那須 英勝

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 16:27
 
アバター
研究者氏名
那須 英勝
 
ナス エイショウ
所属
龍谷大学
部署
文学部 真宗学科
職名
教授
学位
Ph.D.(Graduate Theological Union), M.A.(Graduate Theological Union), 文学修士(龍谷大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
龍谷大学 文学部 教授
 
1997年9月
 - 
2009年8月
Institute of Buddhist Studies Assistant Professor
 
2007年5月
 - 
2009年3月
Graduate Theological Union Core Doctoral Faculty
 
1999年9月
 - 
2005年8月
Institute of Buddhist Studies Yoshitaka Tamai Professor of Jodo Shinshu Studies Assistant Professor
 
1996年6月
 - 
1998年3月
University of California, Berkeley Department of East Asian Languages Visiting Scholar
 
1996年9月
 - 
1997年8月
Institute of Buddhist Studies Adjunct Professor
 

学歴

 
1990年9月
 - 
1996年5月
Graduate Theological Union  Doctoral Program in Cultural and Historical Study of Religions
 
1986年4月
 - 
1991年3月
龍谷大学 文学研究科 真宗学専攻(博士課程)
 
1988年9月
 - 
1990年5月
Graduate Theological Union Institute of Buddhist Studies M.A. Program in Buddhist Studies
 
1983年4月
 - 
1986年3月
龍谷大学 文学研究科 真宗学専攻(修士課程)
 
1979年4月
 - 
1983年3月
神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
宗教倫理学会  評議員
 
2009年11月
 - 
現在
龍谷大学真宗学会  理事
 
2016年10月
 - 
2018年10月
宗教倫理学会  事務局長
 
2010年4月
 - 
2016年3月
京都・宗教系大学院連合  評議員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
京都・宗教系大学院連合  事務局長
 

論文

 
「あめのしたにもりてきこゆることもあり」:『今物語』に語られた中世日本の僧侶の暮らし
那須 英勝
龍谷大学論集   (490) 10-25   2017年11月   [査読有り]
鎌倉中期に,歌人で似絵作者としても高名であった藤原信実が編纂したと伝えられる『今物語』を取り上げ、文人貴族である信実が見聞した日本中世の僧侶の暮らしについて、まず法然門流との関わりを概観し,続いて本書に登場する僧尼の暮らしを(1) 愛欲と名利: (2) 世俗からの離脱, (3) 聖と俗をつなぐ仏道としての和歌づくり,の3 つの視点から検討した。
『私聚百因縁集』の「仏法王法縁起由来」に見える中世日本仏教僧の重層的世界観
那須 英勝
真宗学   (137・138合併号) 107-124   2017年3月   [査読有り]
『私聚百因縁集』は鎌倉時代に東国(常陸国)に在住し、法然門流に近い唱導僧と考えられる愚勧住信(一二一〇—?)によって集記された仏教説話集である。本稿では『私聚百因縁集』の天竺・唐土・和朝の各篇の第一話の記述を検討して住信の重層的世界観をもって語られる「仏法・王法の縁起由来」について論じた。
棲浄斎誓鎧師(一七五三-一八二九)「解魔弁」考
那須 英勝
宗教研究 別冊   90 209-202   2017年3月
江戸後期の真宗の学僧である誓鎧師の「解魔弁」(真宗全書六二巻所収)は、狐狸の祟りに憑かれた人にどう対応すべきか、という問いに真宗者の立場から答えた書である。本書で誓鎧師は真宗者の宗教的実践として、宗意に背かない解魔の法がどのようにすれば可能になるかを論じている。日本宗教学会(早稲田大學、2016年9月)での発表要旨。
ヨーロッパの妙好人と「無対辞」の思想:ハリー・ピーパー師の事績を通して
那須 英勝
真宗学   (133) 1-15   2016年3月   [査読有り]
本論文は、上記の論文26(日本宗教学会:國學院大學、2013年、9月でのパネル発表要旨)を加筆、修訂し中編の論文として書き直したもの。ベルリンで欧州初の真宗協会を設立し、ヨーロッパの妙好人と呼ばれるハリー・ピーパー氏の事績を通して、柳宗悦が提唱した「無対辞」の思想の持つ普遍性について検討した。
宗教間教育の実践とその評価海外の事例との比較を通して
那須 英勝
京都・宗教論叢   (10) 32-35   2016年3月   [査読有り]
京都宗教系大学院連合での宗教間教育(inter-faith education)の取り組みの意義とその課題をテーマにした研究会「「宗教多元時代における宗教間教育(2)」(龍谷大学で2014年7月開催)の報告。筆者は「宗教間教育の実践とその評価:海外の事例との比較を通じて」として海外の事例、特に北米地域での試みとの比較を通して、大学院レベルの宗教間教育のあり方を論じた。この研究会をもとに、2014年度の日本宗教学会大会(同志社大学で開催)のバネル発表を行った(要旨は『宗教研究』別冊88で出版...

Misc

 
那須 英勝
Oxford Research Encyclopedia of Religion (http://religion.oxfordre.com)      2018年3月   [査読有り][依頼有り]
オックスフォード大学出版局(Oxford University Press)が運営する研究者向けのオンライン百科事典(宗教学)の「蓮如」に関する項目。
那須 英勝
Journal of Religion in Japan   6(3) 281-285   2018年3月   [依頼有り]
ハワイ大学出版局から刊行されたRobert Rhodes氏の源信の『往生要集』と平安浄土教の形成についての著作の書評。
那須 英勝
宗教研究   89(1) 100-104   2015年6月   [依頼有り]
ハワイ大学出版局から刊行されたClark Chilson氏の浄土真宗の「裏法門」信仰についての著作の書評。
The Collected Works of Shinran. 2 vols. Kyoto:Jōdo Shinshū Hongwanji-ha, 1997. xii, 706 pages (volume 1); viii,364 pages (volume 2).
那須 英勝
Pacific World, Journal of Institute of Buddhist Studies   Third Series(2) 257-264   2000年3月   [依頼有り]
浄土真宗本願寺派出版社刊、親鸞著作集英訳、全2巻の書評。親鸞著作の英語訳の完成の意義と課題について論じた。アメリカ宗教学会、日本宗教研究グループでの発表Intellectual and Pedagogic Reflections on The Collected Works of Shinran(『親鸞著作集(英訳)』出版の知的•教育的意義、ボストン、1999年11月)の原稿に基づく。

書籍等出版物

 
仏教英書伝道のあけぼの(龍谷大学アジア仏教文化研究叢書Ⅲ)
中西直樹, 那須英勝, 嵩満也、共編 (担当:共編者)
法蔵館   2018年1月   ISBN:9784831855534
明治期(19世紀末)に日本で出版された英語による仏教伝道活動のための書籍4点に解説論文を付して復刻出版したもの。本書で那須は主として3点の復刻資料の解説を担当した。
妙好人研究集成
菊藤明道 (担当:分担執筆, 範囲:ヨーロッパの妙好人と「無対辞」の思想:ハリー・ピーパー師の事績を通して、649-664頁)
法蔵館   2016年10月   ISBN:9784831823557
妙好人研究に関する主要な論文を集めたもの。著者は本書に『真宗学』133号掲載の論文「ヨーロッパの妙好人と<無対辞>の思想:ハリー・ピーパー師の事績を通して」を一部修訂を加えたものを寄稿した。
Memory and Imagination: Essays and Explorations in Buddhist Thought and Culture
Dr. Ronald Y. Nakasone Festschrift Committee, Ed. (担当:共編者, 範囲:編集主任担当)
永田文昌堂   2010年6月   ISBN:978-4-8162-1138-6
ロナルド・仲宗根博士の同僚と門下生が主となって、仲宗根博士の指導のもとに編集・執筆した、仏教学、神学、比較思想論等の論考を集めたもの。神学大学院連合(Graduate Theological Union)教授、ロナルド・仲宗根博士の記念論集として出版。
Discourse and Ideology in Medieval Japanese Buddhism
PAYNE Richard K., LEIGHTON Taigen Dan, Eds. (担当:分担執筆, 範囲:Rely on the Meaning, Not the Words: Shinran’s Methodology and Strategy for Reading Scriptures and Writing the Kyōgyōshinshō)
Routledge, London   2006年5月   ISBN:0415544459
中世日本仏教思想史について宗教的「言説」と「イデオロギー」という二つのコンセプトを軸にして、日本宗教思想史の中での鎌倉仏教の重要性とその意義について再検討を加えたもの。著者は第12章の"Rely on the Meaning, Not the Words: Shinran’s Methodology and Strategy for Reading Scriptures and Writing the Kyōgyōshinshōを担当した。
犀の角:世界に拓く真宗伝道
松本デービッド、川添泰信、那須英勝 共編 (担当:共編者)
永田文昌堂   2005年11月   ISBN:9784816262036
浄土真宗本願寺派北米開教区の現役開教使や教団の活動に積極的に参加するメンバー等を対象に北米開教区の歴史・現在・将来の展望についてのインタビューと、英文要旨、その他資料を収録したもの。
Engaged Pure Land Buddhism: Challenges Facing Jōdo Shinshū in the Contemporary World
Kenneth K. Tanaka, Eisho Nasu 共編 (担当:共編者)
WisdomOcean Publications   1998年   ISBN:0-9658062-1-9
エンゲージド•ブッディズムとしての浄土教および浄土真宗に関する英文学術論文集。米国仏教大学院名誉教授アルフレッド・ブルーム博士退職記念論集として出版。

講演・口頭発表等

 
Karmic Evil (悪業 akugō), Sin, Suffering, and Predestination: A Shin-Buddhist Perspective [招待有り]
那須 英勝
Shin-Buddhist, Muslim, Christian Trialogue, No. 2   2017年7月13日   Muenster University, Georgetown University, and Ryukoku University Center for Asian Buddhist Cultures
Discarding Self to Benefit Others Alone: Genshin’s Reformulation of Bodhicitta as Selfless”Great Compassion
那須 英勝
国際真宗学会 第18回学術大会   2017年7月2日   国際真宗学会
Relativizing the Monotheistic Discourses of Creation: Two Buddhists’ Views [招待有り]
那須 英勝
nternational Symposium on Shin Buddhism, Christianity, Islam: Conversations in Comparative Theology   2017年2月16日   龍谷大学アジア仏教文化研究センター
棲浄斎誓鎧師(一七五三-一八二九)「解魔弁」考
那須 英勝
日本宗教学会第75回学術大会   2016年9月10日   日本宗教学会
宗教多元時代における宗教間教育の実践とその課題
那須 英勝
日本宗教学会第73回学術大会   2014年9月13日   日本宗教学会
パネル発表者は、安永祖堂(花園大)、小原克博(同志社大)那須英勝(龍谷大)、レスポンデントは井上順孝(国学院大)。那須は「宗教間教育の実践とその評価─海外の事例との比較を通じて─」とパネルコーディネーターを担当。本パネルの発表は7月19日開催の第13回K-GURS宗教研究会での発表を元にしておこなった。

競争的資金等の研究課題

 
日本仏教の通時的・共時的研究―多文化共生社会における課題と展望―
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 楠 淳證
仏教と諸科学の学際的研究
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2010年3月 - 2013年3月    代表者: 鍋島 直樹

社会貢献活動

 
キャンプ(強制収容所)に咲いた「ダルマ」の花: 田名大正師(1907~1972)と玉井好孝師(1900~1983)の 戦時収容所での文書伝道に学ぶ
【講師】  本願寺国際センターゼミナール(惠範講座)  本願寺国際センターゼミナール(惠範講座)宗教対立時代の真宗 (第4回)「海外への開教」  (浄土真宗本願寺派国際センター)  2017年2月10日
Genshin's Dialogical Hermeneutics to the Tendai Pure Land Buddhism and His Influence to the Formation of Shinran's Thought
【講師】  Institute of Buddhist Studies, Berkeley, California  IBS-Ryukoku Lecture  (Institute of Buddhist Studies, Berkeley, California)  2016年3月7日 - 2016年3月9日
Shinran and Farming Communities in Eastern Japan
【講師】  Institute of Buddhist Studies  Buddhism and Agriculture: 2016 IBS Winter Symposium  2016年3月3日
多様化するアメリカ人の宗教観と仏教の伝道・アメリカの宗教事情と日本人の宗教性
【講師】  東国大學校・龍谷大学共催  東国大学・龍谷大学交換出張講義  (東国大學校佛教大學、大韓民国ソウル市)  2014年9月17日 - 2014年9月18日
The Variety of Shinran's Expressions of shinjin ('Entrusting Mind'): Understanding the Working of Buddha-Nature in Everyday Living
【講師】  EKO-Haus der Japanischen Kultur, Düsseldorf, Germany  Seminar der Gemeinschaft der europäischen Shin-Buddhisten  2012年11月23日 - 2012年11月25日