加藤 晃一

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/28 13:59
 
アバター
研究者氏名
加藤 晃一
 
カトウ コウイチ
eメール
kkatonmrims.ac.jp
URL
https://groups.ims.ac.jp/organization/kkato_g/
所属
自然科学研究機構
部署
生命創成探究センター
職名
教授
学位
東京大学薬学系研究科製薬化学/博士(薬学)
その他の所属
名古屋市立大学

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
自然科学研究機構 生命創成探究センター 創成研究領域 生命分子動秩序創発研究グループ 教授
 
2008年4月
 - 
現在
名古屋市立大学 大学院薬学研究科 特任教授
 
2008年4月
 - 
2018年3月
自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター 教授
 
2000年6月
 - 
2008年3月
名古屋市立大学 教授
 
1991年4月
 - 
2000年5月
東京大学
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1991年3月
東京大学 大学院薬学系研究科 博士課程 
 
1986年4月
 - 
1988年3月
東京大学 大学院薬学系研究科 修士課程 
 
 
 - 
1986年3月
東京大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本核磁気共鳴学会  会長
 
2017年
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2016年
 - 
現在
公益財団法人農林水産・食品産業技術振興協会  一次書面審査専門評価委員
 
2016年
 - 
現在
公益財団法人薬学研究奨励財団  選考委員
 
2016年
 - 
現在
公益財団法人水谷糖鎖科学振興財団  選考委員
 
2016年
 - 
現在
日本核磁気共鳴学会  評議員
 
2015年
 - 
現在
日本糖鎖科学コンソーシアム  第13回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム世話人代表
 
2014年
 - 
現在
日本核磁気共鳴学会  理事
 
2013年
 - 
現在
文部科学省  研究振興局 委員会評価者
 
2013年
 - 
現在
日本糖質学会  理事
 

受賞

 
2011年
第48回 ベルツ賞1等賞
 
2011年
日本薬学会学術振興賞
 
2000年
日本薬学会奨励賞
 

論文

 
Brinson RG, Marino JP, Delaglio F, Arbogast LW, Evans RM, Kearsley A, Gingras G, Ghasriani H, Aubin Y, Pierens GK, Jia X, Mobli M, Grant HG, Keizer DW, Schweimer K, Ståhle J, Widmalm G, Zartler ER, Lawrence CW, Reardon PN, Cort JR, Xu P, Ni F, Yanaka S, Kato K, Parnham SR, Tsao D, Blomgren A, Rundlöf T, Trieloff N, Schmieder P, Ross A, Skidmore K, Chen K, Keire D, Freedberg DI, Suter-Stahel T, Wider G, Ilc G, Plavec J, Bradley SA, Baldisseri DM, Sforça ML, Zeri ACM, Wei JY, Szabo CM, Amezcua CA, Jordan JB, Wikström M
mAbs      2018年   [査読有り]
Itoh SG, Yagi-Utsumi M, Kato K, Okumura H
The journal of physical chemistry. B      2018年   [査読有り]
Y.Sakata, K.Yabunaka, Y.Kobayashi, H.Omiya, N.Umezawa, H.-S. Kim, Y.Wataya, Y.Tomita, Y.Hisamatsu, N.Kato, H.Yagi, T.Satoh, K.Kato, H.Ishikawa, T.Higuchi
ACS Med. Chem. Lett.   9(10) 980-985   2018年   [査読有り]
Hisamatsu, Y., Umezawa, N., Yagi, H., Kato, K. and Higuchi, T.
Chem. Sci.   9(38) 7455-7467   2018年   [査読有り]
Morita K, Yamamoto YY, Hori A, Obata T, Uno Y, Shinohara K, Noguchi K, Noi K, Ogura T, Ishii K, Kato K, Kikumoto M, Arranz R, Valpuesta JM, Yohda M
International journal of molecular sciences   19(8) 2452   2018年   [査読有り]
Yanaka S, Yagi H, Yogo R, Yagi-Utsumi M, Kato K
Journal of biomolecular NMR   71(3) 193-202   2018年   [査読有り]
Sriwilaijaroen N, Nakakita SI, Kondo S, Yagi H, Kato K, Murata T, Hiramatsu H, Kawahara T, Watanabe Y, Kanai Y, Ono T, Hirabayashi J, Matsumoto K, Suzuki Y
The FEBS journal   285(9) 1611-1634   2018年   [査読有り]
Mukaigasa K, Tsujita T, Nguyen VT, Li L, Yagi H, Fuse Y, Nakajima-Takagi Y, Kato K, Yamamoto M, Kobayashi M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(11) 2758-2763   2018年   [査読有り]
Yogo R, Yanaka S, Kato K
Biomolecular NMR assignments   12(1) 201-204   2018年   [査読有り]
Kato K, Furuhashi T, Kato K, Oda A, Kurimoto E
Journal of biochemistry   163(5) 441-446   2018年   [査読有り]
Yagi H, Takakura D, Roumenina LT, Fridman WH, Sautès-Fridman C, Kawasaki N, Kato K
Scientific reports   8(1) 2719   2018年   [査読有り]
Kicuntod J, Sangpheak K, Mueller M, Wolschann P, Viernstein H, Yanaka S, Kato K, Chavasiri W, Pongsawasdi P, Kungwan N, Rungrotmongkol T
Scientia pharmaceutica   86(1)    2018年   [査読有り]
Yagi-Utsumi M, Sikdar A, Kozai T, Inoue R, Sugiyama M, Uchihashi T, Yagi H, Satoh T, Kato K
Protein engineering, design & selection : PEDS   31(1) 29-36   2018年   [査読有り]
Yagi H, Yan G, Suzuki T, Tsuge S, Yamaguchi T, Kato K
Neurochemical research   43(1) 212-218   2018年   [査読有り]
Kozai T, Sekiguchi T, Satoh T, Yagi H, Kato K, Uchihashi T
Scientific reports   7(1) 15373   2017年   [査読有り]
Takenaka T, Nakamura T, Yanaka S, Yagi-Utsumi M, Chandak MS, Takahashi K, Paul S, Makabe K, Arai M, Kato K, Kuwajima K
PloS one   12(10) e0187022   2017年   [査読有り]
Sakae Y, Satoh T, Yagi H, Yanaka S, Yamaguchi T, Isoda Y, Iida S, Okamoto Y, Kato K
Scientific reports   7(1) 13780   2017年   [査読有り]
Yanaka S, Yamazaki T, Yogo R, Noda M, Uchiyama S, Yagi H, Kato K
Molecules (Basel, Switzerland)   22(10)    2017年   [査読有り]
Kitazawa S, Yagi-Utsumi M, Kato K, Kitahara R
Molecules (Basel, Switzerland)   22(9)    2017年   [査読有り]
Satoh T, Song C, Zhu T, Toshimori T, Murata K, Hayashi Y, Kamikubo H, Uchihashi T, Kato K
Scientific reports   7(1) 12142   2017年   [査読有り]

Misc

 
集合シャペロンを介したプロテアソーム形成機構
佐藤匡史,加藤晃一
医学のあゆみ      2018年
統合バイオから生命創成探究センター(ExCELLS)へ
加藤晃一
分子研レターズ   78 23   2018年
異分野融合に想う
加藤晃一
生物物理   58(5) 233   2018年
加藤晃一, 谷中冴子, 矢木宏和
薬学雑誌   138 1495-1502   2018年
加藤晃一, 谷中冴子
SAR News   35 1-7   2018年
矢木宏和,加藤晃一
生化学   90(2) 198-202   2018年
山口拓実, 渡邉東紀男, 矢木宏和, 加藤晃一
J. Comput. Chem. Jpn.   17(1) 1-7   2018年
K.Kato and T.Satoh
Biophys. Rev.   10(2) 597-604   2018年
K.Matsuzaki, K.Kato, and K.Yanagisawa
Prog. Mol. Biol. Transl. Sci.   156 413-434   2018年
T.Ikeya, D.Ban, D.Lee, Y.Ito, K.Kato, and C.Griesinger
Biochim. Biophys. Acta –General Subjects,   1862(2) 287-306   2018年
NMRを利用して糖タンパク質糖鎖の構造動態と相互作用を観る
矢木宏和, 加藤晃一
医学のあゆみ   262(5) 467-473   2017年
加藤晃一, 谷中冴子, 矢木-内海真穂
MEDCHEM NEWS   26(4) 195-200   2016年
糖鎖の生命分子科学の新展開
山口拓実, 矢木真穂, 加藤晃一
機器センターたより   7 75-79   2015年
生命現象の解明に挑むサイボーグ超分子―機能を維持したまま生体分子クラスターを人工分子に移植
佐藤宗太, 加藤晃一, 藤田 誠
化学   70(11) 31-36   2015年
生命分子の自己組織化のダイナミクス
加藤晃一, 佐藤匡史
化学工業   66 32-37   2015年
離合集散が織りなす生命分子機能の研究フロンティア
加藤晃一, 稲垣直之
実験医学   33(8) 1316-1320   2015年
M.Yagi-Utsumi and K.Kato
Glycoconjugate J.   32(3-4) 105-112   2015年

書籍等出版物

 
Glycobiophysics (Y.Yamaguchi and K.Kato ed.), Structure and dynamics of immunoglobulin G glycoproteins
H.Yagi, S.Yanaka, and K.Kato
Springer Nature Singapore   2018年   ISBN:978-981-13-2157-3
Glycobiophysics (Y.Yamaguchi and K.Kato ed.),Structural aspects of ER glycoprotein quality-control system mediated by glucose tagging
T.Satoh, and K.Kato
Springer Nature Singapore   2018年   
Gangliosides (S.Sonnino and A.Prinetti ed.), Methods in Molecular Biology, Molecular Dynamics of Gangliosides
T.Yamaguchi and K.Kato
Humana Press (New York)   2018年   
Modern Magnetic Resonance, 2nd Edition (G.A.Webb ed.), NMR characterization of the dynamic conformations of oligosaccharides
K.Kato, H.Yagi, and T.Yamaguchi
Springer International Publishing   2018年   
未来を創るグライコサイエンス-我が国のロードマップ-
日本糖鎖科学コンソーシアム   2018年   
Experimental Approaches of NMR Spectroscopy (The Nuclear Magnetic Resonance Society of Japan ed.)
Springer Nature Singapore   2018年   
NMR in Glycoscience and Glycotechnology (K.Kato and T.Peters ed.), NMR characterization of the conformations, dynamics, and interactions of glycosphingolipids
M.Yagi-Utsumi, T.Yamaguchi, Y.Uekusa, and K.Kato
RSC Publishing (Cambridge)   2017年   
NMR in Glycoscience and Glycotechnology (K.Kato and T.Peters ed.), Stable isotope labeling of glycoproteins for NMR study
Y.Yamaguchi, H.Yagi, and K.Kato
RSC Publishing (Cambridge)   2017年   
Molecular Science of Fluctuations Toward Biological Functions (M.Terazima, M.Kataoka, R.Ueoka, and Y.Okamoto ed.)
Springer (Japan)   2016年   
Advances in Experimental Medicine and Biology (A.Chakrabarti and A.Surolia ed.), Structural heterogeneity of glycoform of alpha-1 acid glycoprotein in alcoholic cirrhosis patients
G.Mandal, H.Yagi, K.Kato, and B.P.Chatterjee
Springer (Switzerland)   2015年   
Advances in Experimental Medicine and Biology (A.Chakrabarti and A.Surolia ed.), Conformational dynamics of oligosaccharides characterized by paramagnetism-assisted NMR spectroscopy in conjunction with molecular dynamics simulation
Y.Zhang, T.Yamaguchi, T.Satoh, M.Yagi-Utsumi, Y.Kamiya, Y.Sakae, Y.Okamoto, and K.Kato
Springer (Switzerland)   2015年   
糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック~創薬・医療から食品開発まで~ 糖タンパク質の細胞内輸送
エヌ・ティー・エス   2015年   
糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック~創薬・医療から食品開発まで~ HPLCマッピング法による糖鎖プロファイリング
エヌ・ティー・エス   2015年   
糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック~創薬・医療から食品開発まで~ NMR
エヌ・ティー・エス   2015年   
Glycoscience: Biology and Medicine, Paramagnetism-assisted nuclear magnetic resonance analysis of dynamic conformations and interactions of oligosaccharides
T.Yamaguchi and K.Kato
Springer (Japan)   2014年   
Advances in Neurobiology (R.K.Yu and C.-L.Schengrund ed.), Structural analysis of oligosaccharides and glycoconjugates using NMR
Y.Yamaguchi, T.Yamaguchi, and K.Kato
Springer (New York)   2014年   
揺らぎ・ダイナミクスと生体機能「NMR原理」
化学同人   2013年   
Advances in Experimental Medicine and Biology (P.R.Sudhakaran and A.Surolia ed.), Structural glycomic approaches to molecular recognition events on cell surfaces
K.Kato
Springer (New York)   2012年   
次世代医薬開発に向けた抗体工学の最前線「NMR法による抗体の高次構造」
シーエムシー出版   2012年   
次世代医薬開発に向けた抗体工学の最前線「糖鎖制御による抗体医薬品の差別化」
シーエムシー出版   2012年   

講演・口頭発表等

 
In situ structural characterization of antibody interactions [招待有り]
Koichi Kato
The 18th KIAS Conference on Protein Structure and Function(Seoul)   2018年11月16日   
An integrative structural study of antibody [招待有り]
Koichi Kato
The 6th International Symposium on Drug Discovery and Design by NMR(横浜)   2018年11月13日   
Application of coordination chemistry approach to structuralanalysis of carbohydrate chains of biological interest [招待有り]
Koichi Kato, Takumi Yamaguchi
43rd International Conference on Coordination Chemistry(ICCC2018)(仙台)   2018年8月14日   
Dynamic ordering in Proteasome formation for Creation of Integrated Functions [招待有り]
Koichi Kato
新学術領域研究「動的秩序と機能」第6回 国際シンポジウム新学術領域研究「動的秩序と機能」第6回 国際シンポジウム(浜松)   2018年1月20日   
Structural aspects of glycosylation as potential drug target
The 19th Symposium on Advanced Concepts in New Drug Developmemt : 1st Ewha-NCU Joint Symposium(Seoul)   2017年11月16日   
Dynamic ordering of biomolecular systems coupled with creation of integrated functions
CU-IMS collaborative seminar(Bangkok)   2017年10月31日   
Dynamic ordering of biomolecular systems coupled with creation of integrated functions
The NANOTEC-IMS Joint Research Meeting(Pathum)   2017年10月30日   
Structural mechanisms of carbohydrate functions
2017 Taiwan-Japan Biomedical Symposium on Magnetic Resonance(Tainan)   2017年10月15日   
SStructural views of fate determination of glycoproteins in cellstructural views of fate determination of glycoproteins in cells
Seminar at Max Planck Institute for Biophysical Chemistry(Göttingen)   2017年9月14日   
Structural basis of quality control and trafficking of glycoproteins
24th International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO24) (Jeju)   2017年   
Structural insights into dynamic orchestration of biomolecular systems
Frontier Bioorganization Forum 2017: Dynamical ordering and integrated functions of biomolecular systems(Taipei)   2017年   
Structural glycobiology by stable isotope-assisted NMR spectroscopy
Advances Isotopic Labeling Meeting for Integrated Structural Biology 2017(Grenoble)   2017年   
NMR views of functional roles of glycoconjugates of biological and pharmaceutical interest
7th Asia Pacific NMR Symposium & 23rd Annual Meeting of NMRS-India(Bangalore)   2017年   
Structural insights into proteasome orchestration mechanisms
The 9th Korea-Japan Seminars on Biomolecular Sciences: Experiments and Simulations(Gyeongju)   2016年   
Structural basis of glycoprotein-fate determination in cell
The 16th KIAS Conference on Protein Structure and Function(Seoul)   2016年   
Structural views of glycan-dependent determination of glycoprotein fates in cells
28th International Carbohydrate Symposium (New Orleans)   2016年   
Platform for Integrative Biological Sciences
28th International Carbohydrate Symposium(New Orleans)   2016年   
Structural views of glycoprotein quality control in cells
2nd KU-IMS Symposium (Bangkok)   2016年   
Structural study of glycoproteins using antibodies as model systems
KIAS Seminar (Seoul)   2016年   
Structural views of functional glycans of pharmaceutical interest
6th International Symposium on “Current Trends in Drug Discovery & Research”(Lucknow)   2016年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現の研究に関する総括
研究期間: 2018年       代表者: 加藤晃一
NMRと計算技術の統合による糖鎖の3次元構造ダイナミクスの体系的評価法の開発
日本医療研究開発機構: 糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業
研究期間: 2016年 - 2020年    代表者: 矢木宏和
生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現の研究推進のための国際活動支援
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 加藤晃一
多元的構造生物学アプローチによるプロテアソーム形成機構の解明と創薬への展開
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 加藤晃一
中性子散乱を用いた再構成細胞系での生体高分子の構造解析法の開発
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 杉山正明
神経変性疾患の発症機構解明に向けた微小重力環境下でのアミロイド線維形成と性状評価
宇宙航空研究開発機構: 「きぼう」利用フィジビリティスタディ
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 加藤晃一
機能性ネオ糖脂質クラスターを利用した神経幹細胞の幹細胞性制御 
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 加藤晃一
生命分子の動的秩序形成におけるミクロ‐マクロ相関の探査と設計原理の探求
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 加藤晃一
生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現の研究に関する総括 
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 加藤晃一
糖鎖認識系を標的とする創薬を目指した複合糖質機能の構造基盤の解明と分子設計
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 加藤晃一
分子シャペロン機能を有するシャトル型プロテアソーム活性化因子の同定と構造機能解析
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 加藤晃一
脳領域依存的なアミロイドベータ蛋白質蓄積の分子機構解明
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 柳澤勝彦
タンパク質高次構造におけるダイナミクスの解析
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 杉山正明
ポスト小胞体品質管理における細胞内レクチンの分子認識と超分子形成の構造基盤の解明
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 加藤晃一
NMRを利用したタンパク質および複合糖質の揺らぎの検出とその機能連関の探査
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 加藤晃一
揺らぎが機能を決める生命分子の科学の研究取りまとめ
研究期間: 2008年 - 2013年    代表者: 寺嶋正秀
NMR構造生物学に基づいた薬物相互作用の解析と神経変性疾患への治療応用
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 山口芳樹
構造生物学的アプローチによる小胞体関連分解装置の分子認識と作動機構の解明
代表者: 加藤晃一
NMR構造生物学による神経変性疾患の発症機構の解析
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 山口芳樹
味覚修飾タンパク質の構造・機能解析に基づく味覚修飾物質の分子デザイン
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 栗本英治

特許

 
2004-28323 : 糖鎖の選択的末端糖残基同位体標識法
2004-28324 : 糖鎖構造解析手法
2004-28688 : 新規甘味タンパク質及びその製法
2005-167015 : アミノピリジン標識糖鎖の質量分析法
2006-104554 : 肝細胞癌マーカー及び肝細胞癌の検査法
2007-40808 : 蛋白質内包球状遷移金属錯体及びその製造方法
2009-057080 : 残余双極子相互作用の解析方法及び残余双極子相互作用解析用試薬
2015-102175 : 未分化細胞のアポトーシス誘導剤

社会貢献活動

 
アルツハイマー病発症メカニズムを知る鍵、「アミロイド線維」を宇宙実験でつくる
【講師】  バイオインダストリー協会  “未来へのバイオ技術”勉強会「宇宙と健康医療研究~抗加齢を中心に」  2019年11月6日
バイオ医薬品の構造解析:基礎と応用
【講師】  技術情報協会  技術情報協会セミナー  2016年8月5日
㈱医学生物学研究所 科学技術顧問
【助言・指導】  2014年 - 2016年
㈱グライエンス 科学技術顧問
【助言・指導】  2004年 - 2014年
日本製薬工業協会 バイオ医薬品委員会が主催するセミナー
【講師】  日本製薬工業協会  (日本製薬工業協会(東京))  2012年9月7日
日本製薬工業協会 バイオ医薬品委員会が主催するセミナーで講師を務めた。
特定非営利活動法人バイオものづくり中部「糖鎖分科会」 理事
【その他】  地域団体・NPO  (名古屋)  2012年4月1日 - 2018年
東海地域で活動する医、工、農、理、薬の研究者および糖鎖科学に深い関心を持つ企業人で構成されている「糖鎖分科会」は、産学連携を基盤にネットワークの拡充、学際研究を推進し、研究開発コンソーシアムの構築、事業化、ベンチャー設立を目標に掲げ、東海地域の産学発展を目的として活動している。
多次元HPLC法およびNMR法による糖鎖解析技術
【講師】  技術情報協会  技術情報協会セミナー  2011年11月30日
抗体医薬の開発に向けた多次元HPLC法およびNMR法による糖鎖解析技術
【講師】  技術情報協会  技術情報協会セミナー  2011年1月20日
抗体医薬の開発に向けた多次元HPLC法およびNMR法による糖鎖解析技術
【講師】  技術情報協会  技術情報協会セミナー  2010年3月26日