大谷 康晴

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/31 03:28
 
アバター
研究者氏名
大谷 康晴
 
オオタニ ヤスハル
eメール
ootaniyfc.jwu.ac.jp
所属
日本女子大学
部署
文学部 日本文学科
職名
助教授・准教授
学位
修士 (図書館・情報学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
60341880

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2005年
青山学院女子短期大学 専任講師(), 助教授(), 准教授()
 
2010年
   
 
日本女子大学 准教授()
 

学歴

 
 
 - 
1995年
慶應義塾大学 文学研究科 図書館・情報学専攻
 
 
 - 
2000年
慶應義塾大学 文学研究科 図書館・情報学専攻
 
 
 - 
1993年
慶應義塾大学 文学部 図書館・情報学科
 

委員歴

 
1997年4月
   
 
理事 編集委員会委員 図書館情報学教育特別委員会図書館情報学教育担当会委員 2014~, 2014~, 2011-2013
 
2005年4月
   
 
編集委員会委員 2006-2008
 

論文

 
行政情報の公開と図書館
大谷 康晴
レコード・マネジメント   40 1-8   2000年
司書の専門性評価:資格認定制度と司書課程
大谷 康晴
青山学院女子短期大学紀要   (57) 73-88   2001年
司書養成と教養
大谷 康晴
青山学院女子短期大学紀要   (59) 109-119   2004年
公共図書館職員を対象とした「上級司書」認定と専門性評価
大谷 康晴
専門図書館   (206) 6-13   2004年
日本における公共図書館職員の認定制度とその課題:図書館職員の研修と処遇
大谷 康晴
現代の図書館   43(1) 26-33   2005年

書籍等出版物

 
情報検索演習 (JLA図書館情報学テキストシリーズII 6)
大谷康晴(編著), 安形輝(著), 石田栄美(著), 中島玲子(著) (担当:共著)
日本図書館協会   2011年1月   ISBN:9784820410102
変化が激しい領域であるため、検索システム全般に対する理解と新しい検索システムにすぐ慣れることのできるよう、基本的・原則的な仕組みの記述を重視し、わかりやすく解説。演習問題も収録。(TRC MARC解説)
新しい時代の図書館情報学
山本順一(編著), 三浦太郎, 笠井詠子, 瀬戸口誠, 渡邊隆弘, 村上泰子, 野末俊比古, 大谷康晴, 川原亜希世, 松崎博子 (担当:共著)
有斐閣   2013年10月   ISBN:9784641220102
高度情報社会における図書館の意義と役割とは。図書館を市民のための「知識への扉」と位置づけ、現代の図書館の姿とそこに関わる人や制度、図書館利用者のための各種機能を平易にコンパクトに解説。司書課程の標準的入門テキスト。 (「BOOK」データベースより)
「社会資本」としての図書館 : 電子情報環境下における図書館サービス(図書館情報学調査研究リポート, no.10)
国立国会図書館図書館研究所編 (担当:共著)
国立国会図書館図書館研究所   1997年7月   
図書館情報専門職のあり方とその養成
日本図書館情報学会研究委員会編 (担当:共著)
勉誠出版   2006年10月   ISBN:4585002898
先進諸国での図書館員のステータスは高い。日本では図書館法の施行後、制度的変革がなされず、図書館員の養成が十分に機能しているとは言いがたい。問題の本質を解決するためには抜本的な制度改革が不可欠である。日本図書館情報学会による「LIPERプロジェクト」の成果をふまえ、図書館情報専門職のこれからを考える。(「BOOKデータベース」 より )
図書館年鑑2013
図書館年鑑編集委員会編 (担当:共著)
日本図書館協会   2013年7月   ISBN:978-4-8204-1306-6
図書館員の養成と図書館学教育(問題別図書館概況)担当

講演・口頭発表等

 
所蔵状況による九州地域図書館システムの分析
西日本図書館学会平成24年度春季研究発表会   2012年   
所蔵資料の類似性に基づく図書館の類型化
日本図書館情報学会2012年春季研究集会   2012年   
公共図書館のヤングアダルトコーナーの蔵書構成- 2007年出版物を対象とした調査
日本図書館情報学会2011年春季研究集会   2011年   
代替利用を扱った本とその批判本の所蔵: 日本の国立・公共・大学図書館の調査
第62回日本図書館情報学会研究大会   2014年   

競争的資金等の研究課題

 
1)図書館の養成教育と継続教育のあり方について
2)公共図書館員の認定制度
3)図書館の政治的経済的分析