武村 史朗

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 11:07
 
アバター
研究者氏名
武村 史朗
 
タケムラ フミアキ
所属
沖縄工業高等専門学校
部署
機械システム工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(立命館大学大学院)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
沖縄工業高等専門学校 機械システム工学科 教授
 
2007年4月
 - 
2018年3月
沖縄工業高等専門学校 機械システム工学科 准教授
 
2003年1月
 - 
2007年3月
国際レスキューシステム研究機構 特別研究員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
立命館大学大学院 理工学研究科 理工学専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
琉球大学大学院 工学研究科 機械工学専攻
 
1990年4月
 - 
1996年3月
九州工業大学 設計生産工学科 制御コース
 

論文

 
Development of an altitude-keeping system for underwater robots using laser beams
Fumiaki Takemura, Ryo Taba, Keita Hirayama, Suriyon Tansuriyavong, Kuniaki Kawabata,
Journal of Artificial Life and Robotics   22(4) 405-411   2017年12月   [査読有り]
高橋悟,野田祥希,松田朝陽,川端邦明,鈴木剛,武村史朗,小笠原敬,金子俊一
Journal of Signal Processing   21(1) 15-24   2017年1月   [査読有り]
Rintaro Ono, Chiaki Katagiri, Hironobu Kan, Masayuki Nagao, Yumiko Nakanishi, Yuji Yamamoto, Fumiaki Takemura, Norimitsu Sakagami
The International Journal of Nautical Archaeology   45(1) 77-93   2016年3月   [査読有り]
Fumiaki Takemura, Shuta Kobashigawa, Keita Hirayama, Kuniaki Kawabata, Shinichi Sagara, Hideyuki Yamashiro, Eisuke Kuraya
Journal of Robotics and Mechatronics   27(5) 571-578   2015年10月   [査読有り]
Tsuyoshi Suzuki,Kazuki Kato,Emi Makihara,Takafumi Kobayashi,Hitoshi Kono,Kei Sawai,Kuniaki Kawabata,Fumiaki Takemura,Naoko Isomura,Hideyuki Yamashiro
IJDSN   2014    2014年   [査読有り]

Misc

 
武村 史朗
独立行政法人国立高等専門学校機構沖縄工業高等専門学校紀要   2 1-11   2008年3月   [査読有り]
大震災などの災害時には,ビルや家屋など建造物の倒壊により多くの人命が失われている.建造物の倒壊によって発生する瓦礫により,被災者が下敷きとなった場合,早急かつ安全に被災者を検索し,救出する必要がある.現実にはレスキュー隊員など人手に頼る部分が多く,二次災害による人的被害の可能性が指摘されている.近年,被災者の検索や救出作業を行うさまざまなレスキューロボットの研究開発が行われている.著者は災害時における情報収集のためのロボットとして,ケーブル駆動型ロボットを提案している.また,近年,携帯端末...
武村 史朗
フルードパワーシステム : 日本フルードパワーシステム学会誌 : journal of the Japan Fluid Power System Society   34(4) 288-289   2003年7月
木村 哲也, 鈴木 達也, 藤岡 久也, 武村 史朗, 伊藤 雅則
フルードパワーシステム : 日本フルードパワーシステム学会誌 : journal of the Japan Fluid Power System Society   34(4) 235-239   2003年7月

講演・口頭発表等

 
海底3D地図作成を目的とした曳航型水中ロボットによる画像データ取得の高速化・広域化
武村史朗,坂上憲光,高橋悟,山舩晃太郎
第36回日本ロボット学会学術講演会2018   2018年9月   
固定物体を片手把持した浮遊型3リンク双腕水中ロボットの分解加速度制御
山本伸吾,川口貴之,相良慎一,武村史朗
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2018   2018年6月   
浮遊型双腕ロボットに搭載した3リンクアームのインピーダンス制御
関優,相良慎一,武村史朗
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2018   2018年6月   
曳航型水中ロボットの操作改善
小橋川翔大,武村史朗,川端邦明,相良慎一,小笠原 敬
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2018   2018年6月   
遠隔操作水中ロボットのための操作支援システムの開発
橋口透和,武村史朗,川端邦明,相良慎一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2018   2018年6月   

競争的資金等の研究課題

 
曳航型水中ロボットを用いた浅海域における海底3D地図作成の高速広域化
日本学術振興会: 科研費基盤C
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 武村 史朗
水中ロボットによるオニヒトデ駆除の実証実験
沖縄県: サンゴ礁保全活動支援事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 武村 史朗
サンゴ保全のためのオニヒトデへの液体注射装置の開発
高専-長岡技科大 共同研究の推進: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 武村 史朗
オニヒトデ捕獲作業のための画像処理技術を用いた海中移動体の位置計測に関する研究
財団法人 電気通信普及財団: 
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 武村 史朗
アクチュエータ集中型着脱式水中ロボットアームの制御手法に関する研究
高専-長岡技科大連携教育研究助成: 
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 武村 史朗