飯村 史恵

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/07 02:54
 
アバター
研究者氏名
飯村 史恵
 
イイムラ フミエ
eメール
iimurarikkyo.ac.jp
所属
立教大学
部署
コミュニティ福祉学部 福祉学科
職名
准教授
学位
人間科学修士(東洋英和女学院大学)
その他の所属
立教大学目白大学立教大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
2004年3月
東京学芸大学 教育学部 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2010年3月
NPO法人Uビジョン研究所 事務局長・研究員
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東日本国際大学 講師
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東日本国際大学 福祉環境学部 准教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
常磐大学 講師
 

学歴

 
 
 - 
1984年3月
日本社会事業大学 社会福祉学部 児童福祉学科
 
 
 - 
1997年3月
東洋英和女学院大学 人間科学研究科 人間科学専攻
 

論文

 
社会的役割の獲得をめざして-ある知的障害者の場合-
飯村史恵
リハビリテーション研究   (96) 6-9   1998年10月
成年後見制度と権利擁護システム
飯村史恵
地域福祉研究   43-50   1999年5月
高齢者の権利擁護~地域福祉権利擁護事業の課題と展望
飯村史恵
高齢者ケア実践事例集   7611-7620   2000年11月
サービスの質の確保と介護職の労働環境
飯村史恵
月刊総合ケア   17(5) 31-34   2007年5月
福祉サービス利用者への記録開示に関する一考察
飯村史恵
福祉情報研究   (7)    2011年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
介護記録の書き方・読み方・活かし方
本間郁子,高橋好美,飯村史恵 (担当:共著)
中央法規出版株式会社   2009年6月   
社会福祉協議会の実態と展望―法学・社会福祉学の観点から
橋本宏子,飯村史恵,井上匡子 他 (担当:共編者, 範囲:「地域福祉の時代」における市区町村社会福祉協議会の展望―住民会員制度と住民参加に関する試論)
日本評論社   2015年3月   ISBN:9784535520912

講演・口頭発表等

 
福祉情報の提供・開示・選択・活用の現状と展望 [招待有り]
飯村史恵、久留義武、水野敬生、鈴木恵子
日本福祉介護情報学会第8回研究大会   2007年12月9日   日本福祉介護情報学会
福祉サービス利用者への記録開示に関する一考察
飯村史恵
日本福祉介護情報学会第11回研究大会   2010年12月12日   日本福祉介護情報学会
障害者権利条約第12条と成年後見制度の課題-社会福祉協議会の役割を考える
飯村史恵
日本地域福祉学会第29回大会   2015年6月20日   日本地域福祉学会
福祉サービスの情報活用における本人「同意」を巡る諸問題
飯村史恵
日本福祉介護情報学会第16回研究大会   2015年11月29日   日本福祉介護情報学会

Works

 
日常生活自立支援事業に関する研究-利用者の自己決定とコミュニティワークからの考察
その他   2013年4月 - 2016年3月

競争的資金等の研究課題

 
成年後見制度における精神障害者のための後見人の人材と活動のあり方に関する研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月
地域福祉における社会福祉協議会の意義と問題点‐公私の役割分担の再構築に向けて
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 橋本宏子
地域福祉における社会福祉協議会の意義と問題点‐公私の役割分担の再構築に向けて
科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
日常生活自立支援事業に関する研究-利用者の自己決定とコミュニティワークからの考察
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 飯村史恵
日常生活自立支援事業に関する研究-利用者の自己決定とコミュニティワークからの考察
科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月