ANAN Masaya

J-GLOBAL         Last updated: Oct 11, 2019 at 20:23
 
Avatar
Name
ANAN Masaya
E-mail
anan-masayaoita-u.ac.jp
URL
http://home.hiroshima-u.ac.jp/biomec/
Affiliation
Oita University
Job title
Assistant Professor
Degree
PhD(Hiroshima University)
Research funding number
10517080

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
 - 
Today
Lecture, Physical Therapy Course, Faculty of Welfare and Health Science, Oita University
 
Apr 2012
 - 
Mar 2016
Assistant Professor, Hiroshima University Institute of Biomedical & Health Sciences
 
Sep 2012
 - 
Dec 2012
Visiting Researcher, Nebraska Biomechanics Core Facility, University of Nebraska at Omaha
 
Apr 2008
 - 
Mar 2012
Assistant Professor, Graduate School of Health Sciences, Hiroshima University
 
Jan 2007
 - 
Mar 2008
Physical Thpist, Kawashima Clinic
 
Mar 2004
 - 
Jan 2007
Physical Therapist, Kawashima Orthopaedic Hospital
 

Education

 
Apr 2009
 - 
Mar 2012
Doctoral Course, Graduate school of Health Sciences, Hiroshima University
 
Apr 2002
 - 
Mar 2004
Master's Course, Graduate school of Health Sciences, Hiroshima University
 
 
 - 
Mar 2002
Physical Therapy course, School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Hiroshima University
 

Awards & Honors

 
Oct 2018
変形性膝関節症患者に対する体幹傾斜歩行の外部膝関節内転モーメント軽減の力学的メカニズム, 優秀賞, 九州理学療法士・作業療法士合同学会2018
Winner: 徳田一貫,阿南雅也,高橋真,澤田智紀,谷本研二,木藤伸宏,新小田幸一
 
Apr 2015
内側型変形性膝関節症における歩行立脚時の関節角度と大腿・下腿回旋運動の評価, 平成26年度最優秀論文賞, 理学療法科学
Winner: 徳田一貫,新小田幸一,羽田清貴,合津卓朗,田中泰山,吉田研吾,木藤伸宏,菅川祥枝,本山達男,川嶌眞人,阿南雅也
 
Apr 2013
The clarification of the strategy during sit-to-stand motion from a standpoint of mechanical energy transfer, 2012 Excellent Paper Award, Journal of Physical Therapy Science
Winner: Anan M, Ibara T, Kito N, Shinkoda K
 
Apr 2012
Liftingの筋電図学的研究―腰部へのスタティック・ストレッチング効果の検討―, 平成23年度学術大会演題奨励賞, 第46回日本理学療法学術大会
Winner: 波之平晃一郎,藤村昌彦,橋本祥一,阿南雅也,新小田幸一
 

Published Papers

 
Ogata Y, Anan M, Takahashi M, Takeda T, Tanimoto K, Sawada T, Shinkoda K
Journal of manipulative and physiological therapeutics   41(3) 189-198   Mar 2018   [Refereed]
Objectives
The purpose of this study was to investigate between movement patterns of trunk extension from full unloaded flexion and lifting techniques, which could provide valuable information to physical therapists, doctors of chiropractic, and o...
Anan M, Hattori H, Tanimoto K, Wakimoto Y, Ibara T, Kito N, Shinkoda K
Physical therapy research   20(2) 44-50   Dec 2017   [Refereed]
Objective: Sit-to-stand motion (STS) is a dynamic motion utilized in fundamental activities of daily living and requires extensive joint movement in the lower extremities and the trunk and coordination of multiple body segments. The present study ...
Tokuda K, Anan M, Sawada T, Tanimoto K, Takeda T, Ogata Y, Takahashi M, Kito N, Shinkoda K
Journal of physical therapy science   29(11) 1940-1946   Nov 2017   [Refereed]
[Purpose] The strategy of trunk lean gait to reduce external knee adduction moment (KAM) may affect multi-segmental synergy control of center of mass (COM) displacement. Uncontrolled manifold (UCM) analysis is an evaluation index to understand mot...
Tokuda K, Anan M, Takahashi M, Sawada T, Tanimoto K, Kito N, Shinkoda K
Journal of biomechanics   66 10-17   Jan 2018   [Refereed]
The biomechanical mechanism of lateral trunk lean gait employed to reduce external knee adduction moment (KAM) for knee osteoarthritis (OA) patients is not well known. This mechanism may relate to the center of mass (COM) motion. Moreover, lateral...
Sawada T, Tanimoto K, Tokuda K, Iwamoto Y, Ogata Y, Anan M, Takahashi M, Kito N, Shinkoda K
Gait & posture   57 177-181   Jun 2017   [Refereed]
Lateral wedge insoles (LWIs) are prescribed for patients with medial knee osteoarthritis to reduce the external knee adduction moment (KAM). However, the biomechanical effects of LWIs are limited in some patients. The purpose of this study was to ...
Tanimoto K, Takahashi M, Tokuda K, Sawada T, Anan M, Shinkoda K
Gait & posture   57 236-240   Jun 2017   [Refereed]
Background: During gait, the swing limb requires flexible control to adapt to ever changing environmental circumstances. However, few studies have focused on the mechanics of swing limb control in patients with knee osteoarthritis (OA). Investigat...
Kimura Y, Anan M, Takahashi M, Hayashi H, Shinkoda K
Rigakuryoho Kagaku   31(4) 541-546   Aug 2016   [Refereed]
[Purpose] This study examined the kinematic characteristics of the stand-to-sit (STS) motion of patients with lumbar canal stenosis (LCS). [Subjects and Methods] The subjects were 24 patients with LCS and 18 age-matched asymptomatic controls. Kine...
Sunaga Y, Kanemura N, Anan M, Takahashi M, Shinkoda K
Applied ergonomics   55 173-182   Jul 2016   [Refereed]
We aimed to quantify the inertial parameters of the lower trunk segment in pregnant Japanese women and compare kinetic data during tasks calculated with parameters estimated in this study to data calculated with standard parameters. Eight pregnant...
Takeda T, Anan M, Takahashi M, Ogata Y, Tanimoto K, Shinkoda K
Journal of physical therapy science   28(5) 1459-1464   May 2016   [Refereed]
[Purpose] The time-series waveforms of mechanical energy generation, absorption, and transfer through the joints indicate how movements are produced and controlled. Previous studies have used these waveforms to evaluate and describe the efficiency...
Tanimoto K, Anan M, Sawada T, Takahashi M, Shinkoda K
Gait & posture   47 57-61   Jun 2016   [Refereed]
The purpose of this study was to investigate the effects of cognitive and visuomotor tasks on gait control in terms of the magnitude and temporal structure of the variability in stride time and lower-limb kinematics measured using inertial sensors...

Misc

 
【異常歩行の分析結果に基づく理学療法プログラム立案の進め方】変形性膝関節症患者の異常歩行の分析結果に基づく理学療法プログラム立案
谷本研二, 徳田一貫, 阿南雅也
理学療法   36(9) 779-788   Sep 2019   [Invited]
1.変形性膝関節症の発症や進行の原因となっている異常なメカニカルストレスを患者の異常歩行の特徴から捉え,それを軽減させることが理学療法介入の重要な目的である.2.変形性膝関節症患者の異常歩行には,動作自体が症状や病態進行の原因であるものと,疼痛回避の結果であるものがあるため,その因果関係を明確にする必要がある.3.変形性膝関節症患者の代表的な異常歩行に,lateral thrust,double knee actionの減少,toe-out歩行,体幹傾斜歩行がある.これらの異常歩行への関与...
加藤浩,阿南雅也
理学療法ジャーナル   53(2) 145-155   Feb 2019
本稿のキーワードは「エネルギー(energy)」である.読者諸氏は,このエネルギーという言葉を聞いて何を想像するだろうか? 広辞苑によるとエネルギーとは,「① 活動の源として体内に保持する力.活気.精力.② 物理学的な仕事をなし得る諸量(運動エネルギー・位置エネルギーなど)の総称.物体が力学的仕事をなし得る能力の意味であったが,その後,熱・光・電磁気やさらに質量までもエネルギーの一形態であることが明らかにされた」とある.つまり,物理学で言うエネルギーとは,仕事をすることのできる潜在的能力と...
阿南雅也
理学療法ジャーナル   52(12) 1147-1147   Dec 2018   [Invited]
物体を動かす際には外力が必要である.外力が働くことにより物体に加速度が生じて速度の大きさや運動方向が変化する.物体に外力を加え,力の向きに物体を動かしたとき,その力は物体に仕事をしたと表現する.また,外力の大きさと外力により移動した距離との積を力学的仕事と言う.力学的仕事の単位時間あたりの仕事を仕事率(パワー)と言い,仕事率は外力の大きさと速度との積で表すことができる.
 身体運動においても同様に考えることが可能である.人が静止状態から動き出す際には,床反力によって身体重心に加速度を生じさ...
【筋機能障害に対する理学療法アプローチ】変形性股関節症の筋機能障害に対する理学療法アプローチ
加藤浩,阿南雅也
理学療法   35(12) 1060-1069   Dec 2018   [Invited]
1.正常ベースにおける歩行動作において体幹・下肢筋活動が最大筋活動に占める割合は,多くの筋で10~30%であり,それほど高くない.2.歩行動作の立脚相はCKCであり,特に立脚初期(ICからLRまで)は動筋と拮抗筋の同時収縮による制御が重要である.3.歩行動作の立脚初期の大腿セグメントの瞬間的な安定化は,その後の効率的な筋パワー発揮や動作制御に深く関与している可能性が示唆される.4.筋機能を改善するには,筋力増強を行うことに加え,改善を図りたい日常生活活動の諸動作にできるだけ近い動作・運動で...
【運動科学の概念に基づく筋機能に着目した基本動作の捉え方】運動科学の概念に基づく筋機能に着目した立ち上がり動作の捉え方
阿南雅也,徳田一貫,谷本研二,澤田智紀
理学療法   35(10) 891-899   Oct 2018   [Invited]
1. ヒトは,各関節角度や各筋活動の自由度問題に対し,シナジーと呼ばれる,構造単位で冗長性を制御可能な系に変換することで,協調した運動を行うことができる.
2. 椅子からの立ち上がり動作においては,殿筋群,大腿四頭筋,前脛骨筋の協調した活動により殿部離床を達成し,殿筋群と大腿四頭筋の協調した活動により身体重心の上方移動を達成する.
3. 大腿直筋やハムストリングスなどの二関節筋は,殿部離床もしくは下肢関節の伸展運動を行いやすくする効率の良いエネルギー伝達の役割を果たしている.
【脊柱I:理学療法における脊柱の構造と機能の理解】 脊柱と下肢の運動連鎖
木藤 伸宏, 阿南 雅也, 小澤 淳也, 森山 英樹
理学療法   35(8) 703-713   Aug 2018   [Invited]
1.理学療法の分野において運動連鎖という用語が多用されるが、その定義は曖昧であり、共通認識が得られているとは言えない。運動連鎖という用語の意味を整理する必要がある。2.重力環境下での身体運動は、身体セグメントの運動によって産生されたエネルギーを、効率良く身体の前進や鉛直方向の仕事に有効に活用できるかが重要であり、運動連鎖の観点から考えるとそのほとんどは、体幹(脊椎、骨盤)と下肢による大きな力、エネルギー、速度が大きく貢献している。3.脊椎-骨盤-下肢を1つの機構として捉え、エネルギーフロー...
徳田 一貫,阿南 雅也,高橋 真,新小田 幸一
理学療法ジャーナル   52(4) 309-316   Apr 2018   [Invited]
<文献概要>はじめに 変形性膝関節症(knee osteoarthritis:以下,膝OA)患者の病態と筋力の関連性については,現在まで数多くの報告がある.膝OAの理学療法において,大腿四頭筋の筋力トレーニングとして,大腿四頭筋セッティングやstraight leg raising(SLR)練習などが求められる機会は少なくない.また,近年では膝OAの膝関節内反変形が前額面における変形の特徴であることから,大腿四頭筋の筋力に加えて,前額面の運動に関与する股関節外転筋群の筋力に着目した報告も散...
木藤 伸宏, 小澤 淳也, 森山 英樹, 徳田 一貫, 澤田 智紀, 阿南 雅也
理学療法ジャーナル   52(4) 287-300   Apr 2018   [Invited]
<文献概要>はじめに 変形性膝関節症(膝osteoarthritis;以下,膝OA)は,以前より理学療法対象疾患であった.人工膝関節の構造および機能の技術的進歩によって,人工膝関節の関節可動増大,耐久性は大幅に改善した.人工膝関節置換術後の理学療法の役割は,その手術方法や人工膝関節の構造と機能の進歩によって大きく変遷してきた.特に,低侵襲手術の普及や術後の疼痛管理の進歩は,積極的な術後早期理学療法介入と早期膝関節可動域運動を可能にした.そのことは,患者の日常生活活動の早期回復を可能にし,一...
力学的エネルギーの観点からみたdrop jump着地時の膝外転運動に関連する因子の検討
鳥山 実,阿南 雅也
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌   42 340-341   May 2017   [Refereed]
谷本 研二,高橋 真,徳田 一貫,澤田 智紀,阿南 雅也,新小田 幸一
理学療法学   44(2) 150-151   Apr 2017

Books etc

 
理学療法エビデンス大事典: 現場で使える実践ガイド
ダイアン・V・ジュエル (Part:Contributor, 研究デザイン)
西村書店   Jul 2019   ISBN:978-4890134960
阿南雅也,徳田一貫 (Part:Joint Work, 筋力トレーニング)
文光堂   Dec 2018   ISBN:4830645741
膝関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く
阿南雅也 (Part:Joint Work, 膝関節の機能解剖とバイオメカニクス)
メジカルビュー社   Feb 2018   ISBN:4758319111
極める大腿骨骨折の理学療法 (臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス)
阿南雅也 (Part:Joint Work, 骨折時に大腿骨へ作用する力とは?)
文光堂   May 2017   ISBN:4830645520

Conference Activities & Talks

 
変形性股関節症患者の歩行時痛と時間幅を持った運動学的変数との関連性の検討
井原拓哉,辛嶋良介,阿南雅也,高橋真,川嶌眞之
九州理学療法士学術大会2019   12 Oct 2019   
大腿四頭筋および膝蓋骨切除患者の歩行特性
髙橋兼人,阿南雅也,坪内優太,田仲和宏,岩崎達也,池田真一,片岡晶志,津村弘
第7回日本運動器理学療法学会学術大会   5 Oct 2019   
変形性股関節症患者の立脚期の股関節角度に対する全身の協調性〜1症例に関する検討〜
井原拓哉,羽田清貴,辛嶋良介,阿南雅也,高橋真,川嶌眞之
第7回日本運動器理学療法学会学術大会   5 Oct 2019   
脳卒中後片麻痺患者の矢状面における遊脚期の麻痺側下肢の協調性
狩生直哉,戸髙良祐,内田智也,阿南雅也
第17回日本神経理学療法学会学術大会   28 Sep 2019   
脳卒中後片麻痺患者における歩行速度の増大が体幹対称性に及ぼす影響-Lissajous Indexを使用した検討-
戸髙良祐,狩生直哉,内田智也,阿南雅也
第17回日本神経理学療法学会学術大会   28 Sep 2019   
悪性腫瘍に伴う大腿神経合併切除例における歩行解析
田仲和宏,阿南雅也,坪内優太,池田真一,岩﨑達也,片岡晶志,津村弘
第56回日本リハビリテーション医学会学術集会   12 Jun 2019   
バレエダンサーにおける上肢ポジションがつま先立ち位の姿勢制御に及ぼす影響
金子千珠,阿南雅也
第10回日本ダンス医科学研究会学術大会   24 Mar 2019   
腰痛有症者における歩行時の骨盤−胸郭水平面運動制御の解明
小西玲依,山﨑貴博,阿南雅也,木藤伸宏
第6回日本運動器理学療法学会学術大会   15 Dec 2018   
変形性股関節症患者の股関節可動域と歩行中の骨盤−大腿の同相運動との関連性
井原拓哉,辛嶋良介,近藤征治,阿南雅也,高橋真,新小田幸一,川嶌眞之
第6回日本運動器理学療法学会学術大会   15 Dec 2018   
初期変形性膝関節症患者の歩行時における膝関節の運動力学的特性について
羽田清貴,井原拓哉,阿南雅也,加藤浩,田村裕昭,川嶌眞人
第6回日本運動器理学療法学会学術大会   15 Dec 2018   
変形性膝関節症患者に対する体幹傾斜歩行の身体運動の協調性
徳田一貫,阿南雅也,高橋真,澤田智紀,谷本研二,木藤伸宏,新小田幸一
第6回日本運動器理学療法学会学術大会   15 Dec 2018   
人工膝関節置換術後患者に対して共同収縮に着目して変化が得られた一症例
石井寛海,阿南雅也,森淳一,山口豊
第6回日本運動器理学療法学会学術大会   15 Dec 2018   
変形性膝関節症患者に対する体幹傾斜歩行の外部膝関節内転モーメント軽減の力学的メカニズム
徳田一貫,阿南雅也,高橋真,澤田智紀,谷本研二, 木藤伸宏,新小田幸一
九州理学療法士・作業療法士合同学会2018   13 Oct 2018   
HAL®自立支援用単関節タイプは膝関節周囲筋群の共同収縮を減少させる健常者における予備研究
石井寛海,阿南雅也,安藤将孝,中原浩喜,森淳一,山口豊:
九州理学療法士・作業療法士合同学会2018   13 Oct 2018   
変形性股関節症患者の歩行中の骨盤-大腿運動の協調性
井原拓哉,辛嶋良介,近藤征治,阿南雅也,高橋真,新小田幸一,川嶌眞之
九州理学療法士・作業療法士合同学会2018   13 Oct 2018   
変形性股関節症患者の片脚立位動作時の身体セグメント角度,変動係数と臨床指標との関係
児玉慶司,阿南雅也,須藤晴香,池田真一,津村弘
第40回臨床歩行分析研究会定例会   2 Sep 2018   
変形性膝関節症患者は片脚立位保持時に,いかに膝関節の運動を制御しているか
井原拓哉,阿南雅也,高橋真,新小田幸一,杉木知武,川嶌眞之,川嶌眞人
九州理学療法士・作業療法士合同学会2017   11 Nov 2017   
変形性膝関節症患者の歩行時膝スティフネスが隣接関節へ及ぼす影響
内田茂博,木藤伸宏,山田英司,高橋真,阿南雅也,新小田幸一
第5回日本運動器理学療法学会学術集会   24 Sep 2017   
片脚立位保持時の変形性股関節症患者の股関節運動戦略
井原拓哉,阿南雅也,高橋真,新小田幸一,杉木知武,川嶌眞之,川嶌眞人
第5回日本運動器理学療法学会学術集会   24 Sep 2017   
変形性膝関節症患者の歩き始め動作における運動学的パラメータと力学的エネルギー特性について-重症度別の比較-
羽田清貴,加藤浩,阿南雅也,井原拓哉,辛嶋良介,川嶌眞之,川嶌眞人
第5回日本運動器理学療法学会学術集会   24 Sep 2017   

Research Grants & Projects

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: Apr 2019 - Mar 2023    Investigator(s): 栗栖 由美子
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: Apr 2019 - Mar 2023    Investigator(s): 川上 健二
クラシック・バレエにおける身体全体の協調運動と身体機能との関連
大分大学: 学長戦略経費;若手研究支援
Project Year: Aug 2019 - Mar 2020    Investigator(s): 阿南雅也
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): ANAN Masaya
人工膝関節術後患者の歩行時の下肢関節の協調運動メカニズムの解明
大分大学: 平成30年度学長戦略経費;萌芽研究支援
Project Year: Aug 2018 - Mar 2019    Investigator(s): 阿南 雅也
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: Apr 2014 - Mar 2016    Investigator(s): Masaya ANAN
Uncontrolled manifold(UCM)解析を用いて,変形性膝関節症患者における歩行時の関節運動の協調性を調べることを明らかにする目的で行った. 被験者は変形性膝関節症患者と年齢に差がない健常高齢者であった.課題動作は被験者が自然と感じるスピードの歩行とし,10回試行した.運動学的データは三次元動作解析システム,運動力学的データは床反力計を用いて計測した.解析区間は罹患側の単脚支持期とした.またUCM解析は,タスク変数を左右方向の身体重心座標と遊脚足部座標し,タスク変数に対す...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): Hisato SUGATA
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(挑戦的萌芽研究)
Project Year: Apr 2012 - Mar 2016    Investigator(s): Koichi SHINKODA
平成25年度は高齢者を被験者とした14日間のアクティグラフによる睡眠観察から,平均睡眠時間以上を確保していた翌日の測定条件をコントロール条件,対して睡眠が不足していた翌日の測定条件を睡眠不足条件としてバランス機能の計測を行った.準静的バランス機能評価の機能的リーチテスト(Functional Reach Test: FRT)では,睡眠不足条件はコントロール条件よりも有意に成績が低かった.動的バランス機能評価である椅子から立ち上がって歩行を開始する起立歩行(Sit-to-walk: STW)...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): Megumi IKENAGA
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: Apr 2009 - Mar 2011    Investigator(s): Masaya ANAN
The purpose of this study was to investigate the differences in the sit-to-stand motion of healthy people and knee osteoarthritis patients and to implement this task as a new treatment strategy for knee osteoarthritis patients. The results of this...

Social Contribution

 
変形性膝関節症のバイオメカニクス
[Lecturer]  副島整形外科勉強会  (武雄市)  3 Aug 2019
臨床研究の進め方
[Lecturer]  福岡志恩病院勉強会  (小郡市)  1 Aug 2019
心理学研究における三次元動作解析法の活用および異分野融合型研究の意義
[Lecturer]  福祉健康科学サロン  (大分市)  10 Jul 2019
臨床研究の進め方
[Lecturer]  第2回広島大学卒業生研究検討会  (広島市)  9 Mar 2019
身体運動のバイオメカニクス研究について
[Lecturer]  おおいた産学官交流合同シンポジウム  (大分市)  22 Jan 2019
変形性膝関節症のバイオメカニクス
[Lecturer]  大場整形外科  20 Dec 2018
運動の意義について・体力アッププログラム
[Lecturer]  九州電力株式会社  体力測定会  (大分市)  18 Oct 2018
研究計画立案
[Lecturer]  大分県理学療法士協会  研究推進セミナー(演習:実践編)  (大分市)  8 Jun 2018
[Lecturer]  大分高等教育協議会  とよのまなびコンソーシアムおおいた連携講座 豊の国学 分野別講座  (大分市)  20 Mar 2017
[Lecturer]  大分県産業科学技術センター  第2回合同研究成果発表会(食品・健康分野)  (大分市)  20 Oct 2016

Others

 
Feb 2019   臨床実習指導者講習会 修了
May 2017   認定理学療法士(基礎)
Apr 2011   認定理学療法士(運動器)
Apr 2011   専門理学療法士(運動器)
Apr 2002   理学療法士免許