三浦 進司

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 12:55
 
アバター
研究者氏名
三浦 進司
 
ミウラ シンジ
URL
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/nutrbioc
所属
静岡県立大学
部署
食品栄養科学部
職名
教授
学位
博士(薬学)(静岡県立大学)
科研費研究者番号
10342932

研究分野

 

経歴

 
2014年12月
 - 
現在
静岡県立大学 食品生命科学部 教授
 
2012年4月
 - 
2014年11月
静岡県立大学 食品栄養科学部 准教授
 
2011年4月
 - 
2012年3月
独立行政法人国立健康・栄養研究所 基礎栄養研究部 室長
 
2006年4月
 - 
2011年3月
独立行政法人国立健康・栄養研究所 基礎栄養プログラム 脂質・糖代謝プロジェクト プロジェクトリーダー
 
2004年4月
 - 
2006年3月
独立行政法人国立健康・栄養研究所 生活習慣病研究部  主任研究員
 
2001年5月
 - 
2004年3月
独立行政法人国立健康・栄養研究所 生活習慣病研究部  任期付研究員
 
2001年3月
 - 
2001年5月
米国国立衛生研究所(NIDDK, NIH) LCDB Visiting Fellow
 
1999年3月
 - 
2001年2月
米国国立衛生研究所(NIDDK, NIH) LCDB 日本学術振興会海外特別研究員
 
1998年1月
 - 
1999年2月
米国国立衛生研究所(NIDDK, NIH) Laboratory of Cellular and Developmental Biology (LCDB) Visiting Fellow
 
1991年4月
 - 
1992年10月
第一製薬株式会社 医薬開発第二部 社員
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
静岡県立大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
 
1989年4月
 - 
1991年3月
京都薬科大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
 
1985年4月
 - 
1989年3月
京都薬科大学 薬学部 製薬化学科
 

論文

 
Uchitomi R, Nakai S, Matsuda R, Onishi T, Miura S, Hatazawa Y, Kamei Y
Biochemistry and biophysics reports   17 51-55   2019年3月   [査読有り]
Goto-Inoue N, Morisasa M, Machida K, Furuichi Y, Fujii NL, Miura S, Mori T
Rapid communications in mass spectrometry : RCM      2018年10月   [査読有り]
Hashidume T, Sasaki K, Hirata J, Kato M, Yoshikawa Y, Iwasaki Y, Arai H, Miura S, Miyoshi N
Journal of agricultural and food chemistry      2018年9月   [査読有り]
Fujita R, Yoshioka K, Seko D, Suematsu T, Mitsuhashi S, Senoo N, Miura S, Nishino I, Ono Y
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   32(9) 5012-5025   2018年9月   [査読有り]
Onishi S, Ishino M, Kitazawa H, Yoto A, Shimba Y, Mochizuki Y, Unno K, Meguro S, Tokimitsu I, Miura S
PloS one   13(4) e0195753   2018年   [査読有り]
Hirose Y, Onishi T, Miura S, Hatazawa Y, Kamei Y
Journal of nutritional science and vitaminology   64(3) 229-232   2018年   [査読有り]
Shiuchi T, Toda C, Okamoto S, Coutinho EA, Saito K, Miura S, Ezaki O, Minokoshi Y
Scientific reports   7(1) 15141   2017年11月   [査読有り]
Inoue M, Senoo N, Sato T, Nishimura Y, Nakagawa T, Miyoshi N, Goda T, Morita A, Miura S
The Journal of nutritional biochemistry   50 83-94   2017年9月   [査読有り]
Yoshida T, Kakizawa S, Totsuka Y, Sugimoto M, Miura S, Kumagai H
American journal of physiology. Renal physiology   313(3) F805-F814   2017年9月   [査読有り]
Eshima H, Miura S, Senoo N, Hatakeyama K, Poole DC, Kano Y
American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology   312(6) R1017-R1028   2017年6月   [査読有り]

Misc

 
畑澤幸乃, 妹尾奈波, 北浦靖之, 下村吉治, 三浦進司, 亀井康富
アミノ酸研究   9(2) 117   2016年3月
佐藤友紀, 三浦進司
プラクティス   33(1) 93-95   2016年1月
渡辺雅彦, 中川沙穂, 辻修一, 田中牧子, 三浦進司, 末丸克矢, 若林敬二
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th ROMBUNNO.29AB-AM273   2016年
三浦進司, 妹尾奈波, 畑澤幸乃, 只石幹, 亀井康富, 江崎治
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th ROMBUNNO.S44-5   2016年
三浦進司
上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM)   29 ROMBUNNO.37   2015年12月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 三浦 進司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 三浦 進司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 三浦 進司
運動トレーニングは心機能や骨格筋の性質を変化させて運動持久力を増加させる。骨格筋の変化には、遺伝子発現調節因子のPeroxisome proliferator-activated receptorγcoactivator 1α(PGC-1α)の関与が推測されている。本研究では、PGC-1αのうち、運動刺激に最も反応性の高いPGC-1α-bの関与を調べ、骨格筋PGC-1α-bが運動時の脂肪利用効率を向上させて全身持久運動の向上に寄与することを明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 江崎 治
運動によるGLUT4発現量増加に転写因子MEF2が関与するかどうか調べた。骨格筋特異的にMEF2Aを過剰発現させたマウスでは、GLUT4発現量増加は認められなかった。MEF2を活性化し、運動で増加するPGC-1α-bとPGC-1α-cを筋肉過剰発現したマウスでもGLUT4mRNAの増加は認められなかった。以上の結果から、MEF2は運動によるGLUT4mRNA増加に関与していないことが想定された。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 江崎 治
運動トレーニングは、糖輸送体(GLUT4)の発現量及びミトコンドリア数を増加させる。GLUT4は、末梢組織での糖代謝の律速段階になっていて、GLUT4の増加は耐糖能を高め、糖尿病を予防する。ミニジーンGLUT4トランスジェニックマウスを用いて、運動によるGLUT4発現増加に関する遺伝子発現調節領域(シス・エレメント)と、それに結合する転写因子の同定を試みた。運動によるGLUT4発現増加のシスエレメントが-551と-442の間に存在していることを明らかにし、ゲルシフト法及びUV-クロスリンク...