KATOH Keiichi

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:18
 
Avatar
Name
KATOH Keiichi
E-mail
kkatohm.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/650a0dbfc98a273b573c13b3c3a7c4fe.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Science Chemistry Division of Inorganic and Analytical Chemistry Laboratory of Coordination Chemistry
Job title
Assistant Professor
Degree
理学博士(The Graduate University for Advanced Studies)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Sep 2017
   
 
第11回分子科学討論会  実行委員
 
Sep 2016
   
 
ICMM2016 The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets  実行委員
 
May 2012
   
 
第62回藤原セミナー  実行委員
 
Jun 2011
   
 
第28回無機・分析コロキュウム2011  実行委員
 

Published Papers

 
K Katoh, K Yamamoto, T Kajiwara, J Takeya, B K Breedlove and M Yamashita
Journal of physics: conference series      2011   [Refereed]
Tadahiro Komeda, Hironari Isshiki, Jie Liu, Yan-Feng Zhang, Nicholas Lorente, Keiichi Katoh, B. K. Breedlove, and Masahiro Yamashita
Nature Communication      2011   [Refereed]
Keiichi Katoh, Hironari Isshiki, Tadahiro Komeda, Masahiro Yamashita
Coordination Chemistry Reviews      2011   [Refereed][Invited]
Shinya Takaishi, Nozomi Ishihara, Kazuya Kubo, Keiichi Katoh, Brian K. Breedlove, Hitoshi Miyasaka, and Masahiro Yamashita
Inorg. Chem.      2011   [Refereed]
Keiichi Katoh, Takashi Kajiwara, Motohiro Nakano, Yasuhiro Nakazawa, Wolfgang Wernsdorfer, Naoto Ishikawa, Brian K. Breedlove and Masahiro Yamashita
Chemistry A European Journal      2011   [Refereed]

Misc

 
進化を続ける次世代型ナノ分子磁石-高温動作する単分子磁石を目指して!!
堀井洋司、加藤恵一、山下正廣
月刊化学   (1) 45-50   2014
「単分子量子磁石」を用いた「量子分子スピントロ二クス」の実現を目指して(下)πラジカルで近藤共鳴を制御する
山下正廣、加藤恵一
現代化学   503(2月)    Feb 2013
「単分子量子磁石」を用いた「量子分子スピントロ二クス」の実現を目指して(上)近藤共鳴との遭遇と単分子メモリー動作実現
山下正廣、加藤恵一
現代化学   500(11月)    Nov 2012
一色 弘成, 張 イエンフォン, 米田 忠弘, 吉田 祐輔, 加藤 恵一, 宮坂 等, 山下 正廣
表面科学   30 507   2009
加藤恵一、芥川智行、中村貴義
有機合成協会誌   63(10) 960-969   Oct 2005

Books etc

 
鉄の辞典
加藤恵一, 山下正廣 (Part:Joint Work, 第8章 鉄の物性 分子性結晶・錯体 分子磁石)
朝倉書店   2016   
Molecular Magnetic Materials Concepts and Applications
Masahiro Yamashita, Keiichi Katoh (Part:Joint Work, Chapter 4 Single Molecule Magnets)
WILEY-VCH   2016   
CSJカレントレビュー第16号「分子磁性の最前線-日本発の科学が新たな可能性を拓く
加藤恵一、山下正廣 (Part:Joint Editor, 20章(単分子スピントロニクス)172頁~178頁)
化学同人   2014   

Conference Activities & Talks

 
希土類二核クラスターを有する金属有機構造体の合成
石見輝、中西亮、加藤恵一、Brian K. Breedlove、山下正廣
第6回CSJ化学フェスタ2016   Nov 2016   
Magnetic properties of phthalocyaninato multiple-decker complexes in high valence states
Youji Horii, Keiichi Katoh, Brian K. Breedlove, Masahiro Yamashita
第6回CSJ化学フェスタ2016   Nov 2016   
Molecular Geometry and Ground-State of Dinuclear Terbium(III) Triple-Decker Single-Molecule Magnets
Keiichi Katoh, Brian K. Breedlove, Masahiro Yamashita
The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets   Sep 2016   
Magnetic Properties of Multi-Oxidation Species of Terbium(III)-Phthalocyaninato Multiple-Decker Complexes
Youji Horii, Keiichi Katoh, Brian K. Breedlove, Masahiro Yamashita
The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets   Sep 2016   
フタロシアニン積層型セリウム錯体の単分子磁石特性
小林可奈, 堀井洋司, 加藤恵一, Brian K. Breedlove, 山下正廣
第66回錯体化学討論会   Sep 2016   

Association Memberships

 
 

Social Contribution

 
単一分子に表と裏 表裏で異なる近藤温度を初めて観測
[Informant]  22 Feb 2013
中性有機ラジカル分子で初めて近藤共鳴の観測に成功
[Informant]  7 Dec 2012
単分子表面原子で文字 小型省エネ新型メモリーへ道
[Informant]  26 Jul 2012
東北大の研究グループ 近藤ピークを用いた単分子メモリ動作実現
[Informant]  22 Jun 2012
分子性量子磁石最新研究を発表 仙台でセミナー
[Informant]  9 May 2012

Others

 
Apr 2015   薄膜化したラジカル解離型フォトクロミック化合物の光伝導特性
薄膜化したラジカル解離型フォトクロミック化合物の光伝導特性について研究を行った。
Jul 2010   電性単分子量子磁石の巨大磁気抵抗効果の発現
擬一次元鎖を形成する単分子量子磁石、多層型Tbフタロシアニン錯体は、単分子量子磁石として振舞う温度領域でも伝導性を示すことがわかった。この化合物が示す、磁気抵抗効果について詳細に研究を行っている。
Jul 2009   単分子量子磁石に観測される近藤効果の起源
単分子量子磁石であるTbフタロシアニン錯体で観測される単分子の近藤効果について、磁性不純物の存在と近藤効果の関連を研究した。