矢内 勇生

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/06 15:58
 
アバター
研究者氏名
矢内 勇生
 
ヤナイ ユウキ
URL
http://yukiyanai.com
所属
高知工科大学
部署
経済・マネジメント学群
職名
講師
学位
Ph.D. in Political Science(University of California, Los Angeles)
科研費研究者番号
50580693

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
高知工科大学 経済・マネジメント学群 講師
 
2016年9月
 - 
2018年3月
国際大学 国際関係学研究科 講師
 
2014年7月
 - 
2016年8月
神戸大学 法学研究科 特命講師
 
2013年4月
 - 
2014年6月
早稲田大学 政治経済学部 招聘研究員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学 教育・総合科学学術院 助手
 

学歴

 
2006年9月
 - 
2017年3月
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 大学院 政治学部
 
2005年4月
 - 
2006年7月
早稲田大学 政治学研究科 
 
2001年4月
 - 
2005年3月
早稲田大学 政治経済学部 政治学科
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
日本学術会議  政治学委員会比較政治分科会社会的投資政策研究小委員会委員
 
2017年10月
 - 
2018年10月
日本政治学会  企画委員
 

受賞

 
2018年1月
アメリカ南部政治学会 ウォルター・ビーチ賞
 
2012年1月
アメリカ南部政治学会 プレステージ・クック賞
 

論文

 
Playing Is Believing: Teaching How Electoral Systems Change Political Outcomes Using a Role-Playing Simulation Game
重村壮平, 宋ジェヒョン, 谷圭祐, 矢内勇生
Japanese Political Science Review   4 117-143   2018年10月   [査読有り]
Misperceived Inequality, Mismatched Attitudes, and Missing Support for Redistribution
矢内 勇生
University of California, Los Angeles      2017年3月
Bicameralism vs. Parliamentarism: Lessons from Japan's Twisted Diet
マイケル・F・ティース、矢内勇生
選挙研究   30(2) 60-74   2014年12月   [招待有り]
籠谷公司、矢内勇生
International Relations of the Asia-Pacific   14 91-115   2014年1月   [査読有り]

Misc

 
誰が、何を、いつ、どのように比較するか
矢内 勇生
レヴァイアサン   57 138-141   2015年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Rによる計量政治学
浅野正彦、矢内勇生 (担当:共著)
2018年12月   ISBN:978-4274223132
Growth, Crisis, and Democracy: The Political Economy of Social Coalitions and Policy Regime Change
矢内 勇生 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 7: Political Reformation of Social Coalitions for Elections)
Routledge   2017年6月   
Economic Crises and Policy Regimes: The Dynamics of Policy Innovation and Paradigmatic Change
矢内 勇生 (担当:分担執筆, 範囲:第10章:経済危機が投票先選択に与える影響)
エドワード・エルガー   2014年3月   ISBN:978-1782549925
Japan Decides 2012: The Japanese General Election
マイケル・ティース 、矢内 勇生 (担当:分担執筆, 範囲:第19章. ねじれたガバナンス:二院制が日本の立法に及ぼす影響)
パルグレイブ・マクミラン   2013年7月   ISBN:978-1137348517
Stataによる計量政治学
浅野正彦、矢内勇生 (担当:共著)
オーム社   2013年2月   ISBN:978-4274069109

講演・口頭発表等

 
Underestimation of Inequality in Japan
矢内 勇生
欧州政治学会   2018年8月25日   
Election Timing in Autocracies
東島雅昌, 矢内勇生
欧州政治学会   2018年8月25日   
How Strong Bicameralism Constrains the Government's Agenda
矢内 勇生
世界政治学会   2018年7月24日   
Election Timing in Autocracies
東島雅昌, 矢内勇生
世界政治学会   2018年7月23日   
Underestimation of Inequality: Understanding a Cause of Redistributive Preferences in Japan
矢内 勇生
アメリカ南部政治学会   2018年1月6日   
日本における格差の過小評価:再分配に関する選好の決定要因を理解する
矢内 勇生
日本比較政治学会研究大会   2017年6月17日   
経済格差の認識と再分配の支持
矢内 勇生
中西部政治学会   2017年4月6日   
選挙対策としての社会連合改革
矢内 勇生
European Consortium for Political Research   2016年9月10日   
比較政治学における統計的因果推論:マルチレベルモデルの利用 [招待有り]
矢内 勇生
日本比較政治学会   2016年6月26日   
選挙対策としての社会連合改革
矢内 勇生
中西部政治学会   2016年4月10日   
選挙制度改革の政治的帰結:ロールプレイングゲームを用いた教授法
西野真輔、宋ジェヒョン、谷圭介、矢内勇生
アメリカ政治学会教育・学習会議   2016年1月12日   
選挙対策としての社会連合改革
矢内 勇生
アメリカ南部政治学会   2016年1月7日   
強い二院制による政策アジェンダの制約
矢内 勇生
アメリカ南部政治学会   2016年1月7日   
分割議会が立法の内容に与える影響
矢内 勇生
日本政治学会   2015年10月10日   
選挙対策としての社会連合改革
矢内 勇生
Society for the Advancement of Socio-Economics   2015年7月4日   
経済格差と有権者の格差認識が再分配に及ぼす影響
矢内 勇生
日本比較政治学会   2014年6月28日   
分割議会における政権運営
矢内 勇生
日本選挙学会   2014年5月18日   
分割議会と立法:日本のねじれ国会
矢内 勇生(マイケル・ティース氏と共著)
北海道大学立法過程研究会   2013年8月   
分割議会と立法:日本のねじれ国会
矢内 勇生(マイケル・ティース氏と共著)
日本選挙学会   2013年5月   
経済危機下の選挙で勝つのは誰か
矢内 勇生
「経済危機と政策レジーム」第5回国際シンポジウム   2013年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
選挙タイミングの決定要因とその帰結:民主制と独裁制の垣根を超えた包括的分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究 (B)
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 矢内 勇生
日本における選挙研究の統合:メタ分析による研究成果の統一とデータベースの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2019年6月 - 2022年3月    代表者: 矢内 勇生
再分配に対する政治的選好の研究:認識バイアスの政治的原因と帰結
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 矢内 勇生
ねじれ国会における立法活動の分析:強い二院制を採用する議会制民主主義国の比較研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 矢内 勇生
限定合理性は有権者にいかなる不利益をもたらすか:認識バイアスと政治行動の比較分析
早稲田大学: 特定課題研究費B
研究期間: 2012年7月 - 2013年3月    代表者: 矢内 勇生