武村 泰範

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/05 12:00
 
アバター
研究者氏名
武村 泰範
 
タケムラ ヤスノリ
eメール
takemuranishitech.ac.jp
所属
西日本工業大学
部署
工学部 総合システム工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(九州工業大学大学院)

研究分野

 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
西日本工業大学 工学部 准教授
 
2012年4月
 - 
現在
日本文理大学 准教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本文理大学 工学部 工学部 助教
 
2009年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
九州工業大学大学院 生命体工学研究科 脳情報専攻 博士後期課程
 
2005年4月
 - 
2007年3月
九州工業大学大学院 生命体工学研究科 脳情報専攻 博士前期課程
 
2001年4月
 - 
2005年3月
九州工業大学 情報工学部 制御システム工学科
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2018  実行委員会 (庶務担当幹事)
 
2016年6月
 - 
現在
特定非営利活動法人 ロボカップ日本委員会  理事
 
2016年5月
 - 
現在
水中ロボット競技会  実行委員会 
 
2015年7月
 - 
現在
トマトロボット競技会  実行委員会
 
2015年4月
 - 
現在
森のドローン・ロボット競技会  実行委員会
 

受賞

 
2017年5月
第2回 森のドローン・ロボット競技会 半自律クラス 優勝
 
2017年3月
日本機械学会 pico-EVエコチャレンジ 2017 優勝
 
2016年12月
第3回 トマトロボット競技会 レール部門 優勝
 
2016年10月
第1回 森のドローン・ロボット競技会 半自律クラス 優勝
 
2016年3月
日本機械学会 pico-EV エコチャレンジ2016 準優勝
 

論文

 
2016 JOINT 8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING AND INTELLIGENT SYSTEMS (SCIS) AND 17TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ADVANCED INTELLIGENT SYSTEMS (ISIS)   537-542   2016年   [査読有り]
Kenji Kimura,Kazuo Ishii,Yasunori Takemura,Motoji Yamamoto
2016 Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (SCIS) and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS), Sapporo, Japan, August 25-28, 2016   518-523   2016年   [査読有り]
Kazuo Ishii,Yasunori Takemura,Takayuki Matsuo,Takashi Sonoda
2016 Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (SCIS) and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS), Sapporo, Japan, August 25-28, 2016   537-542   2016年   [査読有り]
Development of Autonomous Underwater Vehicle "OCTA" for coastal survey Introduction of the "OCTA" system and control experiment
2014 JOINT 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING AND INTELLIGENT SYSTEMS (SCIS) AND 15TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ADVANCED INTELLIGENT SYSTEMS (ISIS)   236-241   2014年   [査読有り]

Misc

 
伊佐章吾, 小野路美, 脇水一斗, 武村泰範
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.2A2‐O02   2017年5月
富永萌子, 武村泰範, 石井和男
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.2P1‐K07   2017年5月
伊佐章吾, 原田雅宏, 脇水一斗, 武村泰範
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.2P1‐J09   2017年5月
野田五十樹, 南方英明, 小林邦和, 杉浦藤虎, 武村泰範, 秋山英久, 岡田浩之
知能と情報   29(1) 2‐13   2017年2月
Kenji Kimura, Kazuo Ishii, Yasunori Takemura, Motoji Yamamoto
Proceedings - 2016 Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 2016 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, SCIS-ISIS 2016   518-523   2016年12月
© 2016 IEEE.The sphere kinematics has been discussed in the research field of multi-fingers grasping, mobile robot motion control driven by a sphere, ball handling, etc. In the multi-fingers grasping problem, a sphere and a plane correspond to a s...

講演・口頭発表等

 
Intelejensia Artifisial dan Pengantar Teknologi Robotik untuk Karya Seni Rupa.
武村 泰範
バンドン工科大学 特別授業   2016年10月20日   
スポーツ心理学の研究と実践へのテクノロジー活用
武村 泰範
日本スポーツ心理学会   2015年11月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 武村 泰範
スポーツの団体競技において個々のポジションや役割の適性がチームの状態に影響を与えている事は,明らかであり身体的な特徴や心理的な特徴といった見地から非常に多くの研究がなされている.しかし,双方を考慮した団体競技におけるチーム内での個人の役割や関係性を示す研究は,非常に稀であり,身体的特徴と心理的特徴に関する関連性は未だに明らかではない.本研究では,身体的特徴量及び心理的特徴量の双方を考慮した団体スポーツにおける個々の役割適性を判断し,チームの関係性を示すクラスタリング器の開発を目標とする.そ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 武村 泰範
モジュラー型自己組織化マップを用いた自律型水中ロボットの行動システムの開発
科学研究費補助金
研究期間: 2009年