HORIUCHI, Hisanori

J-GLOBAL         Last updated: Jun 27, 2019 at 17:20
 
Avatar
Name
HORIUCHI, Hisanori
URL
http://www.idac.tohoku.ac.jp/dep/mcb/index.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute of Development,Aging and Cancer
Research funding number
90291426

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Mar 2010
 - 
Today
Professor, Department of Molecular and Cellular Biology, Institute of Develoment, Aging and Cancer, Tohoku University
 

Education

 
Apr 1978
 - 
Mar 1984
Faculty of Medicine, Kyoto University
 
Apr 1989
 - 
Mar 1983
Graduate School of Medicine, Kyoto University
 

Published Papers

 
Ral GTPase activation by downregulation of RalGAP enhances OSCC progression
P. Gao, S. Liu, R. Yoshida, C.Y. Shi, S. Yoshimachi, N. Sakata, K. Goto, T. Kimura, R. Shirakawa, H. Nakayama, J. Sakata, S. Kawashiri, K. Kato, X.Y. Wang, H. Horiuchi
J Dental Res      Jun 2019   [Refereed]
Disappearance of Angiodysplasia Following Transcatheter Aortic Valve Implantation in a Patient with Heyde’s Syndrome: A Case Report and Review of the Literature
Tsuchiya S, Y Matsumoto, T Doman, T Fujiya, J Sugisawa, A Suda, K Sato, S Ikeda, T Shindo, Y Kikuchi, K Hao, J Takahashi, W Hatta, T Koike, A Masamune, Y Saiki, H Horiuchi, H Shimokawa
J Atherosclerosis Thombosis      Jun 2019   [Refereed]
Uegaki M, Kita Y, Shirakawa R, Teramoto Y, Kamiyama Y, Saito R, Yoshikawa T, Sakamoto H, Goto T, Akamatsu S, Yamasaki T, Inoue T, Suzuki A, Horiuchi H, Ogawa O, Kobayashi T
Carcinogenesis      May 2019   [Refereed]
Horiuchi H, Doman T, Kokame K, Saiki Y, Matsumoto M
Journal of atherosclerosis and thrombosis   26(4) 303-314   Apr 2019   [Refereed]
Tamura T, Horiuchi H, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Kuroda M, Nishimura S, Amano M, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Kondo H, Izumi C, Nakagawa Y
Cardiovascular intervention and therapeutics      Jan 2019   [Refereed]
Bin NR, Ma K, Tien CW, Wang S, Zhu D, Park S, Turlova E, Sugita K, Shirakawa R, van der Sluijs P, Horiuchi H, Sun HS, Monnier PP, Gaisano HY, Sugita S
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   201(2) 700-713   Jul 2018   [Refereed]
Ito S, Watanabe H, Morimoto T, Yoshikawa Y, Shiomi H, Shizuta S, Ono K, Yamaji K, Soga Y, Hyodo M, Shirai S, Ando K, Horiuchi H, Kimura T
The American journal of cardiology   121(11) 1304-1314   Jun 2018   [Refereed]
Shibata H, Yasumi T, Shimodera S, Hiejima E, Izawa K, Kawai T, Shirakawa R, Wada T, Nishikomori R, Horiuchi H, Ohara O, Ishii E, Heike T
Blood   131(18) 2016-2025   May 2018   [Refereed]
Sakatsume K, Saito K, Akiyama M, Sasaki K, Kawatsu S, Takahashi G, Adachi O, Kawamoto S, Horiuchi H, Saiki Y
European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery      May 2018   [Refereed]
Horiuchi T, Sakata N, Narumi Y, Kimura T, Hayashi T, Nagano K, Liu K, Nishibori M, Tsukita S, Yamada T, Katagiri H, Shirakawa R, Horiuchi H
The Journal of biological chemistry   292(20) 8436-8446   May 2017   [Refereed]
Hori M, Yasumi T, Shimodera S, Shibata H, Hiejima E, Oda H, Izawa K, Kawai T, Ishimura M, Nakano N, Shirakawa R, Nishikomori R, Takada H, Morita S, Horiuchi H, Ohara O, Ishii E, Heike T
Journal of clinical immunology   37(1) 92-99   Jan 2017   [Refereed]
Sakatsume K, Akiyama M, Saito K, Kawamoto S, Horiuchi H, Saiki Y
Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs   19(3) 289-292   Sep 2016   [Refereed]
Zhang Q, Matsui H, Horiuchi H, Liang X, Sasaki K
Biochemical and biophysical research communications   476(4) 438-444   Aug 2016   [Refereed]
Yaoita N, Satoh K, Satoh T, Sugimura K, Tatebe S, Yamamoto S, Aoki T, Miura M, Miyata S, Kawamura T, Horiuchi H, Fukumoto Y, Shimokawa H
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   36(6) 1293-1301   Jun 2016   [Refereed]
Shishikura K, Horiuchi T, Sakata N, Trinh DA, Shirakawa R, Kimura T, Asada Y, Horiuchi H
British journal of pharmacology   173(2) 319-331   Jan 2016   [Refereed]
Shirakawa R, Horiuchi H
Journal of biochemistry   157(5) 285-299   May 2015   [Refereed]
Tamura T, Horiuchi H, Imai M, Tada T, Shiomi H, Kuroda M, Nishimura S, Takahashi Y, Yoshikawa Y, Tsujimura A, Amano M, Hayama Y, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Kondo H, Kaitani K, Izumi C, Kimura T, Nakagawa Y
Journal of atherosclerosis and thrombosis   22(11) 1115-1123   2015   [Refereed]
Yaoita N, Shirakawa R, Fukumoto Y, Sugimura K, Miyata S, Miura Y, Nochioka K, Miura M, Tatebe S, Aoki T, Yamamoto S, Satoh K, Kimura T, Shimokawa H, Horiuchi H
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   34(11) 2486-2494   Nov 2014   [Refereed]
Kimura T, Shirakawa R, Yaoita N, Hayashi T, Nagano K, Horiuchi H
FEBS letters   588(20) 3673-3676   Oct 2014   [Refereed]
Chen Q, Quan C, Xie B, Chen L, Zhou S, Toth R, Campbell DG, Lu S, Shirakawa R, Horiuchi H, Li C, Yang Z, MacKintosh C, Wang HY, Chen S
Cellular signalling   26(8) 1636-1648   Aug 2014   [Refereed]

Misc

 
A hemostatic disorder caused by high shear stress: acquired von Willebrand syndrome
HORIUCHI, Hisanori
59(10) 2233-2237   Oct 2018   [Invited]
免疫学 NETs形成の分子メカニズム
宍倉 匡祐, 堀内 久徳
医学のあゆみ   260(11) 989-990   Mar 2017
堀内 久徳, 松本 雅則, 小亀 浩市
日本血栓止血学会誌   27(3) 316-321   Jun 2016
生体内において過度の高ずり応力が生じる循環器疾患では,止血機能に重要なフォンウィルブランド因子(VWF)の機能異常が生じ,出血性疾患である後天性フォンウィルブランド症候群(AVWS)が発症する場合がある.重症大動脈弁狭窄症では大半が血液学的にAVWSを合併しているが,肺高血圧等では頻度が不明である.近年機械的補助循環は重症心不全の治療に大きく貢献してきたが,ほとんどの場合高度のAVWSを合併する.これまであまり注目を集めてこなかったが,高ずり応力によるAVWSの臨床的インパクトは非常に大き...
血小板凝集能検査と循環器疾患
近藤 博和, 下村 大樹, 中川 義久, 堀内 久徳
循環器内科   79(1) 65-68   Jan 2016
【抗血栓療法の最近の動向】 クロピドグレルとそのほかのP2Y12ADP受容体阻害薬
堀内 久徳
Pharma Medica   33(5) 21-25   May 2015
堀内 久徳
血液フロンティア   25(1) 81-89   Dec 2014
抗血小板薬の1つであるADP受容体拮抗薬は、心血管疾患やステント血栓症の予防薬として用いられる。現在、最も広く用いられているのは第2世代のクロピドグレルであるが、その薬効には個人差が大きく、種々の因子に影響を受ける。クロピドグレルはプロドラッグであり、特に活性化代謝酵素CYP2C19の一塩基多型の影響を強く受ける。日本人の約20%はCYP2C19の酵素活性を持たず、注意を要する。ADP受容体拮抗薬の薬効が弱すぎると虚血性イベントが増加し、強すぎると出血性合併症が増加する。ベストな臨床成績を...
堀内 久徳
天理医学紀要   17(1-2) 1-14   Dec 2014
RalGAPの同定とその発現低下による膀胱がんの悪性化
白川 龍太郎, 堀内 久徳
生化学   86(5) 671-674   Oct 2014
【フォンウィルブランド病〜分子基盤から臨床まで〜】 臨床 後天性フォンウィルブランド病 高ずり応力が引き起こす後天性フォンウィルブランド病
堀内 久徳, 田村 俊寛
血液フロンティア   24(8) 1207-1212   Jul 2014
多くの高度大動脈弁狭窄症では、速い流速のためにvWFが過度に切断され、フォンウィルブランド病IIA型となる。消化管血管異形成部からの出血を随伴すればHeyde症候群と呼ばれる。大動脈弁置換によって凝固異常は治癒する。(著者抄録)
【血栓症治療ガイドラインup-to-date】 その他(薬剤、検査、腎臓、糖尿病等) 糖尿病患者における心血管疾患のアスピリンの1次予防の位置づけ ADA/AHA/ACCF
矢尾板 信裕, 堀内 久徳
血栓と循環   22(1) 259-262   May 2014
新規抗凝固薬 新規経口抗凝固薬の使い分け
堀内 久徳
BIO Clinica   28(11) 1008-1009   Oct 2013
細胞質顆粒の放出機序
堀内 久徳
臨床免疫・アレルギー科   60(2) 228-232   Aug 2013
山根 啓一郎, 堀内 久徳
日本血栓止血学会誌   24(1) 30-37   Feb 2013
動脈硬化性疾患の高リスク症例に対する抗血小板薬の有効性は明らかではあるが、抗血小板薬の投与により出血性合併症が増加することも事実である。したがって、心血管イベント予防効果と出血性合併症の増加を天秤にかけ、適切に抗血栓薬を投与する症例を選択する必要がある。動脈硬化性疾患のうち、虚血性心疾患、脳血管障害に対する抗血栓療法に関して概説した。
血小板系 血小板顆粒放出異常症と遺伝子異常
白川 龍太郎, 堀内 久徳
Annual Review血液   2013 182-189   Jan 2013
この十数年の間に細胞内小胞輸送の基本的な分子メカニズムが明らかとなった.小胞輸送は細胞内小器官の形成・維持や開口放出に重要な働きをする.血小板顆粒は,小胞膜上に後期エンドソーム・リソソームマーカーを持ち,リソソーム関連小器官lysosome-related organelles(LRO)とよばれる顆粒に分類される.生化学・細胞生物学や酵母等を用いた遺伝学等によって,形成から放出に至るまでの多くの関与因子が見出された.血小板濃染顆粒形成異常と皮膚色素異常をきたすHermansky-Pudla...
抗血小板薬と冠動脈疾患
山根 啓一郎, 堀内 久徳
CIRCULATION Up-to-Date   7(6) 551-557   Dec 2012
アスピリンを代表とする抗血小板薬は、冠動脈疾患のハイリスク症例においてその有効性は明らかである。しかし、低リスク患者に対する一次予防効果は出血のリスクに相殺されると考えられ、その投与にあたってはリスク評価が必要である。また、冠動脈疾患に対する治療として普及しているステント留置術を含む経皮的冠動脈形成術後は、数ヵ月間のチエノピリジン系の抗血小板剤とアスピリンを併用した強力な抗血小板療法が推奨されている。冠動脈疾患における抗血小板薬の一次予防、二次予防、急性冠症候群に対する抗血小板療法、アスピ...
堀内 久徳, 白川 龍太郎, 八角 高裕
臨床血液   53(7) 664-671   Jul 2012
【抗血栓療法の新潮流-作用機序に基づく治療戦略】 抗血栓療法の進歩 心筋梗塞の一次予防と二次予防
多田 朋弥, 堀内 久徳
カレントテラピー   29(6) 483-487   Jun 2011
【抗血栓療法 最近の進歩】 クロピドグレルの作用メカニズム
加藤 義紘, 田崎 淳一, 木村 剛, 堀内 久徳
循環器内科   69(2) 99-103   Feb 2011
田崎 淳一, 堀内 久徳
臨床検査   54(10) 1183-1187   Oct 2010
【血小板機能検査による抗血小板療法の個別化】 日本人におけるクロピドグレル抵抗性の問題点 CYP2C19遺伝子多型
多田 朋弥, 堀内 久徳
医学のあゆみ   233(6) 478-483   May 2010
クロピドグレルは、心冠動脈疾患や脳血管疾患において標準的薬剤として広く使用されている第二世代チエノピリジンである。しかし2002年に、はじめてクロピドグレルの効果の個体間多様性が報告されて以降、クロピドグレルへの反応性が乏しい患者群(いわゆる"クロピドグレル抵抗性")の問題がクローズアップされており、その原因のひとつとして肝代謝酵素であるcytochromeP450(CYP)の遺伝子多型の関与があげられており、注目を集めている。とくにCYP2C19の遺伝子変異の有無がクロピドグレルの抗血小...
【抗血小板薬の反応性】 クロピドグレルレジスタンスとCYP遺伝子多型
陣内 俊和, 堀内 久徳
血栓と循環   18(1) 19-24   Mar 2010
<論文のポイント>[1]ADP受容体P2Y12に拮抗するチエノピリジン系抗血小板薬は強力な抗血小板作用を有し、冠動脈ステント血栓症の予防を含めた動脈硬化性疾患の標準的治療薬である。[2]クロピドグレルの抗血小板作用には個人差が存在し、反応性の乏しい患者が存在する(クロピドグレルレジスタンス)ことが報告されている。[3]肝代謝酵素CytochromeP450(CYP)はクロピドグレルの活性化に関与する。なかでもCYP2C19は2段階代謝のいずれにも関与しており、重要な役割を担うと考えられる。...
血小板系 クロピドグレル抵抗性と新しい抗血小板薬
陣内 俊和, 堀内 久徳
Annual Review血液   2010 153-159   Jan 2010
アテローム血栓症の発症においては血小板が重要な役割を演じており,抗血小板薬は動脈硬化性疾患の二次予防に広く用いられている.ADP受容体P2Y12に拮抗するチエノピリジン系抗血小板薬はアスピリンと並んで世界的に広く用いられている抗血小板薬である.クロピドグレルは第2世代チエノピリジンであり,現在広く使用されている.しかし近年,クロピドグレルの抗血小板効果には大きな個人差が報告され,クロピドグレルへの反応性が乏しい患者(いわゆる"クロピドグレル抵抗性")の問題が注目されている.さらに近年クロピ...
【抗凝固、抗血小板療法のすべて】 抗血小板療法の薬効と遺伝子多型
陣内 俊和, 堀内 久徳
Heart View   13(13) 1359-1363   Dec 2009
陣内 俊和, 堀内 久徳
日本血栓止血学会誌   20(6) 589-593   Dec 2009
【Small Gタンパク質 小さな巨人の秘密に迫る】 Ral研究の新たな展開
白川 龍太郎, 堀内 久徳
細胞工学   28(12) 1253-1258   Nov 2009
【抗血栓療法 最近の動向】 冠動脈ステント留置術、人工弁置換術後の抗血栓療法
多田 朋弥, 堀内 久徳, 木村 剛
日本医師会雑誌   138(3) 511-516   Jun 2009
陣内 俊和, 木村 剛, 堀内 久徳
心臓   41(3) 268-272   Mar 2009
【急性冠症候群 up-to-date】 急性冠症候群の治療 再灌流療法時の抗血小板、抗凝固療法
多田 朋弥, 堀内 久徳
救急医学   33(2) 183-187   Feb 2009
【血栓症治療の最新動向】 チエノピリジン系薬剤
陣内 俊和, 堀内 久徳
Pharma Medica   27(1) 29-33   Jan 2009
【血球貪食症候群のすべて】 血球貪食症候群の発症機序 生化学
堀内 久徳
血液・腫瘍科   57(Suppl.6) 23-27   Aug 2008
冠動脈インターベンション(PCI)における抗血小板療法の留意点
池田 智之, 川戸 充徳, 北 徹, 木村 剛, 堀内 久徳
Japanese Journal of Cardiovascular Catheter Therapeutics   8(1) 29-36   Mar 2008
【DES時代の抗血小板療法】 ステント血栓症予防のための抗血小板薬の使い方 アスピリンとチエノピリジンの抵抗性はステント血栓症のリスクとなるか
池田 智之, 堀内 久徳
血栓と循環   16(1) 36-42   Mar 2008
[1]薬剤溶出性ステント(DES)出現による抗血小板薬使用期間の延長DESの登場により再狭窄は少なくなったが再内皮化の遅延のためステント血栓症が問題となっており、BMS挿入後より長期間の抗血小板薬の内服が推奨されている。[2]"アスピリン抵抗性"とその機序 アスピリンによる抗血小板作用が不十分である"アスピリン抵抗性"患者で、心血管系のイベントが多いと報告されている。その原因として薬物相互作用、TXA2の遺伝子多型などが関与していると考えられている。[3]"チエノピリジン抵抗性"とその機序...
川戸 充徳, 白川 龍太郎, 北 徹, 堀内 久徳
日本血栓止血学会誌   18(6) 588-596   Dec 2007
【虚血性心疾患のリスクファクター】 プラークラプチャーの危険因子 血小板・凝固線溶系の異常
川戸 充徳, 堀内 久徳, 北 徹
The Lipid   17(3) 249-254   Jul 2006
プラークの破綻とそれに伴う血栓形成により,冠動脈の完全閉塞や高度の狭窄が生じると,急性心筋梗塞や不安定狭心症等いわゆる急性冠症候群が発症する.高コレステロール血症,糖尿病,喫煙など冠動脈疾患の危険因子を有する患者や,急性冠症候群を呈する患者の血液は,血栓を形成しやすい状態となっている.これには血小板の活性化や機能異常,プラーク内および循環血液中の組織因子発現による凝固系の亢進,PAI-1活性の上昇に伴う線溶系の活性低下などの要因が関与している(著者抄録)
【血球貪食症候群】 細胞傷害性T細胞におけるlytic granule放出メカニズムと血球貪食症候群
堀内 久徳, 白川 龍太郎
血液・腫瘍科   52(3) 265-270   Mar 2006
【血液疾患 state of arts】 病態生理に関する基礎的・臨床的研究 最近の進歩 基礎研究 血小板濃染顆粒分泌の分子メカニズム
白川 龍太郎, 堀内 久徳
医学のあゆみ   別冊(血液疾患-state of arts Ver.3) 135-138   Sep 2005
MUNC13-4遺伝子異常による家族性血球貪食症候群
石井 榮一, 山本 健, 堀内 久徳, 今宿 晋作, 安川 正貴
臨床免疫   43(5) 575-583   May 2005
家族性血球貪食症候群の遺伝子異常
石井 榮一, 上田 育代, 山本 健, 堀内 久徳, 今宿 晋作, 安川 正貴
血液・腫瘍科   50(3) 332-340   Mar 2005
【血管病 動脈硬化の成因と治療】 血栓からみた動脈硬化とその治療
片岡 宏, 北 徹, 堀内 久徳
細胞   36(3) 104-107   Mar 2004
【新時代の糖尿病学 病因・診断・治療研究の進歩】 糖尿病に起因する合併症 慢性合併症 糖尿病と虚血性心疾患
堀内 久徳, 北 徹
日本臨床   60(増刊10 新時代の糖尿病学(4)) 342-346   Oct 2002
【血管生物学と疾患】 動脈硬化における血小板の役割と抗血小板療法
田淵 新, 堀内 久徳, 北 徹
現代医療   33(12) 3007-3014   Dec 2001
吉岡 亮, 堀内 久徳, 白川 龍太郎, 北 徹
日本血栓止血学会誌   12(3) 178-186   Jun 2001
【癌遺伝子と癌抑制遺伝子 癌遺伝子とシグナル伝達】 Rasスーパーファミリーと癌
堀内 久徳
現代医療   30(7) 1788-1794   Jul 1998
血管生物学とRasスーパーファミリー
堀内 久徳
血管   20(2) 61-64   May 1997
Rasスーパーファミリーと関連疾患
堀内 久徳
最新医学   51(1) 132-139   Jan 1996
エンドサイトーシスを制御するsmall GTPase, Rab5
堀内 久徳
実験医学   13(1) 69-72   Jan 1995
LDL代謝異常と粥状動脈硬化
堀内 久徳, 北 徹
ホルモンと臨床   38(3) 137-141   Mar 1990

Conference Activities & Talks

 
Antithrombotic therapy for patients with hemostatic disorder such as acquired von Willebrand syndrome
HORIUCHI, Hisanori
Jun 2019   
Is the ratios of VWF:RCo to VWF:Ag useful for the diagnosis of AVWS associated with LVAD ?
T. Doman, S. Sugawara, K. Kokame, M. Matsumoto, S. Fujimaki, Y. Saiki, H. Horiuchi
26th Annual Meeting of the International Society for Mechanical Circulatory Support (ISMCS2018)   Oct 2018   
Quantitative analysis of VWF large multimer may predict bleeding risk in patients with aortic stenosis
T. Doman, M. Matsumoto, K. Kokame, H. Horiuchi
4. The 10th Congress of the Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis (APSTH)   Jun 2018   
Correlation of the ratios of von Willebrand factor (VWF) ristocetin cofactor activity to VWF antigen amount (VWF:RCo/VWF:Ag) with the VWF large multimer levels evaluated with its multimer analysis
S. Sugawara, T. Doman, K. Kokame, M. Matsumoto, S. Fujimaki, H. Horiuchi
5. The 10th Congress of the Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis (APSTH)   Jun 2018   
A Proposal of VWF Large Multimer Index for Standardization of the Quantitative Description of VWF Multimers Among Laboratories
HORIUCHI, Hisanori
International society of THrombosis and Hemostasis Meeting   8 Jul 2017   
A novel functional mechanism of metformin, a hypoglycemic drug with life-span extension potential
HORIUCHI, Hisanori
10 May 2017   
「Is the Optimal Intensity of Antiplatelet Efficacy of ADP Receptor Blockers for Japanese Weaker than That for Westerners?
HORIUCHI, Hisanori
17 Mar 2017   
Acquired von Willebrand Syndrome in Patients with Percutaneous Cardiopulmonary Support System
HORIUCHI, Hisanori
17 Mar 2017   
Acquired von Willebrand syndrome associated with left ventricular assist devices [Invited]
HORIUCHI, Hisanori
Congress of the International Society for Rotary Blood Pumps (ISRBP 2016)   22 Sep 2016   
Significance of bleeding complication [Invited]
HORIUCHI, Hisanori
7 Jul 2016