姫嶋瑞穂

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/15 08:56
 
アバター
研究者氏名
姫嶋瑞穂
 
ヒメジマミズホ
所属
北海道医療大学
部署
薬学部・大学教育開発センター
職名
講師
学位
博士(法学)(神戸大学), 修士(法学)(神戸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2019年2月
   
 
椙山女学園大学 現代マネジメント学部 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
現在
北海道医療大学 薬学部・大学教育開発センター 講師
 
2007年4月
 - 
2013年3月
神戸女子大学 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2013年3月
流通科学大学 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2012年9月
京都女子大学法学部 非常勤講師
 

委員歴

 
2014年1月
 - 
2016年12月
法制史学会  法制史研究編集委員
 
2012年1月
 - 
2013年3月
法制史学会  近畿部会幹事
 

論文

 
不平等条約改正後における外国人処遇対策と明治22年「監獄則」改正
姫嶋瑞穂
奈良法学会雑誌   22巻(3・4号) 53-108   2010年3月
明治前期の監獄法改革―明治5年「監獄則」から明治14年「改正監獄則」へ―
姫嶋瑞穂
神戸法学雑誌   58巻(3号) 71-162   2008年12月
人足寄場の創設と刑事政策の転換―近代的自由刑・矯正処遇の萌芽―
姫嶋瑞穂
「六甲台論集」法学政治学篇   50巻(3号) 1-37   2004年5月

Misc

 
(書評)小野修三著『監獄行政官僚と明治日本-小河滋次郎研究』
姫嶋瑞穂
日本歴史   2013(6) 120-122   2013年5月   [依頼有り]
(報告要旨)近代日本におけるドイツ監獄法の導入とその展開―明治四一年「監獄法」制定への布石
姫嶋瑞穂
法制史研究   62 319-320   2013年4月   [依頼有り]
(書評)高塩博氏「幕府人足寄場の収容者について―武家奉公人と有宿―」「寄場手業掛山田孫左衛門―創設期人足寄場 とその後についての管見」
姫嶋瑞穂
法制史研究   (60) 198-200   2011年4月   [依頼有り]
(報告要旨)明治一四年「改正監獄則」下における監獄行政―監獄事務諮詢会の開催と内務省による監獄行政の方針
姫嶋瑞穂
法制史研究   60 335-336   2010年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
新時代の法学・憲法
姫嶋瑞穂 (担当:分担執筆, 範囲:第2章「婚姻と離婚」、第3章「親子」、第12章「医事法」、第13章「刑事法」、第18章「法の下の平等」)
建帛社   2019年3月   
医事法学入門
姫嶋瑞穂
成文堂   2019年1月   
医事法学
姫嶋瑞穂 (担当:分担執筆, 範囲:第1章「医事法学」 第2章「医事法制」 第3章「医療倫理と法」)
成文堂   2015年12月   
明治監獄法成立史の研究
姫嶋瑞穂
成文堂   2011年12月   
法の流通
姫嶋瑞穂 (担当:分担執筆, 範囲:明治14年「改正監獄則」下における監獄行政の展開と明治22年「監獄則」制定への準備)
慈学社   2009年12月   

講演・口頭発表等

 
近代日本におけるドイツ監獄法の導入とその展開―明治41年「監獄法」への布石―
姫嶋瑞穂
法制史学会第63回総会   2011年6月   
不平等条約改正後における外国人処遇対策をめぐる動向―明治22年「監獄則」改正への準備―
姫嶋瑞穂
法文化学会第13回研究大会   2010年11月   
明治14年「改正監獄則」下における監獄行政―監獄事務諮詢会の開催と内務省による監獄行政の方針―
姫嶋瑞穂
法制史学会第61回総会   2009年4月   
明治前期の監獄法改革―明治5年「監獄則」から明治14年「改正監獄則」へ―
姫嶋瑞穂
法制史学会近畿部会第401回例会   2008年6月   
明治初期における監獄改良と監獄則
姫嶋瑞穂
日本近代法制史研究会 第288回   2005年12月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
植民地台湾監獄法制の展開に関する実証的研究―植民地支配体制の基盤形成をめぐって―
科学研究費補助金 若手研究(B): 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 姫嶋瑞穂