岡田 謙介

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/09 17:13
 
アバター
研究者氏名
岡田 謙介
 
オカダ ケンスケ
URL
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/~ken/
所属
東京大学
部署
教育学研究科教育心理学コース
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京大学), 修士(学術)(東京大学)
ORCID ID
0000-0003-1663-5812

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2018年3月
専修大学 人間科学部 准教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
専修大学 人間科学部 講師
 
2009年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会 特別研究員 (PD)
 
2006年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
東京大学 教養学部 生命・認知科学科
 

委員歴

 
2010年8月
 - 
2011年3月
内閣府「平成22年度景気動向指数の改善に関する調査研究」研究会 外部協力委員
 

受賞

 
2007年5月
日本計算機統計学会 学生研究発表賞
 
2008年9月
日本行動計量学会 肥田野直・水野欽司賞受賞(奨励賞)
 
2008年11月
数理システム 学生研究奨励賞 最優秀賞
 
2009年9月
日本教育心理学会 優秀論文賞
 
2013年9月
日本行動計量学会 杉山明子賞(出版賞)
 
大久保街亜・岡田謙介准教授の共著書である『伝えるための心理統計: 効果量・信頼区間・検定力』(勁草書房)が、日本行動計量学会より出版賞を受賞した。

論文

 
岡田謙介
心理学評論   61(1) 101‐115   2018年7月
池田孝恒, 岡田謙介
専修人間科学論集 心理学篇   8(1) 1‐6   2018年3月
係留ビネット法による反応スタイルの分類:ヨーロッパの大規模健康調査を例に
北條大樹・岡田 謙介
行動計量学   45 13-25   2018年3月   [査読有り]
Kazuhiro Yamaguchi, Kensuke Okada
PLOS ONE   13(2) e0188691   2018年2月   [査読有り]
Yusuke Shibuya, Kensuke Okada, Tokihiro Ogawa, Izumi Matsuda, Michiko Tsuneoka
Biological Psychology   132 81-90   2018年2月   [査読有り]
Kensuke Okada, Shin-ichi Mayekawa
Computational Statistics   33 1457-1473   2017年8月   [査読有り]
Kensuke Okada, Joachim Vandekerckhove, Michael D. Lee
Behavior Research Methods   50(1) 406   2017年3月   [査読有り]
政治学における空間分析と認知空間:個人差・集団差を考慮した多次元尺度法の展開と実証分析
岡田謙介・加藤淳子
行動計量学   43(2) >155-166   2016年9月   [査読有り]
特集「計量政治学と行動計量学の接点」にあたって
小林哲朗・岡田謙介
行動計量学   43 >111-112   2016年9月
Okada, K. & Hoshino, T.
Psychonomic Bulletin & Review   1-10   2016年8月   [査読有り]
ベイズ推定による情報仮説の評価:その理論と各種モデルへの応用について
岡田 謙介
専修人間科学論集 心理学篇   6 >9-17   2016年3月
Kusumi, T., Yama, H., Okada, K., Kikuchi, A., & Hoshino, T.
Japanese Psychological Research   58 >4-18   2016年2月
Okada, K., Lee, M.D.
Journal of Mathematical Psychology   70 35-44   2016年2月   [査読有り]
Takahashi, Y., Okada, K., Hoshino, T., & Anme, T.
PLoS One   10(8) e0135357   2015年8月   [査読有り]
岡田 謙介
Research Synthesis Methods   6(4) 333-346   2015年6月   [査読有り]
KENSUKE OKADA
The Annual Report of Educational Psychology in Japan   54(0) 71   2015年   [査読有り]
YUKA HATANO, HIROMICHI YOSHIDA, KENSUKE OKADA
Kyoiku shinrigaku kenkyu   63(2) 151   2015年   [査読有り]
波田野結花・吉田弘道・岡田謙介
教育心理学研究   63(2) >151-161-161   2015年   [査読有り]
Nishiyama, T., Suzuki, M., Adachi, K., Sumi, S., Okada, K., Kishino, H., Sakai, S., Kamio, Y., Kojima, M., Suzuki, S., Gruber, C.P., Constantino, J.N., & Kanne, S.M.
Journal of Autism and Developmental Disorders   44(5) 993-1007   2014年5月   [査読有り]
ベイズ統計による情報仮説の評価は分散分析にとって代わるのか?
岡田 謙介
基礎心理学研究   32(2) >223-231   2014年3月
Sakaiya, S., Shiraito, Y., Kato, J., Ide, H., Okada, K., Takano, K., & Kansaku, K.
Frontiers in Neuroscience   7(7 DEC)    2013年12月   [査読有り]
岡田 謙介
Behaviormetrika   40(2) >129-147   2013年9月   [査読有り]
MULTISCALE による最尤多次元尺度構成法
岡田 謙介
専修人間科学論集心理学篇   3 >61-70   2013年3月
Hidetoki ISHII, Toshio YOSHIDA, Kensuke OKADA, Tomokazu HAEBARA
The Annual Report of Educational Psychology in Japan   52(0) 234   2013年   [査読有り]
Kensuke Okada
Behaviormetrika   39(1) 49   2012年   [査読有り]
クロンバックのαに代わる信頼性の推定法について
岡田 謙介
日本テスト学会誌   7(1) >37-50   2011年6月
クロンバックのα係数とは何だったのか:信頼性係数のレビューと実データ分析
岡田 謙介
専修人間科学論集 心理学篇   1(1) >91-98   2011年3月
Bayesian nonmetric successive categories multidimensional scaling
Mayekawa, S.
Behaviormetrika   38(38) >17-31   2011年1月
Kensuke Okada, Shin-ichi Mayekawa
Behaviormetrika   38(1) 17   2011年   [査読有り]
Kensuke Okada, Kazuo Shigemasu
Behavior Research Methods   42(4) 899   2010年11月   [査読有り]
Okada, K., Shigemasu, K.
Behavior Research Methods   42(4) >   2010年11月   [査読有り]
小標本における選抜効果を補正する相関係数の推定について―最尤推定法とベイズ推定法のシミュレーションによる比較―
岡田謙介・繁桝算男
日本テスト学会誌   6(1) >63-74   2010年6月   [査読有り]
Shigemasu, K.
Applied Psychological Measurement   33(7) >570-571   2009年10月
The structure of optimized stress function under different Minkowski metrics.
Okada, K., Kato, J., Shigemasu, K.
New Trends in Psychometrics (Universal Academy Press)   >377-386   2009年2月   [査読有り]
就学前児の社会的スキル-コホート研究による因子構造の安定性と予測的妥当性の検討-
高橋雄介、岡田謙介、星野崇宏、安梅勅江
教育心理学研究   56(1) >81-92   2008年3月   [査読有り]
岡田謙介, 星野崇宏, 繁桝 算男
教育心理学研究   55(3) >382-392   2007年9月   [査読有り]
共分散構造分析・構造方程式モデリング(Structural Equation Modeling, SEM)は分析者に柔軟なモデル構成を許す多変量解析法であり、発祥元の心理学・社会科学に留まらず幅広い分野で応用されている。しかし、柔軟なモデル構造が可能であるが故に濫用されれば恣意的なモデルの乱立を招く危険性もある。しかだって、構成されたモデルの統計的な評価・選択が重要となる。統計的モデル選択の基本的な指標として尤度比検定統計量があり、SEMでもこれが漸近的にχ2分布にしたがう性質を利用したカ...
因子分析入門-言語テスティング・データのための多変量解析-
前田忠彦
統計数理研究所共同研究リポート   200 >61-97   2007年3月
傾向スコアを用いた共変量調整による因果効果の推定と臨床医学・疫学・薬学・公衆衛生分野での応用について
星野崇宏
保健医療科学   55(3) >230-243   2006年9月
岡田 謙介
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   125(9) 1387-1392   2005年9月   [査読有り]
Institute of Electrical Engineers of Japan 「IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems」
構造方程式モデリングにおける適合度指標とモデル改善について : 展望とシミュレーション研究による新たな知見
星野崇宏、前田忠彦
行動計量学   32(2) >209-235   2005年9月
Takahiro HOSHINO, Kensuke OKADA, Tadahiko MAEDA
Kodo Keiryogaku   32(2) 209   2005年   [査読有り]
自然界におけるパターン形成の数学-自然・科学・人間-
岡田 謙介
ΣΥΜΙΙΟΣΙΟΝ 東京大学教養学部学生論文集   6 >80-86   2002年3月

Misc

 
ベイズ統計分析ハンドブック
朝倉書店   >   2011年6月
第3章 確率一致事前分布、第21章 頑健ベイズ分析 の翻訳者
縦断データの分析Ⅰ ─変化についてのマルチレベルモデリング─
Singer, J. D. & Willett, J. B.(著) 菅原ますみ(監訳) 松本聡子・松浦素子・尾崎幸謙・室橋弘人・高橋雄介・岡田謙介・山形伸二(訳)
朝倉書店   >   2012年9月
書評『続・心理統計学の基礎―統合的理解を広げ深める』
岡田 謙介
書斎の窓 有斐閣   639 >56-60   2015年5月

書籍等出版物

 
How would you like to see your son and daughter grow up?
Inoguchi, T. (担当:共著)
Human Beliefs and Values in Striding Asia, Akashi Shoten   2007年9月   
T. Inoguchi, A. Tanaka, S. Sonoda, & T. Dadabaev (Eds.)
因子分析 
岡田 謙介
繁桝算男、大森拓哉、橋本貴充編著 『心理統計学』 培風館   2008年5月   
担当:第10章
自分の子どもにどのような大人になってほしいのか
猪口孝 (担当:共著)
猪口孝・田中明彦・園田茂人・ティムール・ダダバエフ(編) 『アジア・バロメーター 躍動するアジアの価値観-アジア世論調査(2004)の分析と資料』 明石書店   2007年9月   
猪口孝、田中明彦、園田茂人、ティムール・ダダバエフ編 担当:第16章 
伝えるための心理統計:効果量・信頼区間・検定力
勁草書房   2012年1月   ISBN:978-4326250721
非対称MDSの理論と応用
千野直仁 ・佐部利真吾 (担当:共著)
現代数学社   2012年4月   ISBN:978-4-7687-0405-9

講演・口頭発表等

 
Bartlett correction of likelihood ratio statistics in structural equation modeling.
The 70th Annual Meeting of the Psychometric Society   2005年7月   Psychometric Society
共同発表者:Hoshino, T.、Shigemasu, K.
Maximizing simplicity: A new factor rotation method.
The 71th Annual Meeting of the Psychometric Society   2006年6月   Psychometric Society
Bayesian nonmetric multidimensional scaling for marketing data.
Tsukuba-Tohoku Joint Workshop on “New Directions of Research in Marketing”   2006年12月   筑波大学・東北大学
共同発表者:Shigemasu, K.
Bayesian weakly-constrained multidimensional scaling.
The 72th Annual Meeting of the Psychometric Society   2007年7月   Psychometric Society
共同発表者:Shigemasu, K.
単純構造を測る:その定義と応用
2007年度統計関連学会連合大会   2007年7月   統計関連学会連合

競争的資金等の研究課題

 
発達データ分析のためのセミパラメトリック軌跡分析法およびソフトウェアの開発
0038
心理データ解析のための多次元尺度構成法に基づく多変量因果モデリングの開発と応用
0038
心理データ解析における共分散構造分析(及びその関連モデル)の適合度指標の改善
0038

社会貢献活動

 
「景気動向指数の改善に関する調査研究会」第2回研究会
【】  内閣府
景気動向指数の改善に関する調査研究のデータ分析に係る説明・解説を行った。