五味 洋一

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/08 16:27
 
アバター
研究者氏名
五味 洋一
 
ゴミ ヨウイチ
所属
群馬大学
部署
大学教育・学生支援機構 学生支援センター
職名
准教授
学位
博士(障害科学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年12月
 - 
現在
群馬大学 大学教育・学生支援機構 学生支援センター 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
立正大学 心理学部 非常勤講師(兼任)
 
2015年10月
 - 
2017年11月
筑波大学 ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
上智大学 総合人間科学部 非常勤講師(兼任)
 
2014年4月
 - 
2015年9月
筑波大学 障害学生支援室 准教授
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年5月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 障害科学専攻
 
2007年4月
 - 
2009年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心身障害学専攻
 
2005年4月
 - 
2007年3月
筑波大学大学院 教育研究科 障害児教育専攻
 
2001年4月
 - 
2005年3月
早稲田大学 教育学部 教育学科・教育学専修
 

論文

 
自閉スペクトラム症のある大学生における自主学習の促進:行動契約法を用いた学習に対する動機づけの向上
佐々木銀河・青木真純・五味洋一・野呂文行
障害科学研究   41 221-230   2017年4月   [査読有り]
強度行動障害のある人の保護者の支援ニーズーライフステージによる変化に着目したヒアリング調査からー
五味洋一・井上雅彦
発達障害研究   38(2) 224-234   2016年5月   [査読有り]
自閉症スペクトラム障害児における相互依存型集団随伴性のもとで付随的に生じる問題行動の分析
五味洋一・野呂文行
障害科学研究   37 213-223   2013年3月   [査読有り]
通常学級の給食準備場面への相互依存型集団随伴性の適用―相互作用を促進する条件の検討―
鶴見尚子・五味洋一・野呂文行
特殊教育学研究   50(2) 129-139   2012年7月   [査読有り]
小学校における行動コンサルテーション過程 の拡大に関する研究 ―行動問題に関わる社会的随伴性の分析の観点から―
五味洋一
筑波大学博士 (障害科学) 学位論文      2012年5月   [査読有り]

Misc

 
大学等に通学する障害者に対する支援モデル事業
五味洋一
平成28年度障害者総合福祉推進事業成果報告書      2017年3月
障害学支援から見た「学齢期からできること」
五味洋一
発達教育(2016年7月号)   28-29   2016年7月   [依頼有り]
発達障害のある学生の就職
五味洋一
発達教育(2016年6月号)   28-29   2016年6月   [依頼有り]
養護者による障害者虐待への対応の現状と地域における体制整備の課題
大村美保・五味洋一
発達障害研究   38(2) 169-177   2016年5月   [依頼有り]
大学における発達障害学生への支援
五味洋一
発達教育(2016年5月号)   28-29   2016年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
障害者心理学(シリーズ心理学と仕事15)
五味洋一 (担当:分担執筆, 範囲:重度・重複障害の心理とその支援(pp.147-154))
北大路書房   2017年7月   ISBN:978-4-7628-2984-0
事例で読み解く障害者虐待
五味洋一 (担当:共著)
国立重度知的障害者総合施設のぞみの園   2016年12月   
高齢知的障害者支援のスタンダードをめざして
五味洋一 (担当:共著)
国立重度知的障害者総合施設のぞみの園   2015年10月   
発達障害白書2016年度版
五味洋一 (担当:分担執筆, 範囲:強度行動障害支援者養成研修(p.127))
明石書店   2015年9月   ISBN:978-4-7503-4240-5
強度行動障害支援者養成研修(基礎研修)受講者用テキスト
五味洋一 (担当:分担執筆, 範囲:強度行動障害とは(pp.12-33)/支援の手順書・記録・手順の変更(pp.83-94))
国立重度知的障害者総合施設のぞみの園   2014年2月   

講演・口頭発表等

 
発達障害のある大学生の意思表明プロセスの支援−困り感を相談に繋げる工夫−
五味洋一・髙橋知音・佐々木銀河・田中真理・稲田尚子
日本LD学会第26回大会   2017年10月8日   宇都宮大学・早稲田大学
ニューヨーク市District75におけるTravel Training −Travel Trainingトレーナーに求められるコンピテンシーと就労移行期におけるTravel Trainingの位置づけ−
本間貴子・五味洋一・神山努・山田康広
日本特殊教育学会第55回大会   2017年9月16日   
知的障害者の単独通所に対する教育機会の影響−ライフステージ別のニーズならびに支援実態に基づく分析−
五味洋一・神山努・本間貴子・山田康広
日本特殊教育学会第55大会   2017年9月16日   
発達障害学生に対する修学支援における効果評価の試み−各学生における修学上の課題との関連−
佐々木銀河・青木真純・五味洋一・竹田一則
日本特殊教育学会第55回大会   2017年9月16日   
通学等に支援を必要とする大学生の現状および支援ニーズ
五味洋一・大村美保
日本発達障害学会第52回研究大会   2017年8月11日   

担当経験のある科目

 
 

受賞

 
2017年3月
障害科学学会 実践賞
 
2013年8月
日本発達障害学会 日本発達障害学会第48回研究大会優秀発表賞
受賞者: 五味洋一・相馬大祐
 
2013年3月
筑波大学大学院人間総合科学研究科 障害科学専攻長賞
 

競争的資金等の研究課題

 
協同学習における遂行水準の異なる参加者間の相互作用の促進
日本学術振興会: 科学研究費助成事業:若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 五味洋一
学校教育実践における自己モニタリングシステムを組み入れた行動改善プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業:基盤研究(C)(分担研究)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 霜田浩信
大学等に通学する重度障害者に対する支援体制構築の体系化
厚生労働省: 障害者総合福祉推進事業(事業責任者)
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 国立大学法人筑波大学
強度行動障害に関する支援の評価及び改善に関する研究
厚生労働省: 厚生労働行政推進調査事業(分担研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 志賀利一
障害のある学生の修学支援における合理的配慮のあり方に関する学際的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金:基盤研究(A)(分担研究者)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 竹田一則

社会貢献活動

 
特別支援教育巡回相談
【助言・指導】  茨城県特別支援教育充実事業  2017年6月 - 2018年1月
発達障害のある子への家庭でのかかわり
【講師】  土浦市幼児ことばの教室  講演会  2017年10月20日
行動上の問題のある知的障害児・者への支援
【講師】  筑波大学  エクステンションプログラム「発達障害の特別支援教育PLUS+」  2017年8月22日
筑波大学における障害学生支援
【講師】  独立行政法人日本学生支援機構  平成29年度 全国障害学生支援セミナー「体制整備支援セミナー1・2」  2017年7月27日 - 2017年8月18日
障害者差別解消法と発達障害学生に対する合理的配慮
【講師】  跡見学園女子大学  教職員のためのカウンセリング研修会  2017年7月5日