小山 貴之

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 03:18
 
アバター
研究者氏名
小山 貴之
 
コヤマ タカユキ
所属
日本大学
部署
文理学部体育学科
職名
准教授
学位
理学療法学修士(東京都立保健科学大学), 理学療法学博士(首都大学東京)
科研費研究者番号
80579110

経歴

 
1999年4月
 - 
2001年9月
駿河台日本大学病院理学療法室 
 
2001年10月
 - 
2002年3月
日本大学医学部付属稲取病院理学療法室
 
2002年4月
 - 
2010年3月
駿河台日本大学病院理学療法室 
 
2010年4月
 - 
2014年3月
日本大学文理学部体育学科 専任講師
 
2014年4月
   
 
日本大学文理学部体育学科 准教授
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
東京都立医療技術短期大学 - 理学療法学科
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東京都立保健科学大学 保健科学研究科 理学療法学専攻
 
2006年4月
 - 
2009年3月
首都大学東京 人間健康科学研究科 人間健康科学専攻
 

委員歴

 
2011年4月
   
 
公益社団法人東京都理学療法士会 研究推進部部長
 
2010年12月
   
 
日本レーザー・スポーツ医科学学会  評議員
 

論文

 
幼児期における運動の協調性と感覚異常の関連性の検討
松田雅弘,新田收,古谷 槇子,楠本 泰士,小山 貴之
理学療法学   45(4) 248-255   2018年8月   [査読有り]
Matsuda T, Koyama T, Kurihara Y, Tagami M, Kusumoto Y, Nitta O
Journal of Physical Therapy Science   29(9) 1649-1652   2017年9月   [査読有り]
自動形状変化機能付きランバーサポートが骨盤肢位および腰部筋疲労に及ぼす影響
小山貴之、松田雅弘、中丸宏二、相澤純也、相澤純也、新田収
理学療法東京   5(1) 8-14   2017年7月   [査読有り]
頸部痛に対する専用機器を用いた自己管理下での頭頸部屈曲エクササイズが主観的および客観的アウトカムに及ぼす影響
瓦田 恵三, 中丸 宏二, 波戸根 行成, 相澤 純也, 小山 貴之, 松本 高志郎, 橋本 明秀, 来間 弘展, 新田 收
理学療法科学   31(1) 107-110   2016年   [査読有り]
Reliability, validity, and responsiveness of the Japanese version of the Patient-Specific Functional Scale in patients with neck pain.
Nakamaru K, Aizawa J, Koyama T, Nitta O
European Spine Journal   24(12) 2816-2820   2015年12月   [査読有り]

Misc

 
大学スポーツ・アスリートにおけるスポーツ環境の現状と課題 : 大学運動部群と体育系サークル群の比較より
西川大輔,小山貴之,松本恵,竹俣壽郎,野口智博,高橋正則,佐久間智央,小岩遥
桜門体育学研究   48(2) 53-68   2014年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
スポーツ理学療法プラクティス―機能評価診断とその技法―
片寄正樹,小林寛和,松田直樹・編
文光堂   2017年9月   ISBN:978-4-8306-4559-4
腰痛―エビデンスに基づく予防とリハビリテーション―
ナップ   2017年5月   ISBN:978-4-905168-47-8
そのとき理学療法士はこう考える―事例で学ぶ臨床プロセスの導きかた―
藤野雄次・編
医学書院   2017年5月   ISBN:978-4-260-03004-5
アスレティックケア -リハビリテーションとコンディショニング―
ナップ   2016年5月   ISBN:978-4-905168-43-0
ムーブメント―ファンクショナルムーブメントシステム―
中丸宏二,小山貴之,相澤純也,新田收監訳 (担当:共訳)
NAP   2014年1月   ISBN:978-4-905168-28-7

講演・口頭発表等

 
Immediate effect of photobiomoduration therapy on pain thresholds and muscle properties in healthy subjects
Koyama T, Matsuda T, Nitta O
World Congress on Pain 2018   2018年9月15日   
The investigation of child's motor function and motor habits, pain. -the sports fair in Japan-
Matsuda T, Tagami M, Nitta O, Kurihara Y, Kusumoto Y, Koyama T, Ooyama T
World Congress on Pain 2018   2018年9月14日   
Sense abnormality in children
Niita O, Matsuda T, Koyama T
World Congress on Pain 2018   2018年9月14日   
Effect of mobilization exercise on the functional movement screen score
Koyama T, Nakamaru K, Aizawa J, Nitta O
12th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine   2018年7月11日   
スポーツ現場におけるレーザー療法の現状と課題
小山貴之
第21回日本レーザー・スポーツ医科学学会学術集会   2017年11月18日