共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2019年3月

理工系留学生のための専門講義理解を促進する総合的映像教材の開発

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • 太田 亨
  • ,
  • 佐藤 尚子
  • ,
  • 毛利 貴美
  • ,
  • 深川 美帆
  • ,
  • 藤田 清士
  • ,
  • 菊池 和徳

課題番号
16K13239
配分額
(総額)
3,250,000円
(直接経費)
2,500,000円
(間接経費)
750,000円

先行して作成していた数学講義ビデオクリップの続編の専門講義聴解ビデオとして,物理講義ビデオクリップ3編の制作をさらに進めた。3編(1.熱と状態方程式,2.波・波動,3.電気と磁気)のうち3本目の「電気と磁気」を2018年7月13日に大阪大学大学院工学研究科において撮影し直し,後日改めてYouTubeビデオとして編集作業を行った。編集作業後にはYouTubeに仮アップをし,引く続き日本語,韓国語,中国語(簡体字・繁体字)の各字幕付け作業を行って,映像との同期点検作業を終えた。その後英語字幕も付ける予定であったが,時間的・資金的に無理であることがわかり,本科研研究終了後に引く続き,研究メンバーの所属機関における基盤研究経費等で作業を継続することを確認した。
このように,物理講義ビデオクリップ制作作業はまだ完成したとまでは言えないものの,一定の水準のビデオクリップとして仕上がっていることから,平成29年度に行なった数学ビデオクリップの有効性検証とその後の学会発表のときと同様,物理講義ビデオクリップの有効性検証を研究メンバーが所属する3大学(金沢大学,千葉大学,早稲田大学)において平成30年12月から平成31年2月にかけて実施した。しかし学会発表するには時間的に無理であることから,科研研究期間終了後の令和元年夏に日本リメディアル教育学会(於:金沢工業大学)にて発表する予定である。
また,前年度に試行的に公開した「数学講義理解」ビデオクリップに関しては,最後まで残っていた英語字幕付作業を行い,映像との同期点検作業を終え完成させた。これにより,「数学講義理解」ビデオクリップの制作はすべて完了した。今後はより多くの留学生に対して閲覧を促していく予定である。