能田 淳

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/15 23:18
 
アバター
研究者氏名
能田 淳
 
ノウダ ジュン
所属
酪農学園大学
部署
獣医学類 環境衛生学教室
職名
准教授
学位
Ph. D.(ヨーテボリ大学)

プロフィール

環境衛生という立場から、動物や人の営みと自然環境との相互関係を理解、把握することで、公衆衛生へ貢献できる研究を目指しています。
大気を介して越境移動すると考えられる病原体や、微生物を含むバイオエアロゾルの挙動を把握するための研究を行っています。さらに、マウス飼育用ケージ、シミュレーションチャンバーなどを利用して実際の大気中バイオエアロゾルの挙動を把握する研究も行っています。また、モンゴル遊牧民家畜における薬剤耐性菌の状況把握を行うことや、野生動物を通した環境変化のモニタリング方法のために基礎的な調査も行っています。

研究分野

 
 

論文

 
出村雄太、星野仏方、馬場賢治、能田 淳、Chrisopher McCarthy、祖父江 有紀、甲斐 憲次、Tsedendamaba Purevsure、萩原 克郎、能田 淳
ランド   6(88)    2017年12月   [査読有り]
沖縄郊外の沿岸に生息するアオウミガメの血漿中Pb, ケイ素およびチタン濃度は地方の沿岸に生息するウミガメよりも高値である
塚野憲次、鈴木一由、能田 淳、柳沢 牧央、亀田 一成、世良 耕一郎、西 泰伸、嶋守 俊夫、森本 康愛、横田 博、浅川 満彦
Journal of veterinary medical science   79(12) 2043-2047   2017年10月   [査読有り]
Particle-Induced X-ray Emission Analysis of Serum Trace and Major Elements in Cattle with Acute Coliform Mastitis
Shimamori, T., Noda, J., Tsukano, K., Sera, K., Yokota, H., Koiwa, M., Suzuki, T., Suzuki, K.
Japanese. Journal of Veterinary Research   65(1) 29-37   2017年3月   [査読有り]
Estimates of ground surface characteristics for outbreaks of the Asian Dust Storms in the sources region
Demura, Y., Hoshino, B., Sofue, Y., Kai, K., Purevsuren, T., Baba, K., Noda, J.
ProScience   3 21-30   2016年12月   [査読有り]
バイオエアロゾルとPM2.5の関係: 健康への影響について
能田 淳
クリーンテクノロジー   26(9) 36-40   2016年9月   [招待有り]
Environmental Contamination by Arsenic and Lead in some rural villages in India
Noda, J., Hakamada, R., Suzuki, K., Miura, T., Sera, K.
International Journal of PIXE   25(1-2) 29-37   2015年12月   [査読有り]
Comparative Characteristics of the Home Ranges of Domestic and Wild Animals in Arid and Semi-Arid Afro-Eurasian Watering Places as Hot Spots for Pasture Degradation
能田 淳
24-1, 51-56, 2014   24(1) 51-56   2014年   [査読有り]
Temporal Changes in Environmental Health Risks and Socio-psychological Status in Areas Affected by the 2011 Tsunami in Ishinomaki, Japan
Makita, K., Inoshita, K., Kayano, T., Uenoyama, K., Hagiwara, K., Asakawa, M., Ogawa, K., Kawamura, S., Noda, J., Sera, K., Sasaki, H., Nakatani, N., Higuchi, H., Ishikawa, N., Iwano, H., and Tamura, Y.
Environment and Pollution   3(1)    2013年   [査読有り]
Particle-induced X-ray emission analysis of elements in plasma from wild and captive sea turtles (Eretmochelys imbricate, Chelonia mydas and Caretta caretta) in Okinawa, Japan
148(12) 1677-1680   2012年   [査読有り]
Relationships between curved carapace sizes and plasma major and trace element status in captive hawksbill sea turtle (Eretmochelys imbricata)
74(12) 302-308   2012年   [査読有り]
On-line chemical analysis of individual aerosol particles by surface ionization combined with time-of-flight mass spectrometry
43(7) 635-661   2009年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Atmospheric science within a one health perspective [招待有り]
能田 淳
ベイラ インテリオル大学健康科学センターセミナー   2017年12月21日   
異なる湿度大気中マイコプラズマ・エアロゾルと環境ダストの分布状況
能田 淳、齋藤 亜実、西 航司、権平 智、樋口 豪紀、永幡 肇、横田 博
Joint international tropical medicine meeting 2017   2017年12月6日   
ダストストーム発生時におけるバイオエアロゾル測定 2015年集中観測
能田 淳、西岡敬介、弓本桂也、萩原克郎、横田 博、星野仏方、中屋隆明、牧輝弥、Enkhbaatar DAVAANYA、Erdenebadrakh MUNKHJARGAL、河合 慶、甲斐憲次
アジアンダスト、バイオエアロゾル、環境レジームシフトの国際ワークショップ   2017年11月3日   
薬液エアロゾルの粒径から見たネブライザーによる呼吸器療法の有用性
脇渕稔洋、小野原かえで、鈴木一由、美名口 順、竹花 一成、能田 淳
北海道h獣医師会   2017年9月8日   
カンガルー病における血漿中エンドトキシン活性値と微量元素の動態
横江 果林、外平由佳里、能田 淳、鈴木 一由、世良 耕一郎、浅川満彦
ケミカルハザードシンポジウム   2017年8月2日   
バイオエアロゾルと化学物質: 共存と相互作用について
Jun Noda, Buho Hoshino, Katsuro Hagiwara, Hiroshi Yokota, Batdorj Dashdondog, Munkhjargal Erdenebadrakh, and Kei Kawai, Kenji Kai
ケミカルハザードシンポジウム   2017年8月2日   
大気物質による労働衛生と健康リスク
能田 淳
第2回 ワンヘルスレクチャーシリーズ 酪農学園大学   2017年8月1日   
環境から考えるワンヘルス
能田 淳
市民公開講座 ”ワンヘルス”ってなんだろう?   2017年7月8日   
マイコプラズマを含むバイオエアロゾルと 異なる家畜飼育環境中エアロゾル粒子の相互作用について
能田 淳、齋藤亜美、豊田彩乃、西 航司、樋口豪紀、永幡 肇、横田 博
第10回 バイオエアロゾルシンポジウム   2017年2月19日   
Relationship between Black Carbon and Bioaerosols
Noda, J., Hagiwara, K., Hoshino, B., Kant, R., Hallquist, M.
4th. Aerosol symposium: Black carbon   2016年11月25日   

競争的資金等の研究課題

 
バイオマス燃焼がチューリッヒ都心部の大気環境に及ぼす影響
共同研究
研究期間: 2008年 - 2009年
アルカリ質量分析計を使用して、都市部でのバイオマス燃焼が大気汚染貢献の割り合いを他の測定と合わせて把握する調査