ハーディケン ピーター

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/17 12:43
 
アバター
研究者氏名
ハーディケン ピーター
所属
常葉大学
部署
外国語学部 英米語学科
職名
講師,
学位
修士(英語教授法), 修士(アジア研究), 文学士(古代歴史、アジア研究)

研究分野

 
 

学歴

 
2012年5月
 - 
現在
Lancaster University (U.K.) 教育学 博士課程在籍
 
2008年8月
 - 
2011年9月
Columbia University Teachers College (U.S.) 英語教授法 修士
 
2005年9月
 - 
2007年5月
University of Hawaii at Manoa (U.S.) アジア研究 修士
 
1993年9月
 - 
1997年5月
St. Olaf College (U.S.) 古代史、アジア研究 
 

委員歴

 
2016年1月
 - 
現在
TESOL Journal (国際学術誌)  査読委員
 
2013年1月
 - 
現在
Reading in a Foreign Language (国際学術誌)  査読委員
 
2011年11月
 - 
現在
Journal of Extensive Reading (国際学術誌)  創設者 · 編集長
 
2013年11月
 - 
2014年11月
全国語学教育学会 (JALT)  年次国際大会実行委員長
 
2012年6月
 - 
2014年11月
全国語学教育学会 · 教師教育研究部会  部会長
 
2011年11月
 - 
2013年11月
全国語学教育学会 ·多読研究部会  編集長
 
2010年
 - 
2012年11月
全国語学教育学会 · 教師教育研究部会  プログラム委員長
 

受賞

 
2012年5月
コロンビア大学大学院修士課程 Applied Linguistics and Language Education (APPLE) Award Winning M.A. Project
 

論文

 
Participatory game design as education for sustainability: Lessons from a Japanese university campus
Peter Hourdequin, Seiji Tani, Tetsuya Bando, Jirayu Ponvarut
SET Journal   2018(3)    2018年12月   [査読有り]
ピーター・ハーディケン,阪東 哲也, 谷 誠司, チラユ ポンワルット
常葉大学教育学部紀要   (38) 433-445   2017年12月
This preliminary research report introduces a university self-access center-based project focused on the development of a multidisciplinary community of practice around table-top gaming. After situating our study in the context of sociocultural re...
ハーディケン ピーター
JALT Journal   39(2) 206-209   2017年11月   [査読有り][招待有り]
This review looks critically at "Languages and Identities in a Transitional Japan: From Internationalization to Globalization" an edited volume of chapters that explore the books theme from various angles. The review connects themes in the book to...
ハーディケン ピーター, 谷 誠司
Language and Ecology   3(2) 1-18   2017年10月   [査読有り]
This paper examines sustainability discourse on the websites of four universities in one region of Japan. The universities represent four different tiers of the Japanese higher education sector. We explore the prominence of sustainability discours...
ゲームを通して習得する英語と21世紀型スキル:ニューヨーク市のラニング・スペースから日本高等教育に向けて
ハーディケン ピーター
常葉大学外国語学部紀要   (33) 41-59   2017年3月
This paper explores progressive approaches to literacy through games as modeled by several educational institutions in the New York metropolitan area. After introducing some foundational concepts from the New Literacy Studies (NLS) tradition, the ...
Conversations in Class (Book Review)
ハーディケン ピーター
The Language Teacher   41(1)    2017年1月   [査読有り]
ハーディケン ピーター
The 2015 PanSIG Journal   23-30   2016年5月   [査読有り]
学会参加者や運営関係者は環境問題に関心をもっていることを考慮し、本論では2015年の PanSIG大会における、カーボンフットプリント、カーボンオフセットや大会におけるケータリングなど の運営面での環境への影響を概観する。学会参加において、環境への影響が一番大きいのは交通 手段、特にフライトであり、現段階ではカーボンオフセットが最良の緩和策となっている。ケータリング も大きな要因となっているが、より複雑な体制づくりが必要である。
ハーディケン ピーター
The Journal of Literature in Language Teaching   4(2) 40-49   2015年12月   [査読有り]
Dialogue, Performance, and Play in the Language Classroom
ハーディケン ピーター
Albion   (28) 23-29   2015年4月
Foreign Language Teaching and The Multilingual Subject
ハーディケン ピーター
The Language Teacher   38(4) 8-11   2014年7月   [査読有り]
Edmodo: a simple tool for blended learning
ハーディケン ピーター
The Language Teacher   38(1)    2014年1月   [査読有り]
Promoting student autonomy with a simple online learning management system
ハーディケン ピーター
Learning Learning   20(2) 35-42   2013年10月   [査読有り]
How we do it: a Japanese university's ER community of practice revisited
ハーディケン ピーター
Extensive Reading in Japan   6(2) 8-12   2013年10月   [査読有り]
Student narratives of extensive reading investment
ハーディケン ピーター, 柴田里実
Extensive Reading in Japan   6(2)    2013年10月   [査読有り]
Dialogic Teacher Development in the Internet Age: Tools and Opportunities
ハーディケン ピーター
Explorations in Teacher Education   21(1)    2013年7月   [査読有り]
Identity and Communities of Practice in Foreign Language Learning Contexts
ハーディケン ピーター
Working Papers in TESOL and Applied Linguistics   12(2)    2012年12月   [査読有り][招待有り]
An Analysis of the Reading and Speaking Sections of a Community English Program (CEP) Placement Test
ハーディケン ピーター
常葉学園大学外国語学部紀要   27    2012年3月
The Longitudinal Development of an Extensive Reading Program in a Japanese University
良知恵美子、柴田理美、ハーディケン ピーター
Extensive Reading World Congress Proceedings      2012年
Unseating the Native Speaker Ideal: Conceptions of Expertise in Second Language Acquisition Research
Peter Hourdequin
常葉学園大学研究紀要   (27)    2011年
Foreign Language is a Door
ピーター ハーディケン
Albion   (24)    2011年
TED Talking with Steve Herder
ハーディケン ピーター
Explorations in Teacher Education   19(1) 3-8   2011年   [査読有り]
A Communities of Practice Perspective on Foreign Language Extensive Reading
ハーディケン ピーター
Extensive Reading in Japan   4(1)    2011年   [査読有り]
Peter Hourdequin
International Relations of the Asia-Pacific   8(2) 175-190   2008年   [査読有り]
Muslim Influences in Seventeenth Century Ayutthaya
Peter Hourdequin
Explorations   7(2) 37-46   2007年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Fluency Frames: An Active Learning Workbook and Portfolio
ハーディケン ピーター
2017年4月   ISBN:978-4-901580-37-3
このワークブック&ポートフォリオは、アクティブ・ラーニングで異文化間の語用論についての意識を高め、語彙の深さと範囲を広げるために、学習者が英語を使用できるように注意深く構成されています。 語用論、コミュニケーション方略、語彙に焦点を当て、流暢さの向上につながるように設計されています。 この本には、授業や宿題のためのページ、人物のプロフィールの作成、ダイアログと転記、ペアとグループによるコミュニケーション方略に関するセクション、学習者が教室内外で学んだ語彙やフレーズのニュアンスをより深く理解...

講演・口頭発表等

 
Gaming and Multiliteracies in a Japanese University's Self Access Center
ハーディケン ピーター
International Academic Forum   2018年1月9日   
This presentation will introduce a model for transdisciplinary game-based learning piloted in a Japanese university's foreign language self- access center. After introducing the research site and its context, I will outline some of the important a...
ハーディケン ピーター
Center for Education of Global Communicatiion (CEGLOC) Conference   2017年12月9日   
In this participatory workshop, attendees will experience (play!) a very simple table-top game. I will discuss how I’ve used the game in a university English oral communication class as a vehicle for raising pragmatic awareness (about register) an...
Re-Rolling SLA Methodology With Tabletop Games
ハーディケン ピーター
全国言語教育学会   2017年11月19日   
This forum explores the use of tabletop games as an innovative means for language development that engages the imaginations and critical thinking faculties of EFL learners. We present three ethnographic case studies from our university contexts, e...
The Discourse of Campus Sustainability at Public and Private Japanese Universities
ハーディケン ピーター, 谷 誠司
Hawaii International Conference on Education   2017年1月3日   
世界の多くの大学では地域貢献のモデルとしてサスティナブルなキャンパスを作る重要な役割を持っているという認識の広がりもある。しかし、アジアの教育機関の場合、教育機関全体によるキャンパスサステナビリティへの取り組みに関しては成功事例があまりないという指摘もある。そこで社会的な位置が異なる4つの日本の大学(同一地域にある国立1校・公立1校・私立2校)を対象とし、Stibbe(2015)の談話の定義やFairclough (2001)の批判的談話分析、Kress and Van Leeuwen (...
Cultivating Campus Sustainability at a Japanese University: Student, Faculty, and Administration Perspectives
ハーディケン ピーター
Hawaii International Conference on Education   2016年1月5日   
This single-site case study uses ethnographic and auto-ethnographic research methods to explore faculty, student, and administrative engagement around sustainability issues on the campus of a medium-sized, private university in central Japan. A n...
EFL & Sustainability: Multiple Approaches
ハーディケン ピーター
第41回 全国語学教育学会年次国際大会   2015年11月21日   
This features short presentations and a moderated discussion on themes related to the intersection of English as a Foreign Language (EFL) and Education for Sustainable Development (ESD) in higher education. Short presentations will explore variou...
Extensive Reading Communities of Practice in Context [招待有り]
ハーディケン ピーター
全国語学教育学会  · 横浜支部   2015年10月18日   
This presentation and workshop session will explore individual and contextual factors that drive the formation and maintenance of Extensive Reading (ER) Communities of Practice. After a brief introduction of communities of practice theory and an e...
Changing Discourses of Social Practice: Foreign Language Literacy and Digital Mediation in Japanese Higher Education
ハーディケン ピーター
The Second Annual Conference on Global Higher Education at Lakeland College Japan   2015年6月6日   
This presentation explores social practices and perceptions related to foreign-language digital media literacy in a Japanese univrsity. Based on qualitative data collected using narrative frames, I explore what Thorne (2003) calls “cultures of use...
Voyages of lifelong learning: stories of impact
ハーディケン ピーター
39th Japan Association of Language Teachers Conference   2013年10月26日   
As moderator, I convened this joint forum on EFL teacher education. The forum brought together the voices of a variety of EFL professionals who shared professional narratives of transformation. Using a rotating format for multiple short simultaneo...
Student narratives of extensive reading investment
ハーディケン ピーター, 柴田里実
39th Japan Association of Language Teachers Conference   2013年10月26日   
Evaluating University Student Agency and Autonomy with Narrative Frames
ハーディケン ピーター、良知恵美子、柴田里実
Extensive Reading World Congress (Korea)   2013年9月15日   
Voice, Place, & Symbolic Competence in Foreign Language Teaching
ハーディケン ピーター
EFL Teacher Journeys Conference   2013年6月16日   
The contemporary ex-patriot foreign language teacher has been described as a “postmodern paladin” (Johnston, 1999)—a would-be global knight whose personal and professional existence however embodies a series of paradoxical conditions characterist...
New Media and Intercultural Learning in Asia: Challenges and Opportunities
ハーディケン ピーター
異文化教育研究所   2012年11月11日   
What makes the difference: Stories from the field
ハーディケン ピーター
第38回 全国語学教育学会年次国際大会   2012年10月13日   
Designing Extensive Reading Communities of Practice [招待有り]
ハーディケン ピーター
第37回 全国語学教育学会年次国際大会: ER Colloquium: Growing Extensive Readers   2011年11月   
Condensing Culture: Intercultural Training Challenges for Newcomers
ハーディケン ピーター
異文化教育研究所年次大会   2011年10月   
セルフアクセスセンターと多読支援のための環境整備
良知恵美子, 柴田里実, ハーディケン ピーター
日本多読学会   2011年9月   
The Longitudinal Development of an Extensive Reading Program in a Japanese University
良知恵美子、柴田里実、ハーディケン ピーター
Extensive Reading World Congress   2011年9月   
TED discussion panel on teacher development: Writing, research, & collaboration [招待有り]
ハーディケン ピーター
The 10th Annual Pan-SIG Conference   2011年5月   
From Good Language Learners to Good Language Learning Communities of Practice
ハーディケン ピーター
異文化教育研究所年次大会   2010年10月   
Tests, technology and TBLT: Target task writing
ハーディケン ピーター
第35回 全国語学教育学会年次国際大会   2009年11月   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: ハーディケン ピーター
Campus Sustainability Assessment for Interdisciplinary and Intercultural Learning
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: ハーディケン ピーター
特別支援を要する児童・生徒の 放課後支援プログラムの開発 -学童保育における合理的配慮の提供を目指して-
常葉大学: 常葉大学共同研究費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 後藤隆章
自律学習を促進する英語教育プログラムの研究と実践
常葉大学: 常葉大学共同研究
研究期間: 2013年5月 - 2014年3月    代表者: ハーディケン ピーター
仮想空間と現実空間をむすびつける学習環境デザインの構築 ―英語多読に焦点を当てて―
常葉学園大学: 常葉学園大学共同研究
研究期間: 2011年5月 - 2012年3月    代表者: 良知恵美子
Mixed Memories: War Memory in Japan and America
嘉屋日米交流基金: Private Foundation Research Fellowship
研究期間: 2006年8月 - 2007年2月    代表者: ハーディケン ピーター
特別日本語研修
米教育省: 外国語と地域研究の研究補助金
研究期間: 2006年6月 - 2006年8月    代表者: ハーディケン ピーター
特別地域研究:東南アジア
米教育省: 外国語と地域研究の研究補助金
研究期間: 2005年9月 - 2006年6月    代表者: ハーディケン ピーター
特別日本語研修
米教育省: 外国語と地域研究の研究補助金
研究期間: 2005年6月 - 2005年8月    代表者: ハーディケン ピーター

社会貢献活動

 
文部科学省の教員免許状更新講習
【講師】  2012年 - 2015年
国際企業(日米)日本文化理解セミナー
【講師】  2011年
異文化レクチャー
【講師】  藤枝市国際友好協会主催  2009年