佐竹 弘行

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 18:14
 
アバター
研究者氏名
佐竹 弘行
 
サタケ ヒロユキ
所属
神奈川県立保健福祉大学
部署
保健福祉学部 人間総合科
職名
講師
学位
博士(理学)(東北大学)

研究分野

 

経歴

 
2005年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会特別研究員(DC2)
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2007年4月
 - 
2008年3月
科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業研究員
 
2008年4月
 - 
2014年3月
立命館大学薬学部 助教
 
2014年4月
 - 
現在
神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
2001年3月
東北大学 理学部 化学科
 
 
 - 
2003年3月
東北大学大学院 理学研究科 化学専攻
 
 
 - 
2006年3月
東北大学大学院 理学研究科 化学専攻
 

受賞

 
2006年3月
東北大学大学院理学研究科化学専攻 平成17年度化学専攻賞
 
2006年3月
日本分析化学会2005年度東北支部奨励賞
 

論文

 
Y. Sawama, Y. Ogata, K. Kawamoto, H. Satake, K. Shibata, Y. Monguchi, H. Sajiki, and Y. Kita
Adv. Synth. Catal.   355 517-528   2013年2月
Y. Sawama, K. Kawamoto, H. Satake, N. Krause, and Y. Kita
Synlett   14 2151-2155   2010年9月
V. Thiagarajan, A. Rajendran, H. Satake, S. Nishizawa, and N. Teramae
ChemBioChem   11 94-100   2010年1月
Fluorescence emission detection of single-nucleotide polymorphisms by a naphthyridine-benzofurazan conjugate
H. Satake, S. Nishizawa, and N. Teramae
Nucleic Acids Symp. Ser.   51, 297-298   2007年11月

Misc

 
佐竹 弘行
化学と教育   63 390-391   2015年
光ケージド核酸塩基を利用した効果的なクロスリンクDNAの合成
佐竹 弘行
ファルマシア   48 1092-1092   2012年
蛍光性オリゴヌクレオチドプローブを用いた遺伝子解析
佐竹 弘行
ぶんせき   4 201-201   2005年

講演・口頭発表等

 
カリックスアレーン類と蛍光性リガンドを併用する生体関連物質の簡便かつ明瞭な検出法の開発に関する検討
佐竹弘行
日本薬学会第138年会   2018年3月   
スルホカリックスアレーンと水素結合部位を有する蛍光性リガンドを用いた生体関連分子の簡便な蛍光検出に関する検討
佐竹弘行
日本薬学会第137年会   2017年3月   
1,4-エポキシ-1,4-ジヒドロナフタレン類への環開裂型官能基導入法の開発
緒方祐太、澤間善成、川本康一、佐竹弘行、柴田恭司郎、門口泰也、佐治木弘尚、北泰行
日本薬学会第133年会   2013年3月   
1,4-エポキシ-1,4-ジヒドロナフタレン類の開環を伴うルイス酸触媒的官能基導入反応
緒方祐太、澤間善成、川本康一、佐竹弘行、門口泰也、北泰行、佐治木弘尚
第58回日本薬学会東海支部総会・大会   2012年7月   
Acid-Catalyzed and Ring-Opening Functionalizations of 1,4-Epoxy-1,4-dihydronaphthalenes
Y. Sawama, Y. Ogata, T. Yanase, Y. Monguchi, H. Sajiki, N. Krause, K. Kawamoto, H. Satake, Y. Kita
The 2nd International Symposium on Process Chemistry   2011年8月   

担当経験のある科目