論文

査読有り
2013年10月

G-RDを活用した同時的業務設計方法の提言

日本経営工学会論文誌 = Journal of Japan Industrial Management Association
  • 齊藤 哲
  • ,
  • 光國 光七郎

64
3
開始ページ
428
終了ページ
437
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11221/jima.64.428
出版者・発行元
Japan Industrial Management Association

企業がBPRを行うには,業務機能の詳細化だけではなく,業務間連携の設計が必要になる.しかし,一般にBPRプロジェクトは機能中心に詳細化が進められるため,連携の設計が置き去りにされることが多い.これらの問題を解決するには,機能の詳細化だけではなく,連携も同時的に詳細化するモデリングアプローチが必要となる.本稿は,G-RD(Global Relations Diagram of Function and Demarcation: 機能と責任境界·管轄の全体連携図)というモデリングアプローチを用いて,機能と連携を同時的に設計した事例を通して,G-RDを活用した業務設計方法を提言し,その有効性を評価する.

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11221/jima.64.428
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/10031203384
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10561806
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/024940669
URL
https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10027900603?from=CiNii
ID情報
  • DOI : 10.11221/jima.64.428
  • ISSN : 1342-2618
  • CiNii Articles ID : 10031203384
  • CiNii Books ID : AN10561806

エクスポート
BibTeX RIS