SATO Mayumi

J-GLOBAL         Last updated: Jul 4, 2019 at 13:10
 
Avatar
Name
SATO Mayumi
Other affiliation
Wayo Women's University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2019
 - 
Today
Associate Professor, Shukutoku University Junior College
 
Apr 2010
 - 
Mar 2019
Associate Professor, Wayo Women's University Faculty of Human Ecology, Department of Home Economics and Social
 
Apr 2004
 - 
Mar 2005
教育助手補(TA), 淑徳大学社会学部
 
Apr 2005
 - 
Mar 2006
非常勤講師(担当:社会福祉概論、ボランティア論), 千葉県生涯大学校
 
Apr 2005
 - 
Mar 2010
非常勤講師(担当:児童福祉、養護原理、養護内容), 貞静学園保育福祉専門学校保育科
 

Education

 
Apr 2006
 - 
Mar 2010
社会福祉学専攻, 総合福祉研究科, Graduate school of integrated Human and Social Welfare Shukutoku University
 

Published Papers

 
子どもが育つ生活の舞台とその土台を考える― 市町村中心の子ども家庭福祉
佐藤まゆみ
世界の児童と母性   (82) 36-42   Oct 2017   [Invited]
市町村における子ども家庭福祉行政実施体制の評価と課題
佐藤まゆみ
和洋女子大学紀要   57 119-131   Mar 2017   [Refereed]
平成16年の児童福祉法改正以降の市町村における子ども家庭福祉の体制の評価と、基礎自治体を中心に子ども家庭福祉を実施する方向性について4市の子ども家庭福祉担当者にインタビュー調査を実施した。分析の結果、市町村の支援の特徴は「寄り添い型」支援であり、主訴が明確ではないあるいは無いケースを扱っており、児相と市町村とでは、支援する側の特徴と支援を要する側の特徴が明らかに異なっていることが指摘できた。市町村の支援の特性を活かすために求められる手立ての必要性、役割「分担」を強調した影響と児相の変化に伴...
子ども家庭福祉行政実施体制の再構築に関する研究―再構築に関するこれまでの検討経緯と将来方向―
柏女霊峰、有村大士、永野 咲、佐藤まゆみ、尾木まり、澁谷昌史、藤咲宏臣、菅井敏行、徳永聖子、山本真実、川松 亮
日本子ども家庭総合研究所紀要   (49) 1-14   Mar 2014   [Refereed]
A Study on the Issues of Structurization for Local Government-Analysis of Interview Investigation by the Pioneer Local Government-
佐藤まゆみ
和洋女子大学紀要   53 21-32   Mar 2013   [Refereed]
A Study of Reconstruction Centered Municipalities Child and Family Welfare Administration System –Consideration by Population Scale-
佐藤まゆみ
淑徳大学大学院総合福祉研究科研究紀要第19号   (19) 89-107   Apr 2012   [Refereed]

Misc

 
子ども・子育て支援新制度
佐藤まゆみ
チャイルドヘルス   21(2) 22-25   Feb 2018   [Invited]
書評りぷらい 市町村中心の子ども家庭福祉:その可能性と課題
佐藤まゆみ
社会福祉学   54(1) 94-96   May 2013   [Refereed]
2011年度学会回顧と展望 子ども家庭福祉部門―子ども家庭福祉政策ならびに関連学会動向―
Reiho KASHIWAME,Mayumi SATO
JAPANESE JOURNAL OF SOCIAL WELFARE   53(3) 176-194   Nov 2012   [Refereed][Invited]
書評『子ども家庭福祉・保育の幕開け-緊急提言 平成期の改革はどうあるべきか』
佐藤まゆみ
日本子ども家庭総合研究所ホームページ「愛育ねっと」      May 2012   [Invited]
文献情報
佐藤まゆみ
保育界   (452) 22   Apr 2012   [Invited]

Books etc

 
保育士等キャリアアップテキスト 第6巻子育て支援
秋田喜代美、馬場耕一郎監修 矢萩恭子編 亀﨑美沙子、鶴宏史、西智子、佐藤まゆみ、矢萩恭子 (Part:Joint Work, 第4章虐待予防)
中央法規   Jun 2018   
社会福祉士国家試験過去問解説集2019
佐藤まゆみ (Part:Joint Work)
中央法規   May 2018   
基本保育シリーズ 家庭支援論第2版
児童育成協会監修 新保 幸男、小林 理編、佐藤まゆみほか (Part:Joint Work, 第8講、第9講)
中央法規   Dec 2017   
基本保育シリーズ 児童家庭福祉第2版
児童育成協会監修 新保 幸男、小林 理編、佐藤まゆみほか (Part:Joint Work, 第5講、第6講担当)
中央法規   Dec 2017   
社会福祉士国家試験過去問解説集2018
中央法規   May 2017   

Conference Activities & Talks

 
地域包括的・継続的支援体制の実現のための子ども家庭福祉行政のあり方に関する研究(その2)―質問紙調査のクロス集計結果から―
佐藤まゆみ、永野咲、柏女霊峰、北川聡子
日本子ども家庭福祉学会第19回全国大会   3 Jun 2018   日本子ども家庭福祉学会
子ども家庭福祉分野における地域包括的・継続的支援体制の実現可能性の把握が不十分であることから、全国の市町村を対象とした質問紙調査により実態を把握し、それを可能とする条件を検討した。クロス分析を通じて、人口規模、拠点の有無と地域包括的・継続的支援体制の必要性や実現の可否、分権化の意向等の関連を明らかにすることを目的とした。人口規模によって、体制の構築のあり方や拠点に求める機能・役割が異なる傾向がある。ただし、包括的支援体制や市町村を中心とした子ども家庭福祉の必要性自体は、その傾向によらない。...
地域包括的・継続的支援体制の実現のための子ども家庭福祉行政のあり方に関する研究(その3)―インタビュー調査の質的分析結果から―
永野咲、佐藤まゆみ、柏女霊峰、北川聡子
日本子ども家庭福祉学会第19回全国大会   3 Jun 2018   日本子ども家庭福祉学会
子ども家庭福祉サービス・支援の地域包括的・継続的支援体制の構築に向けて、市町村で一元的な体制を築くために必要な条件整備や課題、体制を担う拠点や役割、機能がどのように考えられているか市町村の考えを制度的側面と援助的側面から聞き取り、市町村の子ども家庭福祉のあるべき体制を検討することを目的とした。インタビュー調査から示唆された4つの「切れ目」とそれらへの対応から、「拠点」設置に前向きな自治体では、組織を統合する、組織に多分野の職員を配置する等の組織的な取り組みが進行していることが伺えた。一方、...
地域包括的・継続的支援体制の実現のための子ども家庭福祉行政のあり方に関する 研究(その1)―質問紙調査の単純集計結果から―
佐藤まゆみ、柏女霊峰、北川聡子
第18回日本子ども家庭福祉学会全国大会   Jun 2017   日本子ども家庭福祉学会
市町村における子ども家庭福祉行政実施体制の評価と課題 —先駆的自治体へのインタビュー調査結果の検討—
佐藤まゆみ
第17回日本子ども家庭福祉学会全国大会   Jun 2016   日本子ども家庭福祉学会
児童相談所における児童心理司の専門性に関する研究(その2)ータイムスタディ調査の単純集計結果からー
有村大士、木村容子、永野咲、清水冬樹、今西良輔、佐藤まゆみ、小野セレスタ摩耶、村田一昭、谷口由希子、片岡志保、栗原拓也、中谷茂一、栗原直樹
日本社会福祉学会第63回秋季大会   Sep 2015   

Research Grants & Projects

 
日本の子どもの未来を考える研究会
日本財団: 
Project Year: Jun 2016 - Mar 2018    Investigator(s): 北川聡子
日本の子どもを取り巻く現状異なる制度や支援のあり方を、保健・医療・障害児・社会的養護、保育・教育等の専門家・支援者が連携協力し、包括的なシステムモデルを創ることによって、障がい・貧困・社会的養護等、どのような状況にあっても自己肯定感をもって健やかに育っていけるようになることを目的とする。また、援助論の共通化や家庭支援・子育て支援のワンストップサービスのモデルの構築を目指す。
児童福祉問題調査研究事業課題3児童相談所児童心理司の業務に関する研究
厚生労働省: 児童福祉問題調査研究事業
Project Year: Nov 2014 - Mar 2015    Investigator(s): 有村大士
要保護児童対策地域協議会のネグレクト家庭への支援を中心とした機能強化に関する研究
こども未来財団: 児童関連サービス調査研究等事業
Project Year: Apr 2010 - Mar 2011    Investigator(s): 安部計彦
平成22年度の児童関連サービス調査研究等事業の一環として、研究を実施した。安部計彦氏を主任研究者とするチーム研究である。子ども虐待のうち、ネグレクト家庭への支援に着目し、市町村における要保護児童対策地域協議会でそれに対する支援の実践について実態調査を実施した。また、線引きの困難なネグレクトに関するとらえ方についても併せて明らかにし、ネグレクト事例を数多く収集したうえ、内容分析を行った。
安部計彦、加藤曜子、三上邦彦、金子恵美、佐藤まゆみ、有村大士、高橋ゆきえ、土橋俊彦、笹井康治、山崎千栄子
地域における非行対策の推進に関する研究Ⅱ
こども未来財団: 平成19年度児童関連サービス調査研究等事業
Project Year: Apr 2007 - Mar 2008    Investigator(s): 小木曽宏
地域における非行対策推進に関する研究
こども未来財団: 平成18年度児童関連サービス調査研究等事業
Project Year: Apr 2006 - Mar 2007    Investigator(s): 小木曽宏

Social Contribution

 
第19回日本子ども家庭福祉学会全国大会 分科会司会者
[Presenter]  日本子ども家庭福祉学会  3 Jun 2018 - 3 Jun 2018
千代田区地域福祉交通「風ぐるま」運行協議会 委員
[Others]  千代田区  Mar 2018
日本の子どもの未来を考える研究会第2回シンポジウム
[Panelist, Investigater]  日本の子どもの未来を考える研究会 日本財団  10 Feb 2018 - 10 Feb 2018
豊島区子ども・子育て会議 委員
[]  Dec 2017
日本子ども虐待防止学会ちば大会 一般口頭演題分科会座長
[Presenter]  日本子ども虐待防止学会  3 Dec 2017