TANAKA Kiho

J-GLOBAL         Last updated: Nov 1, 2019 at 11:43
 
Avatar
Name
TANAKA Kiho
Affiliation
Doshisha University
Section
Center for License and Qualification
Job title
Associate Prefessor
Degree
Ph.D. (Psychology)(Doshisha University)
Other affiliation
Institute for Technology, Enterprise and Competitiveness (ITEC), Doshisha University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
豊島 めぐみ, 田中 希穂, 津田 右子, 上田 博之
大阪信愛女学院短期大学紀要 = Memoirs of Osaka Shin-ai College   52 1-7   2018
Tanaka Kiho, Kodama Shoichi, Okita Noritsugu, Ohashi Tadashi
同志社大学教職課程年報 = The annual bulletin of the Teacher-Training Course at Doshisha University   (8) 48-60   2018
研究ノート(Report)資源の乏しいシンガポールは、"人"を最大の資源と考え、経済競争力を高めるために、能力主義をベースとした教育システムによって、国家レベルでのグローバルな人材育成やそれに伴う教員養成や職能開発など、教育に対して積極的な取り組みを行っている。本稿では、シンガポールの中学校2校(Ping Yi Secondary School とRuffles Institution)を訪問し、実際にこれらの政策がどのように実践されているのかを調査した内容とともに、これらの教育を担う教員...
Tanaka Kiho
The Annual Bulletin of the Teacher-Training Course at Doshisha University   7 3-18   2017
論文(Original Research Article)本研究では、大学生の学習活動における自律的(自己決定的)な動機づけと自己効力感の関連性を検討した。大学生112名(男性47名、女性65名)が調査に参加した。構造方程式モデリングの結果、内発的動機づけは自己効力感とは関連せず、直接的に適応的な学習行動を促進し、不適応的な学習行動を抑制する傾向が示された。外発的動機づけにおいては、能力認知に関する信念が行動開始に重要な役割を果たしていることが示唆された。自律性の高い外発的動機づけは、どの...
Nobue Iuchi, Kiho Tanaka
Memoirs of Osaka Shin-ai College   50 1-5   2016
Kiho Tanaka, Hiroyuki Ueda
Memoirs of Osaka Shin-ai College   50 1-6   2016
Nobue Iuchi, Nahoko Kobayashi, Kiho Tanaka
Memoirs of Osaka Shin-ai College   49 39-44   2015
Kiho Tanaka, Sachihiko Kondo
Journal of Multicultural Education and Student Exchange   18 1-9   2014
本研究では、留学形態の違いを含めて、留学生の適応に住環境がおよぽす影響について検討した。留学生181名(男性83名、女性98名;正規留学生71名、短期留学生101名、その他9名)がWeb調査に参加した。住環境に対する評価においては、正規留学生・短期留学生の聞に大きな違いはみられず、広さと家賃のバランスが取れた住環境を留学生に提供するという、これまでにも問題視されてきた課題に今後も大学側が積極的に取り組まなければならないことが明らかとなった。留学生の適応に住環境の評価が及ぼす影響は、留学形態...
Kiho Tanaka, Kazhiro Otani, Sachihiko Kondo
Journal of Multicultural Education and Student Exchange   16 13-17   2012
本研究では、留学生の日本への適応について、短期交換留学生(男性22名、女性17名)を対象に留学初期にあたる学期開始時とその半年後の学期終了時の主観的ウェルビーイングを比較した。その結果、男性は半年間の在日期間を経て、満足感を向上させ、比較的高いバイタリティを維持し、不安を低減させた。来日前後は女性よりも高い不安を抱えている男性も、高いバイタリティを維持することによって、積極的な行動や適切なストレス対処に取り組めている可能性が示唆された。その結果、留学期間中に満足感が向上したと考えられる。今...
Kiho Tanaka, Kazuhiro Otani, Ehssan Sakaee
Journal of Multicultural Education and Student Exchange   15 1-10   Mar 2011
本研究では、オーストラリアの9年生(55名)を対象に、目標志向と特定の課題に対する自己関連評価と遂行との関連を検討、さらにその結果を日本の中学3年生(109名)と比較した。オーストラリアの生徒は日本の生徒よりも、日標志向性が強く、課題の遂行結果も高かった。課題に対する評価に差はなかったが、オーストラリアの生徒は、遂行日標が課題への興味や高い遂行結果を導いた。日豪における目標志向性の課題評価と遂行結果に及ぼす影響の差異は、学校教育における能力に対する考え方の違いを示唆しており、今後はこの点に...
Nobue Iuchi, Kiho Tanaka
Memoirs of Osaka Shin-ai College   45 47-55   2011
Tanaka Kiho
Japanese Psychological Research   49(4) 235-247   Nov 2007   [Refereed]
The purpose of the present study was to examine the influence of goal orientations on ninth‐grade students’ (54 girls and 55 boys) task‐specific appraisals (i.e., anticipated interest, self‐efficacy, test anxiety, and physical symptoms) and subseq...
Iuchi Nobue, Tanaka Kiho, Ichikawa Takashi, Ueda Hiroyuki
Memoires de College Shin-Ai Osaka   41 51-57   Jun 2007
Kiho Tanaka, Nobue Iuchi, Toyoshi Kubota, Hiroyuki Ueda
Memoires of College Shin-Ai Osaka   41 7-16   Jun 2007
Kiho Tanaka, Ayumi Tanaka, Takayuki Ishikawa, Hiroyuki Ueda
Memoires of College Shin-Ai Osaka   37 43-50   Jun 2003
女子短期大学生の雇用環境や就職意識が多様化する中で、短期大学で行われる職業教育は職業選択・決定過程にとどまらず、就職動機づけや就職観の形成を促す指導、さらに実務能力の習得に関わる教育に重点を移す必要がある。本研究では、女子短期大学生の就職動機づけと基本的心理的要求の満足度についての尺度構成を分析し、さらにビジネス実務能力の向上を目的に企業人や企業で実務研修を担当する講師に委託実施された講座がこれらの尺度に及ぼす影響について検討した。動機づけ尺度の因子構造を検討した結果、「就職に対する自己決...
Kiho Tanaka
Developmental Reports of Social Motivation   1 3-10   2002   [Refereed]
Kiho Tanaka
Doshisha Psychological Review   49 29-38   2002
Kiho Tanaka
Annual Report of Cultural Studies   50 1-17   Mar 2001
Kiho Tanaka, Hirotugu Yamauchi
North American Journal of Psychology   2 255-272   2000   [Refereed]
Examined the effects of motivational styles differing in the degree of autonomy on perceived control beliefs and self-regulated learning of English by 121 Japanese undergraduate students. Cluster analysis showed 4 groups of students, which differe...
Hirotsugu Yamauchi, Kiho Tanaka
Psychological Reports   82 803-816   1998   [Refereed]
This study was designed to investigate relations among autonomy, self-referenced beliefs, and self-regulated learning for 356 elementary school children (180 boys and 176 girls) from Grades 5 and 6. They were asked to complete a questionnaire desi...

Books etc

 
Hogan Samuel N.
Nova Science Publishers   2006   ISBN:159454669X

Conference Activities & Talks

 
An intervention study for improving workplace productivity and well-being through a leadership & motivation workshop
TANAKA Kiho
ProMAC2018   28 Nov 2018   
The relation of attachment and need satisfaction to well-being
TANAKA Kiho
2005 American Psychological Association Annual Convention   Aug 2005   
Autonomy support, psychological need satisfaction, and well-being at work
TANAKA Kiho
2nd International Conference on Self-Determination Theory   May 2004   

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
MEXT: KAKENHI
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): KONDO Sachihiko
MEXT: KAKENHI
Project Year: Apr 2007 - Mar 2010    Investigator(s): TANAKA Kiho
MEXT: KAKENHI
Project Year: Apr 2006 - Mar 2010