江川 直樹


江川 直樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/03 03:30
 
アバター
研究者氏名
江川 直樹
 
エガワ ナオキ
eメール
egawakansai-u.ac.jp
URL
http://egawa3.wix.com/negawa-1
所属
関西大学
部署
環境都市工学部建築学科
職名
教授
学位
修士
科研費研究者番号
20388416

経歴

 
1977年4月
 - 
1984年11月
㈱現代計画研究所・東京
 
1984年11月
   
 
㈱現代計画研究所・大阪 主宰(代表)
 
1995年
 - 
2003年
立命館大学理工学部非常勤講師
 
1996年
 - 
2000年
神戸芸術工科大学環境デザイン学科非常勤講師
 
2001年
 - 
2003年
京都造形芸術大学環境デザイン学科非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1974年
早稲田大学 理工学部 建築学科
 
1976年
   
 
早稲田大学 理工学研究科 建築学専攻
 

委員歴

 
2005年
   
 
都市計画委員会委員
 
2005年
   
 
住環境小委員会委員
 
2001年
 - 
2004年
代表幹事
 
1999年
 - 
2001年
関西ブロック幹事
 
2003年
 - 
2007年
都市づくりまちづくり推進委員会委員
 

受賞

 
2002年5月
日本都市計画学会 日本都市計画学会賞・計画設計賞
 
2000年10月
日本建築士会連合会 日本建築士会連合会賞・作品賞
 
2000年12月
和歌山県 和歌山県ふるさと建築景観賞
 
2000年4月
日本都市計画学会関西支部 関西まちづくり賞
 
2002年4月
日本都市計画学会関西支部 関西まちづくり賞
 

論文

 
岡 絵理子;江川 直樹;
環境情報科学論文集   21, pp. 607-612    2007年
南廊下型立体路地(御坊市営島団地再生1-5期)に関する研究―南廊下型立体路地の利用実態と住民意識調査(設計者の視点から)―
江川 直樹;丸茂 弘幸;小浦 久子;岡 絵理子;
住宅綜合研究財団研究論文集   NO.34, pp. 113-124    2007年
アジア都市における中高層集合住宅の再生事業に関する研究―香港の都市再生への取り組みを通して―
鳴海 邦碩;江川 直樹;岡 絵理子;
住宅綜合研究財団研究論文集   NO.34, pp. 279-289    2007年
カンボジア両棲集落における近年の風景変化とその要因に関する研究
小野敦D、江川直樹、岡絵理子;
日本建築学会近畿支部研究報告集   285-288    2009年9月
資源循環に配慮した既存共同住宅団地の持続的再生システム-浜甲子園団地における自力改修の実戦的研究-
大坪明(武庫川女子大学)、江川直樹、鈴木克彦(京都工繊大)、横山俊祐(大阪市大);
住宅総合研究財団研究論文集No.36    131-142    2010年3月

Misc

 
21戸で2.838㎡の共有庭園を持つ住宅街区―アルカディア21
江川 直樹;
住宅、(社)日本社宅協会   VOL.53    2004年6月
自然樹林を残すという視点から―都市住宅プロジェクトへの視点「宮崎台」
江川 直樹;
都市住宅学、(社)都市住宅学会   No.46 2004summer    2004年
検証有名住宅地その後 ワシントン村
江川 直樹;
家とまちなみ、(財)住宅生産振 興財団   VOL.50    2004年9月
取り組もう美しいまちづくり―未知普請全国大会in近畿
江川 直樹;
   2004年9月
生活と風景のリノベーション(御坊市営島団地の再生)
江川 直樹;
関西大学工学会誌、工学と技術   Vol.13, No.2, pp.61-66    2004年

書籍等出版物

 
住み継がれる家の価値
江川 直樹 他;
財団法人勤労者住宅協会, 14. まちの価値を継承する   2009年3月   
よみがえるコミュニティと住環境-団地再生まちづくり2
江川直樹 他;
水曜社   2009年7月   
現代日本の建築家 vol.3
江川直樹 他;
株式会社アートボックスインターナショナル   2009年6月   
場所の声を聞く 集まって住むカタチのデザイン
江川直樹;
関西大学出版部   2011年10月   
「場所の声を聞く」は、時間を経てさらに豊かになる集住環境のために建築はいかにあるべきかを考える視点である。そのような視点からの研究的実践プロジェクトについて、最終的な“カタチ”が導き出された考え方やプロセス、着目すべき視点や手法などを解説する。次代の豊かな集住環境を模索するすべての人々に読んでほしい。
居住再生という行為を通じて考える”建築の可能性”
江川直樹;
建築とまちづくり 新建築家技術者集団   2011年6月   

講演・口頭発表等

 
カンボジア・カンポンプロック村の空間と生活(その1)-渇水期における帯状広場の空間特性
木村 昇平;横山 大樹;豊岡 範光;江川 直樹;丸茂 弘幸;岡 絵理子;
日本建築学会近畿支部研究報告集   2007年   
カンボジア・カンポンプロック村の空間と生活(その2)-浸水期,渇水期における住居と生活の変化
小寺 正洋;横山 大樹;豊岡 範光;江川 直樹;丸茂 弘幸;岡 絵理子;
日本建築学会近畿支部研究報告集   2007年   
カンボジア・カンポンプロック村の空間と生活(その3)-浸水期,渇水期における近隣空間の変化
木下 晃輔;横山 大樹;豊岡 範光;江川 直樹;丸茂 弘幸;岡 絵理子;
日本建築学会近畿支部研究報告集   2007年   
カンボジア・カンポンプロック村の空間と生活(その4)-ある4軒を事例にした近代化における考察
平田 千洋;横山 大樹;豊岡 範光;江川 直樹;丸茂 弘幸;岡 絵理子;
日本建築学会近畿支部研究報告集   2007年   
市街地の集合住宅敷地の式際空間の構成における研究─大阪市西区新町・北堀江を事例として─
福永 督人;江川 直樹;岡 絵理子;
日本建築学会近畿支部研究報告集   2008年   

Works

 
御坊市営島団地再生
江川 直樹;   2001年
今田町の家
江川 直樹;   1998年
芦屋市営若宮町住宅-震災復興住環境整備
江川 直樹;   2001年
アーバネックス三条
江川 直樹;   2002年
キャナルタウン兵庫・キャナルウエスト
江川 直樹;   1999年

競争的資金等の研究課題

 
自然のサイクルと調和したカンポンプロック(村)の集住構造に関する調査研究
研究期間: 2006年 - 2007年
南廊下型立体街路(御坊市営島団地再生1-5期)に関する研究 -南廊下型立体路地の利用実態と住民意識調査(設計者の視点から)-
研究期間: 2006年 - 2007年
アジア都市における中高層集合住宅の再生事業に関する研究 -香港の都市再生への取り組みを通して-
研究期間: 2006年 - 2007年
エネルギーの効率利用等に資する伝統的木造住宅の普及型清算システム・保存システムに関する技術開発
研究期間: 2007年 - 2009年
カンボジア・カンポンプロック村からの季節移住仮設集落(浅水面上)に関する研究
研究期間: 2007年 - 2008年

社会貢献活動

 
吹田操車場跡地まちづくり計画委員会 委員
【】  2006年 - 2012年
千里ニュータウン再生のあり方検討委員会 委員
【】  2006年 - 2008年
土木学会デザイン賞 審査委員
【】  2006年 - 2009年
吹田市建築審査会 委員
【】  2005年 - 2016年
吹田市開発審査委員会 委員
【】  2005年 - 2016年