MOROOKA Ryosuke

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2018 at 19:35
 
Avatar
Name
MOROOKA Ryosuke
Affiliation
Shimane University
Section
Faculty of Education, Social Studies
Research funding number
90466516

Published Papers

 
相澤 出, 藤本 穣彦, 諸岡 了介, 田代 志門
島根大学社会福祉論集 = Journal of social welfare studies, Shimane University   (6) 33-44   Mar 2017
本稿は、在宅ホスピス・緩和ケアの先進事例である宮城・福島両県の在宅療養支援診療所を利用した患者遺族を対象とした調査の結果をもとに、在宅療養の継続と中断とを左右した要因を検討するものである。これらの診療所は、国内ではいち早く、在宅での緩和医療はもちろん、患者と家族のQuality of Life(QOL)の維持向上のため、介護やソーシャルワークにも力を注いできた。こうした「みやぎ方式」に端を発する先進事例にあって、在宅療養の中断をしたとの回答は14.1%であった。これらの在宅療養を中断したケ...
諸岡 了介
宗教と社会 = Religion & society   (23) 79-93   2017
北川 翼, 諸岡 了介
島根大学教育学部紀要. 教育科学, 人文・社会科学, 自然科学 = Memoirs of the Faculty of Education, Shimane University   50 141-152   Dec 2016
補習科とは、浪人生の教育支援のために、島根県・岡山県・香川県・宮崎県など西日本のいわゆる地方の県を中心に、高等学校に附設されてきた機関である。鳥取県では2013年まで同様の機関として専攻科が存在し、現在ではその後身としてNPO法人倉吉鴨水館が教育活動を行っている。本稿ではまず、文献資料・各校に対する質問紙調査・補習科卒科生に対するインタビュー調査の組み合わせから、これまであまり知られてこなかった補習科の歴史とその教育の現状を明らかにする。さらに、高等教育進学機会の地域間格差という課題に対し...
諸岡 了介
緩和ケア   24(2) 108-111   Mar 2014
浅見 洋, 中村 順子, 伊藤 智子, 諸岡 了介, 彦 聖美, 塚田 久恵, 浅見 美千江
石川看護雑誌 = Ishikawa journal of nursing   11 29-40   2014
石川,島根,秋田の3つのルーラルエリアで横断的に終末期療養希望調査を行った.「自分が療養したい場所」の割合は自宅37.1%,病院(ホスピス・緩和ケア病棟)31.1%,病院(一般病棟)12.8%,福祉施設4.2%であった.病院(ホスピス・緩和ケア病棟)と病院(一般病棟)を合計した「病院」希望者割合43.9%が自宅希望者割合を上回るという先行研究には見いだせない結果が得られた.「病院」希望者内の約7割がホスピス・緩和ケア病棟希望者であり,一般病棟希望者は約3割に過ぎなかった.先行の全国調査に比...
Tomoko ITO, Maki KATO, Keiko AGAWA, Ryosuke MOROOKA, Hiroshi ASAMI
島根県立大学出雲キャンパス紀要 = Bulletin of the University of Shimane Izumo Campus   8 65-70   2013
日本では全国的に、高齢社会の進展、家族機能・地域共同体の衰退等に対応して、終末期療養に関する市民の関心が高まっている。本調査では、全国的にも少子高齢化が進む島根県の江津市に暮らす市民の死生観と終末期療養ニーズの実態について調査を行った。その結果、江津市の中高年者の理想とする死にとって重要なことは「周囲に迷惑をかけない」「苦痛が少ない」「闘病生活が短い」こと、女性は男性に比べて、終末期療養場所を「自宅以外」に求め、家族に依存しない医療に期待していることがわかった。周囲に迷惑をかけずに、最期ま...
Fujimoto Tokihiko, Morooka Ryosuke, Aizawa Izuru
島根大学社会福祉論集   4 17-30   Mar 2012
MOROOKA Ryosuke
Journal of religious studies   85(3) 623-643   2011
The aim of this paper is to reinterpret the so-called secularization theories and then to show the significance of continuous investigation for the question of "what is religion?" from the sociological viewpoint. The classical version of seculariz...
諸岡 了介, 相澤 出, 田代 志門, 岡部 健
死生学研究   (9) 223-205   Mar 2008
諸岡 了介
Studies in religions East and West   2008(35) 1-20   2008
諸岡 了介
Studies in religions East and West   (27) 21-39   2000

Misc

 
川瀬 雅也, 作野 広和, 富澤 芳亜, 長谷川 博史, 槇原 茂, 森本 直人, 諸岡 了介
島根大学教育臨床総合研究   16 103-117   2017
島根大学教育学部共生社会教育講座では, 共生社会教育主専攻2年生全員を対象とする必修科目「地域総合研究」を開講している。これは,前期2単位の授業科目であるとともに,1000時間体験学修(専攻別体験および学校教育実習II)をも兼ねており,地域を素材とする教材研究・教材開発のための実践的な基礎体験活動を行うものである。2017年度(平成29年度) のカリキュラム改編を機に,あらためてその現状と課題を整理する。
Morooka Ryosuke
Memoirs, Faculty of Education, Shimane University   45(別巻) 43-46   Feb 2012
岩田 耕司, 川路 澄人, 池山 圭吾, 佐々 有生, 林 高宣, 原 丈貴, 廣兼 志保, 福間 敏之, 舟木 賢治, 諸岡 了介
島根大学教育臨床総合研究   8 37-53   Jun 2009
 島根大学教育学部では,平成16年度より,従来の教育実習系カリキュラムを抜本的に見直し,学部4年間で継続的な資質力量の向上を目指す「学校教育実習プログラム」を構築した。本稿では,平成17年度入学生(平成20年度卒業生)に対する意識調査の結果から,1年次から4年次までの4年間にわたる学校教育実習プログラムの評価と検証を行った。
MOROOKA Ryosuke
Journal of religious studies   79(4) 1067-1068   2006
MOROOKA Ryosuke
Journal of religious studies   80(1) 153-156   2006

Books etc

 
島根県立大学JST人材育成グループ
島根県立大学JST人材育成グループ   Mar 2011   ISBN:4879031542
丸善   Oct 2010   ISBN:4621082558
早坂 裕子, 天田 城介, 広井 良典
ミネルヴァ書房   Mar 2010   ISBN:4623056309
弓箭書院   May 2009   ISBN:4900354902
嶋 陸奧彦
Trans Pacific Press   ISBN:9781876843915