モハーチ ゲルゲイ

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/12 23:59
 
アバター
研究者氏名
モハーチ ゲルゲイ
 
モハーチ ゲルゲイ
URL
http://mohacska.org
所属
大阪大学
部署
人間科学研究科
職名
准教授
学位
博士(人間科学)
その他の所属
慶応義塾大学

プロフィール

日本を主な調査地として、病気をめぐる文化、身体、科学技術との相互作用を研究しています。病院、実験室、患者会など、多種多様な医療現場において2003年からフールドワークを積み重ねることにより、慢性病の増加に伴う身体感覚の変容について探求してきた。またここ最近は、調査範囲をハンガリーと東アジアに広げて、生薬の栽培および研究開発を調べ始めています。創薬に焦点をあてることで、伝統医療と近代医療との交差から見えてくる、比較方法の新たな可能性を探ります。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
大阪大学 人間科学研究科 準教授
 
2015年7月
 - 
2018年10月
大阪大学 人間科学研究科 助教
 
2013年2月
 - 
2015年6月
大阪大学 未来共生イノベーター博士課程プログラム 特任助教
 
2011年
 - 
2013年
慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
 
2010年
 - 
2013年
慶應義塾大学 先導研究センター 研究員
 

学歴

 
2002年
 - 
2010年3月
東京大学 大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻(文化人類学)博士後期課程
 
1999年
 - 
2002年3月
北海道大学 大学院農学院 農業経済学科博士前期課程
 
1995年
 - 
2002年5月
エトヴェシュ・ロラーンド大学 社会科学研究科 文化人類学専攻
 
1993年
 - 
1999年1月
エトヴェシュ・ロラーンド大学 人文科学研究科 経済社会史専攻
 

論文

 
モハーチ ゲルゲイ
思想   (1124) 77-91   2017年12月   [招待有り]
モハーチ ゲルゲイ
文化人類学   81(4) 614-631   2017年3月   [査読有り]
臨床試験(治験)は、開発中の医薬品などを病人や健常者に投与し、新薬の安全性と効率性を評価する仕組みである。実薬と偽薬を比べる実験の場である一方で、病気を患っている人びとの苦痛を和らげるという臨床実践でもある。本稿では、ハンガリー西部にある小規模臨床試験センター(DRC)の事例を取り上げ、製薬をめぐる実験的状況に焦点を当てることで、もの・身体・世界を生成していく関係性の特徴を明らかにしていく。DRCは、1990年代前半に行われた市場開放以降、糖尿病と骨粗しょう症に関する研究と治療を中心に、外...
モハーチ ゲルゲイ・今井貴代子
未来共生学   3 11-32   2016年3月   [査読有り]
MOHACSI Gergely and MORITA Atsuro
Revue d'Anthropologie des Connaissances   9(4) 409-428   2015年12月   [査読有り]
© S.A.C. Tous droits réservés pour tous pays. In this article, we focus on some important connections between lateral approaches and the ontological turn in anthropology. Through a review of some recent ethnographic experiments influenced by one o...
MOHACSI Gergely and MORITA Atsuro
NatureCulture   3 1-6   2015年10月   [査読有り]
MOHACSI Gergely
Ecologies of Care: Innovations through Technologies, Collectives and the Senses. Readings in Multicultural Innovation, Vol. 4.   257-272   2014年3月
Gergely Mohácsi, Atsuro Morita
East Asian Science, Technology and Society   7 175-183   2013年7月
This special issue aims to investigate some novel uses of the comparative method at the intersections of STS and anthropology through ethnographic accounts of technoscience in various Asian contexts. In today's globalizing world, knowledge is unde...
MOHACSI Gergely
East Asian Science and Technology Studies   7(2) 261-281   2013年6月   [査読有り]
Entangled Knowledges: Three Modes of Articulating Differences in Clinical Trials
MOHACSI Gergely
CARLS Series of Advanced Study of Logic and Sensibility   (5) 232-244   2012年2月
モハーチ ゲルゲイ
文化人類学   76(3) 288-307   2011年12月   [査読有り]

Misc

 
病気を数える
モハーチ ゲルゲイ
月刊みんぱく   36(10) 2-3   2012年10月   [依頼有り]
Learning to be Rural Women in Hokkaido
Mohacsi Gergely
East Asian Studies Hokkaido (EASH)   (3) 51-71   2005年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Mohácsi Gergely (担当:編者, 範囲:特集:共生と多文­—比較の展望)
Doctoral Program for Multicultural Innovation, Osaka University   2014年2月   
The Anthropology of Europe as Seen from Japan: Considering Contemporary Forms and Meanings of the Social
MORI Akiko ed. (担当:分担執筆, 範囲:The Inside of Outside: From Another Native’s Point of View)
Osaka: National Museum of Ethnology   2012年   
春日直樹(編) (担当:分担執筆, 範囲:病気の通約—血糖自己測定の実践における現実としての批判)
世界思想社   2011年11月   ISBN:4790715493
特集:共生と多文­—比較の展望
モハーチ ゲルゲイ・今井貴代子 (担当:共編者, 範囲:『未来共生学』第3号)
大阪大学   2016年3月   
Special Issue: Acting with Non-human Entities
MOHACSI Gergely and MORITA Atsuro (担当:共編者, 範囲:NatureCulture, vol.3.)
2015年9月   

講演・口頭発表等

 
The Pharmaceutical Garden: Experimenting with medicinal plants in Vietnam and Japan
MOHACSI Gergely
International Conference of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES)   2018年7月17日   
モハーチ ゲルゲイ
第51回日本文化人類学会研究大会   2017年5月27日   
本発表では、日本の奈良県とベトナムのハノイ市内の二つの薬草園における人間と植物の相互構成の事例を踏まえ、「人新世」に関する論争が人類学研究にもたらす展開を検討し、さらに日本の人類学としての応答の可能性を探究していく。こうした知識生産の場で形成される多種の相互関係を本発表で「多種共生」と呼び、この概念の可能性を日本人類学における共生(togetherness)という観念との関連を考慮に入れて考察する。
Gardening the Future: On the cultivation of herbal medicines and planetary health [招待有り]
MOHACSI Gergely
Visible and Invisible: Infrastructures and Politics of Cohabitation   2017年5月8日   
Worlding with the Metabolism: Or how to “put” Japanese medications into Hungarian bodies? [招待有り]
MOHACSI Gergely
Organic Metaphors in Technoscience   2016年9月16日   
Herbal Dimensions: Cultivating, collecting and screening medicinal plants in Vietnam
MOHACSI Gergely and MORITA Atsuro
International Conference of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES)   2015年7月17日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
医薬化に伴う生の変容に関する人類学的研究
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 島薗 洋介
「再帰的」思考と実践の多様性に関する人類学的研究
日本学術振興会: 基盤研究A
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 大杉 高司
人類学の方法/対象としての比較の再検討:科学技術における比較の実践を中心にして
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 森田 敦郎
糖尿病の臨床試験に関する比較民族学的研究
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2010年9月 - 2012年3月    代表者: モハーチ ゲルゲイ