望月 仁志

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 03:12
 
アバター
研究者氏名
望月 仁志
 
モチヅキ ヒトシ
eメール
mochizuki-humin.ac.jp
所属
宮崎大学
部署
医学部 附属病院 第三内科
職名
講師
学位
博士(医学)(大学評価・学位授与機構)
科研費研究者番号
50501699

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
宮崎大学 医学部 附属病院 第三内科 講師
 
2011年5月
 - 
2012年3月
福島県立医科大学 講師
 
2008年4月
 - 
2011年4月
福島県立医科大学 助教
 
2006年9月
 - 
2008年3月
国立病院機構東埼玉病院 医長
 
1994年3月
 - 
2006年9月
防衛省 陸上自衛官
 

学歴

 
 
 - 
2005年9月
防衛省 防衛医科大学校 医学研究科 神経学専攻
 
 
 - 
1994年3月
防衛省 防衛医科大学校 医学部 医学科
 

論文

 
Ishii N, Mochizuki H, Yamashita M, Yagi K, Shiomi K, Tsuruta K, Nakazato M
Journal of the neurological sciences   398 2-3   2019年1月
Ishii N., Mochizuki H., Ebihara Y., Shiomi K., Nakazato M.
Archives of Environmental Contamination and Toxicology   75(4) 521-529   2018年11月
© 2018, The Author(s). Chronic arsenic intoxication is known to cause multisystem impairment and is still a major threat to public health in many countries. In Toroku, a small village in Japan, arsenic mines operated from 1920 to 1962, and residen...
Ebihara Y, Mochizuki H, Ishii N, Mizuta I, Shiomi K, Mizuno T, Nakazato M
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(20) 3011-3014   2018年10月
<p>A 50-year-old man with a family history of stroke and depression slowly developed brain lesions. Magnetic resonance imaging revealed hyperintense lesions in the diffuse white matter, external capsules, and temporal poles on T2-weighted imaging....
Ishii N., Mochizuki H., Miyamoto M., Ebihara Y., Shiomi K., Nakazato M.
Neurology International   10(3) 74-76   2018年9月
© N. Ishii, et al., 2018. Chorea is thought to be caused by deactivation of the indirect pathway in the basal ganglia circuit. However, few imaging studies have evaluated the basal ganglia circuit in actual patients with chorea. We investigated th...
Sugiyama T, Mochizuki H, Hara Y, Miyamoto M, Nakazato Y, Taniguchi A, Ishii N, Shiomi K, Nakazato M
Journal of clinical neurophysiology : official publication of the American Electroencephalographic Society   35(4) 346-350   2018年7月

Misc

 
排尿障害をきたす疾患.多発性硬化症
谷口晶俊、望月仁志
Clinical Neuroscience   36 78-81   2018年
姿勢時振戦―本態性振戦、生理的振戦とその亢進したもの、心因性振戦などー
望月仁志、宇川義一
神経内科   88(1) 82-86   2018年
不随意運動の評価
石井信之、望月仁志
内科   122 1111-1115   2018年
脊髄小脳変性症と脳刺激治療
望月仁志、宇川義一
Clinical Neuroscience   35 1118-1120   2017年9月   [依頼有り]
薬剤性脳症
望月仁志、宇川義一
日本内科学会雑誌   106(8) 1579-1583   2017年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
今日の治療指針
望月仁志
医学書院   2018年1月   ISBN:426003233X
神経疾患最新の治療
望月仁志、宇川義一 (担当:共著)
南江堂   2018年   
運動失調のみかた、考え方 -脊髄小脳変性症-
石井信之、望月仁志 (担当:共著, 範囲:小脳失調の診察、他の失調との鑑別)
中外医学社   2017年11月   ISBN:9784498228900
神経救急・集中治療ハンドブック 第2版
望月仁志、宇川義一 (担当:共著, 範囲:不随意運動)
医学書院   2017年8月   ISBN:9784260017541
今日の治療指針
望月仁志 (担当:共著)
医学書院   2017年   

講演・口頭発表等

 
亜急性のパーキンソニズムを呈した尿毒症性脳症の1例
伊達木正子、石井信之、鈴木あい、酒井克也、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
第221回日本神経学会九州地方会   2018年3月10日   日本神経学会九州地方会
視神経炎を契機に診断に至った脳腱黄色腫の1例.
久冨木冠、宮本美由貴、谷口晶俊、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
第220回日本神経学会九州地方会   2017年12月16日   本神経学会九州地方会
Clinical features and electrocardiography parameters in Parkinson’s disease
Mochizuki H., Suzuki A., Ebihara Y., Ishii N., Taniguchi A., Shiomi K., Nakazato M
XXIII World Congress of Neurology,   2017年9月16日   World Congress of Neurology
Incidence of clinical symptoms and neurological signs in patients with chronic arsenic exposure in Miyazaki, Japan: A 40-year retrospective descriptive study
Ishii N., Mochizuki H., Ebihara Y., Shiomi K., Nakazato M
XXIII World Congress of Neurology   2017年9月16日   World Congress of Neurology,
BODY MASS INDEX AND SEVERITY OF PARKINSONISM IN MULTIPLE ATROPHY
Suzuki A., Mochizuki H., Ebihara Y., Shiomi K., Nakazato M
XXIII World Congress of Neurology   2017年9月16日   World Congress of Neurology,

競争的資金等の研究課題

 
高濃度から中・低濃度砒素曝露による慢性砒素中毒症の神経障害に関する国際比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年 - 2021年3月
慢性砒素中毒が神経系に与える影響の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
世界の中では、飲料水の確保のための地下水の汲み上げ、レアメタル確保のための開発などを通じて、急速に砒素暴露地域が増えている。しかしながら、慢性砒素中毒の神経系に対する障害の研究は少数のみで、不明な点が多い[Singh, 2007]。本申請の第一の目的は、高千穂町土呂久地区における住民検診を通じて得られたデータに基づき慢性砒素中毒の神経障害を明らかにしていくことである。これまで得られたデータの分析し、慢性砒素中毒症とは何か、その経過はどうなるのかを解析で解明する。第二の目的は、慢性砒素暴露4...
神経難病治療を目指した反復磁気刺激法の作用機序に関する光トポ・電気生理による研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
反復磁気刺激法のより効率的な刺激パラメーターの決定を行った。単相性4連発刺激(Quadripulse stimulation; QPS)において4発の刺激間隔が5 msの場合(QPS-5ms)は刺激部位を促通させ、刺激間隔が50 msの場合(QPS-50ms)は抑制させることを示した。また、我々は超軽量磁気刺激用コイルの開発と特殊な形状の近赤外線トポグラフィーのブローベホルダーを開発し、刺激部位直下の多チャンネルNear infrared spectroscopy (NIRS) の測定を世...

社会貢献活動

 
土呂久地区での慢性砒素中毒検診
【】  (宮崎県 未設定)  2012年5月 - 現在