小野﨑 保

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 05:12
 
アバター
研究者氏名
小野﨑 保
 
オノザキ タモツ
所属
立正大学
部署
経済学部経済学科
職名
教授

経歴

 
1986年4月
 - 
1991年3月
財団法人日本エネルギー経済研究所 総合研究部 研究員
 
1991年4月
 - 
2002年3月
旭川大学 経済学部 助教授・准教授
 
1996年9月
 - 
1998年8月
南カリフォルニア大学 経済学部 客員研究員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
旭川大学 経済学部 教授
 
2004年4月
 - 
2005年3月
国立大学法人旭川医科大学 理事
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1986年3月
慶應義塾大学大学院 経済学研究科博士課程 経済学
 
1981年4月
 - 
1983年3月
慶應義塾大学大学院 経済学研究科 理論経済学
 

委員歴

 
2012年10月
   
 
日本地域学会  日本地域学会設立50周年記念第49回年次大会実行副委員長
 
 
   
 
FD委員
 
 
   
 
学部長会議
 
 
   
 
学部表彰制度検討委員長
 
 
   
 
経済学会幹事長
 

論文

 
Intermittent Transition between Synchronization and Desynchronization in Multi-Regional Business Cycles.
Structural Change and Economic Dynamics   (44) 68-76   2018年3月   [査読有り]
Chaotic Itinerancy in Regional Business Cycle Synchronization
立正大学経済学会ディスカッション・ペーパー   (1) 1-17   2015年11月
非線形経済動学序説
経済学季報   64(4) 109-138   2015年3月
Neural Basis of Economic Bubble Behavior
Neuroscience   (265) 37-47   2014年1月   [査読有り]
製品差別化複占:再考
経済学季報   61(3/4) 121-144   2012年3月

Misc

 
A Compositional Data Analysis of Market Share Dynamics.
RIETI Discussion Paper Series   (17-E-076)    2017年5月
Chaotic Itinerancy in Regional Business Cycle Synchronization
小野崎 保 , 江刺 邦彦 , 齊木 吉隆
IERCU Discussion Paper   (237)    2014年10月
経済学におけるシミュレーション研究の課題
社会情報システム学シンポジウム学術講演論文集   18 133-140   2012年1月
書評 『エージェントベースの社会システム科学宣言』出口弘・木島恭一編著
理論と方法   25(1) 172-175   2010年
A Model of Market Share Dynamics with Boundedly Rational Agents
Tatsuo Yanagita
T. Terano et al. (Eds.): Agent-Based Approaches in Economics and Social Complex Systems V   255-266   2009年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Nonlinearity, Bounded Rationality, and Heterogeneity: Some Aspects of Market Economies as Complex Systems.
Springer   2018年2月   
ソシオダイナミクス : 社会経済システムの物理学的方法
森北出版   2007年8月   ISBN:978-4627850019
経済における確率的モデルへの招待:集計とゆらぎを扱うための道具箱
サイエンス社   2004年7月   
非線形経済動学とカオス
H.‐W.ローレンツ著 ; 小野崎保, 笹倉和幸訳 (担当:共訳)
日本経済評論社   2000年9月   ISBN:978-4818810471

講演・口頭発表等

 
市場か政府か―経済思想の変遷に翻弄された20世紀を振り返って
みさと生きいき大学特別講座   2017年2月25日   
多地域景気変動モデルにおけるカオス的遍歴:経済学的側面
数理解析研究所共同研究「マクロ経済動学の非線形数理」研究会   2015年9月14日   

競争的資金等の研究課題

 
景気循環の相互作用に関するデータ解析及び大規模シミュレーション
立正大学研究推進・地域連携センター支援費 第3種: 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
報酬・懲罰制度を統合したメタ・サンクションゲームによる社会的ジレンマの解決
立正大学研究推進・地域連携センター研究支援費:第1種: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
エージェントシミュレーションの市場経済への展開とデータ指向モデリング技法の開発
立正大学研究推進・地域連携センター研究支援費:第1種: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
大規模エージェント・モデルおよびデータ解析による市場経済のダイナミクスの解明
立正大学研究推進・地域連携センター支援費:第3種: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
Webマイニングとシミュレーションの統合によるSNSコミュニケーションの分析と活性化支援
立正大学研究推進・地域連携センター研究支援費:第1種: 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月

社会貢献活動

 
日本学術振興会委託業務(日本学術振興会)
【】  2017年4月 - 現在
公募型市民企画講座『小田原の今と未来 子育て世代が定着する都市を目指して(第2回)』,総合司会
【】  2016年11月
早稲田大学総合研究機構・プロジェクト研究所評価委員
【】  2015年4月 - 現在
Evolutionary Economics and Social Complexity Scienceシリーズ(Springer)Editorial Board Member
【】  2014年 - 現在
独立行政法人理化学研究所客員研究員
【】  2007年 - 現在