでいる。しかし、現在の携帯端末は、(1)画面が小さく、従来のコンピュータに比べ、提示できる情報量が少ない(情報提示の問題)、(2)入力キーが少なく、入力手法が限定されている(入力の問題)等、ヒューマンインタフェイス(HI)の問題が指摘されている。そこで筆者らのグループは、本科研費研究にて、携帯型プロジェクタを用いることによる情報提示およびイン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 橋爪 宏達
この研究グループの提唱する新しい超音波位置計測の技術、すなわち位相一致法の開発ならびに応用開発をめざしたものである。位相一致法によれば超音波による位置計測精度を従来の 100倍に高められる。理論解析によりその理由を解明するとともに、本法の原理を確立した。従来の超音波位置計測では室内の四隅など数点に固定ノードを置き、そこからの距離を同時計測することでターゲットを測位するが、着手として位相一致法で同様の計測を行い、静止時に期待される精度の結果を得た。一方で移動体計測では周波数ドップラーシフトに...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 稲垣 成哲
本研究では,近年の総合科学技術会議基本政策専門調査会「科学技術基本政策策定の基本方針」や平成17年4月の科学技術・学術審議会基本計画特別委員会「第3期科学技術基本計画の重要政策-知の大競争時代を先導する科学技術戦略-(中間とりまとめ)」などで求められている今後の学術研究の方向性としての「幅広く社会・国民に支持される科学技術の視点」及び「科学技術への主体的な参加」という新しい立場を採用しつつ,『日本科学教育学会』に所属する若手・中堅研究者をコア・メンバーとして「社会・国民に支持される科学技術...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 杉本 雅則
本申請では、環境問題の学習を支援するため、モバイル技術およびセンシング技術を用いた協調学習支援システムを構築し、そのシステムを最大限有効に活用するための学習環境をデザインすることを目指した研究である。平成18年度は、下記の点について研究を進めた。●評価実験の実施と分析昨年度、神戸市内の小学校において約1週間に渡って行われた評価実験の分析を行った。膨大な量のビデオやシステム利用のログデータから、システムの効果を定性的、定量的に示す部分を見つけ出す。具体的には相互行為分析の手法に基づき、提案シ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 楠 房子, 原田 泰
本研究では,博物館における地域連携の一貫として理数科教育に対する「博物館における科学教育支援システム」を提案した。本研究の特色は,システムの構築とその上のコンテンツのデザイン要面から学習支援を提案し,実現したアプローチにある。本研究では,まずコンテンツデザインのための博物館の調査とシステムの構築を15年度に着手した。システムはRFIDタグとPDAを用いて構築した。できあがったプロットタイプシステム上で,コンテンツの実装を行い,科学博物館にて最初の実験を行った。その分析結果をもとに,システム...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 杉本 雅則
情報通信技術の社会への浸透に伴い、人間とコンピュータとのインターフェイスの設計はますます重要になっている。そこで本研究は、特に幼児や高齢者のような情報弱者を対象とし、コンピュータを意識することなく、知的な作業を支援するためのシステムの構築を目指した。本年度は昨年度に引き続き、RFID(Radio Frequency Identification)技術に基づくセンシングボードを活用し、他者との協調学習を支援するためのシステムを構築した。具体的には、音楽を対象とし、ゲーム感覚で音に親しむととも...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 杉本 雅則
本研究では,「学習者自身の積極的な実践に基づく」,「他者との相互作用を通した」問題の発見と学習,つまりsocio-constructivism(社会構成主義)の立場に立ち,学習者同士による学習環境のデザイン(Learner Centered Design)を実現するための研究を行った.本研究の特徴として,以下の2点が挙げられる.○技術的な側面:本研究では,学習者の学習への動機付けを高める手段として,物理世界と仮想世界を統合する技術を構築した.具体的には,RFID技術を応用することによる,同...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 橋爪 宏達
近年、博物館・美術館などで展示方式を工夫し、デジタル・ミュージアムを実現する動きが見られるようになった。しかし、現在のデジタル・ミュージアムは利用者に一方的に情報提供するものがほとんどであり、利用者の積極的な参加を前提としたものではなかった。これに対し、本研究「デジタル・ミュージアムにおける参加型創造学習システム」(科学研究費 一般研究B2000年〜2002年度)では、最近のハードウェア素子利用技術、ソフトウェアエージェント技術、ならびに、グループ学習理論を取り入れた新しい参加型創造学習シ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 杉本 雅則
本研究は、グループ活動を支援するための情報検索および情報共有機能を持つ情報システムの構築を目指して、2年間のプロジェクトとして行われた。本研究の核となるシステムおよび技術として、これまでの研究において、COSPEXと呼ばれるシステムの開発を進めてきた。COSPEXは、ネットワーク上の分散情報資源からの情報収集を支援するためのシステムである。初年度は主として、COSPEXの情報検索機能の強化を行った。利用者による情報の高度な活用を支援するために、まずユーザモデリングに関する基礎的な検討を行っ...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 高須 淳宏
本研究は,オブジェクトの照合手法を中心に分散情報資源の統合的利用にかかわる諸課題について研究するとともに,具体的な応用として分散電子図書館の構築法について研究を進めた。まず、自律分散的に構築される情報資源に対する効果的な検索を実現するために利用者の要望にあわせて情報空間を切取り,再構成して利用者に効果的に提示することを支援するために,自律分散的な情報資源に対する発見的な文献検索インターフェイス(COSPEX:COnceptual SPace EXplorer)についての研究を進めてきた.C...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 高須 淳宏
現在インターネットではWWW技術を用いることによって、多種多様な情報資源が構築されている。ユーザがこのような情報システムを有効に利用できるようにするためには、各情報システム間の多様性を吸収し、個々のシステムを相互に接続することで、利用者に対して統一的な情報空間を提示するための方法論が必要となる。そこで本研究では、そのようなシステムを構築するための要素技術として、以下の三つの研究課題に取り組んだ。(1)オブジェクトの同定(担当:高須、片山)分散電子図書館においては、同一の実体、例えば同一の著...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1994年 - 1996年    代表者: 山田 尚勇, 根岸 正光
本調査研究の主体機関である学術情報センターでは、大学等の研究者における学術情報環境、条件の総体的な向上を目途として、インターネット接続を含めたネットワークの構築と運用、学術情報データベースの形成と提供、大学図書館の総合目録データベースの構築を行っている。またこれらに加えて、平成9年度から、学術雑誌を主体とする「電子図書館サービス」を発足させるべく、技術面での研究開発と合わせて、高度情報社会における学術情報の良好な流通体制の現出のための制度設計を進めている。近年における学術研究の国際化は著し...
ヒューマンコンピュータインタラクション
コンピュータビジョン
詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
ユビキタスコンピューティング
詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
ヒューマンロボットインタラクション
詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
音響イメージング
詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
複合現実感
詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
教育工学
詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
モバイルコンピューティング
詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp

特許

 
特願2017-135654 : 情報送信装置、情報受信装置、情報伝送システム及びプログラム
特願2016-163574 : 情報送信装置,情報受信装置,情報伝達システム及びプログラム,測位システム,照明器具並びに照明システム
特願2013-146637 : ドップラーイメージング信号送信装置,ドップラーイメージング信号受信装置,ドップラーイメージングシステム及び方法
特願2012-036383 : 距離測定方法及びレーダー装置
特許5739822 : 速度・距離検出システム、速度・距離検出装置、および速度・距離検出方法
特願2010-007492
計測装置、計測システム、および計測方法
特願2009-272707
距離測定方法、距離測定用受信局装置及び位置測定システム
特願2008-060922
時刻基準点情報伝送システム、時刻基準点情報伝送方法、送信器および受信器
特願2007-528168,
時刻基準点情報伝送システム、時刻基準点情報伝送方法、送信器および受信器
11/874,231(国際特許,米国)
時刻基準点情報伝送システム、時刻基準点情報伝送方法、送信器および受信器
0721628.6(国際特許,英国)
超音波距離計測システムおよび超音波距離測定方法
特許第4041899号
思考支援システム
特許公開2002-156896
Figure data input device,
US Patent Number 6659836
教育用模型装置
登録番号3069344号
特許5704695 : ドップラーレーダーシステム,ドップラーレーダー送信装置及び送信波最適化方法
橋爪 宏達, 杉本 雅則
特許4621924 : 時刻基準点情報伝送システム及び受信器
橋爪 宏達, 杉本 雅則