大沼 清

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 03:42
 
アバター
研究者氏名
大沼 清
学位
博士(理学)(名古屋大学)

経歴

 
2010年4月
 - 
2014年3月
長岡技術科学大学 産学融合特任准教授
 
2014年4月
 - 
現在
長岡技術科学大学 准教授
 
2000年5月
 - 
2010年3月
東京大学 特任講師
 
1998年6月
 - 
2000年5月
カリフォルニア大学・バークレー校 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1991年3月
名古屋大学 理学部 物理学科
 
 
 - 
1998年3月
名古屋大学 理学研究科 物理学専攻
 

論文

 
Morakul S, Otsuka Y, Nararya A, Tagaya M, Motozuka S, Ohnuma K, Miyashita Y, Mutoh Y.
J Mech Behav Biomed Mater.   88 406-414   2018年12月   [査読有り]
Yuta Yamamoto, Shota Miyazaki, Kenshiro Maruyama, Ryo Kobayashi, Minh Nguyen Tuyet Le, Ayumu Kano, Akiko Kondow, Shuji Fujii, Kiyoshi Ohnuma,
PLOS ONE   13(9)    2018年9月   [査読有り]
Shota Tashiro, Minh Nguyen Tuyet Le, Yuta Kusama, Eri Nakatani, Mika Suga, Miho K Furue, Taku Satoh, Shinji Sugiura, Toshiyuki Kanamori, Kiyoshi Ohnuma
Journal of Bioscience and Bioengineering   126(3) 379-388   2018年9月   [査読有り]
M.N.T. Le, M. Takahi, K. Maruyama, A. Kurisaki, K. Ohnuma
In Vitro Cellular & Developmental Biology-Animal   54(7) 513-522   2018年8月   [査読有り]
Matsuya, T., S. Morakul, Y. Otsuka, K. Ohnuma, M. Tagaya, S. Motozuka, Y. Miyashita, Y. Mutoh
Applied Surface Science   448 529-538   2018年8月   [査読有り]

Misc

 
Okabayashi K, Ohnuma K, Asashima M
Inflammation and Regeneration   29(1) 302-309   2009年1月   [査読有り]
幹細胞の可塑性と細胞分化
岡林 浩嗣,大沼 清,浅島 誠
最新医学   64(1) 588-599   2009年3月   [査読有り]
器官発生機構の発生医学的考察--器官発生研究から発生医学への展開について
岡林 浩嗣,大沼 清,浅島 誠
再生医療 : 日本再生医療学会雑誌   8(4) 414-419   2009年4月   [査読有り]
ヒトiPS細胞研究の解説
理化研究収録、ヒトiPS細胞研究の現状   51(1) 40-45   2012年1月   [査読有り]
多能性幹細胞からの様々な臓器・組織特異的細胞の誘導:培地添加物の観点から
HAB News Letter   20(2) 15-18   2014年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
「基礎生命科学実験」
大沼 清、他 (担当:共著)
東京大学出版会   2007年1月   ISBN:978-4-13-062213-4
大学教養部用の実験の教科書
Mechanosensing Biology
M.Asashima, T. Michiue, K. Ohnuma, Y. Nakajima, Y. Ito (担当:共著)
Springer   2010年12月   ISBN:978-4-431-89756-9
Controlling Cell Migration with Micropatterns
T. Toyota, Y. Wakamoto, K. Hayashi and K. Ohnuma (担当:共著)
Intech   2012年2月   ISBN:978-953-51-0096-6
第4章9節 「マイクロ加工技術と無血清培養を用いたヒトES/iPS細胞の制御」
大沼 清 (担当:共著)
株式会社技術情報協会   2016年10月   ISBN:978-4-86104-629-2
Application of Microfluidics in Stem Cell Culture
Shinji Sugiura, Kohji Nakazawa, Toshiyuki Kanamori and Kiyoshi Ohnuma (担当:共著)
InTech   2016年11月   ISBN:978-953-51-2786-4

講演・口頭発表等

 
The effects of chemicals on pregnancy: in vitro studies with human iPS cells
大沼 清
日印共同シンポジウム・IJBSFMM (Indo Japan Bilateral Symposium on Futuristic Materials and Manufacturing) 2018   2018年7月16日   IITM
ヒiPS細胞由来の原腸形成期の中胚葉と内胚葉はランダムに動く [招待有り]
大沼 清
第56回 日本生物物理学会年会   2018年9月16日   日本生物物理学会年会
Mimicking human gastrulation stage using human iPS cells
大沼 清
第70回 日本細胞生物学会 第51回 日本発生生物学会 合同大会   2018年6月7日   日本細胞生物学会,日本発生生物学会
ヒト体軸のin fluid再構築:マイクロ流路による幹細胞分化制御因子の移動制御 [招待有り]
大沼 清
SU02 シンポジウム「臓器構築から全身の再構成へ」 from organoid to whole-body reconstruction   2017年1月28日   第2回ダブル・ピークの会
ヒトiPS細胞 と アインシュタイン の 関係式 [招待有り]
大沼 清
夢ナビライブ2016 講義ライブ   2016年7月9日   株式会社フロムページ

競争的資金等の研究課題

 
hiPS細胞の未分化状態における品質変動の要因の検証ならびにhiPS細胞の培養による品質変動の自発分化能による評価
再生医療実用化研究事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 大沼 清
iPS細胞の品質変動と実用化を目指した培養技術の標準化に関する研究
再生医療実用化研究事業
代表者: 大沼 清
ヒトiPS細胞を用いた組織工学
その他の研究制度
研究期間: 2010年4月 - 現在
体中の細胞になれるヒトiPS細胞の制御技術や、マイクロデバイスとの融合を通じ、再生医療や創薬応用を目指す。
ヒトES/iPS細胞の実用化における幹細胞バンクの基盤整備についての研究
厚生労働省・科学研究費補助金・再生医療実現化
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 古江美保
分化と運動の相関:ノコギリ型により細胞のミクロなゆらぎをマクロな運動へと変換
文部科学省・科学研究費・挑戦的萌芽
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 大沼 清