寺沢拓敬

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/28 11:28
 
アバター
研究者氏名
寺沢拓敬
 
テラサワタクノリ
URL
http://terasawat.jimdo.com/
所属
関西学院大学
部署
社会学部
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号
80772706
Twitter ID
tera_sawa

プロフィール

長野県出身。社会と言語(とくに英語)の関わりについて社会科学的な観点から研究しています。
特に以下の様なテーマを研究しています。
(1) 英語をめぐる世論
(2) 英語教育の「制度」
(3) 仕事と英語
(4) 外国語教育学の方法論
(5) 批判的応用言語学

上記の詳細はこちらに記載しています。http://terasawat.jimdo.com/profile-1/

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
2016年3月
東京大学 社会科学研究所 特別研究員(PD)
 
2015年1月
 - 
2015年6月
オックスフォード大学 ニッサン日本問題研究所 客員研究員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2012年4月
 - 
2015年3月
国立音楽大学 音楽学部 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2014年3月
千葉商科大学 政策情報学部 非常勤講師
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2013年3月
東京大学 総合文化研究科 言語情報科学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
東京都立大学 人文学部 心理教育学科教育学専攻
 

受賞

 
2015年9月
日本教育社会学会 第6回 学会奨励賞(著書の部)
 
2013年9月
日本教育社会学会 第1回 国際活動奨励賞
 
2013年2月
東京大学社会科学研究所 SSJDA2012年度優秀論文賞
 
2009年8月
Asia TEFL Asia TEFL 2009年国際大会トラベルグラント
 
2008年6月
大阪商業大学JGSSリサーチセンター 日本版総合的社会調査(JGSS)公募論文2008優秀論文
 

論文

 
寺沢拓敬
Globalisation, Societies and Education   Online First 1-12   2017年7月   [査読有り]
This paper aims to establish that globalised social and linguistic changes have a more complicated impact on local behaviours and attitudes than is believed. Based on statistical analysis of nationally representative surveys in Japan, the paper pr...
寺沢拓敬
Journal of Multilingual and Multicultural Development   Online First 1-15   2016年8月   [査読有り]
As English skills are being increasingly perceived as valuable human capital, an awareness of inequitable access to the acquisition of this ‘profitable’ language has developed. Although this allegedly unequal access, which can be referred to as th...
小学校英語をめぐる保護者の態度の計量分析
寺沢拓敬
関東甲信越英語教育学会学会誌   (30) 99-112   2016年3月   [査読有り]
寺沢 拓敬
外国語教育メディア学会(LET)中部支部外国語教育基礎研究部会2014年度報告論集   15-30   2015年7月
英語教育史への社会学的アプローチ
寺沢拓敬
日本英語教育史研究   (29) 65-73   2014年5月

書籍等出版物

 
ひつじ書房   2017年8月   ISBN:4894768801
小学校で英語を教えるためのミニマム・エッセンシャルズ : 小学校外国語科内容論
寺沢拓敬
三省堂   2017年6月   
朝日出版社   2014年2月   ISBN:4255007616

講演・口頭発表等

 
因果効果を推定するとはどういうことか:小学校英語を事例として
寺沢拓敬
中部地区英語教育学会2017年度大会課題別研究プロジェクト「英語教育におけるエビデンス」   2017年6月25日   
小学校英語学習経験の中期的効果:エビデンス・ベースト・アプローチに基いて
寺沢拓敬
中部地区英語教育学会2017年度大会   2017年6月24日   
言語教育政策研究のあり方:語教育政策研究を事例として(シンポジウム「言語文化教育のポリティクス」)) [招待有り]
寺沢拓敬
言語文化教育研究学会第三回年次大会   2017年2月25日   
寺沢拓敬
外国語教育メディア学会メソドロジー研究部会2016年度第3回研究会(関西大学梅田キャンパス)   2016年12月10日   
木村護郎クリストフ・宮崎あゆみ・吉田理加・山下 里香・杉森典子・寺沢拓敬
社会言語科学会第38回大会(京都外国語大学)   2016年9月   

担当経験のある科目

 
 
  • 英語 (千葉商科大学, 国立音楽大学)

競争的資金等の研究課題

 
戦後および現代日本社会における英語観の実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費(特別研究員奨励費)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 寺沢拓敬