高浪 景子


高浪 景子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 17:47
 
アバター
研究者氏名
高浪 景子
 
タカナミ ケイコ
eメール
takanaminig.ac.jp
所属
国立遺伝学研究所
部署
系統生物研究センター・マウス開発研究室
職名
助教
学位
博士(医学)
科研費研究者番号
70578830

研究分野

 
 

経歴

 
2018年3月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 系統生物研究センター マウス開発研究室 助教
 
2015年4月
 - 
2018年2月
岡山大学 自然科学研究科・理学部附属臨海実験所 日本学術振興会特別研究員(RPD)
 
2010年4月
 - 
2015年3月
京都府立医科大学 医学部 解剖学・生体構造科学部門 博士研究員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
京都府立医科大学 大学院医学研究科 博士課程修了
 

受賞

 
2018年10月
日本神経内分泌学会 若手研究者助成金
 
2018年8月
国立遺伝学研究所 NIGINTERN2018 Best Instructor Award
 
2017年9月
日本組織細胞化学会 第19回Acta Histochemica et cytochemica論文賞
 
2017年9月
日本組織細胞化学会 第14回若手研究者学術奨励賞
 
2016年11月
日本動物学会 第16回女性研究者奨励OM賞
 
2014年8月
8th International Congress of Neuroendocrinology (Sydney) Travel Award
 
2012年9月
日本神経内分泌学会 第12回若手研究奨励賞
 

論文

 
The Amphibious Mudskipper: A Unique Model Bridging the Gap of Central Actions of Osmoregulatory Hormones Between Terrestrial and Aquatic Vertebrates.
Katayama K, Sakamoto T, Takanami K, Takei Y
Frontiers in Physiology,   9 1112   2018年8月   [査読有り]
Effects of sex steroids on the spinal gastrin-releasing peptide system controlling male sexual function in rats.
Oti T, Takanami K, Ito S, Ueda T, Matsuda KI, Kawata M, Soh J, Ukimura O, Sakamoto T, Sakamoto H
Endocrinology   159 1886-1896   2018年4月   [査読有り]
A sexually dimorphic peptidergic system in the lower spinal cord controlling penile function in non-human primates.
Ito T, Oti T, Takanami K, Satoh K, Ueda Y, Sakamoto T, and Sakamoto H
Spinal Cord   56 57-62   2018年1月   [査読有り]
Identification of the sexually dimorphic gastrin-releasing peptide system in the lumbosacral spinal cord that controls male reproductive function in the mouse and Asian house musk shrew (Suncus murinus).
Tamura K, Kobayashi Y, Hirooka A, Takanami K, Oti T, Jogahara T, Oda SI, Sakamoto T, Sakamoto H
Journal of Comparative Neurology   525 1586-1598   2017年5月   [査読有り]
Decrease in neuronal spine density in the postpartum period in the amygdala and bed nucleus of the stria terminalis in rat
Matsuo S, Matsuda KI, Takanami K, Mori T, Tanaka M, Kawata M, Kitawaki J
Neuroscience Letters   641 21-25   2017年2月   [査読有り]
Activation of supraoptic oxytocin neurons by secretin facilitates social recognition.
Takayanagi Y, Yoshida M, Takashima A, Takanami K, Yoshida S, Nishimori K, Nishijima I, Sakamoto H, Yamagata T, Onaka T
Biological Psychiatry   81 243-251   2017年2月   [査読有り]
Comparative anatomy of gastrin-releasing peptide pathways in the trigeminal sensory system of mouse and the Asian house musk shrew Suncus murinus.
Takanami K, Inoue K, Mukai H, Tamura K, Jogahara T, Oda SI, Kawata M, Sakamoto T, Sakamoto H
Acta Histochem. Cytochem.   49 181-190   2016年12月   [査読有り]
Expression of Sex Steroid Hormone Receptors in Vagal Motor Neurons Innervating the Trachea and Esophagus in Mouse.
Mukudai S, Ichi Matsuda K, Bando H, Takanami K, Nishio T, Sugiyama Y, Hisa Y, Kawata M
Acta Histochem. Cytochem.   49 37-46   2016年2月   [査読有り]
Perinatal testosterone exposure is critical for the development of the male-specific sexually dimorphic gastrin-releasing peptide system in the lumbosacral spinal cord that mediates erection and ejaculation
Oti T, Takanami K, Katayama N, Edey T, Satoh K, Sakamoto T, Sakamoto H
Biology of Sex Differences   7 4   2016年1月   [査読有り]
Postnatal development of the gastrin-releasing peptide system in the lumbosacral spinal cord controlling male reproductive function in rats.
Katayama N, Oti T, Takanami K, Sakamoto T, Sakamoto H
Proceedings of the Japan Academy, Series B   92 69-75   2016年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
痒みを特異的に伝達する脳-脊髄神経ネットワークの同定(国際研究強化)
文部科学省: 科学研究費補助金(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 高浪 景子
系統進化学的アプローチによる痒み感覚の獲得およびその生理機能の統合解明
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 高浪 景子
痒みを特異的に伝達する脳-脊髄神経ネットワークの同定
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 高浪 景子
感覚神経を標的としたホルモン制御による中枢性鎮痒薬の探索
科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP FSステージ探索タイプ
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 高浪 景子
エストロゲンによる痒み調節機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 高浪 景子