共同研究・競争的資金等の研究課題

2011年 - 2012年

ラーニングヒストリーから見たベトナム人日本語学習者の発音習得ストラテジーの研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • 松田 真希子
  • ,
  • 金村 久美
  • ,
  • 林 良子
  • ,
  • 深川 美帆
  • ,
  • 磯村 一弘

課題番号
23652114
配分額
(総額)
2,990,000円
(直接経費)
2,300,000円
(間接経費)
690,000円

本研究では,ベトナム人日本語学習者(VS)の音声コミュニケーション上の問題点の分析、発音熟達者のラーニングヒストリーの分析、シャドーイングの効果の検証を行い、以下の成果を得た。1)VSの音声は他の母語話者(に比べ自然さも印象も低い. 2)VSの音声には喉頭の緊張が頻繁に起こり、苦しそうに聞こえる原因となっている。1)2)共に母語の影響が考えられる 3)シャドーイングを用いた発音訓練前後のVSの発音の韻律的特徴を分析したところ、発話速度などにおける問題点が明確になり、これらの多くにはシャドーイングの訓練が有効である。4)発音熟達者のラーニングヒストリー調査を通じて,発音熟達者は共通して「高さ」に対する意識が強い.

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-23652114/23652114seika.pdf