出口 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/01 03:15
 
アバター
研究者氏名
出口 大輔
eメール
ddeguchinagoya-u.jp
URL
http://www.murase.m.is.nagoya-u.ac.jp/~ddeguchi/
学位
博士(情報科学)(名古屋大学)

経歴

 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2006年4月
 - 
2006年10月
名古屋大学大学院情報科学研究科 研究員
 
2006年11月
 - 
2008年9月
名古屋大学大学院工学研究科 研究員
 
2008年10月
 - 
2012年1月
名古屋大学大学院情報科学研究科 助教
 
2012年2月
 - 
現在
名古屋大学情報連携統括本部情報戦略室 准教授
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
電子情報通信学会情報・和文論文誌A編集委員会  編集委員
 
2018年6月
 - 
現在
電子情報通信学会情報・英文論文誌A編集委員会  編集委員
 
2013年5月
 - 
2017年5月
電子情報通信学会情報・英文論文誌D編集委員会  英文論文誌編集委員
 
2009年4月
 - 
2013年5月
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ 料理メディア研究会 研究専門委員会  幹事補佐
 
2009年4月
 - 
2015年5月
電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会 研究専門委員  専門委員
 

Misc

 
Camera DropoutとTrajectory Ensembleによる多カメラ間複数人物追跡
川西 康友, 出口 大輔, 井手 一郎, 村瀬 洋
電子情報通信学会論文誌   J101-D(8) 1079-1088   2018年8月   [査読有り]
複数カメラにわたる多人数追跡は,通常,対応付けの候補を減らすために複数のカメラの隣接関係をカメラネットワークというグラフ構造で表現し,カメラネットワーク上の隣接カメラ間での人物対応付けにより実現される.しかし,カメラ間の照明環境の違いや撮影した人物の向きの違いによって対応付けを誤ることがあり,このような場合に追跡が途切れることがある.この問題に対し,隣接カメラだけでなく,カメラネットワーク上で離れたカメラ間での人物対応付けをすることが考えられるが,必要以上に対応付け候補が増加してしまい,誤...
音象徴性を利用したオノマトペによる歩容の記述
加藤 大貴, 平山 高嗣, 道満 恵介, 井手 一郎, 川西 康友, 出口 大輔, 村瀬 洋
人工知能学会論文誌   33(4) B-HC2_1-9   2018年7月   [査読有り]
視線情報の時系列パターンに基づく行動の識別~視線遷移と瞬きを手がかりとした調理作業の識別~
井手 一郎, 平山 高嗣, 井上 裕哉, 道満 恵介, 川西 康友, 出口 大輔, 村瀬 洋
画像ラボ   29(6) 14-17   2018年6月
滝本 広樹, Magali Philippe, 川西 康友, 井手 一郎, 平山 高嗣, 道満 恵介, 出口 大輔, 村瀬 洋
Advances in Multimedia Information Processing -PCM 2017, 18th Pacific-Rim Conference on Multimedia, Harbin, China, September 28-29, 2017, Revised Selected Papers Part I, B. Zeng, Q. Huang, A. El-Saddik, H. Li, S. Jiang, and X. Fan eds., Lecture Notes in C   10735 497-504   2018年5月
今枝 祐綺, 平山 高嗣, 川西 康友, 出口 大輔, 井手 一郎, 村瀬 洋
電子情報通信学会論文誌   101-D(5) 1457-1462   2018年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
統計的学習の基礎 -データマイニング・推論・予測-
杉山将, 井手剛, 神嶌敏弘, 栗田 多喜夫, 前田 英作, 他 (担当:共著)
共立出版   2014年6月   
医用画像解析ハンドブック
藤田広志, 石田隆行, 桂川茂彦, 他 (担当:共著)
オーム社   2012年11月   

講演・口頭発表等

 
Vehicle counting via car parts detection from an in-vehicle camera image
新村 文郷, 川西 康友, 出口 大輔, 井手 一郎, 村瀬 洋
Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems   2018年10月8日   
This paper proposes a method to count vehicles from an in-vehicle camera image by regression based on car parts detection. In the case of an in-vehicle camera image, since vehicles are frequently occluded by other vehicles in traffic congestion, i...
HOYO:オノマトペを付与した歩容データセット
加藤 大貴, 平山 高嗣, 道満 恵介, 川西 康友, 井手 一郎, 出口 大輔, 村瀬 洋
電子情報通信学会技術研究報告(MVE)   2018年9月7日   
地域・時期ごとのSNS投稿写真に基づく類似地域マイニング
陳 璐, 川西 康友, 井手 一郎, 平山 高嗣, 道満 恵介, 出口 大輔, 村瀬 洋
電子情報通信学会 魅力工学研究会シンポジウム 2018   2018年9月5日   
視線情報を利用した料理写真の魅力度推定手法
佐藤 陽昇, 平山 高嗣, 道満 恵介, 川西 康友, 井手 一郎, 出口 大輔, 村瀬 洋
電子情報通信学会 魅力工学研究会シンポジウム 2018   2018年9月5日   
運転行動に基づく学習データ収集による信号機検出器の構築に関する検討
右島 琢也, 久徳 遙矢, 川西 康友, 出口 大輔, 井手 一郎, 村瀬 洋
平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演予稿集   2018年9月3日   

競争的資金等の研究課題

 
クラウド上の膨大な画像履歴情報を多様な時空間スケールで活用する超低品質画像の認識
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 村瀬 洋
グループ学習の形成的評価のための実世界活動センシング技術の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 出口 大輔
実世界センシングにより得られる環境依存情報を活用した環境適応型画像認識
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 出口 大輔
大学向OSSの翻訳に適用する共通翻訳メモリの開発と国際コミュニティへの展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 常盤 祐司
能動型前処理と環境適応型学習を用いた「超低品質画像」の認識
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 村瀬 洋

特許

 
US8199984 : System that assists in observing a luminal organ using the structure of the luminal organ
Kensaku Mori, Takayuki Kitasaka, Daisuke Deguchi