萱野 大樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 22:26
 
アバター
研究者氏名
萱野 大樹

研究分野

 
 

論文

 
Daiki Kayano, Seigo Kinuya
Nuclear Medicine and Molecular Imaging   52(4) 254-265   2018年8月   [査読有り]
Sugino T, Ando R, Unno R, Iida K, Naiki T, Hamamoto S, Mizuno K, Okada A, Umemoto Y, Kawai N, Tozawa K, Hayashi Y, Inaki A, Kayano D, Kinuya S, Yasui T
BMC research notes   10(1) 750   2017年12月   [査読有り]
Yoneyama H, Tsushima H, Onoguchi M, Konishi T, Nakajima K, Matsuo S, Kayano D, Wakabayashi H, Inaki A, Kinuya S
Annals of nuclear medicine   29(3) 248-255   2015年4月   [査読有り]
Kayano D, Kinuya S
The Scientific World Journal   2015 189135   2015年   [査読有り]
Wakabayashi H, Taki J, Inaki A, Toratani A, Kayano D, Kinuya S
Asia Oceania Journal of Nuclear Medicine and Biology   3(1) 26-34   2015年   [査読有り]
Takahashi R, Ono K, Shibata S, Nakamura K, Komatsu J, Ikeda Y, Ikeda T, Samuraki M, Sakai K, Iwasa K, Kayano D, Yamada M
Journal of the neurological sciences   345(1-2) 231-235   2014年10月   [査読有り]
Kobayashi M, Wakabayashi H, Kayano D, Konishi T, Kojima H, Yoneyama H, Okuda K, Tsushima H, Onoguchi M, Kawai K, Kinuya S
Annals of nuclear medicine   28(6) 551-558   2014年7月   [査読有り]
Wakabayashi H, Taki J, Inaki A, Nakamura A, Kayano D, Fukuoka M, Matsuo S, Nakajima K, Kinuya S
Annals of nuclear medicine   27(9) 839-846   2013年11月   [査読有り]
Yoshinaga K, Oriuchi N, Wakabayashi H, Tomiyama Y, Jinguji M, Higuchi T, Kayano D, Fukuoka M, Inaki A, Toratani A, Okamoto S, Shiga T, Ito YM, Nakajo M, Nakajo M, Kinuya S, Drafting Committee for Guidelines on Internal Radiotherapy with ¹³¹I-MIBG., Japanese Society of Nuclear Medicine in Oncology and Imunology., Japanese Society of Nuclear Medicine.
Endocrine journal   61(12) 1171-1180   2014年   [査読有り]
Doai M, Watanabe N, Takahashi T, Taniguchi M, Tonami H, Iwabuchi K, Kayano D, Fukuoka M, Kinuya S
Annals of nuclear medicine      2013年4月   [査読有り]
Kayano D, Taki J, Inaki A, Wakabayashi H, Nakamura A, Fukuoka M, Kinuya S
Asia Oceania Journal of Nuclear Medicine and Biology      2013年   [査読有り]
Kobayashi M, Wakabayashi H, Kojima H, Konishi T, Okuda K, Yoneyama H, Kayano D, Tobisaka M, Tsushima H, Onoguchi M, Kawai K, Kinuya S
Hellenic journal of nuclear medicine   16(3) 175-180   2013年9月   [査読有り]
Sato Y, Kurosawa H, Fukushima K, Okuya M, Hagisawa S, Sugita K, Arisaka O, Inaki A, Wakabayashi H, Nakamura A, Fukuoka M, Kayano D, Kinuya S
Italian journal of pediatrics      2012年   [査読有り]
Kayano D, Taki J, Wakabayashi H, Kinuya S
Clinical nuclear medicine      2011年11月   [査読有り]
Wakabayashi H, Nakajima K, Fukuoka M, Inaki A, Nakamura A, Kayano D, Kinuya S
Annals of nuclear medicine      2011年11月   [査読有り]
Kayano D, Taki J, Fukuoka M, Wakabayashi H, Inaki A, Nakamura A, Kinuya S
Nuclear medicine communications      2011年10月   [査読有り]
Kayano D, Michigishi T, Ichiyanagi K, Inaki A, Kinuya S
Clinical nuclear medicine      2010年6月   [査読有り]
Taki J, Higuchi T, Kawashima A, Fukuoka M, Kayano D, Tait JF, Matsunari I, Nakajima K, Kinuya S, Strauss HW
Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine      2007年8月   [査読有り]
Nakajima K, Taki J, Yoneyama T, Fukuoka M, Kayano D, Tonami N
Annals of nuclear medicine      2006年8月   [査読有り]

Misc

 
第8回全国核医学診療実態調査報告書
絹谷 清剛, 西山 佳宏, 加藤 隆司, 萱野 大樹, 佐藤 修平, 田代 学, 巽 光朗, 橋本 禎介, 馬場 眞吾, 平田 健司, 吉村 真奈, 米山 寛人, (公社)日本アイソトープ協会医学・薬学部会全国核医学診療実態調査専門委員会
Radioisotopes   67(7) 339-387   2018年7月
日本アイソトープ協会では1982年から5年ごとに専門委員会を設けて全国核医学診療実態調査を行っており、第8回調査を2017年6月に行った。回答回収率は90%超であった。年間推定件数は単光子放出核種を用いた核医学検査が前回より5.7%減少した一方で、PET検査は約24.5%増加した。この結果、核医学検査総数は4.1%増加した。非密封RIを用いた核医学治療は223Ra治療開始と甲状腺癌治療の増加により全体で34.1%増加した。近年核医学診療の意義が変化していることが示された。(著者抄録)
甲状腺腫瘍の診断と治療 分化型甲状腺癌に対する放射性ヨウ素内用療法
萱野 大樹, 織内 昇, 絹谷 清剛
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1092-1092   2017年12月
RI治療病棟運用の立ち上げと初期経験
菅原 茂耕, 萱野 大樹, 石井 士朗, 箱崎 元晴, 渡邊 宏剛, 末永 博紀, 伊藤 浩, 織内 昇
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   34(Suppl.2) S284-S284   2017年10月
【核医学 2017】 CLINICAL REPORT 甲状腺癌に対する放射性ヨウ素内用療法 治療の際の注意点
萱野 大樹
Rad Fan   15(11) 70-72   2017年9月
分化型甲状腺癌に対する放射性ヨウ素131内用療法では、患者の状態に応じて適切な投与量、タイロゲン利用の有無を決める。タイロゲンを用いた画像評価の際は、病変集積が偽陰性になる可能性があるので注意が必要である。(著者抄録)
RI病棟稼動後の現状と課題
鴫原 とき子, 木幡 現予子, 村井 由美, 佐藤 良信, 菅原 茂耕, 萱野 大樹, 織内 昇, 遊佐 由美子
核医学技術   37(予稿集) 411-411   2017年9月

競争的資金等の研究課題

 
甲状腺分化癌における新規分子標的薬の超早期適応決定
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 萱野 大樹
甲状腺全摘出後の残存甲状腺組織の検出
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 萱野 大樹
新規放射線増感剤による悪性神経内分泌腫瘍に対する内照射療法の効果増強
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 萱野 大樹