西山 知佳

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/22 14:30
 
アバター
研究者氏名
西山 知佳
 
ニシヤマ チカ
URL
https://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/uS3tU
所属
京都大学
部署
医学研究科 人間健康科学系専攻 臨床看護学講座 クリティカルケア看護学分野
職名
准教授
学位
博士(社会健康)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
京都大学 
 
 
   
 
京都府立医科大学
 

論文

 
Soar J, Maconochie I, Wyckoff MH, Olasveengen TM, Singletary EM, Greif R, Aickin R, Bhanji F, Donnino MW, Mancini ME, Wyllie JP, Zideman D, Andersen LW, Atkins DL, Aziz K, Bendall J, Berg KM, Berry DC, Bigham BL, Bingham R, Couto TB, Böttiger BW, Borra V, Bray JE, Breckwoldt J, Brooks SC, Buick J, Callaway CW, Carlson JN, Cassan P, Castrén M, Chang WT, Charlton NP, Cheng A, Chung SP, Considine J, Couper K, Dainty KN, Dawson JA, de Almeida MF, de Caen AR, Deakin CD, Drennan IR, Duff JP, Epstein JL, Escalante R, Gazmuri RJ, Gilfoyle E, Granfeldt A, Guerguerian AM, Guinsburg R, Hatanaka T, Holmberg MJ, Hood N, Hosono S, Hsieh MJ, Isayama T, Iwami T, Jensen JL, Kapadia V, Kim HS, Kleinman ME, Kudenchuk PJ, Lang E, Lavonas E, Liley H, Lim SH, Lockey A, Lofgren B, Ma MH, Markenson D, Meaney PA, Meyran D, Mildenhall L, Monsieurs KG, Montgomery W, Morley PT, Morrison LJ, Nadkarni VM, Nation K, Neumar RW, Ng KC, Nicholson T, Nikolaou N, Nishiyama C, Nuthall G, Ohshimo S, Okamoto D, O'Neil B, Ong GY, Paiva EF, Parr M, Pellegrino JL, Perkins GD, Perlman J, Rabi Y, Reis A, Reynolds JC, Ristagno G, Roehr CC, Sakamoto T, Sandroni C, Schexnayder SM, Scholefield BR, Shimizu N, Skrifvars MB, Smyth MA, Stanton D, Swain J, Szyld E, Tijssen J, Travers A, Trevisanuto D, Vaillancourt C, Van de Voorde P, Velaphi S, Wang TL, Weiner G, Welsford M, Woodin JA, Yeung J, Nolan JP, Hazinski MF
Circulation   CIR0000000000000734   2019年11月   [査読有り]
Considine J, Gazmuri RJ, Perkins GD, Kudenchuk PJ, Olasveengen TM, Vaillancourt C, Nishiyama C, Hatanaka T, Mancini ME, Chung SP, Escalante-Kanashiro R, Morley P
Resuscitation      2019年9月   [査読有り]
Hatakeyama T, Kiguchi T, Kobayashi D, Nakamura N, Nishiyama C, Hayashida S, Kiyohara K, Kitamura T, Kawamura T, Iwami T
Journal of cardiology      2019年9月   [査読有り]
Kishimori T, Kiguchi T, Kiyohara K, Matsuyama T, Shida H, Nishiyama C, Kobayashi D, Okabayashi S, Shimamoto T, Hayashida S, Kitamura T, Kawamura T, Iwami T
International journal of cardiology      2019年8月   [査読有り]
Shida H, Matsuyama T, Kiyohara K, Kitamura T, Kishimori T, Kiguchi T, Nishiyama C, Kobayashi D, Okabayashi S, Shimamoto T, Kawamura T, Iwami T
Scandinavian journal of trauma, resuscitation and emergency medicine   27(1) 79   2019年8月   [査読有り]
Kobayashi D, Sado J, Kiyohara K, Kitamura T, Kiguchi T, Nishiyama C, Okabayashi S, Shimamoto T, Matsuyama T, Kawamura T, Iwami T
Journal of cardiology      2019年7月   [査読有り]
Nishiyama C, Sato R, Baba M, Kuroki H, Kawamura T, Kiguchi T, Kobayashi D, Shimamoto T, Koike K, Tanaka S, Naito C, Iwami T
Resuscitation   141 63-68   2019年6月   [査読有り]
Kiguchi T, Kiyohara K, Kitamura T, Nishiyama C, Kobayashi D, Okabayashi S, Shimamoto T, Matsuyama T, Kawamura T, Iwami T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society      2019年6月   [査読有り]
Matsui S, Kitamura T, Sado J, Kiyohara K, Kobayashi D, Kiguchi T, Nishiyama C, Okabayashi S, Shimamoto T, Matsuyama T, Kawamura T, Iwami T, Tanaka R, Kurosawa H, Nitta M, Sobue T
Resuscitation   140 150-158   2019年5月   [査読有り]
Kada A, Hirakawa A, Kinoshita F, Kobayashi Y, Hatakeyama T, Kobayashi D, Nishiyama C, Iwami T
Contemporary clinical trials communications   14 100316   2019年6月   [査読有り]
Kiyohara K, Nishiyama C, Kitamura T, Matsuyama T, Sado J, Shimamoto T, Kobayashi D, Kiguchi T, Okabayashi S, Kawamura T, Iwami T
Resuscitation   140 93-97   2019年5月   [査読有り]
Dyson K, Brown SP, May S, Smith K, Koster RW, Beesems SG, Kuisma M, Salo A, Finn J, Sterz F, Nürnberger A, Morrison LJ, Olasveengen TM, Callaway CW, Shin SD, Gräsner JT, Daya M, Ma MH, Herlitz J, Strömsöe A, Aufderheide TP, Masterson S, Wang H, Christenson J, Stiell I, Vilke GM, Idris A, Nishiyama C, Iwami T, Nichol G
Resuscitation   138 168-181   2019年5月   [査読有り]
Matsuyama T, Okubo M, Kiyohara K, Kiguchi T, Kobayashi D, Nishiyama C, Okabayashi S, Shimamoto T, Izawa J, Komukai S, Gibo K, Ohta B, Kitamura T, Kawamura T, Iwami T
Mayo Clinic proceedings   94(4) 577-587   2019年4月   [査読有り]
Okabayashi S, Matsuyama T, Kitamura T, Kiyohara K, Kiguchi T, Nishiyama C, Kobayashi D, Shimamoto T, Sado J, Kawamura T, Iwami T
JAMA network open   2(3) e191011   2019年3月   [査読有り]
Izawa J, Komukai S, Gibo K, Okubo M, Kiyohara K, Nishiyama C, Kiguchi T, Matsuyama T, Kawamura T, Iwami T, Callaway CW, Kitamura T
BMJ (Clinical research ed.)   364 l430   2019年2月   [査読有り]
Kobayashi D, Kitamura T, Kiyohara K, Nishiyama C, Hayashida S, Matsuyama T, Katayama Y, Shimamoto T, Kiguchi T, Okabayashi S, Kawamura T, Iwami T
Resuscitation   135 66-72   2019年1月   [査読有り]
Kiyohara K, Nishiyama C, Matsuyama T, Sado J, Kitamura T, Shimamoto T, Kobayashi D, Kiguchi T, Okabayashi S, Kawamura T, Iwami T
The American journal of cardiology      2019年1月   [査読有り]
Welsford M, Nishiyama C, Shortt C, Isayama T, Dawson JA, Weiner G, Roehr CC, Wyckoff MH, Rabi Y, International Liaison Committee on Resuscitation Neonatal Life Support Task Force.
Pediatrics   143(1)    2019年1月   [査読有り]
Welsford M, Nishiyama C, Shortt C, Weiner G, Roehr CC, Isayama T, Dawson JA, Wyckoff MH, Rabi Y, International Liaison Committee on Resuscitation Neonatal Life Support Task Force.
Pediatrics   143(1)    2019年1月   [査読有り]
Okubo M, Matsuyama T, Gibo K, Komukai S, Izawa J, Kiyohara K, Nishiyama C, Kiguchi T, Callaway CW, Iwami T, Kitamura T
Journal of the American Heart Association   8(1) e010324   2019年1月   [査読有り]
Nishiyama C, Kitamura T, Sakai T, Murakami Y, Shimamoto T, Kawamura T, Yonezawa T, Nakai S, Marukawa S, Sakamoto T, Iwami T
Journal of the American Heart Association   8(1) e009436   2019年1月   [査読有り]
Takeuchi M, Nakano S, Tanaka-Mizuno S, Nishiyama C, Doi Y, Arai M, Fujii Y, Matsunaga T, Kawakami K
Biological & pharmaceutical bulletin   42(3) 389-393   2019年   [査読有り]
Matsuyama T, Kitamura T, Kiyohara K, Kiguchi T, Kobayashi D, Nishiyama C, Iwami T, Ohta B
Resuscitation   131 83-90   2018年10月   [査読有り]
Hirakawa A, Hatakeyama T, Kobayashi D, Nishiyama C, Kada A, Kiguchi T, Kawamura T, Iwami T
Trials   19(1) 510   2018年9月   [査読有り]
Izawa J, Iwami T, Gibo K, Okubo M, Kajino K, Kiyohara K, Nishiyama C, Nishiuchi T, Hayashi Y, Kiguchi T, Kobayashi D, Komukai S, Kawamura T, Callaway CW, Kitamura T
Resuscitation      2018年4月   [査読有り]
Kiyohara K, Nishiyama C, Kiguchi T, Kobayashi D, Iwami T,Kitamura T.
Acute Medicine & Surgery   5(4) 369-373   2018年10月   [査読有り]
Sadoa J, Kiyohara K, Hayashida S, Matsuyama T, Katayama Y, Hirose T, Kiguchi T, Nishiyama C, Iwami T, Kitamura Y, Sobue T, Kitamura T.
Am J Cardiol   121(11) 1387-1392   2018年6月   [査読有り]
A smartphone application to reduce the time to AED delivery after a witnessed out-of-hospital cardiac arrest: a randomized simulation-based study.
Hatakeyama T, Nishiyama C, Shimamoto T, Kiyohara K, Kiguchi T, Chida I, Izawa J, Matsuyama T, Kitamura T, Kawamura T, Iwami T.
Simul Healthc      2018年   [査読有り]
Olasveengen TM, de Caen AR, Mancini ME, Maconochie IK, Aickin R, Atkins DL, Berg RA, Bingham RM, Brooks SC, Castrén M, Chung SP, Considine J, Couto TB, Escalante R, Gazmuri RJ, Guerguerian AM, Hatanaka T, Koster RW, Kudenchuk PJ, Lang E, Lim SH, Løfgren B, Meaney PA, Montgomery WH, Morley PT, Morrison LJ, Nation KJ, Ng KC, Nadkarni VM, Nishiyama C, Nuthall G, Ong GY, Perkins GD, Reis AG, Ristagno G, Sakamoto T, Sayre MR, Schexnayder SM, Sierra AF, Singletary EM, Shimizu N, Smyth MA, Stanton D, Tijssen JA, Travers A, Vaillancourt C, Van de Voorde P, Hazinski MF, Nolan JP
Circulation      2017年11月   [査読有り]
Olasveengen TM, de Caen AR, Mancini ME, Maconochie IK, Aickin R, Atkins DL, Berg RA, Bingham RM, Brooks SC, Castrén M, Chung SP, Considine J, Couto TB, Escalante R, Gazmuri RJ, Guerguerian AM, Hatanaka T, Koster RW, Kudenchuk PJ, Lang E, Lim SH, Løfgren B, Meaney PA, Montgomery WH, Morley PT, Morrison LJ, Nation KJ, Ng KC, Nadkarni VM, Nishiyama C, Nuthall G, Ong GY, Perkins GD, Reis AG, Ristagno G, Sakamoto T, Sayre MR, Schexnayder SM, Sierra AF, Singletary EM, Shimizu N, Smyth MA, Stanton D, Tijssen JA, Travers A, Vaillancourt C, Van de Voorde P, Hazinski MF, Nolan JP, ILCOR Collaborators.
Resuscitation      2017年11月   [査読有り]
Kiyohara K, Sakai T, Nishiyama C, Nishiuchi T, Hayashi Y, Iwami T, Kitamura T.
J Epidemiol      2017年10月   [査読有り]
Kochi K, Sato I, Nishiyama C, Tanaka-Mizuno S, Doi Y, Arai M, Fujii Y, Matsunaga T, Ogawa Y, Furukawa TA, Kawakami K
Pharmacoepidemiology and drug safety   26(6) 642-656   2017年6月   [査読有り]
Kiyohara K, Nishiyama C, Kiguchi T, Nishiuchi T, Hayashi Y, Iwami T, Kitamura T
Journal of the American Heart Association   6(6)    2017年6月   [査読有り]
国立総合大学全新入生を対象にした胸骨圧迫・AED使用法教育.
西山 知佳、馬場正昭、黒木裕士、佐藤隆平、川村 孝、小池 薫、田中真介、内藤知佐子、石見 拓
日本臨床救急医学会誌   (20) 682-688   2017年   [査読有り]
Fujii T, Kitamura T, Kajino K, Kiyohara K, Nishiyama C, Nishiuchi T, Hayashi Y, Kawamura T, Iwami T
BMJ open   7(12) e015055   2017年12月   [査読有り]
Effectiveness of a one-minute self-retraining for chest compression-only cardiopulmonary resuscitation: randomized controlled trial
Nishiyama C, shimamoto T, Kiyohara K, Kawamura T, Kitamura T, Sakamoto T, Iwami T
AEM Education and Training      2017年   [査読有り]
Kiyohara K, Sado J, Matsuyama T, Nishiyama C, Kobayashi D, Kiguchi T, Hayashida S, Kitamura Y, Sobue T, Nakata K, Iwami T, Kitamura T
Resuscitation   117 14-17   2017年5月   [査読有り]
Trends in antipsychotic prescriptions for Japanese outpatients during 2006-2012: a descriptive epidemiological study.
Pharmacoepidemiol Drug Saf      2017年3月   [査読有り]
Matsuyama T, Kitamura T, Kiyohara K, Nishiyama C, Nishiuchi T, Hayashi Y, Kawamura T, Ohta B, Iwami T
Resuscitation      2017年1月   [査読有り]
Matsuyama T, Kiyohara K, Kitamura T, Nishiyama C, Nishiuchi T, Hayashi Y, Kawamura T, Ohta B, Iwami T
Resuscitation   110 146-153   2017年1月   [査読有り]
Kobayashi D, Kitamura T, Kiyohara K, Nishiyama C, Hayashida S, Fujii T, Izawa J, Shimamoto T, Matsuyama T, Hatakeyama T, Katayama Y, Kiguchi T, Kawamura T, Iwami T
International journal of cardiology   224 178-182   2016年12月   [査読有り]
Kitamura T, Kiyohara K, Sakai T, Matsuyama T, Hatakeyama T, Shimamoto T, Izawa J, Fujii T, Nishiyama C, Kawamura T, Iwami T
The New England journal of medicine   375(17) 1649-1659   2016年10月   [査読有り]
Kiyohara K, Nishiyama C, Hayashida S, Matsuyama T, Hatakeyama T, Shimamoto T, Izawa J, Fujii T, Katayama Y, Iwami T, Kitamura T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   80(7) 1564-1570   2016年6月   [査読有り]
Kiyohara K, Kitamura T, Sakai T, Nishiyama C, Nishiuchi T, Hayashi Y, Sakamoto T, Marukawa S, Iwami T
Resuscitation   106 70-75   2016年6月   [査読有り]
Kitamura T, Kiyohara K, Matsuyama T, Hatakeyama T, Shimamoto T, Izawa J, Nishiyama C, Iwami T
Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association   26(3) 155-162   2016年3月   [査読有り]
Kitamura T, Kiyohara K, Matsuyama T, Izawa J, Shimamoto T, Hatakeyama T, Fujii T, Nishiyama C, Iwami T
The American journal of cardiology   117(6) 894-900   2016年3月   [査読有り]
Kitamura T, Nishiyama C, Murakami Y, Yonezawa T, Nakai S, Hamanishi M, Marukawa S, Sakamoto T, Iwami T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society      2015年12月   [査読有り]
Shimamoto T, Iwami T, Kitamura T, Nishiyama C, Sakai T, Nishiuchi T, Hayashi Y, Kawamura T, Utstein Osaka Project
Resuscitation   96 9-15   2015年11月   [査読有り]
Kiyohara K, Kitamura T, Iwami T, Nishiyama C, Kawamura T
Journal of epidemiology and community health   69 185-188   2015年2月   [査読有り]

Misc

 
【虚血性心疾患 プライマリケアは内科医が担う】 虚血性心疾患の救急診療 一般市民への救急蘇生法の普及活動
西山 知佳, 石見 拓
Medicina   47(9) 1584-1587   2010年9月
<ポイント>★bystander CPRによって心停止例の救命率が向上するが,その実施割合は低い.★AED使用により救命率向上が期待されるが,使用できる人を増やす必要がある.★心原性心停止では,胸骨圧迫のみの心肺蘇生法は人工呼吸付きの蘇生法と同等の救命効果がある.★胸骨圧迫のみの心肺蘇生法を活用して,bystander CPRを増やす取り組みが必要である.(著者抄録)
日本における自動体外式除細動器プログラム(Automatic external defibrillator programs in Japan)
西山 知佳
福田記念医療技術振興財団情報   (28) 21-24   2015年12月
【AEDがもたらした救命のパラダイムシフト】 学校における救命教育
桐淵 博, 西山 知佳
医学のあゆみ   262(12) 1103-1108   2017年9月
学校管理下における死亡事故は、小・中・高等学校を通じて突然死が圧倒的に多い。その第一発見者は子どもであることが多いことから、子ども自身が発達段階に応じた救命処置を実施できるように指導することは重要である。しかし学習指導要領には、救命に関する内容が小学校にはなく、中学校および高等学校の保健体育科に心肺蘇生法に関する学習が位置付けられているが、AEDについては実技練習の必須内容とはなっていない。さいたま市では、平成23年に起こった市立小学校6年生女子児童の死亡事故を教訓に、消防と連携して教員研...
運動中に発生した心停止に対する市民救命行為と予後の年次推移(大阪ウツタインプロジェクト 2005〜2012)
清原 康介, 西山 知佳, 木口 雄之, 西内 辰也, 林 靖之, 石見 拓, 北村 哲久
日本循環器病予防学会誌   53(1) 73-78   2018年3月
本稿では、大阪府で運動中に発生した院外心停止に関する疫学研究の概要を紹介する。大阪府における院外心停止の全数登録データベース(ウツタイン大阪プロジェクト)を用い、運動中に発生した院外心停止に対するバイスタンダーによる一次救命処置の実施状況の経年変化を分析し、予後と関連を検討した。2005年から2012年までの8年間で計31,030件の心原性の院外心停止が発生し、うち222件(0.7%)が運動中の心停止であった。運動中の心停止発生率は2005年(1.8人/100万人)から2012年(4.3人...
【2020年の心肺蘇生ガイドライン作成への展開】 新しいCoSTR作成に向けたSystematic reviewのプロセス
西山 知佳
ICUとCCU   42(9) 593-596   2018年9月
ガイドラインは、ALS、BLS、EIT、FA、Peds、NLSの6領域に分かれており、Task Force(TF)と呼ばれる専門家15名程度で各領域が構成されている。2015年のCoSTR作成の際には、TFメンバーが分担でSystematic review(SR)を行いCoSTRを作成していた。しかし今回は、TFとは別にSRを行うメンバーを世界中から募り(Expert systematic reviewer:ESR)、PICOごとに1名のESRと1名のSR menteeが割りあてられ、これ...
【蘇生科学と教育:市民へのアプローチ(最前線)】 識る なぜ胸骨圧迫が重要となり、CABとなったのか?
石見 拓, 北村 哲久, 西山 知佳, 杉原 佳世[谷川], 島本 大也
Heart View   16(10) 1038-1043   2012年10月
【蘇生科学と教育:市民へのアプローチ(最前線)】 治す 新しいAEDについて、Q-CPRは市民に必要か?
西山 知佳, 石見 拓
Heart View   16(10) 1062-1068   2012年10月
AEDの具体的設置・配置基準に関する提言
三田村 秀雄, 高山 守正, 石見 拓, 杉 薫, 高月 誠司, 長尾 建, 三谷 義英, 北村 哲久, 村上 由希子, 西山 知佳, 日本循環器学会AED検討委員会
心臓   44(4) 392-402   2012年4月
エピストリーにもとづく蘇生科学へのアプローチ
平出 敦, 石見 拓, 北村 哲久, 西山 知佳, 酒井 智彦, 林田 純人, 梶野 健太郎, 西内 辰也
蘇生   30(2) 72-76   2011年7月
病院外心停止の記録集計のプロジェクトは世界各地で実施されているが、規模の大きなprospective population-based studyの重要性が広く認識される。このようなプロジエクトは、エピストリーと呼ばれ、その知見は救急蘇生のガイドラインにも大きな影響力をもっている。従来の報告を検証したところ人口100万人以上のpopulation-based studyは、30あまり認められたが、最近、我が国から発信した国全体にわたるウツタイン統計は、特筆すべき報告である。今後、こうした病...
外来通院中のがん患者と家族への支援体制構築に向けた「語る」場の開設とその活動状況
堀井 たづ子, 中川 雅子, 松岡 正美, 光木 幸子, 笹川 寿美, 毛利 貴子, 佐伯 良子, 西山 知佳, 前野 正子, 越智 幾世, 冨田 英津子, 藤本 早和子, 菅谷 和子, 釣川 結実子, 高岡 みどり
京都府立医科大学看護学科紀要   20 81-85   2010年12月
新ガイドラインを読み解く 法的および倫理的問題
平出 敦, 西山 知佳, 石見 拓
プレホスピタルMOOK   (7) 150-155   2009年2月
人間ドック受診者のサプリメント摂取に関する調査
井上 文彦, 西山 知佳, 小寺 幸江, 大谷 由利子, 久野 信一郎, 廣瀬 邦彦, 坂梨 四郎
滋賀医学   28 19-22   2006年3月
2004年10月から翌年2月までの人間ドック受診者を対象としてサプリメント使用に関する無記名・自記式アンケート調査を実施した。対象は男性194名、女性126名で男女とも50歳代が最も多く次いで40歳代であった。サプリメント使用率は全体で35%であり、女性は男性に比べ使用率が高く、年代別では60歳代と70歳代が高率であった。サプリメント使用の理由は男女とも不足成分を補うためが最も多く、サプリメントの種類は30・40・50歳代でビタミン類が多く、40・50・60歳代で植物由来・抽出物の割合が多...

書籍等出版物

 
改訂第3版BLS:写真と動画でわかる一次救命処置
学研メディカル秀潤社   2017年2月   
JRC蘇生ガイドライン2015
西山 知佳他 (担当:共著, 範囲:第8章 普及・教育のための方策)
医学書院   2016年2月   
カンタン!救急蘇生 改訂版 動画でわかる胸骨圧迫&AED 
学研メディカル秀潤社   2016年   
JRC蘇生ガイドライン2010
西山 知佳他 (担当:共著, 範囲:第7章 普及・教育のための方策)
へるす出版   2011年   
3. プレホスピタルMOOK シリーズ7 新ガイドラインを読み解く
平出 敦、西山 知佳、石見 拓 (担当:共著)
永井書店   2009年   

講演・口頭発表等

 
ソーシャルメディアテクノロジーを活用した救命システムの運用
島本 大也, 木口 雄之, 岸森 健文, 西山 知佳, 石見 拓
日本救急医学会雑誌   2018年10月   
通信指令業務におけるメディカルコントロール 院外心停止症例における通信指令業務の効果的な検証に対する救急医の果たすべき意義
入澤 太郎, 酒井 智彦, 島本 大也, 西山 知佳, 北村 哲久, 石見 拓, 嶋津 岳士
日本救急医学会雑誌   2018年10月   
非医療従事者を対象に胸骨圧迫の上限を設定した指導方法による教育効果の検討
佐野 真樹子, 佐藤 隆平, 清原 康介, 千田 いずみ, 石見 拓, 西山 知佳
日本救急看護学会雑誌   2018年10月   
除細動までの時間およびCPRの質に影響を与えるAEDの仕様因子の検討
千田 いずみ, 西山 知佳, 清原 康介, 松山 匡, 矢沢 みゆき, 島本 大也, 畠山 稔弘, 石見 拓, 田中 秀治, 田久 浩志
日本臨床救急医学会雑誌   2018年4月   
救命処置実施への自信につながる心肺蘇生講習会の内容
島本 大也, 西山 知佳, 大浦 智子, 石見 拓
日本臨床救急医学会雑誌   2018年4月   
ソーシャルネットワークを活用した救命支援システムの構築
石見 拓, 島本 大也, 木口 雄之, 岸森 健文, 中崎 郁也, 西山 知佳, 川村 孝
蘇生   2017年11月   
運動中に発生した心停止に対する市民救命行為と予後の年次推移(大阪ウツタインプロジェクト:2005〜2012)
清原 康介, 西山 知佳, 木口 雄之, 西内 辰也, 林 靖之, 石見 拓, 北村 哲久
日本循環器病予防学会誌   2017年5月   
プレホスピタルにおけるACSに関連した前駆症状と12誘導心電図データの検討
西山 知佳, 石見 拓, 北村 哲久, 林田 純人, 川村 孝
日本循環器病予防学会誌   2017年5月   
学校におけるBLS教育 各地の取り組みと必須化に向けた課題と展望 世界の学校におけるBLS教育の現状
西山 知佳
日本臨床救急医学会雑誌   2017年4月   
年齢別にみた内因性院外心停止患者に対する医療費の検討
西山 知佳, 後藤 励, 山田 知輝, 中尾 彰太, 木口 雄之, 岸本 正文, 西村 哲郎, 林 靖之, 曽我部 拓, 石見 拓
日本循環器学会学術集会抄録集   2017年3月   
大阪府における餅による窒息に起因する院外心停止の疫学
清原 康介, 北村 哲久, 西山 知佳
日本公衆衛生学会総会抄録集   2016年10月   
救急医療に携わる看護師のBLS教育の現状と課題
村上 香織, 西山 知佳
日本救急看護学会雑誌   2016年10月   
京都大学全新入学生への胸骨圧迫のみの心肺蘇生法講習会の実施
西山 知佳、黒木 裕士、馬場 正昭、川村 孝、石見 拓、小池 薫、田中 真介、内藤 知佐子
第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会   2016年5月14日   
京都大学体育会所属団体における心臓突然死予防に関する危機管理についての実態調査
野口 茜, 佐藤 隆平, 西山 知佳
日本臨床救急医学会雑誌   2016年4月   
ソーシャルメディアテクノロジーを用いた院外心停止患者救命システムの評価
島本 大也, 石見 拓, 西山 知佳, 中崎 郁也
日本臨床救急医学会雑誌   2016年4月   
学校におけるBLS教育の展開例と今後の展望 京都大学全新入学生への胸骨圧迫のみの心肺蘇生法講習会の実施
西山 知佳, 黒木 裕士, 馬場 正昭, 川村 孝, 石見 拓, 小池 薫, 田中 真介, 内藤 知佐子
日本臨床救急医学会雑誌   2016年4月   
学校におけるBLS教育の展開例と今後の展望 学校への心肺蘇生教育導入の課題
島本 大也, 石見 拓, 西山 知佳, 松本 政明, 赤塚 敬司
日本臨床救急医学会雑誌   2016年4月   
新入学生3000人への心肺蘇生法講習会の実施と大学教育における課題
西山 知佳、黒木 裕士、馬場 正昭、川村 孝、石見 拓、小池 薫、田中 真介、内藤 知佐子
第17回日本救急看護学会学術集会   2015年10月   
院外心停止に居あわせた市民の心肺蘇生における心理・行動プロセスとその関連要因
島本 大也, 石見 拓, 西山 知佳, 大浦 智子
日本臨床救急医学会雑誌   2015年4月   
都市部における小児の搬送先選定困難例の検討
新田 雅彦, 北村 哲久, 清原 康介, 林田 純人, 西山 知佳, 石見 拓, 平出 敦, 嶋津 岳士, 高須 朗
日本臨床救急医学会雑誌   2015年4月   
「学校・地域へのBLS教育導入に向けた課題―看護師だからこそできること」
西山 知佳
第16回日本救急看護学会学術集会   2014年10月11日   
調剤情報データベースを活用した高齢者における抗精神病薬の院外処方実態に関する疫学研究
河内 健治, 西山 知佳, 中根 早百合, 田中 佐智子, 古川 壽亮, 小川 雄右, 川上 浩司
日本薬剤疫学会学術総会抄録集   2014年10月   
若年における抗精神病薬の処方実態に関する疫学研究
中根 早百合, 西山 知佳, 河内 健治, 田中 佐智子, 古川 壽亮, 小川 雄右, 川上 浩司
日本薬剤疫学会学術総会抄録集   2014年10月   
学校・地域へのBLS教育導入に向けた課題 看護師だからこそできること 非医療者へのBLS教育の効果検討および疫学研究から見えてきた課題
西山 知佳
日本救急看護学会雑誌   2014年10月   
学校教育における心肺蘇生授業の実態と大学教育における課題
西山 知佳、黒木 裕士、馬場 正昭、田中 真介.
第16回日本救急看護学会学術集会   2014年10月   
高齢者院外心停止後の生存についての経年変化 大阪ウツタインプロジェクト 1999-2011年の10876症例の検討
森田 幸子, 北村 哲久, 清原 康介, 石見 拓, 西山 知佳, 西内 辰也, 林 靖之, 甲斐 達郎
日本救急医学会雑誌   2014年8月   
「地域における蘇生科学の実践 チーム医療」一般市民へのCPR教育方法
西山 知佳
第7回日本蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)   2014年3月21日   
Quality of bystander CPR in the out-of-hospital setting
Nishiyama C, Iwami T, Kitamura T, Shimamoto T, Kawamura T, Marukawa S, Sakamoto T.
第78回日本循環器学会学術集会   2014年3月   
胸骨圧迫のみの心肺蘇生法再教育プログラムによる 心肺蘇生技術の長期維持効果に関する無作為化介入試験
西山 知佳、石見 拓、村上 由希子、北村 哲久、岡本 吉生、丸川 征四郎、川村 孝
日本循環器学会学術集会   2013年   
Registry and Research: Why do we need research? What are the barriers and challenges to conduct research?
西山 知佳
International Symposium on Out-of-Hospital Cardiac Arrest   2012年11月10日   
「救命の連鎖 ~予防から社会復帰まで~」
西山 知佳
第106回近畿救急医学研究会(日本救急医学会近畿地方会)   2012年7月21日   
心停止の回避の予防策
第106回近畿救急医学研究会   2012年   日本救急医学会
救急現場から考える社会のシステム スマートフォンを用いた心肺蘇生支援アプリケーションの使用効果に関する無作為化介入試験
酒井 智彦, 石見 拓, 西山 知佳, 北村 哲久, 村上 由希子, 川村 孝, 田崎 修, 嶋津 岳士, 松嶋 麻子, 上山 昌史
日本救急医学会雑誌   2011年8月   
院外心停止発生直前の活動状況と環境要因が心停止発生に与える影響について
西山 知佳、石見 拓、川村 孝
第47回日本循環器病予防学会・日本循環器管理研究協議会総会   2011年6月   
院外心停止発生直前の活動状況と環境要因が心停止発生に与える影響について
西山 知佳
日本循環器病予防学会誌   2011年4月   
簡易型トレーニング人形を用いた胸骨圧迫のみの簡略型心肺蘇生講習会の長期教育効果に関する無作為化介入試験
西山 知佳、石見 拓、安藤 昌彦、北村 哲久、坂本 哲也、丸川 征四郎、川村 孝
第75回日本循環器学会学術集会   2011年   
院外心停止発生直前の活動状況と環境要因の心停止発生に与える影響について
西山 知佳, 石見 拓, 川村 孝
健康管理事業団研究助成論文集   2010年10月   
大阪市におけるPublic access defibrillationの検討
佐々木 美絵、石見 拓、北村 哲久、西山 知佳、酒井 智彦、谷川 佳世、林田 純人、野本 慎一、平出 敦、川村 孝
第38回日本救急医学会総会   2010年8月   
重症外傷患者の搬送中症状悪化と関連する因子に関する研究
酒井 智彦, 石見 拓, 北村 哲久, 西山 知佳, 谷川 佳世, 林田 純人, 入澤 太郎, 平出 敦, 田崎 修, 鍬方 安行
日本臨床救急医学会雑誌   2010年4月   
Simplified chest compression-only CPR training for the general public from Japan to the World!
西山 知佳
第74回日本循環器学会総会・学術集会,ミートザエキスパート4   2010年3月7日   
一般市民に対する簡易化した胸骨圧迫のみのCPR訓練の有効性 無作為化対照試験(Effectiveness of Simplified Chest Compression-Only CPR Training for the General Public: A Randomized Controlled Trial)
西山 知佳
J-ReSS   2009年12月   
院外心原性心停止の前駆症状とその発生時間の検討
西山 知佳、石見 拓、北村 哲久、谷川 佳世、酒井 智彦、川村 孝、林田 純人、平出 敦
第37回日本救急医学会学術集会   2009年10月   
院外心停止の前駆症状と発生時間
西山 知佳, 石見 拓, 北村 哲久, 谷川 佳世, 酒井 智彦, 川村 孝, 林田 純人, 平出 敦
日本救急医学会雑誌   2009年8月   
異物による気道閉塞患者の救急搬送の実態
酒井 智彦、石見 拓、北村 哲久、西山 知佳、谷川 佳世、林田 純人、入澤 太郎、 平出 敦、田崎 修、鍬方 安行
第37回日本救急医学会学術集会   2009年8月   
AEDマップ携帯版の使用効果に関する無作為化介入試験
酒井 智彦、石見 拓、北村 哲久、西山 知佳、梶野 健太郎、田中 裕、丸川 征四郎、田崎 修、鍬方 安行
第37回日本救急医学会学術集会   2009年8月   
救急統計から見られる「予防救急」の重要性
林田 純人、平出 敦、石見 拓、北村 哲久、西山 知佳、酒井 智彦、人見 幸弘
第18回全国救急隊シンポジウム   2009年   
A. Study finds two-thirds of out-of-hospital cardiac arrest cases had prior symptoms. “Understanding Unexpected Sudden Cardiac Death”
American Heart Association News Conference - Scientific Sessions   2009年   American Heart Association
自己学習用ビデオ教材を用いた1時間の胸骨圧迫のみの心肺蘇生研修に関する無作為化比較試験(Randomized controlled trial of 1-hour cardiac-only resuscitation training using a self-learning video material)
西山 知佳, 石見 拓, 川村 孝, 安藤 雅彦, 梶野 健太郎, 米本 直裕, Berg Robert A., 福田 里砂, 嘉田 晃子, 湯浅 晴之, 横山 広行, 野々木 宏, J-PULSE-investigators
J-ReSS   2008年3月   
我が国の新しい研究課題 救急領域
石見 拓, Nichol Graham, 平出 敦, 梶野 健太郎, Berg Robert, 林 靖之, 西内 辰也, 西山 知佳, 森田 大, 行岡 秀和, 池内 尚司, 杉本 壽, 野々木 宏, 川村 孝
J-ReSS   2008年3月   
A randomized controlled trial of 1-hour cardiac-only resuscitation training using a self-learning video material
西山 知佳、石見 拓、川村 孝、安藤 昌彦、梶野 健太郎、米本 直裕、Robert A Berg、嘉田 晃子、福田 里砂、横山 広行、湯浅 晴之、野々木 宏、J-PULSE investigators
第1回日本蘇生科学シンポジウム   2008年3月   
地域居住者と入院患者を対象とした脳卒中リハビリテーション研究の使用評価指標の比較
村上 智子, 西山 知佳, 宮木 幸一, 中山 健夫
日本公衆衛生学会総会抄録集   2007年10月   
「胸骨圧迫のみに単純化した心肺蘇生法」解説ビデオ教材の効果の検討
西山知佳;石見拓;川村孝;安藤昌彦;嘉田晃子;福田理砂;横山広行;湯浅晴之;野々木宏
日本救急医学会雑誌   2007年8月15日   
市民の救命意識に関する横断研究 市民の救命意識向上に関する介入研究II(J-PULSE-C)より
福田 里砂, 石見 拓, 西山 知佳, 嘉田 晃子, 米本 直裕, 横山 広行, 湯浅 晴之, 野々木 宏
日本救急医学会雑誌   2007年8月   
指導経験を盛り込んだBLS講習会における救命意識の変化.
南 麻弥、石見 拓、西山 知佳、平出 敦、川村 孝
第10回日本臨床救急医学会総会   2007年4月   
Effectiveness of Local Campaign on Citizens' Attitude toward CPR and AED Use
IWAMI Taku;KAWAMURA Takashi;YONEMOTO Naohiro;FUKUDA Risa;KADA Akiko;NISHIYAMA Chika;MORITA Hiroshi;HIRAIDE Atsushi;SASE Kazuhiro;KAKUCHI Hiroyuki;NONOGI Hiroshi;J‐PULSE investigators
Circ J   2007年3月1日   
市民の救命意識に関する横断研究~市民の救命意識向上に関する介入研究Ⅱ(J-PULSE-C)より~.
福田 里砂、石見 拓、西山 知佳、嘉田 晃子、米本 直裕、横山 広行、湯浅 晴之、野々木 宏、 J-PULSE-investigators
第35回日本救急医学会学術集会   2007年   
Lay Rescuers’ Characteristics Affect Quality of Chest Compressions during Cardiac-only Resuscitation.
Nishiyama C, Iwami T, Kawamura T, Ando M, Robert A. Berg, Yonemoto N, Fukuda R, Yuasa H, Kada A,
2007 American Heart Association Scientific Session   2007年   
石見 拓, 川村 孝, 西山 知佳, 梶野 健太郎, 林 敏雅, 西内 辰也, 林 靖之, 平出 敦, 行岡 秀和, 野々木 宏
蘇生   2006年10月20日   
病院職員の蘇生法教育 胸骨圧迫心臓マッサージのみに単純・短時間化した心肺蘇生法講習会の効果の検討
石見 拓, 川村 孝, 西山 知佳, 梶野 健太郎, 林 敏雅, 西内 辰也, 林 靖之, 平出 敦, 行岡 秀和, 野々木 宏
蘇生   2006年10月   
時間経過に伴う心臓マッサージの深さの推移の検討ー心臓マッサージのみの心肺蘇生法と人工呼吸付心肺蘇生法(心臓マッサージ30:人工呼吸2)の比較ー
西山 知佳、石見 拓、川村 孝、野々木 宏
第34回日本救急医学会学術集会   2006年10月   
時間経過に伴う心臓マッサージの深さの推移の検討 心臓マッサージのみの心肺蘇生法と人工呼吸付心肺蘇生法(心臓マッサージ30:人工呼吸2)比較
西山 知佳, 石見 拓, 川村 孝, 安藤 昌彦, 平出 敦, 野々木 宏
日本救急医学会雑誌   2006年8月   
当院人間ドックにおけるPSA値と前立腺癌について
福井 勝一, 小倉 啓司, 長船 崇, 小寺 幸江, 西山 知佳, 久野 信一郎, 大谷 由利子
泌尿器科紀要   2006年5月   
心肺蘇生法実施をためらう理由―心肺蘇生講習会を自ら希望した大学生を対象にした意識調査の結果ー
西山 知佳、石見 拓、川村 孝、野々木 宏、J-PULSE investigators
第9回日本臨床救急医学会総会   2006年5月   
心肺蘇生法実施をためらう理由―心肺蘇生講習会を自ら希望した大学生を対象にした意識調査の結果ー.
西山 知佳、石見 拓、川村 孝、野々木 宏、J-PULSE investigators:
第9回日本臨床救急医学会総会   2006年4月   
大学生を対象にした心肺蘇生講習会と救命意識の変化について.
西山 知佳,石見 拓,川村 孝,平出 敦,野々木 宏
第70回日本循環器学会学術集会   2006年   
前立腺がん検診の現状とあり方(1)
小寺 幸江, 西山 知佳, 久野 信一郎, 大谷 由利子, 小倉 啓司, 福井 勝一, 長船 崇
人間ドック   2005年8月   
人間ドック受診者のサプリメント摂取に関する調査
井上 文彦, 廣瀬 邦彦, 坂梨 四郎, 西山 知佳, 小寺 幸江, 大谷 由利子, 久野 信一郎
人間ドック   2005年8月   
[要修正] 重症外傷患者の搬送中症状悪化と関連する因子に関する研究
酒井 智彦、石見 拓、北村 哲久、西山 知佳、谷川 佳世、林田 純人、入澤 太郎、平出 敦、田崎 修、鍬方 安行
第13回日本臨床救急医学会総会