馬場 幸子

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/18 03:37
 
アバター
研究者氏名
馬場 幸子
 
ババ サチコ
通称等の別名
馬場 幸子
所属
大阪大学
部署
医学系研究科 医学専攻
職名
助教
学位
博士(医学)(大阪大学)
ORCID ID
0000-0002-6213-8115

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
大阪大学 医の倫理と公共政策学 助教
 
2012年10月
 - 
2017年10月
大阪大学 医学科国際交流センター 特任助教(常勤)
 
2011年6月
 - 
2012年10月
カロリンスカ研究所 ポスドク研究員
 
2008年10月
 - 
2011年6月
大阪大学 医学科国際交流センター 特任助教(常勤)
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
現在
日本公衆衛生学会  親子保健学校保健 モニタリングレポート委員 
 
2017年
 - 
現在
日本疫学会  代議員
 

論文

 
Prictor, Megan; Lewis, Megan A; Newson, Ainsley J; Haas, Matilda; Baba, Sachiko; Kim, Hannah; Kokado, Minori; Minari, Jusaku; Molnár-Gábor, Fruzsina; Yamamoto, Beverley; Kaye, Jane; Teare, Harriet J A
J. Empir. Res. Hum. Res. Ethics      2019年   [査読有り]
Baba S, Ehab ES, Shirai K, Fujiwara T, Yamaoka Y, Iso H
J Epidemiol      2019年   [査読有り]
Baba S, Kimura T, Ikehara S, Honjo K, Eshak ES, Sato T, Iso H
Arc Womens Ment Health      2018年12月   [査読有り]
Honjo K, Kimura T, Baba S, Ikehara S, Kitano N, Sato T, Iso H; Japan Environment & Children's Study Group.
Soc Sci Med   217 65-72   2018年10月   [査読有り]
Baba S, Goto A, Reich MR
J Obstet. Gynaecol Res   44(2) 199-207   2017年10月   [査読有り]
照井稔宏,後藤あや,馬場幸子,安村誠司
厚生の指標   64(4) 22-26   2017年4月   [査読有り]
Sachiko Baba, Hiroyasu Iso, Takeo Fujiwara
Plos One   11(11) e0166345   2016年11月   [査読有り]
岡林広哲, 小原ひろみ, 宮野真輔, 馬場幸子, 仲佐保, 江副聡, 中谷比呂樹
医事新報   4817 20-22   2016年8月   [査読有り]
馬場 幸子
医学教育   47(2) 129-132   2016年4月   [査読有り]
Baba S, Goto A, Reich MR
J Obstet. Gynaecol Res   40(1) 125-132   2014年1月   [査読有り]
Baba S, Wikström AK, Stephansson O, Cnattingius S
Nicotine Tob Res   16(1) 78-83   2014年1月   [査読有り]
Baba S, Goto A, and Reich MR
J Obstet. Gynaecol Res   40(1) 125-132   2013年12月   [査読有り]
Baba S, Wikstrom AK, Stephansson O, and Cnattingius S
BJOG   120(4) 456-462   2012年11月   [査読有り]
Baba S, Wikstrom AK, Stephansson O, and Cnattingius S
Eur J Epidemiol   27(4) 297-304   2012年4月   [査読有り]
Baba S, Noda H, Nakayama M, Waguri M, Mitsuda N, and Iso H.
Hum Repro   26(2) 466-472   2011年2月   [査読有り]
Baba S, Ioka A, Tsukuma H, Noda H, Ajiki W and Iso H.
Cancer Sci   101(3) 787-792   2010年2月   [査読有り]
Baba S, Tsujita S, and Morimoto K.
Environ Health Prev Med      2005年1月   [査読有り]
Baba S, Kimura T, Ikehara S, Honjo K, Eshak ES, Sato T, Iso H
Arc Womens Ment Health      2018年12月   [査読有り]

Misc

 
新型出生前診断(NIPT)開始による人工妊娠中絶推移へのインパクト
馬場幸子,小門穂,植田紀美子,後藤あや
第29回日本疫学会学術総会   103   2019年1月   [査読有り]
養育者の3.5歳児への体罰が12歳児の問題行動に与える影響に関する検討
長澤真衣子,馬場幸子,白井こころ,磯博康
第29回日本疫学会学術総会    29(suppl) 139   2019年1月   [査読有り]
母の就労と「おしりをたたく」養育行動との関連について
馬場幸子,磯博康,藤原武男
第22回日本子ども虐待防止学会学術集会   254   2016年11月   [査読有り]
就業女性の疾患:同一健保組合加入の非就業女性(主婦)との比較
伊藤由希子,馬場幸子
第75回日本公衆衛生学会総会   656   2016年10月   [査読有り]
幼少期の逆境体験と若年妊娠・出産との関連について
馬場 幸子
第35回日本思春期学会総会   69   2016年8月   [査読有り]
若年母親と虐待につながる養育行動との関連について
馬場幸子, 藤原武男
第21回日本子ども虐待防止学会   224   2015年11月   [査読有り]
10代の妊娠の背景要因について:地域相関研究
馬場幸子,後藤あや
60   2013年10月   [査読有り]
英国における人工妊娠中絶推移と日本との比較
馬場幸子,野田博之,磯博康
第21回日本疫学会学術総会   155   2011年1月   [査読有り]
橋本洋之, 久松武志, 福井温, 青木恵子, 赤井研樹, 瀋俊毅, 馬場幸子, 荻田和秀, 光田信明, 長松正章, 森重健一郎, 木村正, 西條辰義
周産期学シンポジウム   28 83-86   2010年9月
博士課程留学生による 学部生を対象とした医学英語勉強会の試み
馬場幸子,和佐勝史,倉智嘉久
第42回日本医学英語教育学会   89   2010年
不育症のリスク要因に関する疫学研究
馬場幸子,中山雅弘,藤田富雄,末原則幸
第46回日本周産期・新生児医学会総会   444   2010年   [査読有り]
大阪府の一地域における産科の共同運用に伴う産科医師の労働環境の変化について
馬場幸子, 磯博康
第68回日本公衆衛生学会総会   279   2009年10月   [査読有り]
初期流産のリスクファクター解析
馬場幸子,野田博之,中山雅弘,高鳥毛敏雄,磯博康
第18回日本疫学会   102   2008年1月
大阪府における小児がんの罹患・死亡・生存率の動向
馬場幸子,井岡亜希子,津熊秀明,野田博之,味木和喜子,磯博康
厚生労働省がん研究助成金 地域がん登録資料のがん対策およびがん研究への活用に関する研究 平成20年度報告書   106-111   2008年   [依頼有り]
出生コホートでみた人工妊娠中絶推移について
馬場幸子,高鳥毛敏雄,磯博康
第17回日本疫学会   206   2007年1月   [査読有り]
大阪府における小児がんの生存率の動向
馬場幸子,井岡亜希子,野田博之,磯博康
第66回日本公衆衛生学会総会   420   2007年   [査読有り]
女性の年齢階級別にみた人工妊娠中絶について
馬場 幸子,池田愛,野田博之,高鳥毛敏雄,磯博康
第65回日本公衆衛生学会   706   2006年10月   [査読有り]
「おしりをたたく」養育行動のリスク因子について
馬場幸子,磯博康,藤原武男
第75回日本公衆衛生学会総会   265   2016年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Successful reduction of blood pressure levels and stroke risk by a community-based program in Japan
Baba S, Eshak ES, Iso H (担当:共著)
Springer International Publishing   2018年10月   ISBN:978-3-319-95633-6

講演・口頭発表等

 
社会経済的要因としつけのための体罰の関連について
馬場幸子,山岡祐衣,藤原武男,磯博康
第24回日本子ども虐待防止学会   2018年11月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
初期流産の生活習慣関連危険因子に関する症例対照研究
2009年

競争的資金等の研究課題

 
母親の就労・家族構成が自身と子の健康に与える影響と修飾要因に関する日英比較研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金: 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 馬場 幸子
若年出産のリスク要因及び児への健康影響に関する大規模疫学研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金: 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 馬場 幸子
初期流産の生活習慣関連危険因子に関する症例対照研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金: 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 馬場 幸子