Odani Masanori

J-GLOBAL         Last updated: Jun 18, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
Odani Masanori
E-mail
odamasahosei.ac.jp
URL
http://www.i.hosei.ac.jp/odani/
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Letters, Department of Japanese
Job title
Professor
Degree
M.A. in Humanities(University of Toyama), Doctor of Human and Environmental Studies(Kyoto University)
Research funding number
10382657
Twitter ID
@masanori_odani

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2001
 - 
Mar 2002
京都大学総合人間学部研修員
 
Apr 2001
 - 
Mar 2003
学校法人家政学園京都文教高等学校 非常勤講師 (~2003. 03)
 
Apr 2002
 - 
Mar 2004
京都産業大学 語学教育研究センター 非常勤講師
 
Apr 2003
 - 
Mar 2004
大阪外国語大学 留学生日本語教育センター 非常勤講師
 
Apr 2003
 - 
Mar 2004
京都外国語短期大学 非常勤講師
 

Education

 
Apr 1996
 - 
Mar 1998
Graduate School, Division of Humanities, University of Toyama
 
Apr 1998
 - 
Mar 2001
言語機能論専攻, Graduate School, Division of Human and Environmental Studies, Kyoto University
 
Apr 1992
 - 
Mar 1996
Department of English Literature, Faculty of Literature, Keio University
 

Committee Memberships

 
Apr 2016
   
 
The Society of Japanese Grammar  Editorial Board
 
Apr 2013
   
 
Pragmatics Society of Japan  Steering Committee
 

Published Papers

 
装定用法における形容詞並置構文に関する一考察 ─総合的認知と離散的認知の観点から─
Studies in Cognitive Linguistics   10 105-141   May 2012   [Refereed][Invited]
アマルガム構文としての『「全然」+肯定』に関する語用論的分析」
尾谷昌則
言葉と認知のメカニズム ─山梨正明教授還暦記念論文集─   103-115   Sep 2008   [Invited]
「構文の確立と語用論的強化:「全然~ない」の例を中心に」
日本語用論学会 第9回大会発表論文集   17-24   Dec 2007
構文文法の歴史的背景と今後の展望
人間情報学研究   11 25-43   Mar 2006   [Refereed]
接続詞ケドの手続き的意味
語用論研究   7 17-30   Dec 2005   [Refereed]

Misc

 
接続詞「なので」の成立について
尾谷昌則
日本語語用論フォーラム   1 183-208   Dec 2015   [Invited]
「書かないです」と「書きません」
日本文學誌要   86 32-44   Jul 2012
-Book Review- Nishimitsu, Yoshihiro and Prashant Pardeshi (eds.) "Comparative Study of Intransitive and Transitive Verbs"
Studies in English Literature   LXXXVIII 235-240   Dec 2011   [Refereed]

Books etc

 
東森勲・柏本吉章・塩田英子・大津隆広・村田和代・米倉よう子・尾谷昌則
朝倉書店   Mar 2017   ISBN:978-4-254-51622-7
言語の創発と身体性
児玉一宏・小山哲春ほか
ひつじ書房   Mar 2013   ISBN:978-4-89476-631-0
Network of Constructions and Grammar
Mitsuko Nieda (Part:Joint Work)
Kenkyusha   Mar 2011   ISBN:978-4-327-23702-8
講座「認知言語学のフロンティア」シリーズの第2巻

Conference Activities & Talks

 
ますます丁寧化する日本語 -デス・マスを中心に-
法政大学国文学会   14 Jul 2012   法政大学国文学会
構文文法と認知言語学のパラドクス: 日本語の主要部内在型関係節を中心に
FLC Conference 2005   3 Jul 2008   Functional Linguistic Circle
日本語教育における練習(問題)の意義について~英語教材との比較から~
第5回 盛岡大学言語教育ワークショップ   22 Dec 2007   盛岡大学言語教育研究委員会
装定用法における並置形容詞に関する一考察
東北英文学会 第62回大会 SYMPOSIA『形容詞による名詞修飾の諸相』   18 Nov 2007   東北英文学会
接尾辞ポイのモダリティ化
日本語用論学会 第8回大会   10 Dec 2005   日本語用論学会