KITAMURA Yoshifumi

J-GLOBAL         Last updated: Feb 16, 2018 at 19:54
 
Avatar
Name
KITAMURA Yoshifumi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/af0a44a8a0a682db8004352bf6fb3304.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Research Institute of Electrical Communication Human Information Systems Division Information Contents
Job title
Professor
Degree
博士(工学)(Osaka University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
Associate Professor, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka Universty
 
Apr 2002
 - 
Mar 2007
Associate Professor, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka Universty
 
Feb 1997
 - 
Mar 2002
Associate Professor, Graduate School of Engineering, Osaka University
 
Sep 1992
   
 
研究員, ATR Communication Systems Research Labs.
 
Apr 1987
   
 
研究員, Canon Inc.
 

Education

 
 
 - 
Mar 1987
物理系専攻, Graduate School, Division of Engineering Science, Osaka University
 
 
 - 
Mar 1985
制御工学科, Faculty of Engineering Science, Osaka University
 

Committee Memberships

 
Aug 2016
 - 
Today
Japan ACM SIGCHI Capter  Chair
 
Aug 2016
 - 
Today
Japan National Tourism Organization  Japan Conference Ambassador
 
Apr 2016
 - 
Today
Virtual Reality Society of Japan  Director
 
Dec 2015
 - 
Today
ACM SIGCHI  Asian Development Committee
 
Dec 2015
 - 
Today
VRST: ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology  Steering Committee Chair
 

Awards & Honors

 
Sep 2017
自走式ディスプレイの回転と並進を用いたコンテンツの表現の拡張の試み, Best Demonstration Award, 情報処理学会シンポジウム エンタテインメントコンピューティング2017
Winner: 大西 悠貴,工藤 義礎,高嶋 和毅,北村 喜文
 
Sep 2017
世界樹とブロックのメタファによる探索型インタフェースを活用したVR Safari Parkの試作, Best Video Award, 情報処理学会シンポジウム エンタテインメントコンピューティング2017
Winner: 市川 将太郎,高嶋 和毅,北村 喜文
 
May 2017
自立移動・変形する壁型ディスプレイの設計と実装, Specially Selected Paper, 情報処理学会
Winner: 大山貴史,高嶋和毅,浅利勇佑,エフド シャーリン,ソール グリーンバーグ,北村喜文
 
Mar 2017
モバイルカメラを用いたデバイス間アドホックアプリケーション共有, Best Paper Award, 情報処理学会 インタラクション2017
Winner: 萩原拓真,高嶋和毅,モルテンフィールド,北村喜文
 
Jun 2016
Study and Design of a Shape-Shifting Wall Display, Honourable Mention Award, ACM SIGCHI DUI
Winner: K. Takashima, T. Oyama, Y. Asari, E. Sharlin, S. Greenberg, Y. Kitamura
 

Published Papers

 
大山貴史,高嶋和毅,浅利勇佑,エフド シャーリン,ソール グリーンバーグ,北村喜文
情報処理学会論文誌   58(5) 1049-1060   May 2017   [Refereed]
特選論文に
Kasim Ozacar, Juan David Hincapie-Ramos, Kazuki Takashima, Yoshifumi Kitamura
Interacting with Computers      Dec 2016   [Refereed]
Jiawei Huang, Tsuyoshi Mori, Kazuki Takashima, Shuichiro Hashi, Yoshifumi Kitamura
Proceedings of ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology   211-217   Nov 2016   [Refereed]
Kazuki Takashima, Takafumi Oyama, Yusuke Asari, Ehud Sharlin, Saul Greenberg, Yoshifumi Kitamura
Proceedings of Conference on Designing of Interactive Systems   796-806   Jun 2016   [Refereed]
Honorable Mention Award
Hincapié-Ramos, J.D., Özacar, K., Irani, P.P. and Kitamura, Y
IEEE Computer Graphics and Applications   36(2) 90-96   Mar 2016   [Refereed]

Misc

 
Yoshifumi Kitamura
映像情報メディア学会誌   68(2) 113-115   Feb 2014
エクスペリエンシャルインタラクション ― 論文化しにくい人の経験や体験に焦点を当てた研究
Yoshifumi Kitamura
ヒューマンインタフェース学会誌   15(4) 295-298   Nov 2013
アソブレラ: 傘軸の振動を記録・再生するシステム
吉田愛,伊藤雄一,尾崎麻耶,菊川哲也,深澤遼,藤田和之,高嶋和毅,北村喜文,岸野文郎
まぐね/Magnetics   5(5) 229-234   May 2010
北村喜文
画像電子学会誌   37(2) 150-156   Feb 2008
北村喜文
システム/制御/情報   49(9) 374-379   Sep 2005

Books etc

 
ビジュアルコンピューティング -3次元CGによる画像生成-
五十嵐健夫, 北村喜文 西田友是, 近藤邦夫, 藤代一成(監修) (Part:Joint Work, 第7章 インタラクション, pp. 143-156)
電機大出版局   Sep 2006   ISBN:4-501-54170-9
岩波講座「マルチメディア情報学」第6巻,情報の可視化
岸野文郎, 大野義夫, 藤代一成, 北村喜文 (Part:Joint Work)
岩波書店   Mar 2001   ISBN:4-00-010966-9
3次元画像用語事典
画像電子学会3次元画像調査専門委員会3次元画像用語事典編集委員会編 (Part:Joint Editor)
新技術コミュニケーションズ   Jul 2000   

Conference Activities & Talks

 
Designing Interactive "Content"
1st Workshop on Artificial Intelligence Meets Virtual and Augmented Worlds (AIVRAR)   21 Dec 2017   
HCI in Japan
IFIP TC-13 INTERACT Asian HCI Research Symposium   26 Sep 2017   
バーチャルとリアルをつなぐインタラクティブコンテンツの研究
東北デベロッパーズカンファレンス2017   17 Jun 2017   
New Experiences with Dynamic Aware Interiors
CHIuxID2017 Southeast Asia CHI Symposium (SEACHI)   18 Apr 2017   
Activities of ACM SIGCHI Asia Development Committee and Foundation of Japan ACM SIGCHI Chapter
The First ACM SIGCHI Asian Symposium   18 Dec 2016   

Works

 
D-FLIP: Dynamic & Flexible Interactive PhotoShow
The Others   Nov 2013
FuSA2 Touch Display
The Others   Jul 2010
Funbrella: Making Rain Fun
The Others   Aug 2009
M3: Multi-Modal Interface in Multi-Display Environment for Multi-Users
The Others   Dec 2008
Video Agents
The Others   Aug 2007

Research Grants & Projects

 
Interactive Contet Design
The Other Research Programs
Project Year: Apr 2010   

Patents

 
特開2016-32277 : 映像通信システム及び映像通信方法
三枝 知史 小澤 史朗 伊達 宗和 高田 英明 小島 明 北村 喜文 高嶋 和毅
特許第5574438号 : 画像表示装置,画像表示方法およびコンピュータプログラム
北村 喜文
沖電気工業「ふわっとサイネージ」
富士通ソーシャルサイエンステクノロジー「Webコア Innovation Suite」
の中で利用されている.
特開2010-213124 : 画像撮影・表示方法、画像撮影・表示装置、プログラムおよび記録媒体
國田 豊 磯貝 愛 木全 英明 大谷 佳光 北村 喜文 岸野 文郎
特開2010-204379 : 地図表示装置および地図表示方法
特開2009-193471 : 表示制御装置、表示処理装置、アプリケーションサーバ、表示制御方法、表示処理方法、アプリケーション実行方法、制御プログラム、および、記録媒体

Social Contribution

 
東北大学イノベーションフェア2014
[Others]  28 Jan 2014
研究室の主要機材ほぼ全てを持ち込んで,1日4回のデモをステージで行うという研究室創設以来の大イベントに取り組んだ.
(会場: 仙台国際センター)
3次元画像を送受信
[TV or radio appearance, Contribution]  日本経済新聞  25 Jan 2010
朝刊 13面【科学】
振動を伝える傘
[TV or radio appearance, Contribution]  テレビ東京  4 Jun 2009
ワールドビジネスサテライト 「トレンドたまご」
特集 「まるで近未来? 驚き "最先端" 技術が集結 注目の梅田北ヤードはニッポンの創造の都に」
[TV or radio appearance, Contribution]  関西テレビ放送  16 Mar 2009
スーパーニュースアンカーで,北村の大阪梅田北ヤードのナレッジキャピタルへ向けた活動が紹介されました.
「3次元ファックス」撮影した商品写真を立体画像で映し出す.360度どこからでも見られる画像転送技術.
[TV or radio appearance, Contribution]  小学館 DIME  16 Feb 2010

Others

 
Aug 2011   サイバーフィジカル3D 協調インタラクション環境の研究開発
同一場所および遠隔地にいる複数の人が,3D物体を含む作業空間を共有して,直感的かつ効率的な協調作業を行えるようにするために,実世界にあるフィジカルな物体をインタフェースに利用する「フィジカル3Dインタラクション」と,バーチャルな世界にある物体をサイバースペースで共有して協調作業を行う「サイバー3Dインタラクション」を実現する.また,そのために,これらの共通の基盤技術である「非接触・非拘束・小型3D位置センサ」も実現する.
Sep 2004   立体画像共有型協調作業システムに関する研究と開発
立体画像を複数人で共有し、皆で協調して作業をすることができる立体画像共有型協調作業システムを試作した。まず、CTで撮影したデータをボリュームレンダリングして立体表示し、複数人でこの3次元画像を観察して操作するシステムを試作し、評価した。具体的な応用例として、肺癌の手術支援と経過観察のための立体画像共有型協調作業システムを試作した。さらに、医療以外の応用例として、エンタテインメント向けのインタラクティブマルチメディアコンテンツを表示して体験するシステムについても検討した。加えて、複数人が対面して行う協調作業の中の人間関係についても考察し、複雑な状況下での対面型協調作業の精度と効率を高めることを目指して,新しいアイデアに基づく協調作業用ディスプレイ方式を考案した。最後に、3次元環境のみならず一般のGUI環境でも効率的で快適に作業できるインタフェースについて検討し、ターゲット予測を用いたポインティングインタフェースを考案した。
Aug 2014   デザイン学の手法に基づく3次元インタラクティブ技術の医学教育への応用展開
東北大学で培ってきた3次元インタラクティブ技術を,国立シンガポール大学が得意とするデザイン学に基づく手法を活用して,さまざまな応用展開を図る.