IKAWA Masamichi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 9, 2019 at 15:51
 
Avatar
Name
IKAWA Masamichi
Affiliation
University of Fukui
Section
Faculty of Medical Sciences
Research funding number
60444212

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
University of Fukui
 
Apr 2017
 - 
Today
Biomedical Imaging Research Center, University of Fukui
 
Apr 2013
 - 
Today
University of Fukui
 
Nov 2013
 - 
Oct 2015
Visiting Fellow, Molecular Imaging Branch / NIMH, National Institutes of Health, USA
 

Education

 
Apr 2007
 - 
Jun 2011
Graduate School of Medical Sciences, University of Fukui
 
Apr 1994
 - 
Mar 2000
Faculty of Medical Sciences, Fukui Medical University
 

Awards & Honors

 
Nov 2016
Award, Tsubaki Memorial Neuroscience Research Foundation
 
Nov 2013
Wagner-Torizuka Fellowship, The Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
 
Sep 2010
Student Travel Stipend Award, World Molecular Imaging Congress 2010
 
Dec 2010
Young Investigator Award, 7th Annual Meeting of ASMRM
 
Nov 2018
Best Poster Award, 15th ASMRM
 

Published Papers

 
Current Opinion in Clinical Nutrition and Metabolic Care      Nov 2019   [Refereed]
Akiko Matsunaga, Masamichi Ikawa, Yasutaka Kawamura, Toru Kishitani, Osamu Yamamura, Tadanori Hamano, Hirohiko Kimura, Yasunari Nakamoto, Makoto Yoneda
Journal of the Neurological Sciences   116453   Nov 2019   [Refereed]
Enomoto S, Shigemi H, Kitazaki Y, Ikawa M, Yamamura O, Hamano T, Tai K, Iwasaki H, Koizumi H, Hasegawa M, Takeda K, Nakamoto Y
Journal of the neurological sciences   399 169-171   Apr 2019   [Refereed]
Ikawa M, Okazawa H, Yoneda M
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   71(2) 161-166   Feb 2019   [Refereed]
Ikawa M, Kimura H, Kitazaki Y, Sugimoto K, Matsunaga A, Hayashi K, Yamamura O, Tsujikawa T, Hamano T, Yoneda M, Okazawa H, Nakamoto Y
Journal of the neurological sciences   394 58-62   Sep 2018   [Refereed]
Shrestha S, Singh P, Cortes-Salva MY, Jenko KJ, Ikawa M, Kim MJ, Kobayashi M, Morse CL, Gladding RL, Liow JS, Zoghbi SS, Fujita M, Innis RB, Pike VW
ACS chemical neuroscience      Jun 2018   [Refereed]
Shirafuji Norimichi, Hamano Tadanori, Yen Shu-Hui, Kanaan Nicholas M., Yoshida Hirotaka, Hayashi Kouji, Ikawa Masamichi, Yamamura Osamu, Kuriyama Masaru, Nakamoto Yasunari
INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   19(3)    Mar 2018   [Refereed]
Fujita Masahiro, Kobayashi Masato, Ikawa Masamichi, Gunn Roger N., Rabiner Eugenii A., Owen David R., Zoghbi Sami S., Haskali Mohamad B., Telu Sanjay, Pike Victor W., Innis Robert B.
EJNMMI RESEARCH   7(1) 84   Oct 2017   [Refereed]
Yamaguchi T, Matsunaga A, Ikawa M, Shirafuji N, Nishino I, Hamano T
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   57(3) 118-123   Mar 2017   [Refereed]
Kishitani Toru, Matsunaga Akiko, Ikawa Masamichi, Hayashi Kouji, Yamamura Osamu, Hamano Tadanori, Watanabe Osamu, Tanaka Keiko, Nakamoto Yasunari, Yoneda Makoto
MEDICINE   96(10) e6181   Mar 2017   [Refereed]
Ikawa M, Lohith TG, Shrestha S, Telu S, Zoghbi SS, Castellano S, Taliani S, Da Settimo F, Fujita M, Pike VW, Innis RB, Biomarkers Consortium Radioligand Project Team.
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   58(2) 320-325   Feb 2017   [Refereed]
Neishi Hiroyuki, Ikawa Masamichi, Okazawa Hidehiko, Tsujikawa Tetsuya, Arishima Hidetaka, Kikuta Ken-ichiro, Yoneda Makoto
EUROPEAN NEUROLOGY   78(3-4) 161-168   2017   [Refereed]
Shrestha Stal S., Liow Jeih-San, Jenko Kimberly, Ikawa Masamichi, Zoghbi Sami S., Innis Robert B.
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   57(12) 1945-1948   Dec 2016   [Refereed]
Hamano Tadanori, Shirafuji Norimichi, Makino Chiemi, Yen Shu-Hui, Kanaan Nicholas M., Ueno Asako, Suzuki Jinya, Ikawa Masamichi, Matsunaga Akiko, Yamamura Osamu, Kuriyama Masaru, Nakamoto Yasunari
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   478(3) 1035-1042   Sep 2016   [Refereed]
Hayashi K, Hamano T, Kawamura Y, Kimura H, Matsunaga A, Ikawa M, Yamamura O, Mutoh T, Higuchi I, Kuriyama M, Nakamoto Y
European neurology   76(1-2) 87-94   2016   [Refereed]
Ikawa Masamichi, Okazawa Hidehiko, Tsujikawa Tetsuya, Matsunaga Akiko, Yamamura Osamu, Mori Tetsuya, Hamano Tadanori, Kiyono Yasushi, Nakamoto Yasunari, Yoneda Makoto
NEUROLOGY   84(20) 2033-2039   May 2015   [Refereed]
Lyoo Chul Hyoung, Ikawa Masamichi, Liow Jeih-San, Zoghbi Sami S., Morse Cheryl L., Pike Victor W., Fujita Masahiro, Innis Robert B., Kreisl William Charles
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   56(5) 701-706   May 2015   [Refereed]
Ratio method for C-11-PBR28 detects increase in translocator protein binding in Alzheimer's disease
Kreisl William, Lyoo Chul Hyoung, Ikawa Masamichi, Liow Jeih-San, Zoghbi Sami, Morse Cheryl, Pike Victor, Fujita Masahiro, Innis Robert
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   56(3)    May 2015   [Refereed]
Blockade of translocator protein (TSPO) to measure specific binding of C-11-(R)-PK 11195 in human brain
Kobayashi Masato, Jenko Kimberly, Zoghbi Sami, Lohith Talakad, Rallis-Frutos Denise, Page Emily, Ikawa Masamichi, Pike Victor, Innis Robert, Fujita Masahiro
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   56(3)    May 2015   [Refereed]
Differential in vitro and in vivo sensitivity of [C-11]ER176 to a genetic polymorphism in the gene for translocator protein
Ikawa Masamichi, Lohith Talakad, Jenko Kimberly, Shrestha Stal, Telu Sanjay, Zoghbi Sami, Fujita Masahiro, Pike Victor, Innis Robert
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   56(3)    May 2015   [Refereed]
Watanabe Yurika, Suzuki Shigeaki, Nishimura Hiroaki, Murata Ken-ya, Kurashige Takashi, Ikawa Masamichi, Asahi Masaru, Konishi Hirofumi, Mitsuma Satsuki, Kawabata Satoshi, Suzuki Norihiro, Nishino Ichizo
MEDICINE   94(4) e416   Jan 2015   [Refereed]
Ratio measure of C-11-PBR28 binding allows noninvasive quantification of neuroinflammation in Alzheimer's disease
Ikawa Masamichi, Lyoo Chul Hyoung, Jenko Kimberly, Morse Cheryl, Zoghbi Sami, Pike Victor, McMahon Francis, Turner Raymond, Innis Robert, Kreisl William
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   55    May 2014   [Refereed]
Evaluation of cerebral oxidative stress in amyotrophic lateral sclerosis using Cu-62-ATSM PET
Okazawa Hidehiko, Ikawa Masamichi, Tsujikawa Tetsuya, Matsunaga Akiko, Mori Tetsuya, Kiyono Yasushi, Yoneda Makoto
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   55    May 2014   [Refereed]
Muramatsu Tomoko, Ikawa Masamichi, Yoneda Makoto, Sugimoto Katsuya, Matsunaga Akiko, Yamamura Osamu, Hamano Tadanori, Okazawa Hidehiko, Nakamoto Yasunari
EUROPEAN NEUROLOGY   72(1-2) 13-19   2014   [Refereed]
Kamisawa T, Ikawa M, Hamano T, Nagata M, Kimura H, Yoneda M
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   54(3) 234-237   2014   [Refereed]
Saito Y, Matsunaga A, Yamamura O, Ikawa M, Hamano T, Yoneda M
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   54(8) 637-642   2014   [Refereed]
Ikawa Masamichi, Yoneda Makoto, Muramatsu Tomoko, Matsunaga Akiko, Tsujikawa Tetsuya, Yamamoto Tatsuya, Kosaka Nobuyuki, Kinoshita Kazuyuki, Yamamura Osamu, Hamano Tadanori, Nakamoto Yasunari, Kimura Hirohiko
MITOCHONDRION   13(6) 676-680   Nov 2013   [Refereed]
Ikawa Masamichi, Kimura Hirohiko, Muramatsu Tomoko, Matsunaga Akiko, Tsujikawa Tetsuya, Yamamoto Tatsuya, Kosaka Nobuyuki, Kinoshita Kazuyuki, Yamamura Osamu, Hamano Tadanori, Nakamoto Yasunari, Yoneda Makoto
NEUROLOGY   80    Feb 2013   [Refereed]
Kishitani Toru, Matsunaga Akiko, Muramatsu Tomoko, Kame Tomomi, Ikawa Masamichi, Nakamoto Yasunari, Yoneda Makoto
NEUROLOGY   80(1) 14-20   Feb 2013   [Refereed]
Hashimoto's Encephalopathy Associated with Anti-NAE Autoantibodies: Analysis of 101 Patients
Matsunaga Akiko, Kishitani Toru, Muramatsu Tomoko, Kame Tomomi, Ikawa Masamichi, Nakamoto Yasunari, Yoneda Makoto
NEUROLOGY   80    Feb 2013   [Refereed]
Ishitobi Makoto, Yoneda Makoto, Ikawa Masamichi, Matsunaga Akiko, Ueno Kanji, Kimura Hirohiko, Wada Yuji
PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES   67(2) 128-129   Feb 2013   [Refereed]
Yamamura O, Nakachi R, Ikawa M, Hamano T, Yoneda M, Yamashita Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   53(1) 29-32   2013   [Refereed]
Matsunaga Akiko, Ikawa Masamichi, Fujii Akihiro, Nakamoto Yasunari, Kuriyama Masaru, Yoneda Makoto
EUROPEAN NEUROLOGY   69(1) 14-20   2013   [Refereed]
Endo Y, Ikawa M, Takahashi N, Nishino I, Suzuki S, Yoneda M
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   53(8) 634-637   2013   [Refereed]
Muramatsu T, Hamano T, Shirafuji N, Matsunaga A, Ikawa M, Yoneda M
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   53(9) 716-720   2013   [Refereed]
Yoneda Makoto, Ikawa Masamichi, Arakawa Kenichiro, Kudo Takashi, Kimura Hirohiko, Fujibayashi Yasuhisa, Okazawa Hidehiko
BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS   1820(5) 615-618   May 2012   [Refereed]
PET Imaging of Striatal Oxidative Stress in Patients with Parkinson's Disease Using Cu-62-ATSM
Ikawa Masamichi, Okazawa Hidehiko, Kudo Takashi, Nakamoto Yasunari, Fujibayashi Yasuhisa, Yoneda Makoto
NEUROLOGY   78    Apr 2012   [Refereed]
In Vitro and In Vivo Imaging of Over-Reduction States (Oxidative Stress) in MELAS Using PET Radiopharmaceutical Cu-ATSM
Yoneda Makoto, Ikawa Masamichi, Yoshii Yukie, Nakamoto Yasunari, Fujibayashi Yasuhisa, Okazawa Hidehiko
NEUROLOGY   78    Apr 2012   [Refereed]
In Vitro and In Vivo Imaging of Over-Reduction States (Oxidative Stress) in MELAS Using PET Radiopharmaceutical Cu-ATSM
Yoneda Makoto, Ikawa Masamichi, Yoshii Yukie, Nakamoto Yasunari, Fujibayashi Yasuhisa, Okazawa Hidehiko
NEUROLOGY   78    Apr 2012   [Refereed]
PET Imaging of Striatal Oxidative Stress in Patients with Parkinson's Disease Using Cu-62-ATSM
Ikawa Masamichi, Okazawa Hidehiko, Kudo Takashi, Nakamoto Yasunari, Fujibayashi Yasuhisa, Yoneda Makoto
NEUROLOGY   78    Apr 2012   [Refereed]
Tsujikawa Tetsuya, Yamamoto Tatsuya, Ikawa Masamichi, Yoneda Makoto, Kimura Hirohiko
ACTA RADIOLOGICA   53(2) 220-222   Mar 2012   [Refereed]
Yoshii Yukie, Yoneda Makoto, Ikawa Masamichi, Furukawa Takako, Kiyono Yasushi, Mori Tetsuya, Yoshii Hiroshi, Oyama Nobuyuki, Okazawa Hidehiko, Saga Tsuneo, Fujibayashi Yasuhisa
NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY   39(2) 177-185   Feb 2012   [Refereed]
Kitai Ryuhei, Hashimoto Norichika, Yamate Kouji, Ikawa Masamichi, Yoneda Makoto, Nakajima Tsuyoshi, Arishima Hidetaka, Takeuchi Hiroaki, Sato Kazufumi, Kikuta Ken-Ichiro
BRAIN TUMOR PATHOLOGY   29(1) 47-53   Jan 2012   [Refereed]
Ikawa Masamichi, Arakawa Kenichiro, Hamano Tadanori, Nagata Miwako, Nakamoto Yasunari, Kuriyama Masaru, Koga Yasutoshi, Yoneda Makoto
EUROPEAN NEUROLOGY   67(4) 232-237   2012   [Refereed]
Ikawa Masamichi, Okazawa Hidehiko, Kudo Takashi, Kuriyama Masaru, Fujibayashi Yasuhisa, Yoneda Makoto
NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY   38(7) 945-951   Oct 2011   [Refereed]
Arakawa Kenichiro, Kudo Takashi, Ikawa Masamichi, Morikawa Norihiro, Kawai Yasuyuki, Sahashi Ko, Lee Jong-Dae, Kuriyama Masaru, Miyamori Isamu, Okazawa Hidehiko, Yoneda Makoto
CIRCULATION JOURNAL   74(12) 2702-2711   Dec 2010   [Refereed]
Ikawa Masamichi, Yoneda Makoto, Tanaka Masashi
CIRCULATION JOURNAL   74(12) 2560-2561   Dec 2010   [Refereed]
Arakawa K, Kudo T, Ikawa M, Morikawa N, Kawai Y, Sahashi K, Lee JD, Kuriyama M, Miyamori I, Okazawa H, Yoneda M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   74(12) 2702-2711   Nov 2010   [Refereed]
Ikawa M, Yoneda M, Tanaka M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   74(12) 2560-2561   Nov 2010   [Refereed]
[Paraneoplastic retinopathy and optic neuropathy].
Ikawa M, Kuriyama M
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   62(4) 371-376   Apr 2010   [Refereed]
Tsujikawa Tetsuya, Yoneda Makoto, Shimizu Yukio, Uematsu Hidemasa, Toyooka Mariko, Ikawa Masamichi, Kudo Takashi, Okazawa Hidehiko, Kuriyama Masaru, Kimura Hirohiko
BRAIN & DEVELOPMENT   32(2) 143-149   Feb 2010   [Refereed]
Ikawa Masamichi, Yoneda Makoto, Matsunaga Akiko, Nakagawa Hiroto, Kazama-Suzuki Asuka, Miyashita Nobuo, Naiki Hironobu, Kitamoto Tetsuyuki, Kuriyama Masaru
JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   285(1-2) 265-267   Oct 2009   [Refereed]
[Mitochondrial dysfunction as a promoting factor of senescence].
Ikawa M, Yoneda M
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   67(7) 1321-1325   Jul 2009   [Refereed]
Ikawa Masamichi, Okazawa Hidehiko, Arakawa Kenichiro, Kudo Takashi, Kimura Hirohiko, Fujibayashi Yasuhisa, Kuriyama Masaru, Yoneda Makoto
MITOCHONDRION   9(2) 144-148   Apr 2009   [Refereed]
[Progress on diagnosis of and therapy for drug-induced neuromuscular disorders (discussion)].
Kuriyama M, Teramoto J, Sato S, Nakagawa M, Ikawa M
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   96(8) 1664-1685   Aug 2007   [Refereed]
Ikawa Masamichi, Kawai Yasuyuki, Arakawa Kenichiro, Tsuchida Tatsuro, Miyamori Isamu, Kuriyama Masaru, Tanaka Masashi, Yoneda Makoto
MITOCHONDRION   7(1-2) 164-170   Feb 2007   [Refereed]
[Case of oromandibular dystonia presenting with severe impairment of mouth-opening, and a marked effect by administration of baclofen].
Ikawa M, Yoneda M, Nakagawa H, Kuriyama M
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   46(9) 661-663   Sep 2006   [Refereed]
[A case of chorea-acanthocytosis onset with at age 86].
Ikawa M, Yoneda M, Kuriyama M
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   45(8) 603-606   Aug 2005   [Refereed]

Misc

 
酸化ストレスイメージング ミトコンドリア病,神経変性疾患への応用
井川 正道, 岡沢 秀彦, 米田 誠
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   71(2) 0161-0166   Feb 2019
<文献概要>神経変性疾患では,ミトコンドリア障害による酸化ストレスの関与が以前より示唆されている。われわれは62Cu-ATSM PETによって,生体脳における酸化ストレスのイメージングに成功し,ミトコンドリア病,パーキンソン病,筋萎縮性側索硬化症における患者脳での酸化ストレス増強と,その神経変性機序への関与を明らかにした。酸化ストレスを標的とした創薬が望まれ,イメージングは薬効の評価にも役立つであろう。
【ミトコンドリアの基礎と臨床】ミトコンドリア病の病態メカニズム
井川 正道, 米田 誠
Medical Science Digest   44(10) 559-562   Sep 2018
ミトコンドリア病は、主にミトコンドリア遺伝子変異によるミトコンドリア機能不全が原因であり、ミトコンドリア脳筋症・乳酸アシドーシス・脳卒中様発作症候群(MELAS)が代表的な病型である。MELASの特徴的症状である脳卒中様発作では、分子イメージングによって、ミトコンドリア機能低下を基礎として局所脳血流の増加と嫌気的代謝へのシフトが起き、酸化ストレスによる酸化的損傷に至るという病態メカニズムが明らかになった。今後、病態を踏まえた治療法の開発が望まれ、分子イメージングはその評価にも有用である。(...
アルツハイマー病患者における64Cu-ATSM PET酸化ストレスイメージング
井川 正道, 岡沢 秀彦, 辻川 哲也, 森 哲也, 清野 泰, 米田 誠
核医学   54(Suppl.) S205-S205   Sep 2017
【内科診療に潜む脳炎・脳症】 ミトコンドリア病
井川 正道, 米田 誠
日本内科学会雑誌   106(8) 1584-1590   Aug 2017
【ミトコンドリア研究UPDATE】 臨床への展開 ミトコンドリア代謝・酸化ストレスの分子イメージング
井川 正道, 米田 誠
医学のあゆみ   260(1) 67-72   Jan 2017
ミトコンドリア機能・代謝障害および酸化ストレスは、ミトコンドリア病や多くの神経変性疾患の病態に関与していることが基礎研究から示唆されているが、これまで生体での評価は困難であった。最近のPET、SPECT、MRIによる分子イメージング技術の進歩によって、患者生体における局所的な病態変化を直接的・非侵襲的に評価することが可能となってきている。著者らは分子イメージングによって、ミトコンドリア心筋症患者におけるミトコンドリア代謝の変化、パーキンソン病(PD)や筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者におけ...
本年の動向 神経変性疾患の酸化ストレスイメージング
井川 正道, 岡沢 秀彦, 米田 誠
Annual Review神経   2017 87-93   Jan 2017
【骨格筋症候群(第2版)-その他の神経筋疾患を含めて-】[上] 炎症性筋疾患 非感染性筋炎 膠原病にみられるミオパチー 全身性エリテマトーデス(SLE)
井川 正道, 米田 誠
日本臨床   別冊(骨格筋症候群(上)) 338-341   May 2015
【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 てんかん症候群 その他の重要な病態 進行性ミオクローヌスてんかんを示す疾患 MERRF(赤色ぼろ線維を伴うミオクローヌスてんかん症候群)
井川 正道, 米田 誠
日本臨床   別冊(神経症候群VI) 345-348   Dec 2014
【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第3章)脳内環境をモニターするイメージング パーキンソン病および関連神経変性疾患のPET酸化ストレスイメージング
米田 誠, 井川 正道, 岡沢 秀彦
遺伝子医学MOOK   (26) 212-215   Nov 2014
パーキンソン病(PD)などの神経変性疾患の病因や病態において酸化ストレスが大きく関与しており,患者の生体脳においてミトコンドリア機能障害や酸化ストレスを評価することは病態解明や薬物の治療効果判定のモニタリングとして非常に重要である。核種標識化合物62Cu-ATSMを用いたPETによって,ミトコンドリア機能障害による酸化ストレスを生体脳でイメージングすることが可能となり,孤発性や遺伝性PDを含む神経変性疾患において脳局所の酸化ストレスの増大が明らかとなってきている。(著者抄録)
【心不全と代謝】 ミトコンドリア心筋症と代謝治療
荒川 健一郎, 井川 正道, 米田 誠
細胞   46(7) 320-323   Jul 2014
ミトコンドリア心筋症は、エネルギー産生の源であるミトコンドリアの呼吸鎖の障害によって生じる疾患である。その病因としてミトコンドリアや核のゲノムの変異が数多く報告されている。ミトコンドリア病患者において、心筋症は生命予後を決定づける重要な臓器障害の一つである。その中で、MELAS症候群は最も代表的な病型の一つで、心筋症を高頻度に合併する。近年の核医学的画像技術の進歩によって、ミトコンドリア心筋症における細胞内のエネルギー代謝の変化を患者において非侵襲的に評価しうる"生体機能イメージング"が開...
神澤 朋子, 井川 正道, 濱野 忠則, 永田 美和子, 木村 浩彦, 米田 誠
臨床神経学   54(3) 234-237   Mar 2014
症例は67歳男性である。独居であった。冬に急性に発症した意識障害にて入院した。意識障害の進行とともに、頭部MRIで両側大脳白質にびまん性に拡大するT2高信号病変がみとめられた。来院時の動脈血カルボキシヘモグロビン(carboxyhemoglobin;COHb)は正常であった。白質病変における1H-MR spectroscopy(MRS)にて、脱髄、嫌気性代謝亢進、神経細胞減少といった、一酸化炭素(CO)中毒による遅発性脳症に特徴的な所見がみとめられた。家族への詳細な問診によって発症2週間前...
村松 倫子, 濱野 忠則, 白藤 法道, 松永 晶子, 井川 正道, 米田 誠
臨床神経学   53(9) 716-720   Sep 2013
症例は57歳男性である。精神発達遅滞を有する。1年4ヵ月前より性格変化が出現し、無言・無動症となった。痙攣重積状態となり入院した。脳波でperiodic synchronous dischargeをみとめ、脳MRI拡散強調画像で両前頭葉皮質・視床・右島に高信号域をみとめたため、孤発性Creutzfeldt-Jakob病(CJD)がうたがわれた。しかし、甲状腺自己抗体および抗N末端α-enolase抗体が陽性であり、ステロイドにて臨床症状、脳波・MRI所見の明らかな改善をみとめたため橋本病症...
【神経内科検査のみかた-脳のイメージングを中心に】 どんなイメージがあるの? 62Cu-ATSM PET
井川 正道, 岡沢 秀彦, 米田 誠
Modern Physician   33(5) 577-579   May 2013
62Cu-ATSM PETは、脳の酸化ストレスイメージングとして有用である。本PETは、ミトコンドリア機能障害によって酸化ストレスが増強している部位を描出できる。本PETで、ミトコンドリア脳筋症、パーキンソン病などでの酸化ストレス増強を証明できた。各種の脳神経疾患における、本PETによる酸化ストレスイメージングが可能となりつつある。本PETによって、神経変性・障害への酸化ストレスの関与が明らかになることが期待される。(著者抄録)
【心疾患の病理】 ミトコンドリア心筋症
井川 正道, 米田 誠, 田中 雅嗣
循環器内科   72(6) 592-598   Dec 2012
【イメージテクノロジーの進歩と脳卒中治療】 最新のニューロイメージングと脳卒中治療への新たな展望 造影剤を用いない灌流画像法3D-ASL(3D-Arterial Spin Labeling)の基礎と応用 脳卒中、脳血管障害への臨床応用を中心に
木村 浩彦, 新井 良和, 菊田 健一郎, 井川 正道, 米田 誠
The Mt. Fuji Workshop on CVD   30 63-70   Jul 2012
【心筋症・心筋炎 基礎と臨床の最前線2010】 知っておきたい二次性心筋症 ミトコンドリア心筋症
井川 正道, 米田 誠, 田中 雅嗣
綜合臨床   59(8) 1787-1791   Aug 2010
脳エネルギー代謝研究の最前線 PETによる脳循環エネルギー代謝研究
岡沢 秀彦, 清野 泰, 磯崎 誠, 井川 正道, 森 哲也, 米田 誠
脳循環代謝   21(2) 10-14   Jul 2010
ヒトの脳循環代謝計測は、1940年代に開発されたKety-Schmidt法により直接計測が可能となり、その後15O-gas PETによる血流代謝、18F-FDGを用いた糖代謝の計測法が考案され、脳循環と代謝の関係が病態とともにダイナミックに変化する過程が明らかにされた。また、神経活動に伴う脳血流と酸素代謝のuncouplingという生理現象の発見がBOLDシグナルの開発をもたらし、fMRIによる様々な高次脳機能の解明が進められるに至った。こうした基本的なエネルギー代謝の観察のみでなく、近年...
【傍腫瘍性神経筋疾患update】 傍腫瘍性網膜症・視神経症
井川 正道, 栗山 勝
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   62(4) 371-376   Apr 2010
進行期Parkinson病に対するL-DOPA血中濃度を指標とした薬剤コントロールの検討
松永 晶子, 井川 正道, 佐藤 万美子, 山村 修, 濱野 忠則, 米田 誠, 永井 将弘, 野元 正弘, 栗山 勝
神経治療学   27(1) 91-96   Jan 2010
薬剤コントロールが困難となったHoehn-Yahr stage IV以上の進行期Parkinson病6例を対象に、L-DOPAの血中濃度を高速液体クロマトグラフィーで測定した。対象はwearing-off現象やジスキネジアを合併し、症状の日内変動が顕著であった。L-DOPAの血中濃度は臨床症状とほぼ相関していたが、個人差が大きかった。そこで、L-DOPAの血中動態を分析し、その結果を指標としてL-DOPAの投与法を変更したところ、症状を改善することができた。以上、薬剤コントロールが困難とな...
【アンチエイジング医学 基礎・臨床研究の進歩】 基礎研究の進歩 老化と寿命決定因子 老化促進因子としてのミトコンドリア機能異常
井川 正道, 米田 誠
日本臨床   67(7) 1321-1325   Jul 2009
【薬物と神経筋障害 診断と治療の進歩】 薬物と神経筋障害 診断と治療の進歩
栗山 勝, 寺本 純, 佐藤 滋, 中川 正法, 井川 正道
日本内科学会雑誌   96(8) 1664-1685   Aug 2007
藤山 二郎, 木ノ元 景子, 山村 修, 藤井 明弘, 井川 正道, 奥田 智行, 李 相植, 斉藤 隆也, 栗山 勝
静脈経腸栄養   22(2) 181-187   Jun 2007
絶食患者におけるビタミン非添加末梢静脈栄養(PPN)時の血中水溶性ビタミン濃度の変化について検討した。対象は入院と同時に絶食で水溶性ビタミンを含まないPPNを行った患者19例(男性12例、女性7例、平均年来72.7歳)で、疾患別に消化器疾患群6例(胃十二指腸潰瘍3例、食道潰瘍、大腸炎、胆嚢炎各1例)と神経疾患群13例(全例脳梗塞)に分けて比較した。その結果、1)入院の時点で両群ともビタミンB6、ビタミンCが低値の傾向であった。2)消化器疾患群では、入院時点でビタミンB1、B2、B6、B12...
著明な開口障害を呈し、バクロフェンが奏功した顎口腔ジストニアの1例
井川 正道, 米田 誠, 中川 広人, 栗山 勝
臨床神経学   46(9) 661-663   Sep 2006
症例は67歳、女性である。不随意な強い閉口をともなう、著明な開口障害による摂食障害にて受診した。咽頭や舌の動きは正常であり、顎や頬を触るとわずかに開口できた。表面筋電図にて筋収縮の相反性が消失していた。経過および検査結果より、破傷風、テタニーは否定的であった。特発性顎口腔ジストニア(oromandibular dystonia;OMD)と診断し、GABA誘導体で中枢性筋弛緩作用をもつバクロフェンの内服を開始したところ、著明な改善がみとめられた。バクロフェンは、OMDにおいて、考慮すべき治療...
【ミトコンドリア病】 主なミトコンドリア脳筋症 MERRF(myoclonus epilepsy associated with ragged-red fibers)
井川 正道, 米田 誠
Clinical Neuroscience   24(6) 662-664   Jun 2006
86歳発症のchorea-acanthocytosisの1例
井川 正道, 米田 誠, 栗山 勝
臨床神経学   45(8) 603-606   Aug 2005
87歳女性.患者は86歳時に口・舌の不随意運動で舌・口唇を咬むことが多くなり,次第に痴呆症状や性格変化を呈し,全身痙攣を繰り返し入院となった.長谷川式簡易痴呆評価スケールでは9/30点で,見当識,短期記憶,喚起障害を認め,口・舌ジスキネジアで出血を伴う咬傷,舌を捻転する舞踏様ジスキネジアでの嚥下・構音障害,下肢の舞踏様運動,四肢の筋力低下と筋萎縮,深部腱反射の低下を認めた.末梢血には有棘赤血球を認めたが,脂質代謝や赤血球Kell抗原の発現は正常で,以上よりchorea-acanthocyt...
井川 正道, 米田 誠
臨床検査   49(1) 25-32   Jan 2005
交叉性失語を呈した脳梗塞症例のfunctional MRIを用いた言語野の検討
井川 正道, 米田 誠, 中川 広人, 山田 弘樹, 栗山 勝
神経内科   61(2) 193-195   Aug 2004
78歳右利き女性.患者は発語困難を主訴に,頭部CTで脳梗塞が疑われ入院となった.入院時,中枢性の左顔面神経麻痺および左上肢麻痺を認め,失語型は自発言語のみの障害で,復唱が不良であることから,純粋語唖であると考えられた.一方,頭部MRI拡散強調画像,SPECTでは,責任病巣は右中心前回であると考えられた.そのため更にfMRIを用いて言語野の局在を検討したところ,右半球優位に言語野が存在することが明らかとなった.以上の結果からも,本症例は生来右手利きであるにもかかわらず,脳梗塞急性期により交叉...
咬傷を伴う口舌ジスキネジアで初発した高齢発症のChoreaacanthocytosisの一例
井川 正道, 米田 誠, 藤井 明弘, 山村 修, 中川 広人, 濱野 忠則, 藤山 二郎, 栗山 勝
臨床神経学   44(2) 129-129   Feb 2004
【ミトコンドリア異常症 研究と診察の最前線】 後天性ミトコンドリア異常症 中毒,神経変性,老化
井川 正道, 米田 誠
脳の科学   25(4) 343-348   Apr 2003
環境因子や薬剤によって引き起こされるミトコンドリア異常の代表としては,Leber遺伝性視神経萎縮症とcyanide,Reye症候群とaspirin,adriamycinによる心筋障害があげられる.又,神経変性疾患であるパーキンソン病,Friedreich失調症,遺伝性痙性対麻痺においてもミトコンドリアの機能的異常が深く病態に関与している.更に,老化においては,加齢に伴うミトコンドリアの機能的障害と酸化ストレスの増大が中心的役割を担っている.これら後天性ミトコンドリア異常症を取り上げ概説した
肝外シャントによる脳症の2症例 interventional radiology(IVR)による治療と頭部MRI上の淡蒼球異常信号
井川 正道, 米田 誠, 松永 心祐, 奥田 智行, 中川 広人, 伊原 昇, 伊藤 春海, 栗山 勝
神経治療学   20(1) 71-76   Jan 2003
72歳男(症例1).66歳頃より異常行動が出現し,1年前に高アンモニア血症,肝外シャントを指摘された.腹部CTでシャント血管は内径1cmで,腹部血管造影では脾静脈より左腎静脈へ流入するシャント血管が認められた.下大静脈より左腎静脈のシャント血管へカテーテルを進め,バルーンで閉塞して硬化薬を注入し,逆行性に塞栓した.術後合併症はなく,数日後に異常行動は消失し,血中アンモニア値も正常化した.頭部MRIでは両側淡蒼球の異常高信号の改善が認められた.65歳女(症例2).63歳頃より異常行動が出現し...

Research Grants & Projects

 
Scientific Research (B)
JSPS: KAKEN
Project Year: 2018 - 2020    Investigator(s): OKAZAWA Hidehiko
Scientific Research (C)
JSPS: KAKEN
Project Year: 2016 - 2018    Investigator(s): IKAWA Masamichi
Scientific Research (C)
JSPS: KAKEN
Project Year: 2013 - 2015    Investigator(s): IKAWA Masamichi
Young Scientists (B)
JSPS: KAKEN
Project Year: 2011 - 2012    Investigator(s): IKAWA Masamichi
Young Scientists (B)
JSPS: KAKEN
Project Year: 2009 - 2010    Investigator(s): IKAWA Masamichi