Yagi Hirokazu

J-GLOBAL         Last updated: Apr 13, 2019 at 05:50
 
Avatar
Name
Yagi Hirokazu
Affiliation
Nagoya City University
Job title
Assistant Professor
ORCID ID
0000-0001-9296-0225

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Sakata Y, Yabunaka K, Kobayashi Y, Omiya H, Umezawa N, Kim HS, Wataya Y, Tomita Y, Hisamatsu Y, Kato N, Yagi H, Satoh T, Kato K, Ishikawa H, Higuchi T
ACS medicinal chemistry letters   9(10) 980-985   Oct 2018   [Refereed]
Narentuya, Takeda-Uchimura Y, Foyez T, Zhang Z, Akama TO, Yagi H, Kato K, Komatsu Y, Kadomatsu K, Uchimura K
Scientific reports   9(1) 4387   Mar 2019   [Refereed]
Harada Y, Suzuki T, Fukushige T, Kizuka Y, Yagi H, Yamamoto M, Kondo K, Inoue H, Kato K, Taniguchi N, Kanekura T, Dohmae N, Maruyama I
Biochimica et biophysica acta. General subjects   1863(4) 681-691   Apr 2019   [Refereed]
Harada Y, Kizuka Y, Tokoro Y, Kondo K, Yagi H, Kato K, Inoue H, Taniguchi N, Maruyama I
FEBS letters      Apr 2019   [Refereed]
Yu SY, Hsiao CT, Izawa M, Yusa A, Ishida H, Nakamura S, Yagi H, Kannagi R, Khoo KH
The Journal of biological chemistry   293(39) 15163-15177   Aug 2018   [Refereed]
Yanaka S, Yagi H, Yogo R, Yagi-Utsumi M, Kato K
Journal of biomolecular NMR   71(3) 193-202   Jul 2018   [Refereed]
Sriwilaijaroen N, Nakakita SI, Kondo S, Yagi H, Kato K, Murata T, Hiramatsu H, Kawahara T, Watanabe Y, Kanai Y, Ono T, Hirabayashi J, Matsumoto K, Suzuki Y
The FEBS journal   285(9) 1611-1634   May 2018   [Refereed]
Mukaigasa K, Tsujita T, Nguyen VT, Li L, Yagi H, Fuse Y, Nakajima-Takagi Y, Kato K, Yamamoto M, Kobayashi M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(11) 2758-2763   Mar 2018   [Refereed]
Yagi H, Takakura D, Roumenina LT, Fridman WH, Sautès-Fridman C, Kawasaki N, Kato K
Scientific reports   8(1) 2719   Feb 2018   [Refereed]

Misc

 
矢木 宏和, 加藤 晃一
生化学   90(2) 198-202   Apr 2018
糖鎖と蛋白質の相互作用のエネルギーを考慮して定量的に理解するためには、蛋白質に認識・捕捉された状態の糖鎖の構造だけではなく、遊離状態にある糖鎖の3次元構造について、その揺らぎも含めて明らかにすることが必要である。著者らは、常磁性効果を利用したNMR分光法と、計算科学を組み合わせた糖鎖の動的構造解析手法の開発に力を注いできた。糖鎖のコンホメーション空間の探査、糖鎖の動的立体構造とレクチンとの相互作用について述べた。
【生命現象を観る-革新的な構造生命科学が観せてくれる世界】 NMR(核磁気共鳴) NMRを利用して糖タンパク質糖鎖の構造動態と相互作用を観る
矢木 宏和, 加藤 晃一
医学のあゆみ   262(5) 467-473   Jul 2017
タンパク質の多くは糖鎖修飾を受けており、糖鎖はタンパク質の構造、物性、機能、安定性に重要な役割を果たしている。とりわけ抗体医薬をはじめとするバイオ医薬品の開発において、糖鎖の存在は以前にも増して重要視されている。しかし、こうした糖鎖の働きを分子の三次元構造の観点から明らかにした例は乏しい状況にある。それは、糖鎖の構造不均一性や運動性が結晶構造解析をはじめとする構造生物学的な方法論の適用を阻んできたことによる。本稿ではこうした状況を打破すべく、著者らが取り組んできたNMRを主体とするアプロー...
矢木 宏和
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   29(165-167) E19,J21-E25,J21   May 2017
神経系において、多様な糖鎖が神経細胞の分化過程のみならず、高次機能発現にも関与していることが明らかになりつつある。これまでに神経系に発現している糖鎖の機能解明のために、糖鎖ライブラリーや糖鎖のシークエンス法の開発を行ってきた。こうしたグライコミクスツールを利用することにより、モデル動物における神経系に特異的に発現する糖鎖を見出した。さらには、神経幹細胞の分化過程に関与する糖鎖や筋ジストロフィーの発症に関わる糖鎖の機能解明を行ってきた。(著者抄録)
矢木 宏和, 矢木 真穂[内海], 加藤 晃一
ファルマシア   50(8) 746-750   Aug 2014
神経幹細胞の幹細胞性維持における複合糖質の役割
矢木 宏和, 加藤 晃一
生化学   85(11) 1012-1016   Nov 2013
【第三の生命鎖 糖鎖の機能と疾患 がん、糖尿病、筋ジストロフィー発症との関わりからマーカー・合成法の開発、技術革新まで】 (第2章)構造解析より明かされた生理機能 IgG-FcとFc受容体の複合体形成における糖鎖の役割
矢木 宏和, 加藤 晃一
実験医学   31(10) 1602-1606   Jun 2013
タンパク質に結合した糖鎖は、タンパク質複合体の安定化や不安定化に関与していると想定されているが、そのしくみを具体的に捉えた例は少ない。われわれはIgG-FcとFcγ受容体の相互作用を研究している過程で、糖タンパク質間の相互作用に糖鎖が及ぼすさまざまな影響を立体構造の観点から明らかにすることに成功した。本稿では、IgG-FcとFcγ受容体の相互作用を例に、糖タンパク質間の複合体形成における糖鎖の役割について述べる。(著者抄録)
2年間にわたるIgG型多発性骨髄腫血清のIgG糖鎖プロファイリング
老田 達雄, 矢木 宏和, 山城 明子, 崎園 賢治, 永井 謙一, 笠倉 新平, 加藤 晃一, 高橋 禮子
臨床病理   55(7) 626-629   Jul 2007
著者等は先にIgG型多発性骨髄腫患者の1症例において真空採血後の血清分離時に開栓すると直ちに白色ゲル化沈殿する稀な症例を経験し、その原因が血清中のIgG-κ型M蛋白の特異な性状にあることを報告した。今回は同症例のIgG型M蛋白の糖鎖の発現プロファイルを検討し、来院から2年間の糖鎖プロファイルの変化について検討した。その結果、N型糖鎖の構造とHPLCプロファイルの強度から求めた存在比が健常者と明らかに異なることを見出した。フコース残基を含むもの(糖鎖E・F・G・H・M・N・P・Mc・Md・M...
MSを用いた糖鎖構造解析
山口 芳樹, 矢木 宏和, 加藤 晃一
ファルマシア   41(11) 1065-1069   Nov 2005

Books etc

 
Modern Magnetic Resonance, 2nd Edition (G.A.Webb ed.), NMR characterization of the dynamic conformations of oligosaccharides
K.Kato, H.Yagi, and T.Yamaguchi
Springer International Publishing   2018   
Glycobiophysics (Y.Yamaguchi and K.Kato ed.), Structure and dynamics of immunoglobulin G glycoproteins
H.Yagi, S.Yanaka, and K.Kato
Springer Nature Singapore   2018   
NMR in Glycoscience and Glycotechnology (K.Kato and T.Peters ed.), Stable isotope labeling of glycoproteins for NMR study
Y.Yamaguchi, H.Yagi, and K.Kato
RSC Publishing (Cambridge)   2017   
Experimental Glycoscience: Glycochemistry, Release of N-glycans by enzymatic methods
YN.Takahashi, H.Yagi, and K.Kato
Springer (Japan)   2008   
Comprehensive Glycoscience (J.P.Kamerling ed.),The two-/three-dimensional HPLC mapping method for the identification of N-glycan structures
N.Takahashi, H.Yagi, and K.Kato
Elsevier (Oxford)   2007   

Conference Activities & Talks

 
Integrative structural approaches for understanding conformational dynamics of oligosaccharides and glycoproteins [Invited]
Hirokazu Yagi, Tatsuya Suzuki1, Takumi Yamaguchi, Saeko Yanaka, and Koichi Kato
10th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conference   18 Nov 2018   
Assembly and disassembly mechanisms of proteasome revealed by multilateral biophysical approaches. [Invited]
Hirokazu Yagi, Maho Yagi-Utsumi, Tadashi Satoh, Koichi Kato
Fourth Polish-Korean Conference on "Protein Folding: Theoretical and Experimental Approaches"   10 Sep 2018   
Integrative structural biology approaches for understanding conformational dynamics of oligosaccharides and glycoproteins [Invited]
Hirokazu Yagi, Saeko Yanaka, Yogo Rina, Tatsuya Suzuki, Takumi Yamaguchi, Masaaki Sugiyama, Koichi Kato
20 Sep 2017   
The characterization of the laminin-binding glycans on -dystroglycan catalyzed by several causative gene products of dystroglycanopathy [Invited]
Hirokazu Yagi
1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System   2 Sep 2017   
Development and application of glycosylation-profiling techniques for functional glycomics in the nervous system [Invited]
Yagi Hirokazu
13) 11th International Symposium on Cell Surface Macromolecules   26 Feb 2017   

Research Grants & Projects

 
Elucidation of the molecular mechanism underlying neural stem cell differentiation regulated by a specific combination of glycans and their carrier proteins
Project Year: Apr 2012 - Mar 2013    Investigator(s): Yagi Hirokazu