矢内 賢二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/22 03:07
 
アバター
研究者氏名
矢内 賢二
 
ヤナイ, ケンジ
所属
国際基督教大学
部署
教養学部アーツ・サイエンス学科
職名
上級准教授
学位
博士(文学)(東京大学), 修士(文学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
2018年3月
青山学院大学大学院 非常勤講師
 
2016年
 - 
2016年
東京大学大学院 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
現在
国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 准教授
 
2015年
 - 
現在
立正大学 非常勤講師
 
2013年
 - 
現在
京都造形芸術大学 非常勤講師
 
2013年
 - 
2015年
立正大学 文学部 文学科 准教授
 
2013年
 - 
2015年
立教大学 非常勤講師
 
2011年
 - 
2013年
京都造形芸術大学 特任准教授
 
2010年
 - 
2014年
国際基督教大学 非常勤講師
 
2010年
 - 
2011年
有明教育芸術短期大学 非常勤講師
 
2010年
 - 
2011年
京都造形芸術大学 特任講師
 
2009年
 - 
2011年
神戸女学院大学 非常勤講師
 
2002年
 - 
2004年
東京芸術大学大学院 非常勤講師
 
2001年
 - 
2002年
東京芸術大学 非常勤講師
 
1993年
 - 
2010年
独立行政法人日本芸術文化振興会 職員
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
2018年3月
文化庁新進芸術家海外研修制度協力者会議  委員
 
2017年7月
 - 
現在
文化資源学会  理事
 
2017年6月
 - 
現在
東京芸術文化評議会  評議員
 
2016年9月
 - 
2017年3月
文化庁新進芸術家海外研修制度協力者会議  委員
 
2016年
 - 
現在
一般社団法人 義太夫協会  監事
 

受賞

 
2009年12月
第31回サントリー学芸賞 芸術・文学部門
 
2009年10月
小学館 第8回サライ大賞 BOOK部門
 

論文

 
歌舞伎と『西洋』との接触―『漂流奇譚西洋劇』の大失敗
民族藝術   (31)    2015年3月   [招待有り]
森鷗外作『日蓮聖人辻説法』をめぐって
文学部論叢   (137)    2014年3月   [査読有り]
明治期歌舞伎際物の興行宣伝と受容-『皐月晴上野朝風』をケーススタディとして
文化資源学   (5)    2007年3月   [査読有り]
『芝居見たまま』の成立と展開-近代における歌舞伎の『記録』と『読物』
国語と国文学   82(1)    2005年1月   [査読有り]
雑誌『歌舞伎』における型の記録
文化資源学   (1)    2003年3月   [査読有り]

Misc

 
落語国のリアリズム
華風      2016年11月
はなし家の誕生
華風      2015年11月
隈取のようなもの
ユリイカ      2015年3月   [依頼有り]
夏目漱石の聴いた落語
華風      2014年11月
森鷗外の『日蓮聖人辻説法』
中外日報      2014年1月

書籍等出版物

 
ちゃぶ台返しの歌舞伎入門
新潮社   2017年6月   
日本の伝統芸能を楽しむ 歌舞伎
偕成社   2017年2月   
明治、このフシギな時代 2
新典社   2017年2月   
「芝居見たまま」明治篇 五
日本芸術文化振興会   2017年2月   
日本戯曲大事典
白水社   2016年9月   

講演・口頭発表等

 
歌舞伎と「西洋」との接触
民族藝術学会創立30周年記念大会 公開シンポジウムI 「接触領域の芸術―美術・音楽・芸能」   2014年   民族藝術学会
歌舞伎『スペンサーの風船乗り』について [招待有り]
立正大学 人文科学研究所 講演会   2013年7月24日   
「芝居見たまま」の再評価 [招待有り]
立正大学国語国文学会 春季公開講演会   2013年6月29日   
森鷗外の弟・三木竹二の再評価
日本の演劇 -19世紀後半から20世紀前半にかけて- ローマ大学   2013年   
『東海道四谷怪談』の世界 [招待有り]
国際基督教大学 キリスト教と文化研究所 公開講演会   2010年5月26日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
コミュニケーションのセッティング・スイッチ・マーキングとしてのゲイジングの研究
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 現在