KATO Aki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 10, 2018 at 08:55
 
Avatar
Name
KATO Aki
Affiliation
Nagoya City University
Section
Graduate School of Medical Sciences Department of Ophthalmology and Visual Science
Job title
Assistant Professor

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kimura M, Yasukawa T, Shibata Y, Kato A, Hirano Y, Uemura A, Yoshida M, Ogura Y
Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie   256(10) 1823-1829   Oct 2018   [Refereed]
Hirose F, Kiryu J, Tabata Y, Tamura H, Musashi K, Takase N, Usui H, Kuwayama S, Kato A, Yoshimura N, Ogura Y, Yasukawa T
European journal of pharmaceutics and biopharmaceutics : official journal of Arbeitsgemeinschaft fur Pharmazeutische Verfahrenstechnik e.V   129 267-272   Aug 2018   [Refereed]
Usui H, Nishiwaki A, Landiev L, Kacza J, Eichler W, Wako R, Kato A, Takase N, Kuwayama S, Ohashi K, Yafai Y, Bringmann A, Kubota A, Ogura Y, Seeger J, Wiedemann P, Yasukawa T
Journal of cell science   132(4)    Aug 2018   [Refereed]
トリアムシノロンTenon嚢下注射で悪化し、眼内液を用いたPCR法が診断に有用であった眼トキソプラズマ症の1例
丸茂 有香, 水谷 武史, 加藤 亜紀, 野崎 実穂, 吉田 宗徳, 南場 研一, 小椋 祐一郎
あたらしい眼科   35(6) 815-819   Jun 2018
目的:トリアムシノロンTenon嚢下注射により悪化し、硝子体液PCRにより眼トキソプラズマ症と診断された1例を経験したので報告する。症例:55歳、女性。2000年に左眼のトキソプラズマ症に対しアセチルスピラマイシン内服、2008年に左眼ぶどう膜炎および視神経炎に対しステロイド内服の既往があった。2015年7月に左眼難治性ぶどう膜炎の精査加療目的で名古屋市立大学病院を受診した。初診時、左眼に硝子体混濁、および限局性網膜滲出斑を認めた。ぶどう膜炎に対しステロイド内服を行ったが所見が改善しないた...
網膜色素変性に対する9-cis-β-カロテン高含有微細藻類Dunaliella bardawil食品摂取の影響
安川 力, 萩原 章, 藤巻 拓郎, 加藤 亜紀, 村上 晶, 山本 修一, 小椋 祐一郎
日本眼科学会雑誌   122(5) 372-377   May 2018
目的:網膜色素変性の一部の病態にはレチノイドサイクルが関与していて、11-cis-レチナールの異性体である9-cis-レチナールとその前駆体9-cis-β-カロテンが、白点状眼底および網膜色素変性に有効であると報告されている。今回、我々は、我が国の網膜色素変性患者に対する9-cis-β-カロテン高含有微細藻類Dunaliella bardawil食品の効果を検討した。対象と方法:本研究は3施設による多施設前向き研究として実施された。対象は、網膜色素変性と診断され眼底観察可能な30例59眼(...
Arai KI, Yasukawa T, Kato A, Kubota A, Usui H, Takase N, Kuwayama S, Ogura Y
Ophthalmic research   59(3) 170-175   2018   [Refereed]
Kato F, Nozaki M, Kato A, Hasegawa N, Morita H, Yoshida M, Ogura Y
Journal of ophthalmology   2018 3978514   2018   [Refereed]
難治性糖尿病黄斑浮腫に対するアフリベルセプト硝子体内投与の短期成績
石田 琴弓, 加藤 亜紀, 太田 聡, 平野 佳男, 野崎 実穂, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
あたらしい眼科   34(2) 264-267   Feb 2017
目的:糖尿病黄斑浮腫に対するアフリベルセプト硝子体内投与の治療効果を検討した。対象および方法:糖尿病黄斑浮腫に対しアフリベルセプト硝子体内投与を行い、6ヵ月以上経過観察できた11例15眼(非増殖糖尿病網膜症7例9眼、増殖糖尿病網膜症4例6眼)を対象とした。平均年齢は58.3歳、平均観察期間は8.7ヵ月であった。必要に応じて追加投与を行い、矯正視力、中心網膜厚、黄斑体積を検討した。結果:平均投与回数は2.9回であった。最終受診時において、投与前と比較して平均視力はlogMAR視力で0.49か...
Shinojima A, Sawa M, Sekiryu T, Oshima Y, Mori R, Hara C, Sugano Y, Kato A, Asato H, Yuzawa M, Gomi F, Ogura Y, Ishibashi T, Nanri T, Yasukawa T
Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde   237(3) 159-166   2017   [Refereed]
Ozone D, Mizutani T, Nozaki M, Ohbayashi M, Hasegawa N, Kato A, Yasukawa T, Ogura Y
Investigative ophthalmology & visual science   57(13) 5348-5354   Oct 2016   [Refereed]
市田 美夕, 水谷 武史, 加藤 亜紀, 濱田 怜, 小椋 祐一郎
臨床眼科   70(7) 1117-1121   Jul 2016
目的:網膜全剥離が自然軽快したCoats病の1例報告。症例:3歳9ヵ月の男児。瞬目の増加で近医を受診し,右眼の網膜剥離を指摘され,名古屋市立大学病院を受診した。視力は右光覚弁なし,左1.0であった。右眼に胞状の網膜全剥離,網膜血管異常および網膜下滲出斑を認め,蛍光眼底造影検査で蛍光漏出および無灌流領域を認めた。超音波検査,CTおよびMRIでは充実性病変や石灰化はなく,Coats病と診断した。網膜電図は平坦で,光覚もないため,経過観察とした。初診から6ヵ月後,徐々に末梢血管異常が改善し,滲出...
Kachi I, Yasukawa T, Kato A, Takase N, Morita H, Kubota A, Hirano Y, Uemura A, Ogura Y
Japanese journal of ophthalmology   60(3) 179-186   May 2016   [Refereed]
Suetsugu T, Kato A, Yoshida M, Yasukawa T, Nishiwaki A, Hasegawa N, Usui H, Ogura Y
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   10 2497-2503   2016   [Refereed]
Takase N, Nozaki M, Kato A, Ozeki H, Yoshida M, Ogura Y
Retina (Philadelphia, Pa.)   35(11) 2377-2383   Nov 2015   [Refereed]
Kato A, Yasukawa T, Suga K, Hirano Y, Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y
Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde   233(1) 27-34   2015   [Refereed]
Ogura S, Yasukawa T, Kato A, Kuwayama S, Hamada S, Hirano Y, Uemura A, Yoshida M, Ogura Y
Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde   234(3) 139-150   2015   [Refereed]
Ogura S, Yasukawa T, Kato A, Usui H, Hirano Y, Yoshida M, Ogura Y
American journal of ophthalmology   158(5) 1093-1098   Nov 2014   [Refereed]
鈴木 克也, 安川 力, 加藤 亜紀, 藤野 晋平, 森田 裕, 太田 聡, 平原 修一郎, 大曽根 大典, 臼井 英晶, 永井 博之, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
臨床眼科   68(9) 1261-1267   Sep 2014
目的:滲出型加齢黄斑変性(AMD)に対するアフリベルセプト硝子体内投与の治療成績を検討した。対象と方法:滲出型AMDに対しアフリベルセプト硝子体内投与を行い,6ヵ月以上経過観察できた64例64眼(典型AMD16眼,ポリープ状脈絡膜血管症44眼,網膜血管腫状増殖4眼)を対象とした。平均年齢は75.0±8.3歳であった。視力はlogMARで評価し,0.3以上の変化を改善,悪化とした。結果:投与前平均視力がlogMARで0.44±0.41であったのに対し,投与後6ヵ月の平均視力は0.38±0.3...
日本における視覚障害の原因と現状
若生 里奈, 安川 力, 加藤 亜紀, 大森 豊緑, 石田 晋, 石橋 達朗, 小椋 祐一郎
日本眼科学会雑誌   118(6) 495-501   Jun 2014
目的:日本における視覚障害の原因を調査する.対象と方法:全国を7ブロックに分け,1ブロックから1自治体を無作為に抽出し,2007年4月〜2010年3月に身体障害者診断書・意見書に基づいて新規に視覚障害認定を受けた18歳以上の4,852名について検討した.結果:原因の1位は緑内障で21.0%であった.2位は糖尿病網膜症15.6%,3位は網膜色素変性12.0%,4位は黄斑変性9.5%,5位は脈絡網膜萎縮8.4%であった.緑内障は70代以降の主因で,1,2級で61%を占めた.糖尿病網膜症は50,...
[Causes and prevalence of visual impairment in Japan].
Wako R, Yasukawa T, Kato A, Omori T, Ishida S, Ishibashi T, Ogura Y
Nippon Ganka Gakkai zasshi   118(6) 495-501   Jun 2014   [Refereed]

Misc

 
【ガイドラインに準拠 硝子体内注射の臨床手技】 術後眼内炎とその対策
加藤 亜紀
眼科グラフィック   7(3) 300-306   Jun 2018
【新人スタッフのための めめ子と学ぶ!眼科のキーワード50これだけ】目の解剖(しくみ)のキーワード 硝子体
加藤 亜紀
眼科ケア   19(4) 306-306   Apr 2017
【新人スタッフのための めめ子と学ぶ!眼科のキーワード50これだけ】目の解剖(しくみ)のキーワード 視覚伝達路 視神経、視中枢
加藤 亜紀
眼科ケア   19(4) 309-309   Apr 2017
【新人スタッフのための めめ子と学ぶ!眼科のキーワード50これだけ】目の解剖(しくみ)のキーワード 眼瞼
加藤 亜紀
眼科ケア   19(4) 310-310   Apr 2017
【新人スタッフのための めめ子と学ぶ!眼科のキーワード50これだけ】目の解剖(しくみ)のキーワード 結膜
加藤 亜紀
眼科ケア   19(4) 311-311   Apr 2017
【新人スタッフのための めめ子と学ぶ!眼科のキーワード50これだけ】目の解剖(しくみ)のキーワード 涙器
加藤 亜紀
眼科ケア   19(4) 312-313   Apr 2017
【新人スタッフのための めめ子と学ぶ!眼科のキーワード50これだけ】目の解剖(しくみ)のキーワード 外眼筋
加藤 亜紀
眼科ケア   19(4) 314-315   Apr 2017
黄色波長自動追尾光凝固装置の使用経験
野崎 実穂, 加藤 亜紀, 長谷川 典生, 森田 裕, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
糖尿病合併症   30(Suppl.1) 261-261   Sep 2016
超広角走査レーザー検眼鏡による滲出型加齢黄斑変性の周辺部眼底自発蛍光の観察
西脇 晶子, 加藤 亜紀, 長谷川 典生, 臼井 英晶, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
あたらしい眼科   33(8) 1231-1235   Aug 2016
目的:眼底自発蛍光(fundus autofluorescence:FAF)は加齢黄斑変性(age-related macular degeneration:AMD)前駆病変や萎縮型AMDの評価に有用である。従来は撮影困難であった周辺部FAFを超広角走査レーザー検眼鏡で撮影し、滲出型AMDの周辺部FAFを観察した。対象および方法:滲出型AMD群31眼、対照群30眼を対象とし、超広角走査レーザー検眼鏡を用いて眼底画像を撮影した。異常周辺部FAFの有無、またその異常所見を顆粒状過蛍光、斑紋状低...
抗VEGF治療セミナー 抗VEGF薬治療により長期にわたり視力を維持できた網膜血管腫状増殖の例
加藤 亜紀
あたらしい眼科   32(12) 1715-1716   Dec 2015
滲出型加齢黄斑変性に対する治療は抗VEGF薬硝子体内注射が第一選択であるが、網膜血管腫状増殖はしばしば再燃を繰り返し、治療が遅れると、黄斑部が萎縮したり、より難治性の病態に進行したりして、著しい視力障害をきたす。本稿では抗VEGF療法を適切に実施することにより長期にわたり視力維持できた症例を紹介する。(著者抄録)
Diagnostics 広角眼底カメラによる眼底診断・記録のポイント Optos 200Txを用いた眼底自発蛍光
加藤 亜紀
眼科グラフィック   4(1) 42-50   Feb 2015
【これ1冊ですべてわかる! 新人スタッフのための眼科の検査・手術機器完全マニュアル】 (2部)外来処置・手術に関する器具・器械 (8章)網膜硝子体疾患 網膜剥離手術(網膜復位術)に使用する器具
加藤 亜紀
眼科ケア   (2011夏季増刊) 248-252   Jun 2011
【図解でナットク!即実践!めめ子と学ぶまるごと眼科入門】 目のしくみを学ぼう
加藤 亜紀
眼科ケア   (2010夏季増刊) 25-31   Jun 2010
【写真・イラスト問題で基礎知識が身につく! 新人スタッフ眼科検定 疾患・業務編】 眼科で使う器具を学ぼう!
加藤 亜紀
眼科ケア   12(4) 340-350   Apr 2010
器具・器械の取り扱いトラの巻 直像鏡
加藤 亜紀
眼科ケア   7(5) 473-476   May 2005

Conference Activities & Talks

 
突然の視力低下で発見された家族性網膜細動脈蛇行症
大林 知広, 加藤 亜紀, 吉田 宗徳, 柴田 優, 鈴木 東光, 小椋 祐一郎
眼科臨床紀要   Aug 2018   
Superiority of ultra-wide field retinal imaging on detection of fundus abnormalities in the general medical checkup (human dock)
Maezawa T, Usui H, Kato A, Takase N, Yasukawa T, Hirano Y, Ogura Y
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   May 2018   
滲出型加齢黄斑変性のラニビズマブTreat and Extend療法の効果と精神面への影響
加藤 亜紀, 安川 力, 杉田 威一郎, 吉田 宗徳, 野崎 実穂, 平野 佳男, 近藤 順子, 阿部 知博, 杉田 公子, 大喜多 隆秀, 森田 裕, 杉谷 和彦, 臼井 英晶, 丹羽 奈緒美, 高瀬 範明, 加藤 房枝, 小椋 祐一郎
日本眼科学会雑誌   Mar 2018   
両眼に網膜色素上皮裂孔をきたした高血圧性脈絡膜症の1例
松原 菜月, 太田 聡, 小南 あおい, 加藤 亜紀, 野崎 実穂, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
眼科臨床紀要   Nov 2017   
糖尿病網膜症における周辺網膜虚血と中心窩無血管域変化との関連
高瀬 範明, 鈴木 克也, 野崎 実穂, 尾関 年則, 加藤 亜紀, 森田 裕, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
糖尿病合併症   Oct 2017   
3Dプリンターで作製した眼外インプラント型中空デバイスによる薬物徐放
高瀬 範明, 安川 力, 加藤 亜紀, 臼井 英晶, 桑山 創一郎, 小椋 祐一郎
日本眼薬理学会プログラム・抄録集   Sep 2017   
集団健診における超広角レーザー検眼鏡を用いた眼底検査の有用性
臼井 英晶, 加藤 亜紀, 長谷川 典生, 富安 胤太, 小椋 俊太郎, 安川 力, 小椋 祐一郎
人間ドック   Aug 2017   
光干渉断層計と人工知能を用いた黄斑部疾患自動検出の試み
安川 力, 桑山 創一郎, 綾塚 祐二, 臼井 英晶, 加藤 亜紀, 高瀬 範明, 柳園 大輔, 雅樂 隆基, 小椋 祐一郎
日本眼科学会雑誌   Mar 2017   
眼内レンズ型中空デバイスによる薬物徐放システムの開発
高瀬 範明, 安川 力, 加藤 亜紀, 臼井 英晶, 桑山 創一郎, 小椋 祐一郎
日本眼薬理学会プログラム・抄録集   Sep 2016   
難治性糖尿病黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体内投与の効果
加藤 亜紀, 平野 佳男, 野崎 実穂, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
日本糖尿病眼学会誌   Mar 2016   
En Face OCT angiographyによる糖尿病網膜症血管病変評価
野崎 実穂, 高瀬 範明, 加藤 亜紀, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
日本糖尿病眼学会誌   Mar 2016   
En Face OCT Angiographyによる近視性脈絡膜新生血管の評価
水谷 武史, 野崎 実穂, 加藤 亜紀, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
日本眼科学会雑誌   Mar 2016   
Optical Coherence Tomographic Angiographic findings of myopic choroidal neovascularization
Ishida K, Mituzani T, Nozaki M, Kato A, Yoshida M, Ogura Y
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   2016   
網膜中心静脈閉塞症に対する抗VEGF治療の短期治療成績
小崎 優, 藤野 晋平, 加藤 亜紀, 小椋 祐一郎
眼科臨床紀要   Nov 2015   
黄斑浮腫に対するインドシアニングリーン眼底造影ガイド自動追尾光凝固の有用性
野崎 実穂, 加藤 亜紀, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
眼科臨床紀要   Oct 2015   
Long-Term Prognosis of Chronic Central Serous Chorioretinopathy with Spontaneous Remission Under Smoking Cessation and Antioxidant Supplementation.
2. Araki M, Yasukawa T, Ashikari M, Kato A, Tachi N, Hirano Y, Ogura Y.
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   May 2014   
Effects of Intravitreal Aflibercept on Neovascular Age-Related Macular Degeneration Resistant to Intravitreal Ranibizumab.
1. Suzuki K, Yasukawa T, Kato A, Fujino S, Morita H, Ohta S, Hirahara S, Ohzone H, Usui H, Nagai H , Yoshida M, Ogura Y.
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   May 2014   
Long-term efficacy of indocyanine green angiography-guided laser photocoagulation for type 1 macular telangiectasia.
5. Fujino S, Yasukawa T, Kato A, Hirano Y, OguraY.
The 8th APVRS Congress & the 52nd Annual meeting of Japanese Retina and Vitreous Society.   Dec 2013   
超広角走査型レーザー検眼鏡による糖尿病網膜症の蛍光眼底造影
平原 修一郎, 吉田 宗徳, 安川 力, 野崎 実穂, 森田 裕, 加藤 亜紀, 久保田 綾恵, 服部 知明, 伊藤 愛子, 菅 啓治, 水谷 武史, 小椋 祐一郎
日本糖尿病眼学会誌   Mar 2013   
黄斑浮腫に対する光凝固治療におけるインドシアニングリーン赤外蛍光眼底造影の有用性
加藤 亜紀
眼科臨床紀要   Nov 2012   
急性網膜壊死に対する硝子体手術成績の検討
永井 博之, 加藤 亜紀, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
眼科臨床紀要   Oct 2012   
Role Of Amyloid Precursor Protein In Lipoprotein Deposition From Retinal Pigment Epithelium.
10. Sato R, Yasukawa T, Kubota A, Kato A, Nishiwaki A, Ogura Y.
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   May 2012   
SF6ガス注入による血腫移動術の成績
水谷 武史, 高瀬 綾恵, 安川 力, 伊藤 祐也, 加藤 亜紀, 芦苅 正幸, 森田 裕, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎
眼科臨床紀要   Oct 2011   
培養網膜色素上皮細胞からの新しい上皮シート作製方法
加藤 亜紀, 安川 力, 高瀬 綾恵, 佐藤 里奈, 鵜川 眞也, 小椋 祐一郎
日本眼科学会雑誌   Apr 2011   
The Mechanism of Basal Membranousgenesis of Retinal Pigment Epithelium and Bestrophin.
K13. Takase A, Yasukawa T, Wiedemann P, Nishiwaki A, KatoA, Ogura Y.
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   May 2010   
Inflammatory Cell and Fibroblast Model to Investigate Candidate Anti-Scarring Therapies for Ocular Disease.
16. Ellis JS, Paull DJ, Khalili A, Dhingra S, Kato A, Brocchini S, Khaw PT.
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   May 2009   
The Role of Human Tenon’s Fibroblasts in Angiogenesis Using a 3D Co-Culture.
15. Paull DJ, Ellis JS, Khalili A, Kato A, Brocchini S, Khaw PT.
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   May 2009   
Transfection of Short Interfering RNA to Supress ICAM-1 in Human Retinal Endothelial Cells.
19. Kato A, Kuno N, Nishiwaki A, Sakurai E, Ogura Y
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   May 2005   
Comparative studies on the retinal toxicity of trypan blue and indocyanin green.
Ito T, Yoshida M, Kato A, Ogura Y.
Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology   2004   
内境界膜切除後の網膜感度
山本 亜紀, 冨田 一之, 水野 晋一, 小椋 祐一郎
眼科臨床医報   Feb 2000